東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに虫が


 出てきた。のーみそに巣くってる虫のなかでも、いちばん始末に悪いやつ。

 PC自作虫。

 ああああああ、そういう季節か。orz

 いま使ってる主力機・震電は耐用10年をめざして計画したものの、5年2カ月たった現在、どうも息切れしてきたっぽい。メンテナンスはしているけれど、CPU温度が高どまりなのが、どうも不安だし、HDDとパワープラントはどっちみち交換時期にきてる。

 もし交換して、数カ月でいかれたら、目もあてられない。ってことで、ここは新マシン
を組むほうがよさそう。つか、たぶん新マシンにしたほうが、コストパフォーマンスがいいはず。

 それにもうひとつ。技術の継承という側面もある。ヽ( ´-`)ノ

 最後につくったのがこれだから、もう2年半以上になるわけで。これじゃ、つくり方を忘れちゃうよ。嘘。

 OSのチューニングも、最後がSA1Fで、これだから、やっぱり2年ぶりくらいになる。こっちはマジで、やり方忘れてるし。

 というわけで、つくる気になりましたよ久しぶりに。はい。

 締切の関係で、実際の作成は8月中旬か10月はじめ。たぶん後者になるでしょう。

 それまでのお楽しみ苦行として、まずはパーツ選びから。第1回はCPU。TDPの低いPhenom II、スロットAM3版が条件。

 じつはAM3版はあんまり出てなかったんだけど、いま台湾でやってるCOMPUTEXで、新ラインナップが増えたそうだ。たとえば、ITMの「省電力モデルにX2──選択の幅が広がった「AM3」CPUを一挙に試す」という記事。

 この記事のベンチマーク結果を、小1時間見て検討してたんですが、ここひとつ、おもしろい傾向を見つけた。このピーク時の消費電力。

 意外にも、TDP65Wの「Phenom II X4 905e」の消費電力が、いちばん多いのであった。あれま。

 たとえば、同じ仕様で3コアの「Phenom II X3 705e」とくらべると、理由がよくわかる。つまり、TDPは1コアあたりの消費量で、同じTDPだと、X3とX4では、X4のほうが1コアぶんだけ総消費電力が高くなるということ。

 これは微妙ですよ。うちの場合、それほど負荷をかけるタスクはさせないんで、こっちのアイドル時のほうが、参考になるかもしれないけど。

 それでも、ピーク時174Wはでかい。パワープラントも500Wじゃたりないかもしれないし、熱との戦いもそれだけシビアになる。

 そうなると、4コアはあきらめて705eになるか……微妙だよなあ、これは。

 というようなことを、しばらく考えつづけることになりそう。これは正直、至福の時むずかしいっすよ。いやほんとに。興味ない人には、ただのたわごとですけど。(^^;

 でも、PCを完全に使いこなそうと思ったら、これはぜったいに避けて通れない道なのですよ。いやほんとに。ほんとだってば!

【11.04.16追記】
TDPだけど、705eはピーク時で65Wと判明した。つまり、3コア合計で。なーんだ、そういうことなのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1657-a59e5171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad