東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市野テイスト


 ゆうべ、見るものがないんで、ぼんやりTBSチャンネルに切り替えると、ティガをやっていた。21時からティガというのはなかなかなもので。「ハロウィーンの夜に」だったので、レナ隊員がおさない感じの回ですね。

 で、チャンネルをそのままにしていたら、いつのまにかガイアになっていて、ぼんやり見つづけていると、どうもおかしい。この映像感覚はおなじみすぎ。

 ストーリーは「ウルトラの純文」太田愛さんなんで、おぼえてたけど、この心地いい映像感覚はなんだろう? そう思いつつ、しばらく見ているうちに、はっと気づいた。これ、いちぽんこと市野龍一監督のテイストだ。

 でも、太田・市野コンビなんてあったっけ? 記憶にない。でも、この映像はいちぽん監督だよなあ……

 どうやら、「いちぽん」「いちぽん」と連呼していたらしく、台所からとーこちゃんがやってきて、

「どーしたの? いちぽんって、あの監督の人?」
「そう。監督の人。記憶にないんだけど、この映像はまちがいない」

 てなことを話しているうちにエンディング。でも、エンドロールには、特技スタッフの名前しか出ないのね。

 しかたがないんで、ネットで話数をチェックして、「ヒーローのあしあと」で確認したところ、やっぱりいちぽん監督でした。ガイア第35話「怪獣の身代金」。

 そうかー、太田・市野作品ってあったんだ。はじめて知った。

 それにしても、映像を数分見ただけで、すぐにわかるいちぽんテイストって、さすがであります。

 つか、『セイザー』以来、このテイストにはまりすぎかも。(^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyotei.blog65.fc2.com/tb.php/1343-045515a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad