東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MM9#12 #13


 いやー、よくできた最終2話でした。というか、いちおう全13話で1エピソードということなのでした。

 といっても、やっぱり9話10話はいらないけど。ヽ( ´-`)ノ

 それ以外は、サイドストーリーである8話まで、二田良秋津を狂言まわしとして、ちゃんと結びつけていたところが、好感度高い。つか、なかの人は8話こそ描きたかったのかもしれないけど。

 シッポンも関係あるのかというと、これもフルドネラにいたる伏線だったんだよね。「Mの本質」という点で。

「Sを環境省、Mを気象庁という、区分け自体に問題がある」っていう自虐的ネタも、作品の大前提が「Mは超自然的存在なんだよ」だからこそ成立するし、テレビ版でSっていう存在を「創作」した甲斐もあったという感じ。

 そういうのをすべてひっくるめて、これは日本のドラマ史上でも、きわめて稀な 「伝奇SF」の成功例といっていいかもしれません。来年の星雲賞はこれだな。そのくらい、この12~13話はよくまとまってました。

 以前に、二田良秋津の名前について書いたけど、この段階でもう、伝奇の匂いがぷんぷん漂ってたからね。こーいうのには敏感なのよ。

 この……6話か。ここで最終2話の展開はほぼ予想できて、実際、おおむねそのとおりになったわけですが(「ココゼ」といっちゃえば、それまでなんだけどね)、細部までよくこだわった設定で、これも非常に好感が持てました。

 正直、二田良のルックスからして、海をわたってくるスクナヒコナ伝説あたりを持ってくると思ってたんだけど、水つながりで富士五湖にきました。古根龍神(こちらのサイトに説明あり)。

 スノウミというのは、一般にはセノウミ(剗の湖)と書かれるけど、現地ではスノウミという発音なのかもしれない。 こういう例はよくあって、たとえば私が生まれた府中の一部は、江戸時代には「六所口(ろくしょぐち)」と表記されているが、地元の発音は「ロクシャクチ」だったりするから。

 とかいう蘊蓄はおいといて。

 こういう細部を、安直にインスタントでつくっちゃうんじゃなくて、実在する伝説なんかを組みあわせて構築したのが、これまた好感度高し。

 ただ、これだと二田良はただのメッセンジャー役でしかなくなっちゃって、実際そういう描き方だったけど、これはこれでいいのかな。最後に出てきた伊豆田をふくめ、セカンドシーズンをつくって、そこで解き明かされるのかも。つか、それをキボンヌ

 庵野じゃないけど、「みんな」ってだれのことか、気になるし。伊豆田って名前はどうもピンとこないんで、ネタを知りたいし。

 もうひとつ。二田良役の橋本愛さん。この演技はとーぜん演出だよね。 イメージとしては座敷わらしあたりだと思うけど、すごくいい表情を出してて、これもつづきを見てみたいし。

 セカンドシーズンつくらないかな。いやほんと。

 今回は脚本もかなり磨きがかかってて、フルネドラゴンがフルドネラになっちゃうプロセスとか、四元がスズメバチの巣を送ってくる幼稚さとか、そういう部分もツボを押さえてて、またまた好感度アップ。

 なかでも、「ミカヅキとミズカキくらい違う」って、すごいですよ。発想が。このフレーズだけとっても、見つづけてきた甲斐があったというか。

 詩篇を持ちだしたのは個人的にはイマイチだけど(純国産でいってもらいたかった)、このスタッフはそーいうのが好きそうだし、記紀に出てくる子の親殺しで、このケースにあてはまるのはあるようでないし。

 イザナミとアメノカグツチのエピソードは違うもんね。

 私だったら、相模国風土記の一節を捏造して、子の親殺しをさしこむけどな。

 こーやって、次々と蘊蓄に走るときっていうのは、興奮してるしるしなんだよね。

 はい。久々に興奮できるドラマでございました。

 細かいところでは、最初に感じた演出の不自然さが、最後まで払拭できなかったりするけどね。

 まあ、最初と最後がよくて、あいだにいいエピソードを2つくらいはさんであれば、いい作品といえるんじゃないでしょうか。いや、私にとってはいい作品でありました。

 ほんと。続編できるといいな。
スポンサーサイト

コメント

マネシタはずっと不買運動ちう(笑)。つか、もともと電球くらいしか買ってなかったし。

録画マシンは最初こそSONYだったけど、ここ25年くらいは東芝オンリーだったと思った。使いづらいんだけど、それに慣れてるもんで(笑)。

  • 2010/10/07(木) 10:17:14 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

13話、やっとCMカット終了、とりあえずブルーレイに
次にAVCHDでDVDへ
数MBの差で入らない

DVDに焼けるのは、編集機能の全く無いパナだけなので、
カットするという行為に恐ろしく時間と手間がかかる
いちいち最初に戻らんと、ダビングできるかどうかわかない。
間違っても買うもんじゃないよ、パナは

こりゃ、東芝のブルーレイ買わなきゃだめかな?

続編は、DVDに特別編?

  • 2010/10/06(水) 19:03:36 |
  • URL |
  • ちぎれた羽根 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/2274-cc4d4f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad