東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドツボ


 土曜日、仕事が終わったと思ったら、とーこちゃんのPCが壊れた。orz

 数日前からときどき再起動するようになっていたのだ。 症状からして、電源の耐用年数がすぎてるから、これかなと思い、とりよせておいたのに交換した。

 ここまではよかったものの、起動するとモニターが反応しない。

 なんでモニターなのよ。いじってないのに~。しくしく。

 とーぜん、交換した電源を疑って、いろいろやってみるが、改善されず。 モニターに信号が送られないってことは、マザボがいかれたのかなあ。Shuttleのキューブだから、いろいろタイトで、耐用年数をすぎてるのは電源と同じだし。

 こういうときはまた、底なしの絶望感に襲われるんだよね。疲れもどっと出るし。

 ともあれ、予備役に編入していた古いBartonコアのAthlon XPマシン・Bartをとりだして、とりあえず作業可能な状態になったが、こーなるとは思っていなかったので、直近のデータをバックアップしてない。orz

 そこで、泣きながらリスクをおかして鼎辰にそのHDDをとりつけ(SATAに対応しているのはこれだけなので)、おっかなびっくりデータをサルベージ。

 まあ、HDDに異常はないから、サルベージは問題なし。 ただ、なにぶん、べつのマシンに載っけてるわけで、動作はあやしいかぎり。しかも、時間もかかる。

 で、とりだしたデータをBartに移植して、中味を確認してから、仮置きしていた場所からちゃんとセッティングすると……またモニターが反応しない!

 犯人はモニターかよ! つか、ケーブルだったもよう。

 接触不良を起こしているらしく、伸ばしたりひっぱったりして、数回ためすと、問題なく信号を受信することが判明。orz

 じゃあ、Shuttleのキューブも生きてた可能性が高いんで、またもとどおり組みなおす。

 だけど、もう退役だと思って、部品をぬいたり、手荒くあつかったためか、組みなおしてももはや起動することはなかった。しくしく。また底なしの絶望感。

 とにかく、これで原因はわかったんで、店が開いたら近所のコジマかヤマダに行ってケーブルを買ってこないと。というか、いい機会なので、モニターごと新しくする予定。

 思えば、11~12月は機械が壊れる時期なのだった。ひと仕事クリアするまで待ったのが、不幸中のさいわいかも。しくしく。

 なお、鼎辰のほうを組みもどしてみたら、仕事のファイルをまだ送っていなかったことが判明。その状態で、けっこうリスキーなことをしちゃったわけで、これもまた冷や汗もの。

 いったんドツボにはまると、それが波紋みたいにひろがっていくのね。しくしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1918-3978538e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad