FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

すぴRitsを売りだせ!


 きのうのつづき。函館は雨のため、すぴRitsの模擬レースはなかったもよう。

 それで、すぴRitsは競輪界にとって、貴重かつとびきり一級の宣材になるはずなのですよ。もちろん、日自振もそれはわかっていて、だから去年の競輪広報大賞に選ばれたわけだけど。

 でも、その後はGI、GII開催のとき、各地で模擬レースをやってるだけ。たしかに、これも既存客の入場につながるかもしれないけど、これじゃ発展性がない。 ここはやっぱり外……競輪界以外にすぴRitsを売りこんでいかないと。

 たとえば、まりりんたちのあの献身的な態度を追ったドキュメント番組が、地上波でオンエアされたとすると、それこそ10万単位の集客につながるはずなのですよ。それも、喉から手が出るほどほしい、20代男の観客を。

 ね、チャンスでしょ? ほら、園田競馬場の女予想屋、なでしこさんの例を見てもわかるじゃん。なでしこさんには悪いけど、すぴRitsの宣材としての価値は、その数百倍はあるんだから。

 でも、取材されるのを待っていたんじゃ、せっかくのチャンスを逃しちゃう。また、弥彦だけにまかせるのも、チャンスを逃す原因になる。

 ここは、内規を曲げようが、なにをしようが、万難を排して、日自振の広報が動かないと。

 具体的には、たとえばすぴRitsの運営費をそのまま日自振が負担して(ホームバンクは弥彦のまま)、冬場は弥彦から前橋に冬季移動させ、年間を通して活動できるようにする。これが第一歩。つまり、保有は弥彦だけど、弥彦の運用に支障がない範囲で、日自振が利用できる態勢をととのえる。金は全面的に、口も多少は出しますよってことね。

 そのうえで、日自振が持つチャネルに売りこむ。ここがかんじん。弥彦では売りこめなくても、日自振なら売りこむチャネルが、いろいろあるでしょう?

 第一弾は、『オッズ』を連載している小学館の『ヤングサンデー』。ここの誌面には、アイドル系のグラビアページが毎週用意されている。「20代男の観客を呼びこめ」をコンセプトにするなら(ほかのコンセプトはありえないけど)、これが最適のメディアだとわかるはず。

 もちろん、撮影時のギャラは日自振が負担。でも、安いもんでしょ? 天下り官僚をひとり拒否すれば、小池栄子ひとりのギャラで、すぴRitsの運営費すべてまかなえますって。タイアップで、KEIRIN.JPに『ヤンサン』の広告バナーを載っけてもいいし。

 いったん『ヤンサン』で雑誌媒体に載せれば、ほかにもひきあいがくるはず。こなければ、この『ヤンサン』を持って、他社に売りこんでもいいし。ただ、媒体はあくまで、20~30代読者をターゲットにしたものに限定する。女性誌歓迎。そうね。一ツ橋グループだけでいいかもね。そうすると、『週プレ』まではOK。

 次はテレビ。日自振に開いているチャネルで、いちばんおいしいのは日テレ。「ズームインSUPER」があるから。朝ワイドっていうのは、意外と20~30代の視聴者に訴求するのですよ。深夜番組と視聴率をくらべれば、一目瞭然で。そのなかで、すぴRitsがとりあげられる可能性がいちばん高いのは、「ズームインSUPER」だと思うのです。つか、いま朝ワイドで、こういう素材をとりあげるのは、この番組だけなんで。

 逆にいうと、ここならパイプもあるはずで、売りこめる確率が高いと思うわけです。

 もうひとつ、CX「めざましテレビ」の夏休みめざまし体操キャラバンというのもあって、ここはそれこそ弥彦から、系列の新潟総合テレビに売りこむのがいちばんの近道なんだけど、今年はもうスケジュールが決まってるはずなんで、これは来年ということで。

 こういう展開で、ひとつ忘れてならないのは、雑誌・テレビにしろ、その他の媒体にしろ、コンセプトはあくまで「すぴRitsの仕事ぶりを見せる」という点。だからこそ、キーワードが「献身」になるわけです。まりりんたちのグラビアがメインじゃなくで(そこがとっかりになるのはたしかだけど)、あくまで誇りを持って仕事をする、その姿をアピールするのですよ。

 したがって、水着などの撮影は不可(個人でやるぶんには可)。このへん、コンセプトをあらかじめ徹底しといてね。

 こういう方向で売りこんでいけば、このユニットはぜったい話題になるはず。選手がオリンピックで金メダルをとるより、こっちのほうが集客につながることまちがいなし。

 ね、ダメモトでも、やってみる価値はあるでしょ? それに、もしすぴRitsが売れて、弥彦に凱旋でもした日にゃ、競輪場がパンクするほど人が殺到するから、結局は弥彦におよぼすプラス効果も大きいわけで。

 ということで、日自振広報の人、よろしくお願いします。若手職員をひとり、その気にさせてつっぱしらせれば、きっといい結果が出ると思いますよ~。

 ほんと、すぴRitsの売りこみは、競輪界にとって千載一遇のチャンスなんだから。
スポンサーサイト



コメント

工藤元さんが

あれだけほめるトレーニングって、たぶんすごいと思うんですよね。毎日ローラー乗ってるそうですし。

ただ、自転車競技を知らない人に、それがどのくらいすごいことか、その点をどうアピールするかとなると、映像は素人なもんで、よくわからないんですが。(^^;

  • 2006/07/24(月) 08:52:24 |
  • URL |
  • よが #wgr2JCYw
  • [ 編集 ]

なるほど

よく分かりました。趣旨は。

確かによく練習をつんでいると思います。いわゆる「スプリンターレーン」における走行というのはそう簡単にできませんからね。

競輪学校の生徒でさえ、完全にマスターするまで1ヶ月毎日周回訓練をやって漸く体得(これをマスターしないと競輪模擬レース段階に進めない)するようなものだけに、これをマスターした部分だけでも絵になると思いますね。

  • 2006/07/23(日) 17:56:42 |
  • URL |
  • Bank of Dream #-
  • [ 編集 ]

もうひとつ

本文で書くのを忘れてました。すぴRitsがたとえば、一般的レースクイーンなんかと大きく違うのは、体育会系のトレーニングがある点。これが画になると、直感したわけです。編集者の勘というか。だから、どっちかというと雑誌媒体じゃなく、映像なんですよね~。

  • 2006/07/23(日) 11:53:25 |
  • URL |
  • よが #wgr2JCYw
  • [ 編集 ]

真剣なんですよ~

私もいままで、そう思ってたんですが、弥彦では「真剣」だったんですよ。真剣どころか、「献身的」。

でも、もちろん勝負とは関係ないところだし、模擬レースで客が呼べるはずはありません。じゃ、なにがウリになるかというと、「仕事をする姿勢」です。

浜松の浅木美帆さん。あの人が11人いる感じというか。たぶん、11人全員は該当しないかもしれませんが、すくなくとも4人くらいは、みほさんと同じくらい、精力的に仕事をしていました。

だから、マスコミに露出するときも、あくまで「競輪場で働く人」として売るんです。そのために、ドキュメンタリータッチが必須なので。

そうやって、競輪に見向きもしなかった新規客候補に目を向けさせるところまでが、すぴRitsの仕事です。いってみれば、アイキャッチですね。本来、そのために結成したわけで。ところが、いまはまだ、その結成意図の半分までしか達成していない。あとの半分を進めるには、弥彦の力だけではだめなので、このさい日自振の広報が乗りだしなさいよ、と、そういう話です。

で、新規客候補が競輪に目を向けたら、あとはレースで選手が集客する。そういうことです。ここがいちばんむずかしいけど。(--;

まあ、ここでそう話しててもしょうがないんですが、日自振の人も見ているわけで、そこでなにか響いてくれればいいなと。そういう意図で書いてみました。

本音をいうと、すぴRits、タレントとしてそこそこいけると思うので、競輪場以外でも、活躍の場を提供すればいいのにと。こっちがメインなんですけどね。(^^ゞ

  • 2006/07/23(日) 09:48:47 |
  • URL |
  • よが #wgr2JCYw
  • [ 編集 ]

厳しい見方

>たとえば、まりりんたちのあの献身的な態度を追ったドキュメント番組が、地上波でオンエアされたとすると、それこそ10万単位の集客につながるはずなのですよ。それも、喉から手が出るほどほしい、20代男の観客を。

まず繋がらないでしょう。

すぴRitsのレースは単純に、「余興」でしかありません。日々真剣勝負をしている女子の競艇選手や女性騎手の足元にも及びません。

「なでしこ」もまた、客相手に真剣に予想を行って商売しています。

最終的には「真剣さ」がないとついてきません。余興・興行的な側面としては大いに貢献しているとは思いますが。

  • 2006/07/23(日) 01:27:04 |
  • URL |
  • Bank of Dream #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/46-52dc02c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)