東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・G・バラード逝く


 ひきつづき、蛇の道方面からの情報。イギリス文学界の巨星、J・G・バラードが亡くなったそうだ。Timesの記事「Author J.G. Ballard dies after lengthy illness」より。日本ではまだ報道されていない。

 イギリス文学界の巨星どころか、20世紀最大の作家だと、私は思う。

 それに、マイクル・ムアコックとならんで、もっとも好きな現代海外SF作家、もっとも影響をうけた作家のひとりでもあった。スペオペ中心と思われてるでしょうが、じつは違うのよ。

 とくに、高校時代、『沈んだ世界』なんかは、すりきれるほど読んだっけ。あと、ヴァーミリオン・サンズのおもに初期短編とか。

 バラードの世界観はその後、NWSFだけでなく、クライヴ・バーカーや、映像界ではデヴィッド・クローネンバーグあたりにまで、大きな影響をあたえていった。と、思う。とくにバーカー以降のある種のホラーには、かならずバラードの匂いがして、好きだったなあ。

 クローネンバーグは後年、バラード原作の『クラッシュ』を撮ってるくらいで、きっとファンだったんだと思うけど、最初に見た『ビデオドローム』で、もうバラードの匂いがしてたし、のちにデビュー作『シーバーズ』を見たときは、なぜか『コンクリートの島』を思いだしてね。とにかく、バラードスクールという感じが伝わってきたもんです。

 えーと、78歳とのこと。

 合掌(-人-) あと、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

なんというか、いちばん死にそうもない印象の人でしたからね。(^^;

きのうの勇敢に訃報が載ってましたけど、やっぱり「太陽の帝国」ですか、代表作は。私はなんだろ? 最初に読んだのが、たしか『沈んだ世界』なんですが、前期以降だと、『コンクリートの島』『夢幻会社』あたりが好きでした。

  • 2009/04/21(火) 09:35:00 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

ええっ、

ええっ、それは少しショックです!

一般的には映画「太陽の帝国」「クラッシュ」の原作者の方が
名前は通るのかなあ。

「夢幻会社」「ハイ-ライズ」なんか印象に残ってますね。
昨年ふと読んだ「コカイン・ナイト」が私的に最後でしょうか。

ご冥福をお祈りします。

  • 2009/04/20(月) 13:35:42 |
  • URL |
  • 細@獏団 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1590-c01f9d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad