東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11大地震


 3.11の地震は、ほんとうにすごかった。最終的なマグニチュードは9.0。 日本での観測史上では最大、世界の観測史上でも5番めの巨大地震だ。

 たしか、気象庁マグニチュードは8.0をこえると数値があまり上昇しなくなるはずで、そのなかでの9.0というのは、文字どおり想像を絶する規模だったことになる。以上、『理科年表』より。

 うちもものすごく揺れた。 埼玉県東北部は地震多発地帯で、これまでも震度5弱は3~4回経験していたけど、その比じゃない。中越大地震のときは、震度5弱とは思えない揺れで、マンションもあちこち破損したんだけど、そのときより10倍くらい強かったと思う。

 実際、南東1kmにある地震計は5強だったけど、南西3kmにある地震計は6弱だった。たぶん、あれが6の揺れってやつなんだろう。

 それでも、多発地帯なのでいろいろ耐震に気をつかっていたせいか、さいわいとくに被害はなかった。

 買ったばかりのテレビも、「震度7相当の揺れも吸収する」っていう、転倒防止シート「マットマン7+」をかませといたら、みごとに倒れなかったし。テレビ台は10cmくらい動いたのに。

 ただ、驚いたのは、推定700kgはあるキャビネットと食器棚が、15cmも動いていたこと。

11sinsai001.jpg

 これ。白いのが書籍など1500冊以上と雑多なものを収容してあるキャビネットで、手前の食器棚はこのキャビネットにもたれるようにして耐震補強としている。それが、倒れる隙間がないため、くっついたまま横に移動したらしい。

11sinsai002.jpg

 この隙間ですね。これに気がついたときには、心底ぞっとしましたよ。震度6程度なら、びくともしないと思ってたんで。

11sinsai005.jpg

 もとにもどした図。もともと、隙間が1cmになるよう、設計・加工してあるのだ。

 もとにもどすとき、久しぶりに外に出したろーだん全巻。複数あるのもあるから430冊ほど。

11sinsai003.jpg

 この物量が上部のたった2段におさまっているわけで、キャビネットの収容力というか、総重量がどのくらいか、わかると思います。

11sinsai004.jpg

 この上2段がろーだんのスペース。

 これだけのものが動いちゃうんだからね。今回の地震の巨大さを、いちばん身近で実感したのは、この隙間だったかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/2443-29fb6e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad