東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はどっちだ?

UH01cpt.jpg

 完成から1週間以上を経過しても、なんだか出来が気に入っている、ウルトラホーク1号でありますが。最近は隣りにジャイアントロボがいたりして。ヽ( ´-`)ノ

 やっぱりアレです。人形は顔が命。ひこーきはコクピット(つか、キャノピー)が命なわけで。ここがきれいにできたのがキモでしょう、やっぱり。

UH01cpt_a.jpg

 アルファ号はそーいうわけで、1本だけ枠を描いて、かなり視界良好なかたちで。 設定どおりながら、ダックエッグイエローがやや気になるところではありますが。まあいいかなということで。

UH01cpt_b.jpg

 ベータ号のコクピットはそーいうわけで、設定より見た目重視というコンセプトのもと、いちばんいじくった部分。でも、イメージ的にはこーいう感じなんですよね。ダック黄が見えすぎるのも、コクピットの視界がひろすぎる(透明部分が多い)のも、どうも違うっていう感じで。

 でも、クリア・パーツをポリパテで成型するという、かなり無茶なことをやったわりには、いかにも初期ウルトラな雰囲気になったと自讃しとります。はい。

UH01cpt_g.jpg

 ガンマ号は3機のなかでは、いちばん手こずったわけですが。

 でも、コクピットまわりだけは非常にグッドな出来で。 とくに、手塗りできれいに再現できたところが、なによりのお気に入り。(´・ω・`)

 クリアパーツと本体のつなぎ目は、もちろん消すのはかんたんなんだけど、あえてのこしてみました。このほうが、いかにもウルトラっぽいので。構造がどうなってるかはわかんないけど、こうして見ると、このキャノピーも開閉できるみたいね。

 その一方で、ベータ号もそうだけど、機首にレーダーは装備できないよね。これじゃ。

 まあ、遠距離索敵とか航法に必要なデータなんかは、アルファ号からのものをリンクさせることにして、ベータ・ガンマ号はドッグファイトを重視したんでしょう。 対うちう人の円盤用ドッグファイターって、勇気があっていいよね~。ヽ(^^)ノ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 てなことを考えているうちに、さて。

 次のプラモはなにをもてあそぼうかとなったわけですが。

 う~ん。

 ガンプラとか、ライトなのをやってたから、久しぶりにこってりしたやつがいいな。

 ということで、当初はWWIIのウォーバードでいちばん好きなデ・ハビラント・モスキートあたりを考えたんだけど、手持ちのキットでつくってないのも多いから、このへんを。

zgi001.jpg

 上はわりとふつうといっていいでしょう。 ファインモールドの定番、1/72「Xウィング・ファイター」。まあXウィングの決定版であります。

 下はハードコアXXX。かのウェーブがごく初期(たしか94年くらい)に出したインジェクション・キットの、HOゲージ対応1/87「メーサー殺獣砲車」。

 どっちにしますかね。

 すごく悩ましいけど……やっぱりXウィングが妥当っぽい。いまも売ってるから、ミスしても気が楽だし。

 つーわけで、次はファインモールド版Xウィング・ファイターにしますた。(´・ω・`)

 そうね。5月か6月にアップするくらいの感じで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/2009-3ed4f5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad