東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎SNF決勝


 サマーナイトも最初のころは、1着権利に選手が対応してなくて、つまんないというか、ばかじゃねーの(by 永井大介)っていうレースの連続だったけどね。 さすがに5回めにもなると、走る側もようやく意味がわかってきたようで、おもしろいレースも出てきた。

 とくに、きのうの内藤宣彦はみごとのひと言。 あえて岡部の3番手を選択せず、単騎で機敏に動いたのは、さすが勝負師だねえ。

 勝利者インタビューによると、出しぶりを見て木暮につけると決めたそうで。本人は奇蹟といってるそうだが、これが勝負師の真髄でしょう。

 もちろん、決して岡部と仲が悪いわけじゃないわけで。 3年前の宮杯決勝では、北が5人乗ったんだけど、孤立する岡部をひとりにするわけにいかないといって、不利を承知でその番手を選んだこともあったし。

 いい選手なんだよね。問題はわしの車券にからまないってだけで。きのうも、とーぜん秀明から買ってたわけでねえ。しくしく。

 9R決勝。ならびで気になるのが、単騎を選択した小橋。

1武田豊樹-4後閑信一
7山崎芳仁-2伏見俊昭-8内藤宣彦
5石丸寛之-3加藤慎平-9中川誠一郎
6小橋正義

 初手はまあ武田の3番手だと思うけど、山埼が先行した場合は、伏見に斬りこむっていう意志表示でしょう。そうすると、伏見は番手を死守するかどうか。

 結論、しない。3番手で充分だから。とすると、どっちが先行しても、いい位置をとれるのが小橋ってことになる。

 きのうの内藤のこともあるから、小橋アタマで勝負。相手は伏見を中心に、内藤がからむケースも考えて。あと、武田、後閑あたりの2着も押さえ。はい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1739-b710a0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad