東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本だて


 えーと、見てきたのです。『ヤッターマン』と『ウォッチメン』。ハシゴというか、2本だてというか。日米アニメ・コミックの名作の競演。(^^)

『ウォッチメン』は監督がイマイチ好きじゃないんで(スピルバーグみたいに、「ぜったい見ない」というほど嫌ってはいない)、見る気はなかったんだけど、蛇の道で25年来の友達K志くんが絶賛してたんで、見てみることにしたしだい。

 いやいや、どっちも期待をこえた出来でした。『ヤッターマン』は傑作。《ウォッチメン》はいろんな意味で原作をこえてました。はい。

 レビューはまた、おいおい。書ければ、半分は今夜にでも。

 とにかく、『ヤッターマン』は必見ですよ。

『ウォッチメン』は原作を読むか、すくなくとも詳細ストーリーを知らないと、痛い目にあうかもしれないけど、原作を知っていれば、それよりすごいことがわかります。はい。

#実際、近所で見てた学生は、アメコミヒーローものだと思ってたようで、ぼろっかすに
  いってましたな。たんにあんたが情報不足なんだよ >学生。
スポンサーサイト

コメント

『ウォッチメン』はたしかにすごいんですが、傑作といっていいかどうかは、評価がわかれてます。私の頭のなかで。(^^;

『ヤッターマン』はさすが三池監督で、転んでもただでは起きないというか(笑)。あとで感想書きます。

  • 2009/04/02(木) 09:44:06 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

日米豪華二本立て!

イヤ~ッ、二本ともホントに良い出来でしたね
事に「ウオッチメン」はアノ原作に対して、奇跡的といっても良い完成度ではないでしょうか?
個人的にはドクター・マンハッタンの例のセリフの扱い等、いくつか気になるところもあるのですが、将に「力業」的作品だと思います。
ヤッターマンはアニメの破天荒な世界を「実写」に良く再生させていたと感じました
一寸下品ではありますが、ヤッターワンにサカリがついてしまう所なんか、よくやった!!と言ってやりたく思います。

  • 2009/04/01(水) 21:55:30 |
  • URL |
  • 流転 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1561-f5ee444d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad