東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武雄FI 闘将Sに挑んだ強者達、初日


 内外タイムス廃刊、花月園廃止と、師走の風が冷たいですが、出版も構造不況まっただなかという意味では公営競技と同じで、あすはわが身なんだよね。

 でも、仕事はいつまでもある。 というか、締切が慢性的にクリアできない状態で、今回も大ピンチ。しばらくはブログもごぶさたになるでしょう。先月からそうですけど。

 しかもきょうは抜歯。ヽ( ´-`)ノ あああ精神不安定。

 なので、無理やり日常的なことをやってみる。久しぶりの競輪。なんと5日もごぶさただった。

 FIが絶賛洪水中なので、どこを選ぶか迷ったすえ、武雄に行ってみる。

 この冠「闘将Sに挑んだ強者達」だけで、武雄に決めたんだよね。冠はやっぱりたいせつですよ。いやほんと。

 それにしても、この「闘将S」って、考えてみるとすごいかも。引退・物故選手の冠なら、いくらでもあるけど、現役S級選手っていうのは、たぶん前代未聞でしょう。 いちおう、Sがだれかは秘密みたいですが。

 というようなことはおいといて。難解な11R選抜戦。

 ならびは妄想で、1946 25 83 7かな。 関東両者は美千隆につくかもしれないけど、たぶん先手をとる小野の3番手のほうが有利だと思う。そうなると、美千隆は消し。

 それで、小野の逃げに、若手ふたりが捲る展開。相手が若手だけに、佐々龍がうまいこと番手の仕事をすると思うんで、小野の逃げきりから。相手は3番手から切りこむ井上貴照。

 問題はどっちが本線かだけど、優柔不断なんで決められない。ので、1=4-全ということで。はい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1911-dd2198fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad