FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

モウコジャコウソウ


 という地衣類は、わしらにとって特別なものなのじゃ。

 と、火星の古老はいった。

 そーいうわけで、私の出身母体は、秘密結社のほかにもうひとつある。火星だ。正確には、火星東キャナル市。あたしゃ、そこの市民だったのだ。ときどきコメントをいただく流転(ながれ うたた)さんも同じく。ただし、こちらはいまも現役だそうだけど。

 仕事的にいうと、キャナルの市民じゃなかったら、いまこの仕事はしてなかったわけで、秘密結社より、むしろこっちのほうが原点といえるかもしれない。

 その「東キャナル市民の会」は、いまも東京例会はつづいているものの、ほとんど活動はしていない……と、思っていたら、連絡誌「モウコジャコウソウ通信」を、すごく久しぶりに送っていただいた。なんと、4年ぶりの復活だそうだ。

M-tu.jpg

 そういうわけで、もう会費もはらってないのに、送っていただいていて、心苦しいかぎり。でも、ありがたく読ませてもらってます。

 でもって、4年ぶりに復活というと、これもワールドコン効果なんでしょか?

【追記】
モウコジャコウソウ:火星開発の象徴となった地衣類。灰緑色の葉をつける。2020年ごろ、火星植民地(のちの東キャナル市)の砂漠地帯にあるパイロットファームで品種改良に成功。2026年には改良型のモウコジャコウソウCが砂漠に繁茂しはじめる。しかし、2029年には、当時の最新改良型モウコジャコウソウC46が、ダニにより潰滅的打撃をうけるという事件もあった。

こんなところでしょうか?

火星モウコチャバネゴキブリというのは、わしのベタなギャグでした。急に思いだした。あのギャグがなかったら、いまの自分はないと思うと……(^^;
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございます。石田さんに会ったら、買わせてもらいます。私は行くのが31日と1日になる予定なので、もう寒梅しているかもしれませんが。

そうそう。石田さんには、ネットで光瀬年代記の詳細な年表なんかを発表していただけるとうれしいです。モウコジャコウソウの件も、半分は記憶にたよって書いているので、間違いがあるかもしれませんから。

  • 2007/08/14(火) 11:15:58 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

「モウコジャコウソウ通信」54号は本来
3年ぐらい前に発行いるべき物なのですが
諸事情により今回まで遅延されておりました
次号がはたして何時になるか判りませんが
その時にはまたよろしくお願いします
(あと「東キャナル」同人の石田純一氏が個人誌
「浮遊(ぷらんくとん)ふぁんじん」増刊で
キャプテン・フューチャー再読特集を発行しました

ワールドコンにも持っていくと言っておりましたので
お眼に留まりましたらご一読くださいなかなかの力作です)

  • 2007/08/14(火) 09:50:24 |
  • URL |
  • 流転 #ffdknq3A
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/630-0700fe0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)