FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

弥彦行き2 競輪


 さて、競輪場にはいると、まあかわいいというか、ちっちゃい。5000人もはいると、パンクしそうだ。実際、この日は最終的な入場者数が3800人くらいだったそうだけど、一般席もぜんぶ埋まった感じだった。 昼前につけば、ロイヤル席くらい、あいてるかもしれないと思ってたけど、 とんでもない話で。(TnT) しかたなく、サービスセンターをうろついて、空調つきの席を確保。

 バンクも、33じゃないかと思うくらいこぢんまりとしてる。でも、400だから、カントが高くて、直線が長い印象。

 施設関係はちいさいながら、どこも小ぎれいにしてある。ヤジの声もずいぶんやわらかくて、全体として緑のなかののんびりした縁日広場みたいな感じといえばいいか。難点といえば、食べ物屋がすくないことくらいかな。

 といっても、食べ物はシンプルながら、どれもうまかった。 とくに、弥彦の名物でもあるこんにゃくの煮たのは、絶妙にうまい。翌日、神社の近辺でも食べたけど、いちばんうまかったのは、場内の1軒だった。

 こんにゃくなんて、貧乏くさいと思うかもしれないけど、ほんとにうまいんだから。ちなみに、絶妙のこんにゃくの映像はこちら。(^^;

oden.jpg
ちなみに、これはこんにゃく+さつまあげのおでん。
弥彦名物のこんにゃくは割り箸に刺してある

 あと、弥彦はなんといっても、すぴRits。渡辺まりさん以下、全11人はこの日も大活躍だった。すぴRitsはほんとに競輪界の宝だぞ! っていう話は、後日たっぷり書く予定。

 さて、レースは……いつものとおり、あんまり買わない。(^^) 8~11の4個レースだけ。

 ついていきなり、小橋=阿部をどすんと買っておいて、これは地元勝利をわかちあうためのお守り(笑)。ほかの狙い目もぜんぶ買ってから、とーこちゃんに基本的な見方とか、車柱の意味とか、ひととおり説明。で、8Rでついにわが妻車券初挑戦。

 ここでいきなり、奇妙な点に気づいたといわれる。この日は1Rが十河、3R布居、4R太田黒大心、5R上吹越と、かわった名前の選手が勝っているという法則。(w もちろん、とーこちゃんがかわっていると考える名前だけど。

 おお、これはいわゆるひとつのビギナーズラックが狙えるかもしれないと、さらにかわった名前を探してもらって、八日市屋から勝負!

 でも、結果は吉岡から九州のワンツー。う~ん。ビギナーズラックってのも、なかなか当たらないんだな。つか、「ビギナーズラックを狙う」っていう発想からして、そもそも間違いだって。(^^ゞ

 9Rはぢつは電車のなかで考えた、この日いちばんのピンポイント攻撃だった。山幸-高城信雄の1点流し。

 こいつがずばりきちゃって、3着は太田真一の1-9-7で、今年2度めの万シューゲット。ウハウハですよ。この時点で、もう車券はぜんぶ買ったあとだから、とりあえず負けはなくなったわけで。すっかり温泉気分。というわけで、これが弥彦の記念車券。

yahiko01.jpg

 こーいうのが決まると、ほんとにうれしい。小勝負だけどな。最終がこれくらいピンとくると、もっと勝負できるんだけど、ま、勝ちゃいいんだ。

 10Rは土岐から勝負していたものの、志智とのワンツーだけは安そうだったんで買わずにアウト。今開催のヌケ目傾向はまだつづいている。

 ま、ここまでは遊びですが。勝負はとにかく決勝戦11R。お守り車券のほか、藤原、慎太郎もからめて何点か買ったし、ヌケ目も入念にチェックしたし。でも、結果はこのとおり、高峰がひとりで遠征ラインを蹴散らして、絵に描いたような地元ワンツー。

 理想をいえば、阿部が最後、差せたほうがよかったかもしれないけど、小橋はなんといっても、いちばん好きな選手ですから。

 それに、今回のテーマは「地元主義」だったわけで、最後、それがうまいこと決まって、またまたうれしい。あと、前場所の松坂で、神山が1年ぶりに優勝したでしょう? あれで、小橋と吉岡は燃えるはずと思ってたんだよね。

 そのふたつの理由から、ずっと小橋を追っかけたんだけど、正解ですた。小橋は移籍直後の2000年以来、新潟の地元記念2度めのV。おめでと~。優勝インタビューでも、ウィニングランでも、すごい大声援で(もちろん私もどなってましたが)、すっかり弥彦に定着した感じだった。

 それで、かんじんの収支は、帰ってきたら万札が1枚増えてたから、プラ20kくらいにはなったもよう。よしたよした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/36-55fcf7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

懐かしの(?)弥彦詣で 2

 弥彦村は小さい村ですが、越後一宮の弥彦神社があり、弥彦競輪場もあるので、あのあたりでは一大観光地のようです。上越新幹線の燕三条から弥彦線に乗り換えて行くのが一般的ですが、競輪場のサイトによると、レースがあるときは、燕三条駅から弥彦競輪場まで直通バスが運

  • 2006/07/18(火) 21:28:37 |
  • ものぐさ日記