東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華街


 さて、横浜といえば中華街。

 というわけでもなく、今回は「桜木町あたりで焼き鳥居酒屋」なんていう選択肢も考えていたのですよ。 なにせ、中華街の従業員が、大震災直後のデマのせいで、ほとんど帰国しちゃって、壊滅状態だと聞いていたもんで。

 ところが、行ってみるとけっこうな人出。店の人間の立ち話を聞いてると、この5日の午後くらいから客足ももどってきたとのこと。なので、いつもどおり、中華にすることにした。

 ただ、店の入れかわりがはげしい中華街の習いというか、「鯉鰻菜館」をはじめ、行きつけの店がざっくりなくなってしまったんだよね。

 そこで、新しい店を開発しようってことになり、うろうろしているうちに……

 どんどん人が増えて、店が次々と満席になってしまう。(^^;

 しかたないんで、いつもの「你好」経由でその本家の「福楼」に。この2軒はオーナーが同じ姉妹店(もう1軒あるらしい)で、かつては中華街ではめずらしい台湾料理の店だった。前回はワールドコンのとき、秘密結社の仲間を案内してきたので、やっぱりほぼ4年ぶり。

 この2軒でいちばんのオススメは、アヒルの舌! ほかでも何軒かおいてある店があるようだが、とにかくこれを食べないと、ここにきた甲斐がないというくらい美味、珍味。

 あと、空心菜炒めも必須。というか、その昔、空心菜をはじめて食べたのがこの店なのであった。

 ほかに腸詰め、10年もの紹興酒など、ひととおり飲食して、6000円くらいかな。とてもお安いのです。

 もっとも、スペシャル・メニューだった穴子の炒めは微妙に残念。 つくりはみごとなんだけど、よくありがちながら、かくし味にカレー粉を使っているのだ。うーん、ふつうに五香粉ならいいのにー。

 明けて6日は『日本丸』に行ったあと、また中華街にもどって(笑)初登場の「大連餃子基地」にはいってみた。前日、気になるメニューを見つけてはいろうとしたんだけど、タッチの差で満席になってしまったので、そのリベンジ。

 ここのオススメは名前のとおり餃子。焼餃子と水餃子、それぞれにプレーンと香菜入りがあって、これがメイン。ほかに茶葉入り、セロリ入りなど各種。それと担々麺がウリらしい。

 で、とりあえず焼き餃子と水餃子を1人前ずつと、前日気になった「オイスターソース焼きそば」を注文。

 餃子はどちらも非常にオーソドックスで、奇をてらわない正統派。これなら、ひとりで3人前ずつくらいはぺろりと食べられるでしょう。オーソドックスさに好感が持てます。

 狙いのオイスターソース焼きそばは、予想どおり絶品だった。こーいうところは、昔、中華の厨房に立ってたから、鼻がきくのであった。(^^)

 とにかく、麺も素材も調理技術も調味も、どれも申しぶんなし。次回はここをメインにしてもいいなというくらいの、いい店でありました。新しい店なんで、愛想もいいし。

 次。おみやげ。とーこちゃんはこれまたいつもの頂好食品ほか1軒でお菓子やマンゴープリンを買っていたが、私が目をつけていたのは、関帝廟通りにできてた「金陵」のモツ盛りあわせとチャーシュー。

 これまでは20年近くにわたって、「同發」でモツやら腸詰めやらを買って帰り、その夜は中華粥とモツ、チャーシューというのが定番だったかですけどね。ここでもすこし目先を変えて、新規店舗を開拓しようとしたわけ。

 聞けば、この店、4年前まで表通りでやってた「金陵酒家」だそうで。いまの店舗はほぼテイクアウト専門になってる(奧で数人なら飲食できるらしい)。

 で、ここで3500円ぶんくらい、モツとチャーシューを買ってきたんだけど、これがじつに美味。もしかすると、同發よりうまいかも。値段も安いので、次からはしばらくここにしようと決定。兄ちゃんの思いっきりな不機嫌ぶりも、いかにも昔の中華街っぽくていいし。(^^)

(おしまい)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/2482-4fe43a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad