東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上原龍、S級初優勝


 そういうわけで、安いけどいちおう万シューなので。

10063012.jpg

 結果はこちら。玉野FI決勝

 95期の在校ナンバーワン・上原龍が、デビューからきりのいいちょうど1年半で、S級初優勝を達成した。行く人あれば、くる人あり。おめでとー。

 さて、これでわしの個人成績は、上半期を終えて580枚プラス。 オートのぶんを入れると、ぴったり1000枚プラスになったっすよ。購入金額は去年なみながら、回収率はかなり高そう。いい傾向であります。
スポンサーサイト

玉野FI両備バス杯、決勝


 前期末のレースは、岸和田と玉野を天秤にかけて、こっちを選択。

 6月は現在までプラ100枚という微妙な成績なので、もうちょっと増やしたいという、守備型の買い目でひとつ。

 12R決勝。あれま。 ガッツ玉ちゃんのところは、ならびがわかんないのか。でも、適当に……395 17 82 46の細切れかな。 中四国が立石のうしろにならんで4車っていう可能性もあるけど、むしろ別線選択でしょう。

 最初は佐藤朋也からいこうかと思ったんだけどね。でも、1-7-9じゃかたすぎて買えないんで、上原がそろそろS級初優勝ってところに期待してみようと思う。

 ただ、決勝なら阿部ちゃんがかわす可能性も高いと見て、3=9オールで。 まあ、これも安いんだけど、3着しだいで多少はいい目もありそうだし。

大宮FIスポニチ社杯、決勝


 最近、予想を載せてないので、大宮の決勝でもひとつ。パーキンスも強いのかどうかわかんないんで、穴狙いが成立するかも。

 12R決勝。154 736 892の3分線。近畿のふたりがパーキンスに、三重のふたりが佐藤についた。

 で、先行は藤竜で、佐藤が中団、パーキンスは例によって捲り。 だけど、きょうの16時すぎはやや強い雨が降って、バンクはかなり重そう。だからといって、藤竜が押し切りを狙っていくと、中団の佐藤あたりに食われそうな予感。

 だいたい、4.17のギアでいったん出きったら、踏みなおしが効かないっしょ。

 だから、佐藤が捲ったところを容赦なく三重のふたりがかわしていく2=9で勝負。

 そうだな、カワカワの2-9を本線にして、ウラを押さえ。というところで。

 

7年ぶり東洋亭


 このブログの「東洋亭」は、左カラムのプロフィールにも書いてあるとおり、もともと、とーこちゃんの「東」と私の「洋」 をあわせた、わが家で開催するホームパーティの名前だ。

 20代後半から40代なかばまで、家だけじゃなく、友人宅に出張したりして、ずいぶんホームパーティをやってきた。 でも、東京から遠い久喜に引っ越したこと、年齢とともに準備が億劫になってきた(笑) ことなど、いろんな理由がかさなって、最近はほとんど開催しなくなっていた。

 それが、今回、なぜかわかんないけど、久しぶりにやっちゃったわけです。きのうの土曜日。

 お客さんは、全員がインド人。ヽ( ´-`)ノ

toyotei2010.jpg

 う~ん。なんでこうなったのか。(^^;;;

 まあ、インド人なので酒は飲まないから、基本的にランチという感じなんですが、ナンダカナン。しかも、公用語がヒンディー語だから、わしにはなにを話しているのかもわかんないし。

 でもまあ、なんとかぶじに終わったので、結果オーライですが。

 それにしても、かんたんな会話の英語も出てこない。完全にドイツ語頭になってる。これはこれで困ったことであります。

 どーいう食べ物になるかについてはこちら

Firefox3.6.6リリース


 先週3.6.4にアップデートされたばかりのFirefoxが、また修正された。新バージョンは3.6.6で、3.6.5はモバイル版かなにかで欠番との由。

Fx366.jpg

 今回の修正はセキュリティや新機能の実装ではなく、3.6.4で導入されたクラッシュ防止機能(くわしくはこちら)について、クラッシュが起きそうな場合の待ち時間(正確には、プラグインが応答なしになってからの待ち時間)を10秒から45秒に延長するという、いわば仕様変更。

 ゲーマーから10秒では短すぎるという要望が多かったそうで、でも応答なし45秒は長いんじゃないかと思うんですがね。ヽ( ´-`)ノ

ラストラン1着!


 やるなー、さすがはMr.競輪・永倉通夫。ラストランで1着とっちゃった。

 2R結果

 一瞬、 福島の若いのがかわすんじゃないかと思ったが、同じく斡旋されてるコムさんが因果をふくめていたもよう(嘘だよ)。木暮がよくブロックしてた。

 実際、3角からの伸び脚は、Aチャレとは思えないスピードで、最後まで魂の走りを見せてくれました。関根も兄弟子の花道をよく飾った。

 いやー、すごい。ファンがかなり応援にいってたらしく、最後はガッツポーズで締めましたよ。

 偉いのは中継で、ふつうなら脚見せをうつす時間になっても、カメラが最後まで永倉さんを追いかけてくれた。多摩川電気さんに感謝だね。これは。

 いいものを見せてもらいました。はい。

【10.06.27追記】
関靖夫支部長によるインサイド・レポート
para080さんによる実況再現

ラストラン


 立川2R。11時15分発走。

弥彦FIスポニチ賞、決勝


 うー、朝4時半起きだと、この時間もう疲れてる。まあしかたないが。リポビタンD飲んでがんばりましょう。しかし、いくら勝つ自信があるとはいえ、後半から見るってところが姑息ですが。

 12R決勝。17 2 38 9465のならび。稲村は単騎で、たぶん初手は九州の3番手。

 西谷を足場に、稲川が2段駆けっていうのが見えてるけど、荒井がそれを許さないでしょ。さすがにカマシはないと思うけど、捲りでとどくと自信を持ってるはず。

 で、余裕を持ってつきぬけたところを、脚を使っていなかった稲村がズブ差し。

 相手は九州両者のほか、やっぱり稲川かな。2-147-14678ってとこで。

 そろそろ当たってちょうだいね。

弥彦FIスポニチ賞、準決勝


 朝、「ゲゲゲの女房」を見ていたら、長澤奈央さまの名前があった。

 えー、どこに出てるだろうと思って見ていると、主人公のすぐ下の弟の彼女じゃないの。ものすごいちょい役というか。 こーいうところに平成のひし美ゆり子@nationさんを使うとは、畏れ多いですよ(笑)。

 たぶん、NHKのなかの人にも、特撮ファンがいるんでしょう。 そういや、「龍馬伝」にもケガレシアが出てたし。ヽ( ´-`)ノ

 という話はおいといて、弥彦です。なんだかきのうは堅くおさまったようで。しくしく。ほんとはプレミアムカップを見てたから、よく知らないんだけど。

 11R準決勝。159 246 837の3分線で、あれま、小島じゃなくて稲村が前なんだ。つまり、なにがなんでも爲田を生かす作戦と見た。自力で捲りきっちゃおうという。

 でも、相手は西谷だから、それほど甘くないでしょ。このメンバーなら、ペース先行させたら逃げきりまであるくらいで。

 でもでも、それでも十夢が最後にかわすってとこから行くのが常道。 稲村の自力にも期待して、4-12-全てなところをひとつ。
 

弥彦FIスポニチ賞、初日


 例によって弥彦の開催を。今回は地元がほとんどいなくて、リーダー格は長野の爲田になるのかな。その爲田が出る10Rを。

 10R選抜。78 6 592 314のならびで、展開はいつもの新潟スポーツさん。

 いちばん気になるのは、全場所も好調だった稲川と十夢。 ふつうに考えると、先行は小島で、稲川は捲りにかまえると思うが、雨で風もあり、バンクがかなり重そうなので、カマシて出る可能性もある。そうなると、ここのラインで決まっちゃうだろうが……

 うしろに地元の爲田を連れた小島が、やっぱり主導権を握るほうに1票だな。その場合は、丸山と稲川が中団のとりあいになって、やっぱり爲田の漁夫っぽい。

 ところが、最後の直線で手島がまさかの追いこみ脚を見せて、カワカワ。

 4-1本線、ウラ押さえ。これでいいのだ。

Firefox3.6.4公開


 世界で4億人以上が使っているという、安全で安定したwebブラウザーFirefoxが、4月の3.6.3以来、2カ月半ぶりにアップデートされた。

 最近、更新頻度が低くなっているのは、この3.6シリーズが枯れた (成熟した)アプリになってきた証拠なのかも。 もっとも、次のメジャー・アップデートFirefox4は、この秋に公開されるらしいが。

Fx364.jpg

 というわけで、この3.6.4で追加された目玉機能が、クラッシュ防止機能といわれるもの。ブラウザーのクラッシュのうち3分の1が、プラグインのクラッシュやフリーズだそうで、主要プラグインの動作をブラウザーのエンジンと分離することにより、いってみれば「道連れクラッシュ」を防ごうというものらしい。

 くわしくはMozilla Japanのブログをどうぞ。こちら

 そのほか、定例のセキュリティアップデートは7件。このうち、緊急度の高い「最高」は、「XSLT ノードの並べ替えにおける整数オーバーフロー」など4件だった。 これについてはリリースノートの「セキュリティアドバイザリー」をどうぞ。こちら

 とりあえず、私の環境では、実装しているアドオンや拡張機能は、すべて対応しているようです。はい。

泗水賞、決勝


 久しぶりに予想を。いえ、ぼちぼち買ってはいるんですけどね。書くほどのこともないというか。とーぜん当たらないし。ヽ( ´-`)ノ

 11R決勝。松永が北の3番手で、146 287 359の3分線。柴崎兄弟の2段駆けが見えてるけど、いくら地元3割増でも、伏見が相手じゃ一蹴されるでしょ。園田だって、へたすりゃたたいてくるし。

 その園田はたぶん、中団から早捲りの作戦だから、3番手の大塚が末脚を使う可能性大。

 ということで、北の2車に大塚をからめる289。谷津田がなんかの間違いで伏見をかわす目も考えて、3車ボックスにしておこう。

ガイアカラー


 2機めのXウィング・ファイターは、さくさくと工作を終えて、早くも塗装とマーキングデザインにはいってきた。

 実際、2機めはディテールアップのポイントも、手順もわかってるし、流用する部分もかなりあるし、なにより前回より合理的に進められるので、3日、のべ12時間くらいで基本組は完了したのでした。

 たとえば、ひとつ例をあげると……

 コクピット内のこまかい塗装。

XW023.jpg

 すごく細かいので、1機めはこうやって、完全マスキング態勢でのぞんだんだけど、時間ばかりかかってあんまりうまくいかなかった。なので、今回はマスキングなし、自分の技倆を信じて、極細筆で一発勝負にしてみたところ……

XWG001.jpg

 あらま! かんたんかつ完璧。上はちまちまやって10日以上かかったのに、下は塗装だけにかぎっていうと、15分たらず。(´・ω・`)

 という感じで、1カ月ほど紆余曲折があったものの、また本体塗装の段階までもどってきたのでした。

 さて、それで、前回は本体が銀地肌、マーキングをパープル基調にする設定で、あれこれやってるうちに、にっちもさっちもどうにもになったわけです。 だけど、その話を前回エントリー「Xウィング破壊」で書いたところ、日ごろお世話になってる青森在住のプロ・モデラーtac1991さんから、ガイアカラーがいいと教えてもらった。

 このガイアカラー、販路がすくないのが難点のようだが、ガイアノーツの本社サイトに行ってみてびっくり。川口市西青木って、川口オートのすぐ近くじゃん。(´・ω・`)

 地図で調べると、奇遇にも川口オートに行く途中(笑)。それなら、本社に行っちゃってもいいやと思っていたところ、さすが地元だけあって、さいたま市近郊にはあつかっている店が多い。最近、ユザワヤにかわって主力になってる大宮ビックカメラでも手にはいるとわかった。

 ということで、きのう都内に出るついでに、途中下車して買ってきました。

Giacler.jpg

 tacさん推奨のバイオレットとクリア・パープルに、カタログで見て気になってたエメラルド・グリーンをとりあえず。

 結果、バイオレットはちょうど前回、自分でつくった色と同じで、残念ながらやや色味が沈みがちな印象。 クリア・パープルはノリがイマイチと、いきなり2敗。

 ところが、エメラルド・グリーンがかなりいい感じで、試し塗りしてみたところ、、銀地肌とのコントラストも好相性だった。

 なので、これで進めることに決定。

 tacさん、いいアドヴァイスをありがとうございました。パープル中隊はやめて、エメラルド中隊で行きます。(^^)

 しかし、ラッカー系の溶剤の匂い、久しぶりだ。(^^)

 中高生くらいのころ使ってた、レヴェルの塗料の匂いがこれだったはず。すごい懐かしい。思えば、80年代初頭以来、ずっとアクリル系だったもんなー。

 ということで、かぜんやる気になってきただ。(^^)v

宇都宮FIグラチャン500、決勝


 宇都宮って、わりとかたいんだよね。500のなかでもとくに。

 どうもポイントがつかめないけど、きょうの決勝は乱戦になりそうなので、また触ってみるのだ。

 12R決勝。493 618 257。3分線だけど、これがかなり複雑で。松田が死に役になって、神山が2段駆けの意欲たっぷり。稲川についた中村も番手捲りは必至。才迫はうしろのしがらみがないから、とりあえず先行しちゃうぞ、みたいな感じ。

 近況、流れからいって、中村が人気になりそうだけど、才迫のレースは見てて気持ちいいんだよね。ケレンがなくて。

 なので、きょうも才迫が気持ちよく駆けるとして、そこに乗る登志信くんからいってみる。相手は中村。5-9本線ウラ押さえ。

徳光くんと実鈴ちゃん


 ゆうべ、いつものようにMX「ザ・ゴールデンアワー」を見はじめたら、とーこちゃんから大ニュースが。

「そーいえば、徳光くんが結婚するんだって!」
「なんと! 相手はだれ? 女子プロレスラー?」
「前にモーニング・サプリでいっしょに出ていた人」
「クララ嬢か!」
「誓う。アナウンサーの……」
「小泉さんか田野辺さん? まさか田野辺さん? 実鈴っていう……」
「そう、その人!」
(一部フィクションあり)

 というわけで、しばらく見ていると「このあと徳光キャスターから結婚の報告が」とかいうテロップが流れだした。

 なんと、ガセネタじゃないのか。正直、小泉さんなら可能性もなきにしもあらずだったが、田野辺さんとは。これまで、お嬢さま路線だったし、「モーニング・サプリ」のころはあれほど嫌そうにしてたし(笑)。

 でも、その後「五里霧中」に出てたことがあったから、あそこで中瀬さんや岩井志麻子に鍛えられたんでしょう、きっと。 そうか、いまにして思えば、徳光.Jrと同じ道を歩んできたんだな(笑)。

 ともあれ、徳光.Jrが結婚するとはめでたい。 最近はいいニュースがなかったから、よそ様のことながら、とてもうれすいのでありました。

 ネタもとは報知の、「徳光Jr.が結婚! 東京MX記者兼アナウンサーと 」という記事とのこと。

宇都宮FIグラチャン500、準決勝


 防府吉例の準記念・山頭火賞と、宇都宮のFIと、どっちにしようか迷ったが、こーいう場合、やっぱりならび予想があるほうを選ぶのがスジでしょう。 なんか、KEIRIN.jpも来年から? オフィシャルで全場のならび予想を発表するとかいってたけど。

 というわけで、風のワンダーランドをひとつ。

 正直、最近は宇都宮ととても相性が悪い。つか、2年間ノーホラだってよ。しくしく。昔はよくとってた印象があるんだけどねえ。 バンク改修でみなし直線が短くなったせいだろうか。

 それでも、500っぽいところを狙ってみるのだ。

 11R準決勝。ならびはそういうわけで419 826 735のきれいな3分線。だけど、中村が最近は絶好調だし、今井は徹底先行だし、和田圭は総力戦とコメントしてるしで、展開が読めないっぽい。

 和田圭がたたいたりすることはないと思うが、その場合も中村と中団のとりあいになるだろうし、中村が押さえ先行にでも出たら、今井は行けないし。とにかく、前がのこるのはむずかしそう。

 なので、各番手のつっこみ勝負に期待して、登志信くん、ジュウモン、十夢のボックスというしゃれたところをひとつ。ヽ( ´-`)ノ

 123ボックス。十夢がからんでくれればいいんだけど、そこは十文、ト志信の10トリオで……苦しい。

忘れてた、6周年


 すっかり忘れてたけど、きのう6月15日がブログ「東洋亭パーツ館」の開設6周年記念日であった。

 まあ、記念日とかに興味はないし、所詮は迷走の足あと以外のなにものでもないんで、どうでもいいともいえますが。

 たしか、最初は読売の西田記者に取材をうけたって話だったっけ。西田さん、いまも文化部で仕事してるのかな?

 ちょっくら計算したところ、6年でエントリー総数がほぼ3350、総PV数124万ほどになるようで、継続とは恐ろしいものであります。

 まあ、エントリーの半分近くが、競輪やオートの予想なんだと思いますが。それでも、恐ろしいのに変わりはないということで。ヽ( ´-`)ノ

 はじめたころにくらべると、明らかに年をとって、内容も薄々になってますが、当面はやめる気もないので、生ぬるくおつきあいください。

 そういや、50歳になったら人生を語ろうと思ってたのに、「いまはまだ人生を語らず」だな。 そろそろ語ってもいいとは思うんだけど、日々の生活に(つか、締切に)追われるきょうこのごろ。

 ということで、あしたからもつづけます。はい。

新型ハイブリッド飛行船


 久しぶりに飛行船ネタ。 おなじみFlight Globalに、「Northrop Grumman wins race to revive hybrid airships with $517 million order」という記事が載ってた。ほかにも、こことか、複数のメディアが伝えてる。

 ふーん、なるほどねえ。スカンクワークスのP-791との設計競争に勝ったんだ。

LEMV.jpg

 LEMV、長時間耐久型多目的情報収集機とでも訳すんでしょうか。まあ、そういう用途で、アフガンなんかで使うとのこと。主契約者は陸軍で、正式名はHAV304。

 こいつが意外なくらい、機動性がいいのですよ。



 それと、マストオフじゃなくて、地上を滑走して離陸するのがおもしろい。構造的にどうなってるかはわかんないけど、情報収集目的以外にも使えそうな気もする。戦場では無理でも、民生分野で。

 無補給で3週間、高度2万フィートに滞空できて、ペイロードは1.1トン、最大速度は150km/h弱。

 いずれにしても、なかなか興味深いアイテムであります。

ふるさとカップ、決勝


 決勝だけはまともに。

 11R決勝。278 14/9 536で、地元は別線選択、阿部康はエビもの番手を選択したが、山田裕仁が競り。

 ここは黙って武田に期待。メグがかわして、海老根がつっこむ7-1248-1248。ほかの展開は考えない。

 とかいいつつ、海老根の捲りが炸裂した場合、阿部が差しかわす4-1もひととおり買っちゃうところがげどー。

 どっちにしても、地元から優勝者を出すのだ。

 ついで。藤原のカワカワも押さえとこう。8-7。

ゲゲゲの女房


 なんとなく見ちゃってるんだよなー。 水木しげる本人に興味はないというか、むしろアレなんですが。

 でも、作品は好きだったし、この時代の調布と府中は、それほど変わんないから、ある意味で見たような風景を舞台にした物語ともいえるし。

 ただ、この昭和37~39年の赤貧期を見ていると、同じ座業にたずさわる人間としては、非常に身につまされて。私も、10数年前にくらべると、1冊あたりのギャラは半分になってるわけで。(^^;

 水木しげるのこのころのエピソードは、たいてい知ってるし、あと2年すればメジャーになり、3年後にはNETで実写版『悪魔くん』がはじまると、知識としては知ってるものの、やっぱりいけません。

 とくに、週末はやっとはいったギャラで、戦艦のプラモを買ってきちゃうし。わしもつい数日前、新しいXウィング・ファイターのプラモ買っちゃったもんなー。タイミングがなんというか。

 同じようなことを、義母も考えるらすい。いままで、編集とか翻訳の仕事って、ぴんとこなかったのが、これを見て同じようなものだって気づいちゃったみたいなんだよね。で、最近はやたらと電話をかけてきて、わしの体調を気づかってくれてるとか。(^^;

 まあ、たしかに同じなんですが。ヽ( ´-`)ノ

 というわけで、水木しげるがこの時期に描いた作品集なんかをひっぱりだしちゃいましたよ。

mizki01.jpg

 ちなみに、土曜日に出てきた戦艦長門のプラモ、1/700のウォーターライン版だったけど、38年当時にウォーターライン版があったっけ? 各社が統一規格として、1/700ウォーターライン・シリーズを出しはじめたのは、たしか昭和47年くらいからだと思ったんだけど。中学2年か3年だったから。

 すくなくとも、自分で小学生時代につくった艦艇は、まちがいなくすべてフルハル・モデルだった。だからこそ、ウォーターライン・シリーズが出たときは衝撃的で、いまでも鮮明におぼえてるわけだから。

 まあ、水木しげるがこのあとこのシリーズにはまって、軍港のジオラマなんかをつくったのは事実なので、そうなるとウォーターライン版が存在したのかもしれませんが。

 でも、1/700はウォーターライン・シリーズでスタートした規格だったはずで、38年当時にはなかったでしょう。どう考えても。

 ほんとに書きたかったのは、ぢつはこっちだったりして。(^^ゞ

第6回オート名匠戦


 SGよりおもしろいGIIがこの名匠戦。 競艇の名人戦もそうだけど、シニア選手だけの戦いっていうのは、味が違うんですよ。もっとも、これは体力だけでなく、整備力や技術がものをいう、オートと競艇だけにかぎられるかもしれないけど。

 きのうの12Rも、Mr.イン走法の穴見がスタートを決めて押しきっちゃったり、唯一0ハンだった且元選手が、3着に逃げねばったり。もうため息の出るようなレースばっかりでございました。

 きょうも後半レースはどれも見物なんですが、とくに10Rはなんというか。男・田代と福田茂が、最重ハンでやりあうんですよ。こういう展開を見るのは、もしかして10年以上ぶりかも。

ふるさとカップ、2日め


 きょうも名匠戦を見るので、弥彦は前半をさわるだけ。

 5R二次予選B。28 14 695 37。ならびは新潟スポーツさま。

 ぱっと見はFIの負け戦みたいだけど、まあいいや。混戦っぽいし。

 南関がわかれて、飯田が北の3番手にはいったのが気になる。青森が逃げるから、このラインのほうが勝機があると踏んだんだろう。

 こーいうとき、わしゃ飯田から買っちゃうんだよね。これがパターンで。選手の現場での勝負勘を信用するというか。

 相手は紺野のほか、藤原、地元で気合いがはいってる飯塚。関と眞原は3着まで。

 5-189-12389。

 6R二次予選B。682 19 5374。増成の逃げイチで、立花が番手絶好。そこを、たまには小川圭二にかわしてもらいたいということで、ここから。

 7-3-全と、7-4を少々。

択一できない


 なんだって、オート名匠戦と弥彦ふるさとカップを同時開催するんだー。orz

 どっちを見よう。とりあえず、名匠戦の12R初日特選・巧技の真髄だけは見ないとね。ここは片平-篠崎で行ってみたい。8-2流し。

 あと、弥彦は下位戦。7R選抜は地元の松本、笹川に伊藤がからむ268ボックス、松本が後退して小川圭二がつっこむ28-128-128。

 8R選抜は地元・中山から。相手は足達で9=8。

池田駿介さん、逝く


 まだメディアには流れていないが、名優・池田駿介さんが亡くなったそうだ。キャラクターショップ「JUNGLE」のサイトトップに、哀悼の意と通夜・告別式の日時が掲載されている。

 池田駿介さんは『帰りマン』の南隊員役、『キカイダー01』のイチロー役で有名な、特撮ドラマを語るうえで欠かすことのできない名優だった。

 なかでも、イチロー役はアメリカで大人気になり、ハワイではいまでも池田さんを知らない人間はいないという、スーパーヒーローだという。 野球の「イチロー」の名が、アメリカですんなり浸透したのは、この『キカイダー01』があったからだという話も伝わっている。

 ここ10年ほどはコマーシャルタレントとして活躍され、いまもアデランスのCMはオンエアされている。

 池田さんのことは当パーツ館でも何度かとりあげたが……まだ68歳。早すぎます。

 以前にも書いたとおり、『帰りマン』#25「ふるさと地球を去る」は、前期ウルトラでいちばん心にのこるエピソードでした。あのときの南隊員の笑顔は、いつでも思いだすことができます。

 合掌。(-人-)

埼玉ラストラン


 すべてを捨てて、西武園FIIに行ってきた。埼玉のMr.競輪・永倉通夫元支部長の埼玉ラストランを見とどけるため。

 引退パーティでお会いできるだろうと思ってたんだけど、このパーティがSF大会と同日だってわかったんですよ。8月7日。なので、急遽、埼玉ラストランだけでも本場でと思ったしだい。まあ、大会を途中でぬけて、パーティに乱入するって可能性もまだ皆無じゃないんですが。

 そういや、12R制になってからFIIを本場で見るのは、これがはじめてだった。行ってしばらくのあいだ、「10R制なのに、ずいぶん進行が早いな」と思ってたのは、迂闊でした。ミッチーさん登場が2Rだったんで、あせってたせいもあるけど。 準ホームといっても、西武園までは1時間半以上かかるのさ。

 でもって、2Rスタート。永倉選手は8番車。結果は8着。

michy01.jpg

 敢闘門から検車場に向かう1コーナーの上は、西武園でいちばんの声かけポイント。

michy02.jpg

 ここで、コアなファン数十人がお出迎え。 うつっているのは下階の部分だけど、私が写真を撮ってる階にもいるわけで。この一画だけで40人くらいいたかな。それだけじゃなくて、スタンドじゅうから声がかかって。 いいラストランでございました。

michy03.jpg

 検車場前では、この日が青森の前検になる関支部長にわかって、二塚副支部長が出迎えて、記念品の贈呈。今回参加の埼玉の選手も次々に集まってくる。

michy04.jpg

 その記念品を2階席に投げこもうとするのが、ミッチーさんらしいところ。(^^)

 ともあれ、あと立川で3走のこってますが、祈・無事完走ということで、ごくろうさまでした。引退という概念がなく、一生働きつづけなければならない私から見ると、引退できるっていうのは、すこしうらやましかったりもしますが。

10061102.jpg

 この車券は記念に、しばらくとっときますかね。そのために買ったんだし。

 あとは、9R以降くらいに挨拶があるかもしれないんで、ひたすらサイクルセンターで「出待ち」。えーと、7R発売中だったか、平原康多の宮杯優勝報告会があった。

michy05.jpg

 司会はあかり姫武田あかりさん、実質的な進行は二塚副支部長。副支部長2期め、ごくろうさんです。イベントのMCはほんとに安定感があると思います。(^^;

 ちなみに、手渡しているのは、永倉前支部長から贈られた「大宮競輪場」ラベルの酒だそうで。「北海」あたりに行くと売ってるのかも。

michy06.jpg

 つーわけで、永倉ミッチー選手は7月から、埼玉2場の専門解説をやるとのこと。

 詳細はまだわかんないけど、まだまだ輪界のために、自分ができることをやっていく意欲まんまんであります。

Xウィング破壊


 3月からこつこつとつくっていた、ファインモールドの1/72「Xウィング・ファイター」が、なんというか煮詰まってしまった。

 まあ、こーいうことはよくあるんですが。

 2月に計画して、3月から制作にはいり、5月はじめの段階ではここまで進行していたのに、最後の塗装の段階でドツボにはまってしまったのよ。しくしく。

 当初は2月の妄想を進めて、 インコム社が共和国側に提供した「ソリッドモデル」を再現することにしたのね。 色は無塗装のジュラルミン肌に、編隊マークなどのサンプルを入れるというコンセプト。

 で、マーキングはレッド中隊やブルー中隊じゃなくて、共和国首惑星防衛隊の最精鋭部隊、パープル中隊機という設定。

 それで、銀色塗装までは順調に進んだんだけど、マーキングのパープルがうまく発色しない!

 Mr.カラーのラインナップにパープルがないとわかった段階で、多少の不安はあったものの、青と赤と白を混ぜてれば、そのうちそれらしい色ができるだろうと、何度となく挑戦。でも、思いどおりの色にならない。

 それでも、やっとそれらしい色ができて、塗ったところ、翌日には分離してまだら模様になっちゃったし。(TnT)

 で、それをはがして、しかたなくもっと濃い、ロイヤル・ネイビーブルーくらいの色で上塗り。だけど、やっぱりイメージからはなれちゃうんだよなー。

 そこで、それまでインストのレッドリーダー機と同じようにマーキングしていたのを、思いきって変更し、見ばえがいいよう、銀色を多くしていった。

 その結果がこんな感じで。

XW101.jpg

 何度となくけずったり塗ったりをくりかえすうちに、ネイビーブルーの部分がウェザリングしたみたいになってきちゃって。ほかはともかくとして、この胴体左側面がぐずぐずでねえ。(TnT)

