東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅倉久志さん、逝く


 おととい14日、横浜市内の病院で亡くなったそうだ。享年79歳。

 直接は存じあげなかったが、高校・大学時代は「浅倉さんの訳だから」読んだSFがたくさんあった。珠玉の作品をどうもありがとうございました。

 合掌。
スポンサーサイト

コメント

『竜を駆る種族』もそうでしたね。浅倉さんの訳がなかったら、エヴァもなかったかも。偶然かもしれませんが、「補完計画」も「世界の中心…」も、浅倉さんの訳ですから。

  • 2010/02/17(水) 16:41:14 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

追伸

あと、アレック・エフィンジャーのブーダインを舞台にしたムスリム電脳物の翻訳も、所謂「サイバーパンク」とは一味も二味も違った古典的ハードボイルドの香り漂う、情感豊かな世界が展開されていたと思います。亡くなられた金田真義さんが「あれは良いね」と言っておられたのを思い出します。

  • 2010/02/17(水) 14:25:33 |
  • URL |
  • 流転 #-
  • [ 編集 ]

SFマガジンの今年一月号に載った
「今、ベットの上に仰向きで、依頼された記念エッセイをどう書こうかと考えています。(中略)書くことが頭に浮かんできません。(中略)新しい年には元気をとりもどして、皆様のお目にかかりたいと思います」
と言う今月の執筆者紹介の一文が絶筆になられたのでしょうか・・・
貴兄と同様、数多くの海外作品をその麗筆で堪能させていただきました、その数多い翻訳の中でもジャツク・ヴァンスの「竜を駆る種族」と、ハリー・ハリスンの「宇宙兵ブルース」は特に好きな、というか偏愛する海外SFです。ご冥福をお祈りいたします。

  • 2010/02/17(水) 14:04:40 |
  • URL |
  • 流転 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1999-8ce6ab52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad