東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥彦デイリー賞、決勝


 荒れ場は大好きなんだけど、きのうの平塚は荒れすぎ。なので、さっさと逃げだして、きょうも弥彦をひとつ。

 12R決勝。1976 524 83のならびで、坂本、菅田とならぶ北勢が強力。一方、ノリはうしろが他地区で、捲るとしても自分がとどくことを考える。 むしろ、梅ちゃんがなにか動いてきそうで、北の分断に出るかも。

 坂本、菅田が行っちゃったらしょうがないけど、梅ちゃんががんばって混戦になったら、ノリの捲りが炸裂するかもしれない。

 という思惑で、昔の名前シリーズ。富生、兵藤、ノリの組みあわせ。235ボックス。

 このへんで決まってくれると、わりといい配当だと思うんで、とてもうれしい。
スポンサーサイト

目うつり


 山陽をさわらないということで、弥彦か平塚の湘南ダービーのどっちかになるわけですが。どのレースに注目すればいいか。目うつりしてわかんない。(^^;

 かれこれ1時間くらい悩んだけど、弥彦はかたすぎ、平塚はどんぐりで。

 しょうがないんで、えいやっとヤマカンで選んだのが、平塚の6R選抜。ならびは小田競さん(オフィシャル)で、275 39 461 8。

 上野の逃げ、阿竹と松山の捲りはわかるけど、中団をどっちがとるかで展開が一変して、かなり難解。まあ、どのレースも難解なんですが。 それでも、捲りが決まるとすれば阿竹かな。 

 その場合、荻野では対応できないと思うんだよね。 そうすると、平塚だし、上野の3番手にいる亀井がごっつぁん。2着に捲った阿竹というのに1票を投じてみよう。1-2本線、ウラ押さえ。

 このへんでひとつ。

ゼブラタイム


 あと2日で『ゼブラシティの逆襲』公開ですが、それにあわせて、左カラムにゼブラクイーンのブログパーツを貼っつけております。

 こういうやつ(下のはダミーね)。

ZQ13.jpg

 これ、なんの変哲もないコマーシャルみたいに見えるけど、午前と午後5時から5分間だけ、いわゆるひとつのゼブラタイムに移行するのです。

ZQ11.jpg

こーいう感じで。

このとき、中央のZEBRA TIMEという文字をクリックすると、とんでもなく恐ろしいことが起こりますのですよ。

チャンスは1日2回、5分ずつしかないわけですが、これは必見なので、ぜひどうぞ。

たぶん、PCの時計と連動してるんで、プロパティで時間を書きかえれば、再現可能かも。やってみたわけじゃないけど。

とにかく、最後にこーいうメッセージが出るのです。

ZQ12.jpg

なかなか衝撃的よ。

山陽オールスター


 そーいや、やってたんだった。初日の1Rだけ見たけど、ウッチーとアシスタントがあまりにも言語道断ツツジなんで、あわててわこさんの西武園に切り替えたのだった。以来、すっかり忘れてた。

 といっても、あの中継は見ると腹立たしくなるので、今回はパス。

 有吉タツダンスがSG連続優出記録を17に更新したそうで、このあたりで優勝してほしい気はします。

 しかし、西森さんがなつかしくなる中継というのは、いかがなものか。

 飯塚がいかに松田さんと宮本さんによって支えられているか、あらためてよーくわかりました。はい。

4月初あたり(TnT)


 かろうじて、こっそり買った柴田=小埜がきたっすよ。

10042810.jpg

 とーぜん、大橋直人はからめてるわけで。

 でも、これじゃ焼け石だなあ。今月はまだかなりマイナス。あと2日、がんばりませう。

 ちなみに、今年はここまで107戦して、たった4勝だって。ヽ( ´-`)ノ

綿貫さんラストラン?


 そういえば、きのうの最終日、わこさんが「綿貫弘さんはきょうで実況をやめる」と、いってた。 コバケンさんがすかさず、「もったいない」と、コメントしてたが、本当なんだろうか?

 ほんと、もったいないし、埼玉2場の実況はやっぱり綿貫さんだよね~。

 もちろん、どうなるかはわからないわけですが、まだまだつづけていただきたいっす。はい。

弥彦デイリー賞、初日


 平原は強い。出来レースが完全に崩れたのに、自力であっさりかたづけた。去年の競輪祭後節といい、総合力では現在最強だろう。

 だーかーらっ! 出来レースにする必要ないんだよ。楽勝で80億にとどきそうだったのに。ぶつぶつ。

 あと、稲垣エライ! 出来レースを完全につぶした。しばらくは稲垣を追いかけようかと思う。

 けさはひとつ、いいニュースがあった。 毎日.jpの「事業仕分け:第2弾 後半の対象候補に選ばれた主な公益法人」のなかに、JKAがあるじゃありませんか。 JKAはさっさとつぶして、社団法人にするくらいの荒療治をやらないと、10年後は競輪場が15くらいしかのこんないかもよ。

 という、記念の谷間。 きょうは弥彦にいく。
 
 10R選抜。関東4車だけど、爲田がなぜか中部の3番手を選択して、ここにはまると思ってた古城が単騎。963 15 4 827。

 なるほどねえ。ふつうは柴田ラインと、自力で小埜あたりだけど、爲田が笹倉に乗ったんなら、このラインが行っちゃうぞこのやろーかもしれない。そういえば、小島聡が全日を退団するんだってね。もしかして、蝶野と合流? そこに天山もやってきて、テンコジ復活?

 閑話休題。

 だから、捲りのイメージがある笹倉なんだけど、ここが先行して、雨だからラインで決まっちゃうというのに1票かな。

 ということで、笹倉追走の垣外中から(笑)。6-3本線で6-9押さえ。

 あと、こっそり柴田=小埜も。

西武園ゴールド・ウイング賞、決勝


 なんかつまんねー。どんどん駒を使い捨てて、そこまでして平原に優勝させたいか。非常に不愉快な展開だ。地元偏重主義が売上を落とすってことに、まだ気づかないんだからな。

 そーいうわけで、八百長とはいわないまでも(いってもいいと思うけど)、出来レースあるいは予定調和に向かって突進する西武園だが……

 好事魔多し。

 11R決勝。819 427 356。関東が別線で、それぞれ3番手に他地区がつくという3分線。とはいえ、出来レースだから、平原と武田は連携して、捲る稲垣を止めにいく。

 したがって、平原の鉄板というのは、だれでも考えること。でも……

 好事魔多し。

 武田をかいくぐってきた稲垣を、平原が大きくケツを振って過剰ブロック! これで平原失格。何度も見た光景が、ここでもくりかえされるのだ。

 とーぜん、漁夫は岩津で、労せず藤竜をかわして関優勝。相手は事故にまきこまれる可能性のない藤竜と武田。9-38-全。

 地元だから失格をまぬがれる可能性もあるんで、3着には平原をのこそう。 それから、いちおう藤竜の逃げのこりも押さえて、8-9。

 ヽ( ´-`)ノ

 ほんとにやけくそな予想だ。阿素湖素子。

 ふだんなら、失格がらみの予想はしないんだが、それだけ不愉快ということで。

西武園ゴールド・ウイング賞、準決勝


 だーめ。かすりもしない。これで40日間、的中なしだ。ぱちぱち。(TnT)

 なんかもうダメもとっつーか、やけくそで適当な買い目に走ろう。

 9R準決B。 松本が単騎で9 816 234 75。なんと地元が3人も乗ってるんで、ここをひとつ。

 稲垣は好調を維持してるし、ここも先行意欲まんまんだと思うけど、そのうしろが問題。

 今場所は神山が荻原に3番手をとられたり、大御所が位置を維持できないケースが目につく。 ここも同様、花月園を失った松坂が、やけくそで山田のとこに競りこんで、番手をとっちゃうと見た。

 一方、地元は岡が前。逃げは打たない選手だけど、うしろが練習仲間で仲のいい先輩で、しかも師匠の息子で、同じ久喜の住人だった秀明(秀明はいま久喜に住んでないらしいが)だ。稲垣をとめるためなら、やけくそでなんだってするぞ。つか、なんでもいいから稲垣をとめろ。

 というふたつの条件から、秀明アタマ、松坂に乗っていく大木が相手の1-5!

 これで勝負しようじゃにゃーの。

 ずばり、キーワードはやけけくそなのだ。阿素湖素子。(*´Д`)ハァハァ 

 でも、すこし冷静になって、稲垣がからむ128ボックス、125ボックスも。

#そーいえば、わしはその昔、進也と呼ばれていたのだったな。

西武園ゴールド・ウイング賞、2日め


 ぜんぜんピントがあわなくなってきた。こーいうときは手を出さないほうがいいんだけど、なにしろ今月ノーホラなもんで。しくしく。

 とはいえ、きのうの9Rは結果オーライになりかけたんで、きょうも新田祐大から行ってみるのだ。

 9R二次予選A。816 47 3925。南関ふたりは初手北からというけど、ここは水谷先行で、太賀が中団だよねえ。 そうすると、8番手になっちゃうけど。たたきあいがあるとの読みなのか?

 でも、新田はきのう、自分のコンディションを確認したはずで、捲りにかまえると思う。なので、中団から捲る太賀を、小橋がかわしたところ、差しきると見て、3-7から。

 いちおう、ウラもひととおり。はい。

イランのステルス戦闘機!


イランがステルス戦闘機を開発中! モックアップ公開!

Iran fighter

 ペルシャ暦のエイプリールフール……なはずもなく、本人たちはマジのつもりらしいけど。ヽ( ´-`)ノ

 おなじみFlightGlobalのブログより、「Iran's stealth fighter mock-up ... or mockery?」というエントリー。

 上の「モックアップ? それとも、ガセ?」っていうタイトルどおりで。うしろ半分はSR-71みたいだけど、前半分の黄色い嘴はなんだろう?

 上記ブログのコメント欄もしっちゃかめっちゃかで、これはこれでおもしろいっす。

 YF-23ね。100歩くらい譲れば、そう見えないこともないが。SA-20って、ミサイルじゃん。ホワイトナイトにいたっては、目が腐ってるとしか思えないし。おお、SR-71に1票はいってる。ヽ( ´-`)ノ

 しかし、F-5をどういじくれば、こうなるんでしょうか?(^^;

 

西武園ゴールド・ウイング賞、初日


 狙いはあってるんだけど、なんだかアタマ候補に追い脚がたりない。まあ、きのうの岩見は暴れるだけ暴れたんで、しかたない面もあるが。

 西武園の記念は、準ホームなんで、いちおう参戦。ここ数年は大宮より相性いいし。

 とはいえ、買いづらいレースが多くて、どーしよー。 いちおう、秀明が乗るんで、ここを。

 8R選抜。 ならびは268 915 374のきれいな3分線。それで、秀明なんだけど、まだまだイマイチ。 一時の斡旋過多はなくなったものの、着がまとまらない。きょうは池田勇人に乗れるけど、断トツ人気になるレベルにはないと思う。

 そうなると、和田圭か信雄のラインが捲って、出きっちゃうほうに賭けるべき。 ということで、信雄ラインの268ボックスでもひとつ。

 まあ様子見というか、286のニャロメですね。

 9R初日特選。武田ラインの圧勝っぽいけど、ここに新田祐大がいるんだよねー。ならびは14 358 69 72の4分線。

 西武園では、かつて新田祐大からおいしい車券をとった記憶がいっぱいある。たぶん、相性もいいんじゃないだろか。

 なので、武田を捲っちゃうなら新田と考えて、アタマから。相手は武田、山田敦のほか山賀を選択。新田の捲り条件なので小橋、裕仁ははずして、1-347-23457。

 いちおう、そのへんから。

ヤンキー君とメガネちゃん#1


 ここんとこ、里依紗姫祭りがつづいてるわけですが。

 おもしろいじゃん、これ。 タイトルから、ほとんど期待してなかったんだけど、芸達者な人たちがそろってて、演出もテンポもいいし、安心して見ていられます。

 しかし、里依紗姫は走るね。オープニングは『時かけ』を見ているようでありました。もしかすると、走る演技では他の追随を許さないかも。(´・ω・`)

 それに、なんとゼブラクイーンの顔まで見せてしまって。ぉぉ これはやっぱり里依紗姫がやるべき役だわ。

 見る前は、「成宮くんが高校生はないだろ」と、思ってたんだけど、これは意外にもアリでした。

 その姉役の大和田獏さんの娘・大和田美帆さんがいい演技をしていたのも印象的。それがまた、いちいち岡江久美子姐さんにだぶるし。(^^;

 ただ、初回でいちばん萌えたのはライオン丸Gですよ。 草々のライヴァル尊建というか。 波岡一喜という人は、村上幸平とならんで、こういう場所にぴったりのバイプレーヤーだと思います。はい。一瞬、まわりをぜんぶ食っちゃうし。

 そういや、ブラックタイガー隊の加藤隊長をやるんだよね。ある意味、ぴったりかも。

 ということで、カノンがくずだったんで、この春のドラマは全滅かと思ったんですが、ひとつ楽しみができますた。はい。

 

Gamboo


 けさ10時、「ギャンブルエンタメ情報サイト」と銘打った新サイト「Gamboo」がスタートした。

 こちら。いちおう、urlも。http://gamboo.jp/

 どういうものが、正直まだよくわかんないんだけど、トーターの制作で、トーターが業務委託している場の情報を発信するらしい。あれ、おかしいな。トーターが業務委託を受託している場。あってるけど、さらにややこしい。

 よーするに、日本トーターが管理業務を請けおってる場。これでいいか。

 といっても、ざっと見たところ、コンテンツはまだ「日本チャリ党」とか、大宮・西武園のものだけ、それも過去のものばっかりみたいなんだよね。 もしかすると、チャリ党もいずれこっちに合流するのかも。

 リンクしてる場は大宮、西武園のほか、函館、青森、静岡、豊橋、四日市、高知の8場。でも、この場のサイトはすべて相互リンクしてるかというと、そうでもないし。

 そのわりに、現役選手の全ブログをリンク集にしていたりと、なかの人はやる気あるみたいだし。

 やっぱり存在意義がよくわかんないな。まあ、そのうち見えてくるんでしょうが。

 ということで、なまぬるく見守っていきたいと思います。はい。

【追記】
KEIRIN.jpにもニュースがアップされた。こちら

弥彦FI日刊賞、決勝


 なんだかまったく予想が噛みあわない。久しぶりの弥彦だからしかたないけど。

 12R決勝。ならびはいちおう、742 1658 39の変則3分線。といっても、先行不在で、動けるのも藤原と伊勢崎のふたりくらい。

 ふつうに考えて、競輪場の隣りにすんでる藤原が、同門の先輩・川村を連れて主導権から押しきりだと思うが、この川村の位置がもめそうな気配。あるいは、3番手の台のところか。

 このへんに岩見や伊勢崎がはまると、藤原もすんなり押しきりとはいかないかも。なので、このふたりの差し脚にかけてみる。

 弥彦と好相性の岩見がアタマの3-7メインで、ウラ押さえ。 藤原許せ、きみとは車券の相性があんまりよくないのだ。

弥彦FI日刊賞、2日め


 すぴRitsの後継として、Club Spirits が誕生していて、そのエキスパートクラスの現在唯一のメンバーが田中麻衣美さん。

 何者かと思ったら、去年のすぴRitsの一員で、ガールスケイリンにも出てた、畑中まいみさんだそうだ。なるほど、「は」がとれたのね。ちなみに、田中は本名とのこと。以上はいつもの「CREATE」4月号より。

 中継のMCはもと2番車、大橋郁美さんで、これは去年と同様。目玉のうるさい人もレギュラー。でも、江戸鷹ほどうるさくはないから、許すのだ(なにをだ)。

 という感じで、弥彦がはじまったけど、なんつーか、配当的にぜんぜん弥彦っぽくない。荒れないというか。

 ただ、きょうは寒くて雨だから、やっぱり高配を狙っちゃうのだ。いつもどおり。

 10R準決勝。四宮は単騎で、371 25 8 946のならび。 この三宅達以下の岡山ラインは、すごく魅力的で、ふつうならここから行きたいところ。 でも、人気もかぶるはずなので、別線の地元ラインを狙う。

 ただ、よく見ると81期祭りなんだよね。川村、沼川、伊勢崎。 ここでなにかが起こりそうな予感。

 ふつうに考えて、上原がカマシ先行、三宅が捲りとすると、伊勢崎は地元の番手を狙う公算が大。そうなると、川村もガチでやりあうはずで、そこで漁夫なのがもうひとりの81期、沼川。調子もいいし。

 ということで、上原の逃げきり、相手は沼川にしてみよう。9=6-全で。

 三宅達がきちゃったら、それはそれであきらめがつくし。

真っ黒にしてやる!


 きょう、とどいた。(´・ω・`)

ZQ02.jpg

 写真集『仲里依紗×ゼブラクイーン写真集』(宝島社、780円)と、ゼブラクイーンのデビュー作品『NAMIDA~ココロアバイテ~』(SMR、1386円)。 CDのほうは初回限定のMV-DVDつき。

 写真集は16日だったのに、CD発売のきょう、同梱で送ってきた。やるなamazon。まあいいですが。

 両方を味わう正統な作法としては、まず写真集を拝見して、インタビューを熟読し、そののちMV-DVDを鑑賞する、というのがよろしいかと存じます。

 映画公開まであと10日。いよいよ!

 蛇足ながら、「真っ黒にしてやる!」はゼブラクイーンの決めゼリフ。

弥彦も開幕


 さて、きょうから弥彦も春になって、開幕はFI戦。すぴRitsの去った弥彦は花が消えたようだと思うけど、弥彦のことだから、今年もなんかシカケがあるかも。とりあえず、「感謝!還暦!還元祭!」のコピーはなかなか秀逸だし。

 ということで、伊東もあるけど、きょうからは弥彦。

 8R予選。17 2584 936と、4以外はスジでならんだ3分線。ならびはオフィシャル。自力は森田と不破だけど、中部は考えなくていいっしょ。むしろ、森田の番手または3番手を山内が狙うかどうかが焦点。

 南関と北だから、あまり露骨にはいかないと思うものの、予選で2着権利だから、遠慮もしてられない。

 ということで、山内がもぐりこむほうに1票。で、長い直線で森田をかわす1-2が本線。ウラ押さえ。

 このへんからひとつ。

反省あるいは愚痴


 たまには反省会。きのうの武雄決勝。結果は荒井の予定調和で、それはそれでいいんだが。頭にくるのが武井。

10042012.jpg

 武井から買ってたのよ。 海老根が松岡の位置を狙うのは、可能性が高い作戦と見て、脚を使わずに4番手につける武井がタテの脚を見せると読んだわけですね。

 でもって、そのとおり、最終4Cでは前がもののみごとに開いて、「オーラロードが開かれた」状態になったわけ。

 これはぜったいにとったと思ったんだけど、武井のやつ、なぜか追いこまないんだ、これが。いや、追いこんだけど、スタートが2秒くらい遅い。

 荒井に遠慮してる場合じゃないのに。ヽ( ´-`)ノ

 だけど、あとで思ったのですよ。今開催はインタビュアーが原司だったわけです。 あれのせいじゃないの? つまり、一瞬、原坊の顔がよぎって、「1着とったらなにいわれるかわかんないぞ」と、びびったのだ。きっとそうにちがいない。

 師弟関係にある選手が走るんだから、現役の原をインタビュアーにすえるっていうのは、かなり反則っぽい。 まあ、そこまで読まないとならないのが競輪なんですがね。出来レースだって承知のうえで買うんだから。

 やっぱり、反省というよりは愚痴だな。つか、ネタですが。ヽ( ´-`)ノ

青森FI日刊スポーツ杯、決勝


 きのうは仕事もなにも手につかなかったけど、きょうは一段落したので、青森の決勝をひとつ。

 12R決勝。自力型が志村太賀ひとり。で、マーク屋多数。これは大乱戦でしょう。 いちおう、ならびは5187 26 39 4だけど、加倉もマエタクも競る気まんまんだし、眞原もあえて単騎選択だし。

 加倉と横田ってどうだっけ? 加倉としては、横田のやろー、九州の裏切り者みたいに……思ってないか(笑)。むしろ、こーいうときに過度に暴れるのはマエタクだな。

 そうすると、マーク陣が共倒れになる可能性が高いから、加倉のうしろを選択した望月あたりがおもしろいかも。

 ということで、9-5本線ウラ押さえ。

 あと、眞原も現地集合で459ボックス。

大魔神カノン#3


 予約録画解除した。ウルトラセブンX以来、久しぶりにくず以下を見ちまった。塩まいとかないとだめだな、こりゃ。

 しかし、なんなんだ、これ? 新手の詐欺みたいなもんなのか?

冬季終了


 きょうから、川崎はナイターがはじまって、青森は開幕。 なんだけど、最悪の天気になっちゃって。施行者お気の毒。

 レースは……前橋は決勝がかたくおさまりそうなんで、パス。川崎は中継には興味あるものの、ぴんとくるレースはなし。 なので、青森の9Rなんぞをちょいと。

 9R予選。ここでは、西武園の記念に斡旋されてる自力型ふたり、片折亮太と佐藤幸治がぶつかるのですよ。

 ならびはわからないんで、てきとーに25 73 186 49くらいかな。中部両者と西勢はそれぞれのうしろを選ぶかもしれなくて、その場合は2分線になるかも。

 ただまあ、逃げる片折を、佐藤があっさり捲るはずで、そこをかわす金子がアタマ。青森名物でうしろからだれかがつっこんできて、佐藤は3着という、ありがちな狙い目で、3-全-7。あと、佐藤がのこる3-7-159あたりも。

車券師ブログ


 車券師諸兄のブログを読むのは楽しい。

 正直、予想はそれほど参考にしない(つか、自分には自分の買い方があるので、それをほかの人にあわせたりすると、バランスが崩れるはず )けど、「語り」の部分が好きなんですよ。

 たぶん、みなさん同世代で、おんなじようなことを考えてるからなんでしょうが。

 きのうきょうは、リンク集に入れてる古参のおふたり…… ほうきゅう3さんと、それに触発された武星さんのやりとりが、とっても心地よかった。

 ほうきゅう3さんの元ネタはこちら

 武星さんのアンサーはこちら

 ギャンブルとは無関係に、一読の価値があると思いますよ。いえほんと。

 なので、カテゴリーはあえて「日々の雑感」にしてみますた。(´・ω・`)

前橋FI鈴木保巳メモリアル、準決勝


 しかし江戸鷹は饒舌だ。うるさくってしょうがないんで、飯塚のジュニア選手権を見ながらという変則開催になってしまった。

 まあ、見ても見なくても、当たるときゃ当たるんで。ヽ( ´-`)ノ

 12R準決勝。29 468 157 3で松山が単騎。 岐阜のふたりは松山じゃなくて、鈴謙のうしろを選択したけど……これがどう出るか。

 小林がイン切りから、鈴謙の番手をとりきっちゃったりしたら、さあ大変。最終ホームで、129 357みたいな態勢に変化するかもよ。 そうなれば、阿部が絶好で、アタマはここから。相手は変形後のラインで、小林、鈴謙に松山。岐阜勢は3着まで。

 9-123-12357。わりと安めだけど、いいや。

 いや、安すぎるんでやめた。

 10Rにする。395 6 714 82。これのほうが、まだもつれそうな気配だもんね。岸澤が逃げて、柴崎が捲り。北のふたりは中団から。

 力からすると、柴崎の捲りがあっさり決まりそうだけど、今回は岸澤も調子がよさそうで、もがけば征陽の出番。連下には伊藤をくわえてみようか。

 1-234-23479。

前橋FI鈴木保巳メモリアル、初日


 鈴木保巳さんが亡くなって、もう3年たつのかな? だから、メモリアルもたぶん3回め。

 鈴木さんというと、福島正幸さんを育てた名伯楽として知られているが、じつは競輪中継草創期に、その基礎をつくった人でもあるらしい。 中継の第一世代であるしたらじゅん子さんも、高橋しげみさんも、鈴木さんを師と仰いでいたそうな。

 というのはともかく、10R選抜をひとつ。

 岸澤の逃げイチで、79 25 46 381のならびながら、齊藤は番手勝負を匂わせているし、山口もここを狙う可能性が大。

 したがって( と、磯さん風に)、岸澤のうしろがもつれて、そのまま逃げきりまでありそうな予感に1票だな。

 問題は相手で、捲る松山が魅力だけど、なんとなく3番手にはいってる伊藤大志がなんだかあやしい。 ハコ勝負を尻目に、脚を使わず3番手あたりを走れそうで、最後に岸澤がよれたところを寸チョン。

 1-3本線で、ウラ押さえ。ということで。

Windows Updateの一部表示が中国語になってる


 定期アップデートの日なので、いつもどおりWindows Updateに行って、更新しているあいだに、ふと気づいたのがこれ。

update01.jpg

 なんでやねん。MS-IMEにつづいて、日本語版アップデートの実動部隊も中共にうつったんだろうか?

 もしそうだとすると、セキュリティ面で問題なんなじゃないの? Googleが逃げだすところにおいとくっていうのは。

 それとも、以前からそうで、見えなかっただけとか?

 いずれにしても、この表示はバグだと思うんですが。


ゼブラクイーン


 けさ見たら、『ゼブラーマン2』の公式サイトがまたリニューアルされていた。

 こちら

 あと2週間ちょいで、いよいよ公開なのですねえ。そういや、今週はamazonから、いろいろととどくはずで。

 それはおくとして、ついに公開されました。

ZQ01.jpg

 ゼブラクイーン、変身後のお姿。前からバナーでちらっとは見えてましたが。

 やっぱりすごいぞ里依紗姫。特撮史に燦然と輝くダーティ・ヒロインになること、まちがいなしでありますよ。(*´Д`)ハァハァ

 ちなみに、里依紗姫としては、この役づくりはレディ・ガガだそうで。

 本家もきのう来日してますが、絡みとか、あるんでしようか。 三池組なら、なんかしかけそうだけど。

関連記事
『ゼブラーマン2』情報解禁!
『時かけ』リメイク!
『時かけ』トレーラー!
『時かけ』あしたから!
『時をかける少女』
ケン・ソゴルの恋
『サマーウォーズ』

今年の桜


 遅ればせながら。といっても、うちのほうでは、先週末くらいが満開だったので。これは10日土曜。

sak10-02.jpg

 青毛掘川の久喜、喜橋付近。並木が……そう、500mくらいはつづいてますかね。

sak10-01.jpg

 対岸は俯瞰で。菜の花の黄色とのコントラストは、埼玉東部では権現堂が有名だけど、ここもなかなか。

小松島社杯、決勝


 まったく見てなかったんだけど、なんと加倉が決勝に乗ってるじゃん。なにがあったか知らないが、こうなると応援車券を入れないと。まあ、ドブステでしょうが。

 と、思ったら、弟子の坂本亮馬がひっぱるのか。これは優勝まであるかも。やっぱりないか。

 でも、応援車券をすこし。

 11R決勝。356 178 2 4 9で平原、山賀、菅田は単騎。とはいえ、たぶん山賀は平原のうしろでせう。

 まあ、ならびはどうでもよくて、5-38-全と、朝日がつっこむかもよの5-全-8あたりをひとつ。

大魔神カノン#2


 だめだこりゃ。脚本は破綻してるし、昭和30年代でもここまでひどくはなかったぞっていうナレーションは、腹だたしいのを通りこして、あきれるばかり。

 唯一の見どころは、大魔神が城をぶっこわすとゆーか、城を道連れに倒れるシーン。ミニチュアも使ってるように見える(もしかすると使ってる)ところは秀逸でした。

 しかし、11話完結の2話でこれなの? なんのためにつくったのか、どうにも理解できない。

FC2Ad