東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年始吉例


 結婚して21回めの正月ともなると、あらゆる手順が流れ作業のように進んでいく。

 31日は年末年始に食べるものを準備したあと、十日町流に「歳とり」といって、夜7時ごろからいろいろ飲み食いしはじめ、9時半ごろから年越しそば。

 このへん、メニューもだいたい固定で、刺身類を中心にいろいろ。そばは例によって小嶋屋川西総本店の生そばをとりよせ。同じ小嶋屋でも、十日町店、長岡店じゃなくて、総本店っていうのがこだわり。

 あけて元日は、毎年恒例の「らき☆すたの聖地」鷲宮神社までウォーキング。これで6年連続。今回、はじめて万歩計をつけていったら、例年よりやや近道だったにもかかわらず、1万6000歩近くになった。 これまで、往復12kmくらいと思っていたが、もうすこしありそうな数字だな。

 元日の午前中から、この距離を歩けるのは、元気な証拠だと思うんで、この年中行事もできるかぎりつづけることにする。

 帰ってからは、御節料理の盛りつけをして、天皇杯決勝のスタートとともに飲みはじめる。これも毎年の吉例。

 以前はかなり自家製率が高かったが、最近は出来あいのものを買うケースも多い。今年の自家製は、とーこちゃんが黒豆、リンゴきんとん、お煮染め、伊達巻きくらい。黒豆は某日本一だった懐石料理屋さんに勤めていたとき、ならった製法とか。

 私の担当は数の子、鴨ロースト、鯛の昆布〆、ゆで豚くらいかな? そのほか、小田原・まるうのかまぼこ、昆布巻き、ハゼの甘露煮、紅白なます、酢だこあたりがメイン。チョウロギも忘れずに。

 酒は基本的に好きなものを飲むが、やっぱり日本酒がメイン。今年は騎西町の釜屋さんプレゼンツ、「力士」の大吟醸、同じく「力士」の本醸造おり酒、蓮田の神亀酒造さんの「神亀」の上位機種「ひこ孫」、以上を4合ずつ調達した。

 年々、酒量は減っているので、なるべくうまい酒をチョイスしたいのだけど、今年はやや不満あり。 去年の「力士」は吟醸で、とても満足だったんだけど、大吟醸は2年もの古酒にしてはやや芳醇すぎるきらいがあった。

 甘めの肴があうから、正月向きといえるのはたしかながら、たっぷり飲むには吟醸のほうがよかったっぽい。

「ひこ孫」は3年もの古酒で、辛口。いつ飲んでもうまい定番。「力士」本醸おり酒は毎年、3本くらいは飲む、これも定番。

 元日はそのままだらだらと飲みつづけ、適当にテレビを見て終了。GACKTの2年連続パーフェクトはちょっとすごかったかも(笑)。「SASUKE」も久々に見入っちゃったですよ。ヽ( ´-`)ノ

 2日は朝のうちに懸案の年賀状をかたづけて、府中の菩提寺に年始。そのあと、大国魂神社にもよる。このへんも20年来同じ。

 帰ってからひと休みして、また御節をセッティングしなおして、これからまた飲みはじめるところ。

 そういう感じで、だいたい儀式はこなしたんで、あしたはプラモでもいじりながら、だらだらすごしたいと思ってます。はい。

 ということで、ことしもよろしくご贔屓に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1946-5263dab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad