東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉店のお知らせ


 20年以上つづいてきた東洋亭ですが、きのう、重要な粗相が発生し、お客さんに多大なご迷惑をおかけしたため、継続は無理と判断して、店仕舞いすることにしました。

 もうなんというか、身から出た錆で、どうしょもないというか。

 つきましては、当ブログも東洋亭の名でつづけるわけにはいかないので、非常に唐突ではありますが、本日をもって更新を停止します。まあ、落とし前です。

 長いあいだご愛顧ありがとうございました。

 また、しばらくしてべつの名でブログを再開するかもしれませんが、そのさいにはこちらでまた告知しますので。
スポンサーサイト

本日東洋亭

toyotei.jpg

 古い看板ですが。

 本日は久しぶりに東洋亭やります。おやじ戦隊の司令官の命令です。ぉ

 最近は年のせいで、大人数のお客さんに対応できなくなっているため、細々と親族だけでやります。すいません。

 まあ、親族といっても、みんななんちゃってですが。よーいっちゃんはなんで親族なんだ? ああ、シマダだからか。(^^;

 しかし、この看板、結婚記念にもらったから、もう23年も前のやつなのか。するってえと、東洋亭は25周年?

 恐ろしいことであります。

息ぬき


 きのう、ぼんやりとホッピービバレッジのサイトに行ったら、

hoppy.jpg

 こんなんありました。(・∀・)

 なんつーか、この力のぬけたところが、非常にうれしいというか。

 3代め社長、ご本人はそれほどセンスがいいとは思わないけど(いやだからその)、とにかくできることをなんでもやってみようという姿勢をつらぬくと、いい人材も集まってくるっていうことなんじゃないかと思いますです。はい。

 なんだかとてもいい感じなんで、週末限定でこれを壁紙にしたりして。
 
 あしたのメインは数ある名酒をさしおいて、ホッピーにすっかな。

 あとで買ってこよっと。ノーマル3本、黒1本。

ぞくぞくと


 あちこちから酒が到着ちう。(^^)

sasa00.jpg

 写真はその一部です。

 問題はすべてを冷やさないとならないことだが。クーラーボックスは実家に送っちゃったんだよなー。

 まあ、なんとかなるでしょう。少人数だし。

Toska Square 閉店


 Toska Squareといっても、知らない人はぜんぜん知らないわけですが。

 トスカというのは、組立収納家具のロングセラー、LB1000をつくってるメーカーで、その直販サイトがToska Squareなのです。

 そこに、閉店のお知らせが。

toska.jpg

 うちはLB1000で収納スペースを統一していて、これまでに推定130万くらい使っているというLBスキーなので、一瞬「製造中止か? もう発売から20年以上たってるし」と、愕然としたんですが、どうやら直販サイトを閉めるというだけのようで。

 今後は販売会社の「ヒガシ」というところが、これまで同様に対応するとのことで、まずはひと安心でありました。

 見ると、ハンズなんかの売り場もちゃんと維持されているようで。

 しかし、LB1000がなくなったら、ほんとに困るだろうな。

阿波おどり杯は中止


 台風6号が停滞しているため、第6レース以降は中止になった。しかも、順延もなし。つまり、5レースまででおしまい。

 たしかに、1レースなんか、バックがぜんぜん見えないくらいの降り方だったからね。よくやるよってな感じだったけど、やっぱり無理だよね。

 それにしても、記念が途中で中止になった例って、記憶がないんですけど。もしかして、すくなくとも4日制になってからは初?

ホンダジェット営業中


 けさ、久しぶりにホンダジェットのことが新聞に載ってた。 朝日のが見つからないので、読売のこちら

 今回のニュースは、本格量産開始に向けて、工場を公開したとのこと。 いまはたしか、量産2号機がFAAの型式認定に向けて耐久テスト中、量産3・4号機がアビオニクスなど装備のテスト中とのこと(どこで読んだか忘れた)。

 で、型式認定を取得したら、本格量産にはいって、2012年秋から引きわたし開始というスケジュールだそうで。

HJ-101.jpg

 しかし、微妙にいい機体であります。自然層流ノーズはペリカンみたいというか、ハンドレページ・ヴィクターみたいというか。

 エンジン・ナセルをとりつける支持架というか、これでもパイロンでいいのかな? これがすごく微妙な形状で。

HJ-103.jpg
(c)Response.jp

 これも自然層流に考慮した形状なんでしょうね。このへんがどうなってるのか、非常に興味あるところですが。

 そろそろプラモデルが出ませんかねえ。(´・ω・`)

スキトール、ガンデン、セリーナ


 川口31期のデビュー・シリーズがぶじ終了。

 3人ともオール連対はある意味、業界のしきたりみたいなもんだけど、実際に全員がオール連対するというのは、かなりめずらしいんじゃないだろうか。とにかく、試走でガチガチになって落車する選手がけっこういるくらいで。

 さて、きょうの3人タイムを。

スキトール 試3.51 上3.542 ST.0.17
55ガンデン 試3.41 上3.535 ST0.24
セリーナ  試3.47 上3.535 ST0.15

 ガンデンはスタートこそ失敗してるけど、仕上がりも走りも、やっぱり別次元でしょう。

 スキトールは3走とも、ぬかれそうでぬかれないレースで、そういう意味では安定してるかも。

 サトマヤは調子を上げてる感じで、たぶん、きょうがいちばんいい走りだったと思う。

 とにかく、無事故完走でなにより。

 ところで。

 きのうのサトマヤ初勝利については、トヤ子さんの特設ブログこーいうエントリーがあった。

 うわー、孤狼・岩田や永井がねえ。永井は坂井の親方でもあるし、身長がない選手の乗り方を教えておかしくないけど、職業・一匹狼の岩田行雄が、新人のヘルメットをいじってやるとは。

 なんつーか、岩田スキーとしては、じーんとしちゃいましたよ。

 しかも、それを持って控え室に走る、親方の吉田幸司。・゚・(つД`)・゚・

 これはもう、サトマヤ19歳。ビッグにならないとね。

 ちなみに、トヤ子さんの特設ブログは、きょうでグランドファイナルになるとか。さっき中継でいってました。

『異星人の郷』が星雲賞受賞!


 去年10月に出たマイクル・フリン『異星人の郷』

sato000.jpg
嶋田洋一訳 東京創元社

 なぜいまこの本かというと、先日、星雲賞が発表されて、この作品が海外長編部門賞を獲得したから。

 星雲賞は例年、SF大会で発表されていたが、今年は試験的に、この時期の発表にしたとのこと。

 意外にも、嶋田洋一さんの長編部門受賞は、これが初だそうで、やあめでたいということで、こうやってひっぱりだしてきたわけです。

 いま気がついたけど、帯に書いてある「宇宙船が墜落」は、ちょっと微妙だね。「乗り物が漂着」が正しいんじゃない?

 という話はおいといて。

 14世紀、ドイツの上ホッホヴァルト地域にクレンク人という異人たちがやってきて、その異人と地元人間の交流を、司祭の視点から描くという、そーいうストーリー。 ネタバレになってないよね。(^^;

 えーと、私が読んだのは今年の1月。前半はとにかく非常におもしろい。

 この、中世ドイツの描写っていうのが、じつに生き生きとしていて、しかもほぼ史実どおりに描かれているのが、まず第一のツボ。

 で、このルネサンス前夜というのは、とにかく「暗黒の中世」っていう認識が強かったんだけど、そうじゃない。中世なりにすごく論理的にものごとを考えていたり、類推したりして、結局この異星人をうけいれちゃうっていうのが、ある意味でこの作品のいちばんすごいところ。これが第二のツボ。

 さらに、これは現代SFなら当然だけど、クレンク人のつくり方も巧妙で、進化の過程から肉体的な特性、そこにひそむ悲劇の萌芽、みたいなものも非常にうまく書きこんである。

 そして! 村の人間たちとクレンク人が手を結んで、快進撃するあたりになると、なんつーかローダンっぽく痛快で(笑)、これが第三のツボ。

 という感じで、好き者のツボを押さえまくった作品になっているのであります。

 創元社さんもきっと増刷すると思うし、これを機会に、濃厚な本格SFもどうぞ。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 これで終わりなら、読了した1月の時点でブログに載せてるわけですが、ぢつはすこし気になる点もあったりして。(´・ω・`)

 なんというか、小説のプロットがきっちりしすぎているんですよ。そのため、後半の途中から、予定された滅びに向かっていくところで、先が見えちゃうぶん、痛いのね。

 そこまで痛快だっただけに、なんというか、読み進むのがつらくなっちゃったのも、事実であります。まあ、実際は勢いで最後まで読んじゃったわけですが。

 ひと言で表現すると、「ここまで律儀に描かなくてもいいんじゃない?」って感じで。

 とくに、この作品は日本でいう「伝奇」的な手法をもろに使っているわけで、それなら最後の収束部分も、伝奇的にやったりすると、もっと読後感がよかったんじゃないかと思うのです。つまり、曖昧に、ということかな(笑)。たぶん。

 それでも、中世パートはまだいいんだけど、現代パート(というのがあるのです)がどうももっさりというか。本音でいうと、このへんがすっきりしなかったのです。はい。

 とはいっても、それで作品の価値が下がるというような問題じゃありません。その点は保証します。

 むしろ、欧米人には伝奇は書けないんだろうなあと、そのへんのメンタリティの違いを認識しちゃったのが、かえっておもしろかったりして。

サトマヤ、ガンデン


 きのうはガチガチで、最後に寸チョンされたサトマヤこと佐藤摩弥。きょうは2番車・伊藤が後続をうまくブロックしたこともあって、初の1着をとった。

 正直、試走3.51、上がり3.600はきのうとほとんど同じだけど、きょうはまともなコースを走っていたぶん、もちこちえたというか。

 ちなみに、中山スキトールは試3.49、上3.574。55ガンデンは試3.45、上3.532。やっぱりイマイチか。まあ、プレッシャーを考えれば、2走めで初1着という結果オーライでしょう。

 ところで、55ガンデンこと岩田裕臣は、やっぱりケタ違いにすごいね。佐藤・坂井の女子レーサーがいなければ、正真正銘、31期でいちばん話題になるべき選手なわけで。

 2走とも、完全にコースをとらえていて、0ハンのあいだはだれも追いつけないんじゃないかっていう感じですよ。

 というわけで、きょうも川口は熱いのでした。走路温度60゚cって。(^^;

川口で31期デビュー!


 きょうからの川口オートは、ヒラ場の3日間開催ながら、久しぶりの大注目。たぶん一般マスコミも相当にとりあげるでしょう。

 31期のデビュー戦第一弾で、そのなかには、あの佐藤摩弥もいるのです。ATOKもすっかり名前をおぼえている佐藤摩弥。(^^)

 何年ぶり? 40年ぶりくらいの女子レーサー誕生だそうで。 これは森且、青木治親以上に、業界の起爆剤になるでしょう。きっと。

 そこで、JKAオートレースも思いきりリキがはいっていて、

maya101.jpg

 こんなんが街なかを走ったりしてますが。この目がすごいよね。ラプターの目。

 ほかにも、特設ブログをつくっちゃったり。プロモーションVTRをつくっちゃったり。こちら


 ちなみに、佐藤は走りがいいらしくて、トヤ子さん情報によると、すごいタイムを出しているとか。 だから、もしかすると大化けするかもしれないし。

 ということで、きょうの2~4Rは必見であります。佐藤は4Rの登場。

 いろいろ見てると、デビュー戦はけっこう落車することも多いらしいですが、まあそれも記念ということで。

 CS216chで、1030時から。

 なお、各地の31期デビュー戦はこちらから。

けっこういい写真


 といっても、私じゃなくて、いつものFlightglobalさんですが。

STS135.jpg

「Final Space Shuttle seen launching from 737 during cruise」というタイトルで、まあそのまんまな内容です。B737のウィングレットごしに見える、離昇していくアトランティス。

 これだけじゃ芸がないんで、自分が撮ったけっこういい写真も。

tombo.jpg

 インスタントデジカメの限界に挑戦(違)。

 トンボさんの種類は存じませんが、ベランダのミントにとまっておりました。

ファイナル・リフトオフ


 アトランティスがぶじリフトオフした。NASAのアナさんも「the final Liftoff !」っていってたね。

 というわけで、スペース・シャトルの飛行も、これがとうとう最後になった。

 着陸に大きな問題があるとは(現時点では)思えないから、つつがなく終了ということになるんでしょう。きっと。

 シャトルにすごい思い入れがあるかというと、じつはそうでもない。 見た目のいいひこーきであることは、まちがいないと思うけどね。正直いって、地球の周辺をうろうろしている程度で「宇宙旅行」とかいってるのを見ると、「いや、そりゃ違うでしょ」って思うわけですよ。

 それよりは、ボイジャーの撮った海王星の写真とかのほうが、萌えるわけで。

 それでも、35年前にエンタープライズがロールアウトした当時は、それまでの「ただのカプセル」だった宇宙機が、「はしけ」に昇格したよっていう、感激みたいなのはあったけど。

 ただね、このくらいの規模の宇宙機ですら、恒常的に運用できないっていうのは、これは宇宙進出っていう夢からの撤退を意味すると思うのです。宇宙開発も結局は、ロストフューチャーだったのかっていう感じで。

 起死回生があるとすれば、軌道エレベーターだけど、あれも実現しそうもないし。

 結局、人類の宇宙進出っていうのは、空想だけで終わっちゃうんだよね。

デアゴの罠


 すでに、あちこちで罠にはまった人がいるようですが。この方とか。

 デアゴスティーニの「ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション」というやつであります。

 まだ「東宝特撮映画DVDコレクション」もつづいているっていうのに。ヽ( ´-`)ノ

 どうするべきか?

 ひとつ、大きな問題があるのだ。

ufobox.jpg

『謎の円盤UFO』はとーぜんながら、ボックスで持っているのだ。

 これ、4まん6000えんもしたのだ。(TnT)

 まあね。今回のも、全26話を買うとそれくらいするけど、その場合、もれなく『サンダーバード』もついてるわけで。しくしく。

 でもって、『サンダーバード』も何話か持ってるわけだ(泣)。

 ところが、『サンダーバード』には、わしも持っていない『海底大戦争』と『キャプテン・スカーレット』がおまけでついているのだ。

 どーすりゃいいんだ。

 見たいんだよなー、スティングレイとスカーレット。・゚・(つД`)・゚・

 とーびかーうー ミサ~イル~ ふーっとぶ いんぼお~ ほら、主題歌だって歌えるぞ。

 やっぱり、買うしかないのか。

 経験上、すべて買う必要はないとわかっているんで、各6話ずつくらい。

 結局、こーやってデアゴの罠にはまっていくのだった。今回もまたまた。

 その場合、気になるのが例の「総天然色ウルトラQ」で。なんか、これもデアゴに乗りそうなんで、今回は見送りにしようかね。

富山FIドリームスタジアムカップvol.8、決勝


 ふつうなら伊東温泉なんだけど、めずらしく富山のFIなどをひとつ。

 12R決勝。9264 318 75のかーなり変則な3分線。ならびは中部競輪さん。

 静岡の田中に北の3人が乗って、地元勢は埼玉の阿部大樹につけるそうで。で、山田と朝日。

 圭尚は2段ロケットのつもりだと思うが、田中が余裕をかましてると、とーぜん阿部がカマシ先行になるはずで、最後は捲る山田裕仁との勝負になるんじゃないかな。

 問題は阿部がタレる場合で、その場合は山田、朝日に大庭という、へたすりゃ3ケタ配当になっちゃう可能性もあるが、ここはあえて楽に走れる阿部大樹から。そろそろ優勝してもいいころだと思うので。

 3-7本線。ウラ押さえ。


最大サイズ


 そーいうわけで、大学の同期、キャナルの同期にそそのかされて、思わず買っちゃった『禁断の惑星』のC-57D。

 販売店もキャンセルを恐れたのか(笑)、注文2日後の先週火曜日にはとどくという、超高速の対応で、わが家にやってきてしまいました。

C-57D01.jpg

 ちゅどーん! というくらい、ばかにでかい。つか、でかすぎ。プラモなのに、2kgもあるんだから。これはもう、いままで買ったなかで、たぶん最大サイズだな。

 ちなみに、これまでで最大だったファインモールドの1/72ミレニアム・ファルコンとならべると、そのケタはずれの存在感がわかります。

C-57D02.jpg

 もうね。これですから。MFが勝ってるのは箱の全長だけ。そりゃそうだよねー。 MFの最大幅はたしか45cmくらい。対して、このC-57Dは71cmもあるわけで。

 ちなみに、MFの上に載ってるマッチ箱みたいなのは、1/144のTSR-2。ピットロードのやつ。なんつーか、このふたつを同じ次元で語ること自体、無理があるような気がしますが。

 でも、C-57Dはつくると思いますよ。たぶん。問題は、直径71cmの円盤をおく場所があるかどうかということで。

 ベランダで雨ざらし、とか。(^^;

ネガティヴパワー

>最近大学の同期のブログにたびたび邪魔している

>ヤツの負のパワーか(笑)、最近プラモの個数が増加!

>君のことだよ!

 とか、書いてるやつがいる(笑)。

 いや、それはこっちのいう言葉でしょ。

 C-57Dなんて、どーすんだよこんなもん。ヽ( ´-`)ノ
 
 技mixのF-15SEだって、キミがいわなきゃつくらなかったはずだし。

>おまけにであごすて~にのdvdまで手を出してしまった
>なんか、大学の時に戻って行く・・・・・

 そーなんだよねー。

 ここ数年、大学のころみたいな感覚にもどってて、デアゴとかのいい餌食になってる気がするのであった。

 しかし、このC-57D、どーすりゃいいんだか。(^^;

弥彦寛仁親王牌、決勝


 平原も海老根も武田もいない決勝っていうのは、想像してなかったなあ。さらには、村上兄弟もいないし。

 しかも、本命・一成のうしろが競りとは。

 そう。ここはどう考えても一成が断然有利でしょう。長かったけど、ついにGI制覇。
              29
 11R決勝。4386 517で、友和のところに神山が競り。中部は4車結束で、大塚は神山のうしろ。

 この競りをどう考えるかなんだよねー。ふつうなら、延々競った末、捌きで一日の長がある神山がとりきるものの、そこで力つきる、みたいなイメージなんだけど……

 ここで気になるのが伏見の存在。

 こーいうときは、伏見がおかしな作戦を考えるってパターンが多い。

 今回は友和が脚を温存するため、競らずにひいて、すぐにカマシて出るところ、一成があわせていく、みたいな作戦をとるんじゃないかと思う。

 そうすると、動きが速くなるから、神山はついていけず、結局、友和とのワンツー。

 したがって、5=1。これだけでいきます。

弥彦寛仁親王牌、準決勝


 例によってぜんぜん当たんないけど、まあいいのだ。弥彦は参戦することに意義があるのだ。ヽ( ´-`)ノ

 10R準決。176 394 528のきれいな3分線。 村上が先行する気まんまんだと思うけど、浅井も黙っていないはずで、ここはやりあう展開になりそう。

 4.00は終わってるっぽいし、前に市田がいるはずだから、捲り不発と見る。でも、そこで友和が番手発進。そのまま飯嶋と流れこむんじゃないか。

 そうはいっても、やっぱり村上と市田は決勝にのこりそうな雰囲気なので、ここは押さえないと。7-369-12369。

 いや、1と2はいらないな。7-369-369にしましょ。

弥彦寛仁親王牌、2日め


 きのうは中団やりあうところまでは予想どおりだったのに、才迫が意外に早くばててしまった。吉永のブロックもだめだめだし。

 それに、メグ。初日にお帰りとは。選手宣誓しにきただけみたいじゃん。

 だいたい、なんで兵藤とやりあうんだよ。あ、兵藤だからか。理不尽がレーサーパンツはいてるのが兵藤だもんな。(^^;

 きょうの優秀戦、ローズカップって、やっぱり違和感あるわなー。バラは前橋の花だからっていう命名なわけで。弥彦なら十宝賞でしょ。やっぱり。(^^;

 というわけで、7R二次予選。294 351 786の3分線。 志村は大森慶一のうしろを選択とのことで、これは先行しろよ宣言でしょう。きっと。

 そうすると、大森が行って、金子が捲りにかかるところを志村、坂本が発進っていう展開になる。

 この場合、ふつうなら金子が一枚上っぽいけど、横の動きっていうと格闘家の志村のほうが勝ちそうかな。金子はきのうもとめられてるし。

 なので、志村の2段駆け成功というシナリオでいってみよう。ただ、これだと木村のかわしまであるかもしれないし……もうひとりを坂本亮馬にしてて、268ボックス。 これでひとつ。

FC2Ad