FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

ヤマト


 年賀状を書いていて、つくづく思ったんだけど、来年はよくも悪くもヤマトの年になりそうな気がする。

 いまやってるアニメ版は話題にする気もまったくないが、実写版となると、これはやや話が違うわけで。

yamato-pre01.jpg

 きのう公開された、このCGを見るかぎり、CG部分もそこそこだと思うし。宇宙空間に大気があるように見えるのはともかくとして。

 これまで話したことはなかったが(こないだの忘年会で、はじめてしゃべった)、ヤマトは人生のターニングポイントになった作品だったりする。あの高校2年の秋、ヤマトがはじまらなかったら、たぶんいまの自分はない。

 はっきりおぼえてるけど、8月末くらいの新聞に、ちいさく「今秋『宇宙戦艦ヤマト』というアニメがはじまる」って記事が出たのよね。それだけの記事なんで、どういう作品なのか、そもそもどういう画なのかも、ぜんぜんわかんなかったんだけど。

 それでも胸が躍ったのは、やっぱり運命としかいいようがない。だいたい、この新聞記事がなかったら、たぶん『猿の軍団』のほうを見てたはずだし。

 で、オンエアがはじまったら、これがどまんなかストレートの剛速球でね。これでわしの人生が決まり。ヽ( ´-`)ノ

 翌75年、はじめて参加したSFファンダムも、SF界初のヤマト・ファンクラブCBYLだった。CBYLはCosmo-Battleship YAMATO Labの略。だから、私のなかでは、いまもヤマトはSpace-じゃなくて、あくまでCosmo-Battleshipだったりする。

 そのうち、SF界でも評価が高まってきて、再放送がはじまり、77年はじめには、当時みのり書房の社員だったNさん(どうも公表してないようなので、イニシャルのみ)が『OUT』の創刊2号であの名作「君はおぼえているか、ヤマトの熱い血糊血潮を」という特集を組んで、いっきにその存在がメジャーになり、わしもどんどんファンダムにのめりこんでいったわけです。

 ただ、それだけ愛着が強かったせいか、安易な商業主義とシリーズ化に反発して、劇場版『さらば……』で、自分としては決別を告げたのだった。が……

 実写でよみがえるとなると、話はべつだ。完全に別次元の作品と、わりきって考えられるから。

 そーいえば、こないだの忘年会で、だれかが「ヤマトとつきあうのは、両足に剣山が刺さった状態で、どこまでも階段を登りつづけるようなもの」と、いっていた。

 そうなんだよな~。この「ぐさぐさ感」はぴったりの表現なのだ。

 きっと、来年はずっとこの「ぐさぐさ感」がつきまとうと思うけど、それこそがヤマトなのであった。
スポンサーサイト



湾岸大決戦


 そういうわけで、きょうからスーパースターフェスタ2009がスタート。クライマックスのSG第24回スーパースター王座決定戦は今年も大晦日になるのだ。

ssf09.jpg

 くわしくはこちらの特集ページを。また、こちらからは、出場16選手のインタビューも見られる。このへん、オートレースはネットをうまく使ってます。

 まあ、それはいいんですけど、このインタビューで16選手に無理やりつけたキャッチフレーズが哀しい。そもそも、いまさらK-1のまねをするってとこが、寂しいかぎりというか。

 高橋貢の絶対王者はデフォだし、浦田信輔の「最強軍団総帥」、片平巧の「永遠のカリスマ」あたりはまあいいけど、永井大介「光速の無敵艦隊」とか、中村雅人「戦慄のボディブロー」あたりになると、こじつけにもなってないというか。

 今年のなかばくらいからか、コピー担当のひとりが、競輪と同じになったようで、ときどき異常にへんなのが出てくるんだよね。 まあ、「選ばれし者の」とか、時代劇みたいなのをやらないだけましだけど。あの担当者、長文になると文法からして間違うんだよなあ。

 そういや、人材広告の仕事をやってたころは、企業の担当でよくそういうおっさんがいたっけ。原稿をむちゃくちゃにしちゃうやつ。どうやら、JKAにもあのタイプがいるっぽい。

 という感じで、テンションはさがってるけど、そこは照沼杏ちゃん、町田さおりんの笑顔にささえられて、ぶじ完走したいと思っとります。30日だけは年中行事で、大宮の場外に行きますけど。

 どうでもいいけど、前節ヒラ場の最終日、篠崎選手が勝負タイヤを「堂前タイヤ」と呼んでるっていうレポートは、照沼さんのクリーンヒットでした。ツボにはいって、忘れることができません。(^^ゞ

#あれま、中継MC、二宮さんなのね。吉原さんは東京大賞典か、そういや。
  それなら……ってわけでもないけど、久しぶりに北嶋御大の実況も聞きたい鴨。