東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美苑ふうさん


 最近、毎日「美苑ふう」で検索してくる人がちらほらいる。

 たしかに、去年の夏、ちらっと名前は書いたけど、どうしてかなと思っていたら、蛇の道のほうから、先日、風の便りがあった。この2月に亡くなったとか。

 締切に追われて、結局確認できなかったんだけど、先週号の『週刊新潮』が、「天皇皇后両陛下ご成婚50年秘話」っていう特集を組んでいて、そのなかで「SFを書いていたお妃候補」として名前が出てきたそうな。

 ふうん。美苑ふう、あるいは南部ふうさんこと浅香宮富久子さんには、そういう歴史もあったのね。

 美苑ふうさんとお会いしたのは、20歳前後のころ、たしか2回だけ。東キャナルの長老で、やはり亡くなった金田真義(椋鳥凱)さんが知りあいで、光瀬さんがいるときだったか、ふつうの例会だったか、遊びにいらしたのだった。

 話をしながら、ちゃっちゃっとイラストを描いていって、これがかっこよかったりしたのをおぼえてる。

 ま、ただそれだけのご縁でしたが。67歳だそうで。まだ若いのに。そのうち、図書館で週刊新潮のバックナンバーでも探してみよう。合掌。(-人-)

#それはいいんだけどさ、ペンネームの由来になったディエン・ビエン・フーの戦いを、
  とーこちゃんが知らなかったんだよね~。これがショックで。

  わずか数歳の年齢差が、運命のわかれ道なんじゃろうか喃。
スポンサーサイト

コメント

メインはいまもはいってる「トナカイ」です。あと「東キャナル市民の会」。ほかにも、最盛期には10数カ所の例会に出入りしてましたが。大学SF研連合とか。

トナカイはご存じないと思いますが、一の日会の後継サロンです。夢枕獏さんをはじめ、6~7人がSF関係のプロになったんじゃないでしょうか。

キャナルでつくってた同人誌がきっかけで、いまこういう仕事をしてます。これについては、「中島梓さんとの縁」で書きます。

忘れてました。獏団も入れておかなければ。(^^;

  • 2009/06/05(金) 10:05:38 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
お返事いただきありがとうございました。

失礼ですが当時のファンダムではどういった同人誌でご活躍されていらっしゃったのでしょうか。
詮索するようで申し訳ございません。
今はすっかりわたしはSFの世界からは遠のいてしまいましたが当時は
夢中になっていました。
わたしは「SILENT STAR」の同人でそこで美苑さんと知り合いました。

  • 2009/06/04(木) 21:18:56 |
  • URL |
  • BON #-
  • [ 編集 ]

BONさん、はじめまして。
いいお話をありがとうございました。

年をとってくると、訃報が多くなって、めげますね。

  • 2009/06/02(火) 10:01:40 |
  • URL |
  • よが #-
  • [ 編集 ]

はじめまして。
わたしも美苑さんを辿ってまいりました。
先日の訃報を聞いてちょっとショックをうけまして。。。。
皇室から離れられたとはいえずっとそのことがついてまわっておられたと思います。
67歳、若いですね。。。
ほんとにほんとに残念でなりません。
死ぬまでに(わたしが)ぜひもう一度お逢いしたかったかたかたでした。

当時SFファンジン全盛期のころ。中学生だったわたしがなぜか
氏によくしていただき文通までさせていただいておりました。
当時、ミュージシャンの難波弘之さんはぼくと同い年でしたが小説も法発表されていて同人誌の世界ではすでに有名人でしたね。

先日鎌倉の極楽寺に散歩がてら氏を偲んでお屋敷まで行ってまいりました。
中学生だったわたしを婆やさんを介して部屋まで案内してくださった
ことがありました。
さまざまま記憶が蘇ってきてしばしその場に佇んでしまいました。

突然このようなコメントしてしまい、失礼いたしました。

  • 2009/06/02(火) 08:23:28 |
  • URL |
  • BON #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1557-f09431c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad