東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラドン』つづき

rad01.jpg

 こちらのつづき。

 デアゴの分冊百科の9巻で、1990円。

 まず、分冊百科(本誌)のほうの感想。資料としては、当然ながらあらたな発見とか情報はいっさいなし。1冊持ってても役にたたないので、すでに処分しました。

 したがって、このバージョンのDVDが1990円で妥当かどうか、この1点が気になるところですが……

 妥当だと思いますよ。うん。

 作品としての『ラドン』にLoveの人は、ブルーレイ版を買えばいいわけで、資料映像として保存するなら、むしろこのレベルの画質……スタンダードなデジタル・リマスター版のDVDで、必要充分だと思います。つか、画質は良好なほうでした。

 本編を見たのは、たぶん15年ぶりくらい。 前回はそーいうわけで、VHS版だったと思う。 だけど、そのときとくらべて、たとえば佐原健二さんの肌の質感とかが、あきらかにいい印象なんですね。

 逆に、画質がいいだけに、メガヌロンの幼虫がボタ山を登っていくシーン(じつはここがいちばん嫌い)が、あまりにちゃちい印象になったりして。

 でも、本編のいちばんの見せ場(だと思う)F-86Fとの空中戦シーンあたりは、なんというか、「ぼやけかげん」がよくて、このくらいが現状ではいちばんいいと思います。はい。

 新しい……ミレニアム以降くらいだと、はじめからデジタルでのこってるから、これまで約4000円のものが、約2000円で手にはいるのは、明らかにいいんでしょう。たぶん。

 問題があるとすると、HD化したとき、画質的にどうかっていう点があるんだけど……

 これについては、すでにゴジラ系全作品とモスラ4本がHD化していて、日本映画専門チャンネルで見てるわけですが、個人的意見として……

 HD化しないほうがよかったのがある。orz

 具体的には、36年版『モスラ』。

 もとにしたフィルムが、かなり痛んでたんだろうけど、「鮮明ながら悲惨」っていう状態でね。

 これだったら、従来のデジタル・リマスター版を使っているとおぼしきデアゴ版のほうが、HD版よりいいかもしれないと、そう思ってます。

 いまはHD版を持ってるわけだけど、もしかすると、デアゴ版のほうがいいかも。 たとえば、10年後にどういう環境(ハード)で見るかによって大きく違ってくるから、判断は微妙ですが。

 とりあえず、いまのところこーいう映像は『モスラ』だけだけど、ほかの作品も再チェックしたほうがいいかもと思っとります。

『モスラ』はやっぱりデアゴ版かなあ。ほんとに判断がむずかしいのだ。ヽ( ´-`)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/2007-fa9e3302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad