東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UPS導入


 大震災から4週間。ようやくきょう、UPSの導入が終わった。やれやれ。

 導入したのは、オムロンのBY50FWという、薄型・縦置き可能なタイプ。

 ぢつは、これが今回購入した「2機め」のUPSだったのであった。しくしく。

 原発事故~電力供給量が不足~夏は電力供給が不安定になる。 さらに、その状態が5年程度つづく。

 そう見こんで、UPSの導入を決めたのが、3月13日の日曜日。 さっそく調べて、都内や千葉のショップより早くとどきそうと思い、日野のショップに注文するという、なかなか手際のいいところを見せたんだけど……

 19日に到着して、20日の朝、セットする前にネットをチェックしていたら、「災害対策製品の販売状況を確認してみた」という記事にぶちあたった。

 ここには、「なお、UPSには正弦波タイプと矩形波タイプの製品があり、矩形波タイプのUPSをActivePFCタイプのATX電源ユニットに接続するとPCが破損する恐れがある」って、書いてあるじゃありませんか。

 矩形波タイプのUPSをActivePFCタイプのATX電源ユニットに……よくある相性なのかと思って、念のため確認してみると、買ったのはみごとな矩形波タイプ。orz

 まあね。安かったからね。矩形波と正弦波じゃ、値段が15kくらい違うから。

 じゃ、電源ユニットは? メイン機は玄人志向のKRPW-V500W。スペックを見ると、あれま、もののみごとに「ActivePFC搭載」じゃありませんか。orz

 どうやら、ここ3年くらいに発売された500wくらい以上の電源ユニットは、ほとんどがPFC回路内蔵らしい。(TnT)

 しかも、相性とかいうレベルじゃなく、正弦波+PFC回路だと、電源ユニットが破壊されて、最悪、PCも潰滅するらしい。ぅぅぅ

 ここで、選択肢はふたつ。主力機を使うなら、このUPSはだめ。このUPSを使うなら、支援機をメインマシンに格上げする。

 うーん。支援機を今後5年間、使いつづけるかというと、それも現実的には無理。あくまでバックアップ用だし、組んでからもう7年もたっている。

 支援機の電源ユニットを主力機につっこむというひねった手もあるけど、やっぱり7年たってるのがネックで、とても今後5年は使えそうもない。

 そうなると、やっぱり正弦波出力のやつを買うしかないか。

 ただ、早く動いてミスったので、ここはじっくり、UPSがほんとに必要かどうか考えるため、いつものように「おちつけ、自分」の呪文を唱えて、1週間の冷却期間をおくことにした。

 このへんでは、ちょうど計画停電が実行にうつされたり、ニュースでも電力需要の予測が出はじめたりしてきたので、情報を精査した結果、やっぱりUPSを導入することに決定。

 なんといっても、夏場は雷もあるからね。その結果の、不慮の停電が、PC的にはいちばん恐い。で、こんどはこのオムロンのやつを、いつものFaithに注文。これが26日かな。

 ただ、この時期になると、だれでも考えることはいっしょで、UPSは入荷待ちになっていたのですね。で、待つこと2週間。ようやくきょう、セットが完了したわけです。

 なんだか長かったな。ある意味、徒労感も漂いますが。夏は計画停電、原則なしみたいだし。

 とはいえ、まあ安心料ということで、やっぱりあったほうがいいでしょう。

 ちなみに、1機めのUPSはハードオフにたたき売って、8000円ほどのマイナス。これが勉強料になりました。

 ま、昔にくらべれば、安いもんだけどさ。 PCを導入したころは、30万くらいの勉強料はあたり前だったもんね。と、強がってみたりして。しくしく。

IT戦士の鞄のなか


 秘密結社のよーいち先生から、またしょーもないものを紹介された。

 こちら。『TOKYO WORKER -カバンの中みせて!-』というネット本。

 この本の特別袋とじ企画に、先にITMを退社された(思わず敬語になったぞ)IT戦士・岡田有花記者が載ってるのであった。

yukatan.jpg

 うーん。ネタかよ。でも、しゃーない。200円は義援金にするそうなので、心のおもむくままに購入。(^^;

 まあ、それだけなんですけどね。べつに近況ってわけでもないし(取材は去年夏とのこと)。

 でもさ、「ゆかたんの袋とじ」っていったら、買うのが義務じゃないですか。ぉ

 しかし、おとといのきくまこ教授といい、よーいち先生といい、秘密結社にはいろいろと人材がそろってるのですねえ。

電力使用量のパーツを追加


 Internet Watchのポータルに、なかなかいいデザインの電力使用状況モニターが貼ってある。

inw01.jpg

 そーいえば、こういうブログパーツもあるんじゃないかと探してみたら、やっぱりいくつかありました。seesaaのこれとか、これとか、これとか。

 そのなかで、デザインがいちばん気に入ったのを、さっそく追加してみたのでした。

pwctl01.jpg

 こーいうやつ。配布元は「故障パソコン専門買取店ごみパソ」さん。DLはこちらから。

 東京電力のデータを反映させるため、1~2時間前の数値になるみたいだけど、それでもおおざっぱな現状を把握することはできるでしょう。

 ほかにも、Firefoxのアドオンでも、こういうのや、こういうのが見つかった。これもあとで使ってみるつもり。

【追記】
結局、「東京電力使用率メータ1.2」というアドオンを導入した。

pwctl02.jpg

これは非常に便利。しかも、こちらからのデータを使って、更新が頻繁らしい(このへん、まだちゃんと調べてませんが)。

なお、ステータスバーに表示するので、Fx4.0ではステータスバーを復活させてやる必要がある。復活の呪文はこちらをどうぞ。

Firefox4.0の灯


 ITMによると、Firefox4.0のリリース後24時間のDL数は700万本をこえて、IE9の約3倍に達したそうだ。こちらの記事。

 さらにいうと、3日が経過したいまの時点で、もう2100万本をあっさり突破してしまった。これはかなりのハイペース。

 それで思いだすのが、リリース記念のイベント「Firefoxの灯」。3.0リリースのときに設置されたものの、現在は休止していて、ちょっとさびしい。と、思ったら、今回はワールドワイドでやってるのであった。いってみれば灯WW。まんまですが。

Fx40DL.jpg

 こーいう感じで。さっきキャプチャしたんで、数度がまだ2100万には到達してませんが。 オリジナル「灯」と同様、エリア別の数値も確認できて、ヨーロッパで圧倒的な支持を得ているのがわかります。

 ヨーロッパはGoogle嫌いだから、かのスパイウェアChromeも使わないんだろうね。わしも同様。

 この灯WWは「FIREFOX 4 DOWNLOAD STATS」というのが正式名称のようで。

 ちなみに、3.0のときのもようはこちらとかこちらとか。大騒ぎしてるな。w

 で、結果はこちらで、24時間で800万DLはいまも世界記録。

 それはいいとして。

 しかし、いまのMozilla Japanは、こーいうキャンペーンに冷淡というか、ぜんぜんやる気がないのね。上記サイトの説明もいっさいないし。

 そうそう、フォクすけブログ「フォクすけのFirefox情報局」も、1月の壁紙を最後に、更新がとだえたまんまで、このままだとフォクすけそのものが葬り去られてしまいそうなのです。

 ねごりんさんがいたころは、よかったんだけどね。「Firefox3ダウンロードディ、世界記録達成」のとき、コメントもらったからいうわけじゃないっすけど。(´・ω・`)

Firefox4.0正式版リリース

Fx40RC.jpg

 セキュアなブラウザーFirefoxのメジャーアップデート版4.0が、とうとう正式版になった。ダウンロードはこちらから。

 JavaScriptエンジンが第3世代のJa^gerMonky(a^はaウムラウト)に変更されたほか、ハードウェアアクセラレーションなども見なおした結果、前バージョン3.6より最大で6倍の高速化をはたしたとのこと。

 また、UIをはじめ、機能面もかなり変わり、印象ではver2.0以来の大きな仕様変更という感じになっている。第一印象や消えたステータスパーについては、こちらこちらを。

 リリースノートはこちらで、ほかに複数のPCやスマートフォンで、設定などを同期できるFirefox Syncの標準搭載、Do Not Trackへの対応などがおもな新機能。

 ただ、Adobe Reader Xとの不具合については、ここに書いてある「いったんアンインストールして再導入」をやってみても、改善が見られなかった。

 もっとも、この問題はReader Xじゃなく、Acrobatをブラウザーに指定すると解消されることもわかっているんで、Readerがアップデートされるまで、こっちを使うという選択肢もあるかも。

アドオンバーの謎


 Firefox4.0RC版のつづき。

 消えたステータスバーにかわって実装されたのが、アドオンバーというものなんだけど、これがよくわかりません。アドオンを表示しないのさ。

 まあ、私の環境では、クラシックWindowsを使ってるから、いろいろ表示されないものはあるんですけど。Firefoxボタンとか。

 でも、これだとたとえばStylishにアクセスできないので、それを解消する方法を。

[表示(V)]の[ツールバー(T)]から、[カスタマイズ(C)]を選ぶと、アイテムのなかに拡張機能のボタンもあるので、これをツールバーに配置すればOK。

 また、このアドオンバーに、ステータスバーの機能を付加するアドオンもあった。 ややこしいけど。「Status-4-Evar」というやつで、これをインスコすると、アドオンバーが擬似的にステータスバーになる。

(まだつづく)

Firefox4.0、デビュー!

Fx40RC.jpg

 デビューといっても、RC版ですけど。まあ、Fxの場合はリリース候補が数日で正規版になるんで、もうデビューでいいっしょ。

 ということで、さっそく導入。

Fx40RC-02.jpg

 燦然と輝く4.0 RC1の文字。

 それで、これまで30分くらい、いじくりまわしてみた、ファーストインプレッションを。

 まず、ファイルの大きさが、3.6xの8.2MBから12.0MBと、5割増になった。だから、どうってこともないんですが、最初に気づいたので。

 高速化よりなによりだいじなのが、ユーザーインターフェース。これには、過去最大の変更がくわえられたっぽい。

 いちばんの変更点は、ステータスバーがなくなったこと。リンク先のステータスはそのつど下端に表示されるしくみで、これがどうも目ざわりな気が。

 それだったら、はじめからステータスバーがあればいいんだから、復活のおまじないをしておきました。どうなるかはわかんないけど。

 また、リリースノートによると、ステータスバーを復活させることができると書いてあるので、なにか方法があるのかもしれない。

【追記】
おまじないはベータのときで終了していたらしく、つまりFxとしては
ステータスバーは廃止ということらしい。

 タブの位置は、これまでのブックマークツールバーの下から、「より直感的に」との理由で、メニューバーの直下になった。でも、これだとブックマークツールバーや、ボタンの位置がずれてしまうので、やや使いにくいかも。

 もっとも、これは[表示(V)]の[ツールバー(T)]から「タブを滋養部に表示」のチェックをはずせば、もとの位置にもどる。

 いまは2タイプを両方起動して(そーいうことも可能)、使い勝手をくらべている段階で、もしかすると新しいUIにする可能性もあるかな。

 あとは……表示が全体にフラットになったけど、これはいいんじゃないでしょうか。この身の問題ではありますが。

 次。機能。新機能や改良点、パフォーマンスの向上なんかは、ここを見ればいいとして、とりあえず便利だったのが、「クラッシュの防止」の強化。

 これまで、プラグインがクラッシュすると、Fxを再起動しないとならなかったり、最悪の場合はAdobe Reader みたいに、タスクマネージャーを起動させる必要があったんだけど、それが解消された。

 とりあえず、そのへんでしょうか。まだいろいろ遊んでみないと、なんともいえませんが。

Frefox3.6.15


 先日アップデートされた3.6.14にバグがあったそうで、きょう.15がリリースされた。

Fx3615.jpg

 一部環境で、クラッシュやJAVAアプレットの読込失敗があったとのこと。 ただ、先に報告していた、Acrobatを起動するとフリーズする問題は、やっぱり解決していなかった。(TnT)

 いちいちタスクマネージャーで停止させるの、めんどくさいんだよなー。ぶつぶつ。

その名はオロチ!


 すごく久々にCPUの話題を。

 AMDの次期アーキテクチャーCPU、Bulldozerのうち、8コアのハイエンド版は、コードネームが「Orochi」というそうだ。

 PCWatchの「8コアCPUを低コストに実現したBulldozer」という記事より。

 おお、オロチですと。Orochiっていう英単語はなさそうなんで、やっぱり大蛇なんでしょう。たしか、光岡の高級車もOrochiだったと思うけど、それにヒントを得たとか?

 いずれにしても、これは登場が楽しみになりましたです。はい。ただのコードネームで、実体をあらわしたものじゃないんですけどね。(´・ω・`)

 正直、いまのAMDの商品群には、あんまり魅力を感じないんだよね。 ほしいCPUは、まずTDPが低いこと、次に処理速度っていう順番なんで、PhenomIIでいうと「e」がつくタイプじゃないと。そうなると、選択肢が905eしかないってことになって、これなら現用の705eのほうがいいもんね。

 でも、オロチは32nmプロセスで、かなりの低電圧動作と高処理能力を両立させたようで、これは期待が持てるわけです。

 そうすると、2012年は1機つくるかな。まだ先の話ですが。

Firefox3.6が14に


 Firefoxの現行版3.6で、久しぶりにセキュリティ・アップデートがあった。最新版は3.6.14になる。

Fx3614.jpg

 修正された脆弱性はぜんぶで10個。うち「JavaScript の極小マッピングにおけるバッファオーバーフロー」など8つが「最高」とのこと。くわしくはセキュリティ・アドバイザリーを。

 また、安定性の問題もいくつか修正されたが、1点、Acrobatを10.0.1に更新してから発生していた、pdfファイルを開こうとするとフリーズして、Firefoxも終了できなくなる問題は、解決されていなかった。まあ、これはAcrobat側の問題だし、すべての環境で起こるわけでもなさそうだけど。

 しかし、いいかげん、Fx4がRC版になるタイミングなんですけどねえ。ベータ12、導入しちゃおうかな。

 ちなみに、上記の症状が出ている場合は、タスクマネージャーを起動して、リストにあるfirefox.exeと、plugin-container.exeという、ふたつのプロセスを強制終了すると回避できる。または、ログオフするか。


FC2Ad