東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラホーク1号(つづき)


 問題はガンマ号で、これが難物だった。

UH01-g01.jpg

 後縁全体に接合部のずれが若干あり。これはふつうに、エポキシパテ+ペーパーで消せるが、成型後、別塗装のエンジンノズル部を接着しようとしたら、あわない。orz

 ノズル部を削ったりしてもだめで、結局いったんはがして埋めこむほかなく、成型もやりなおしになった。さらに、内翼と外翼の結合部に1カ所段差が生じてしまい、ここはポリパテを埋めて削りこむという、かなり面倒な作業をするはめに。(TnT)

 作業のうち、1週間はこのへんにかかったと思う。

 また、上面の黒い部分と、その上に接着する銀色に垂直翼部分の接合部が、どうもしっくりしない。当然、色は別塗りなのに、なぜか相互にうつりこむように見えるのだ。

 いろいろためした結果、尾翼側の凸部を切りとって、すこし削りこんでみたけど、ここの成型はイマイチかも。

 もうひとつ。このネービーブルーのデカール、貼るのがすごくむずかしい。後縁をすこし折り返すようになっているんだけど、これがうまくいかないのね。

 結局くっつかなくて、何度も折り返しているうちにとれちゃった。 これって、はじめから切りとったほうが正解だったような気がする。

UH01-003.jpg

 3機が分離したところ。 これがバンダイだったら、分離状態用のディスプレイ・スタンドをべつにつけて、500円高く設定するところだろうが、やっぱり分離用スタンドがあったほうがいいと思う。

 こうして見ると、アルファ号は単独じゃとても飛べそうもない。つか、すぐ失速しちゃいそうだ。

 なお、各機は磁石で結合する仕様で、これは非常に秀逸であります。なにより、よけいなパーツがないのがいいし、メカ的ではないから壊れる心配もない。

 最後、同じ1/144の量産型ゲルググとならべてみた。ヽ( ´-`)ノ

UH01-ger.jpg  

 1/144のガンプラはこれしかないのだった。こうして見ると、やっぱりでかいねウルトラホーク。可能なら、ここにステーションホークもならべてみたい気がする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1994-7b0ad289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad