FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

小倉競輪祭、決勝


 準決勝は1勝2敗で、本来ならトータルプラスになるはずなのに、2着山田は押さえだったので、トータルまだ11kマイナス。ただ、今回ずっと買いつづけた新田が、いいかたちで勝ったのが収穫。

 イチオシだった平原、神山、荒井は消えたものの、大本命の手島はきのうの激戦を制して勝ちのこった。金成、あれやると、嫌われるぞ。社杯決勝だっけ、あんときもそうだったけど。金成は闘争本能に火がつくと、自制がきかないタイプなんだよね。それが長所でもあるんだけど。

 ということで、決勝戦。

1 有坂 直樹 37歳 秋田 64期 追 3.64 110.28 予7、二2、準2
2 山田 裕仁 38歳 岐阜 61期 両 3.64 110.57 一2、二3、準2
3 手島 慶介 31歳 群馬 75期 両 3.57 114.65 予3、ダ4、準1
4 新田 康仁 32歳 静岡 74期 逃 3.64 107.19 予4、二2、準1
5 山崎 芳仁 27歳 福島 88期 逃 3.71 113.80 予6、二1、準3
6 三ツ石康洋 26歳 徳島 86期 逃 3.92 105.62 一3、二1、準1
7 濱口 高彰 38歳 岐阜 59期 追 3.57 110.15 予1、ダ8、準3
8 大塚健一郎 29歳 大分 82期 追 3.57 105.73 予4、二2、準3
9 伏見 俊昭 30歳 福島 75期 逃 3.64 111.35 予5、二1、準2

 ならびは591 27 68 3 4で、手島と新田は単騎だが、たぶん手島の捲りに新田が乗る展開だと思う。その手島、逃げイチの山埼の番手は狙わないはず。競りでむだな力を使うより、きっぷよく捲ったほうが勝つ可能性が高いから。

 三ツ石はツキを使いはたしているはずで、このラインはいらない。問題は好調の山田と、ここまで楽に勝ちあがっている濱口。とくに濱口は不気味。ただ、山田はあれこれ考えて、どう中団をとるかを考えているうちに、手島が捲っちゃいそうなんで、ここもいらないかも。

 伏見は絶好調といわれているが、そうかなという感じ。伏見なら、むしろ有坂じゃないか。

 まあ、いろいろあるけど、ここはきのうとらせてもらった新田と心中。

 3=4-全。とくに、4からをたっぷり。

 あと、4=15は押さえる。9はどうするか。資金がのこったら7から少々。はい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/345-0e1b3e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)