 こうなると、もともと望んでた色じゃないし、もういいやってぶん投げたのが先週。

 そのあと、どうすればいいかと考えていたんですが、結論としては、パープルは無理ということで。

 じゃあ、こんどはべつの色でやってみようじゃねーのと、きのう速攻でもう1セット、イワダテホビーさんに注文したのであった。ヽ( ´-`)ノ

XW102.jpg

 こんどは、この煮詰まった胴体を使って、どういう色がバランスがいいかわかるから、失敗はしないはず。まずは手持ちの色のなかから、大学のカラーであるオレンジあたりをためしてみるのだ。

 いまからつくりはじめると、完成は……10月くらいですかね。(´・ω・`)

バオバブ


 ブログをはじめて以来、一度も欠かしたことのない、キワモノペプシ(実際には、2回はmixiのほうに書いたけど)。

 今年も発売日に買って飲みました。バオバブ味だそうで。

pepbaobab.jpg

 そういわれてもねえ。バオバブの実って、食ったことも飲んだこともないから、この味がそうなんだっていわれれば、それまでみたいな。なんとなく、これまででいちばんピントがずれてたような気が。

 ちなみに、アサヒのグリーンコーラも飲みましたが、カロリーが高いんで、2本めを飲む気にはならないっす。やっぱりNEXがいいな。

 去年のエントリーはこちら。秋の部のアズキはこちら

伊東温泉FI、やまももジュース杯準決勝


 冠は例によって嘘。さて、最近はアタリのない伊東だけど、しつこく行きましょう。

 10R準決勝。168 294 537の3分線。ならびはチャリロトの予想一覧

 ええと、青森両者に水書がついて、あとは中近と西勢。 三和がカマしたりする展開もなくはないけど、ふつうは五日市が先行して、池田と三和は捲りでしょう。

 で、池田が調子いいはずなので、ここが早めに捲りきって、和田誠吾のチョイ差しがおいしそう。

 相手は池田と三和で、6-12-1245789。

西武園の中継


 今回のFII開催から、スピチャンではなく立川と同じ275chになった。今後はずっと275だそうだ(記念は不明)。

 無料放送だからということだと思うけど、正直、スピチャン以外の局はチェックするのを忘れて、結局見なくなっちゃうんだよね。で、買わなくなる。ここ数年、中部をほとんど買わないのはそのせいだし。

 そうならないといいけど。どうも気になります。

 あと、今開催は実況が綿貫さんにもどっている。前回の大宮までは、なんとか元気とかいう若手だったんだけど、どうなってるんだろう? 綿貫さんはつい1カ月前に、実況引退を表明したばっかりなわけで。

 どうもおかしな西武園であります。

浦田が神になった


 ぜいぜい。やっと原稿をクリアした。今回はいろいろあったからなあ。痛風発作が出て7日くらいロスし、キミちゃんが逝っちゃって一週間近くおろおろしつづけ、現実逃避でXウィング・ファイターを破壊し……

 結局、約束より20日遅れ。orz

 次はがんばります。たぶん、がんばれそうです。原書の量がかなりすくないし。

 というのはおいといて。

 浜松オートのGI開場記念ゴールデンレースで、浦田信輔(飯塚23期)がとんでもない大記録を樹立した。

 同一GI(つまり、このゴールデンレース)を4連覇! しかも、完全V! 11111ですから。さらにおまけで、浜松のGIも連覇(前回の春スピにつづき)。

 私はべつにファンというわけじゃないけど、SGウィナーぞろい、最強の飯塚軍団のなかでも、ザ・カリスマの浦田ですから。さすがに思いっきり目だつことをします。きょうの優勝戦は正直、 いろいろやばいかと思ったけど、結果は8周回4コーナーのチョイ差しで決着させるのがさすが。冷静というか。

 あしたのギャオ宮本さんのブログが目に浮かぶようで。 「おのおのがた、道を開けられい!」とはいかなかったけど。

 その前に、博多のコージさんのところが熱くなってます。(^^ゞ
 

FC2Ad