FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

北津留、スプリントで金


 アジア大会自転車競技の男子スプリントで、90期の星(時代はすでに92期なので、もうこのフレーズやめます)北津留翼が優勝した。スポニチのニュースはこちら

 3本勝負の2本完勝で決まりかと思ったら、2本めは反則で降格になっちゃったらしい。でも3本めはきっちり決めて、これで男子スプリントはアジア大会で12戦全勝と記録を伸ばした。

 でも、はっきりいって、北津留ならアジア大会は勝って当然。オリンピックでテオ・ボス(オランダ)をたたき切って金メダルっていうのが目標なんだから。だから、来年も競輪はそこそこに、競技のほうでがんばってもらいたいっす。

 なお、北津留ほど大きく報道されなかったけど、これも「お家芸」になりつつあるチームスプリントでも、金メダルをとっている。JOCの公式記録サイトはこちら。メンバーは成田和也新田祐大渡辺一成といずれも福島勢。ここでも福島は強いのだ。

 成田と一成は、去年2月のワールドカップでも銀メダルをとってる(あとひとりは岩手の及川裕奨)。そのときの記事はこちら。だから、これも勝って当然の結果。チームスプリントは競輪選手の脚質にいちばんあった競技だと思うし、前回アテネでも銀メダルだったし、やっぱり北京でこそ真価が問われるのであった。

 ちなみに、その及川は今回、1kmTTで銀メダルを獲得している。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/272-61777bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界が見えてきた?

3日間に亘って行われたアジア大会男子スプリントにおいて、アジア選手権においては同種目2連覇中の北津留翼が、「真のアジア王者」を目指し登場。しかし北津留がアジア選手権を連覇した際には「実質の」アジアの王者は出場していなかった。だがアジア大会において、「実質

  • 2006/12/14(木) 11:40:34 |
  • 公営競技はどこへ行く