東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米虚報合戦


 ふだんから、海外メディアはよく見てるから、大震災に関するすさまじいアジテーション記事の数々は知っていた。でも、きょうになって、なぜ虚報を連発するか、謎が解けたような気がする。

 あさ、『めざましテレビ』で、「アメリカの誤報・虚報大特集」をやってた(いや、そういうタイトルじゃありませんが)のを見て、ひとつ気づいたのよ。とくに、番組でとりあげていたABCの記者が、その典型だったんだけど。

 海外メディアの発想の基本には、「日本政府がなにかかくしている」っていうのがあるのね。いわゆるひとつの、政府陰謀説であります。にせ科学やホメオパシーなんかとならぶ、典型的デマゴギーね。

 その政府隠謀説を、記者自体が信じちゃってるわけ。これじゃ、まともな取材ができるわけないっしょ。

 だいたいですよ。アメリカ政府はともかく、いまの日本政府に、

 隠謀をめぐらすだけの知恵や能力がある

 と、本気で考えること自体、もう思考停止状態なわけで。ヽ( ´-`)ノ

 船橋に住んでる義妹によると、近所でもCNNしか見ない人間がパニックにかられてるそうで、いとあはれ。ヽ( ´-`)ノ

 もっとも、虚報は海外メディアだけじゃなくて、日本のメディアもお盛ん。同じくけさ、みのもんたや小倉なんとかの番組で、アメリカ海兵隊の特殊部隊がくるって話を、すごく重要なことみたいにしゃべってて、思わず噴きそうになった。

 読売のこの記事なんかもそうだけど(この記事自体はわりと客観的)、くるのは海兵隊なんだってば。戦闘部隊。

 このチームは地下鉄サリン事件を契機に組織された、核兵器、生物・化学兵器、放射性物質などを使ったテロルに対抗するためのもの。 だから、たとえば原発でいうと、原発にたてこもったテロリストを排除するのが主任務で、 人質解放もサイドメニューにははいってるけど、原発事故の専門家では、決してない。そういう部隊。

 もちろん、原発について、ある程度の知識を持つ人間もいるそうだけど、せいぜい分隊規模でしょう。10人程度。

 なのに、「アメリカからスーパーマンがやってくる」みたいな報道しかしないわけで。

 小倉、みのりかわとも、世代的に騎兵隊ドラマの見すぎなんでしょう。きっと。リンチンチンとか。ヽ( ´-`)ノ

 まあ、日本のほうは無知なだけだから、海外の無理やりな捏造記事にくらべれば、他愛ないっていっちゃえばそれまでなんだけどね。ヽ( ´-`)ノ

 それでも、こっちもいとあはれ。

 これとか、これとかにつづく。

スポンサーサイト

コメント

虚報合戦、気に入ってもらえたようで。(^^)

きのうのIAEAの理事会を見てて思ったんですが、欧米人は「なにかあるはず、もっと出せ」といっときながら、なにか恐いものが出てきそうだと思うだけでパニックになるっていう、非常にあつかいにくい人種のようで(笑)。

反対に、日本とかアジア全体かな、は、恐いものははじめから見ないですませるという行動様式で、こっちのほうが処世術としてはすぐれてるように思います。それこそ、国民性の違いなんでしょうが。

  • 2011/04/06(水) 10:48:13 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

日米虚報合戦!(笑)言い得て妙ですね~。
いやー、くだんのCNN見てた近所の人って、ようするに日本のマスコミなんか信用できんと思ってCNN見てたみたいなんですけど、CNNが信用できるかというのはまた別の問題なわけで。
この頃は悟ったのか、日本中どこへ行っても無駄だと思ったのか、言わなくなりましたねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/2450-d313a8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad