FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

3連覇!

antlers.jpg

 3連覇で通算7回めのリーグ制覇。正直、きょうの勝ちは泣けた。

 レッズがまたいい試合をしてくれたんだよなあ。おかげで、3連覇がさらに価値あるものになった。まりがとうレッズ。

 なんか、初制覇以来の感動でありますよ。なんたって、前人未踏だし。

 鹿島アントラーズは最高です!

 スポニチ速報「鹿島史上初3連覇!興梠Vヘッドで浦和沈めた」

きょうはケン


 非常に多忙につき、伊東の記念初日は見送ります。見る時間があっても、おそらくケン。午後はサッカーになるし。

 高橋貢が150Vを達成しちゃいました。地元のヒラ開催で。乗りかえたマシンがすごいらしいと、伊藤あちゃこさん情報。

武雄FI 闘将Sに挑んだ強者達、決勝


 うまいこと、はずしてしまった。まあしょうがない。

 12R決勝は手短かに。きょうも歯医者行かないとならないし。しくしく。

 ならびがよくわかんない。北vs九州はともかく、自力型が多いから。妄想としては、そうねえ。北は小野が前で、396。九州はやっぱり小川が前でしょ。2段駆けありで4718。

 小橋は単騎で、初手は北の4番手。酒井は合志のところに切りこむかなあ。地元だからなあ。たぶん、うしろで脚をためて直線勝負でしょう。

 ということで、396 2 47185の大ざっぱ2分線。ぜいぜい。 もう予想が終わったような気がしてきた。

 小野は小川を意識して、カマすかたたきあうか、とにかくゆずる気はないと思う。 小川もあとにはひけないから、ここで壮絶なたたきあいは必至。

 でもって、2段駆けも競りあいながらだから、圭尚と菅原のガチンコ。

 そうなると(落車がなければ) 3番手以下の戦いになるはずで、小橋、合志、坂本。3着には酒井、梶山も。さあ、どこから行くか。

 闘将ダイモス(違)と戦ったっていうと、小橋と坂本だよなあ、イメージとして。

 小橋アタマの2-16-15689と、坂本アタマの6-12-12589。3着には圭尚も追加。

【追記】
と、思ったけど、車単のほうがおいしそうなので、坂本のほうは6-12に変更。

武雄FI 闘将Sに挑んだ強者達、準決勝


 へんな夢の話。

 満島ひかり姫がめずらしく歌う(Folder5再結成らしい)というので、会場で待ってたら、乱闘がはじまった。戦っているのは小橋とプロレスラーのM壁。

 Mは例によってチェーンを持ちだしたが、そこで小橋が驚愕の行動に出た。 だれかが用意したラダーに登ると、てっぺんからダイビング・ラリアットをはなったのだ。Mは壁までぶっ飛んで頭を強打し、ノックアウト。

 で、この小橋がですね。健太じゃなくて正義だったんですよ。(^^;;;

 まあ、夢なんで、理も非もないわけですが。あのダイビングはなんだったのか。

 もしかすると、きのうの武雄12Rを見て、「小橋も脚力が衰えたな」と、感じたせいかも。

 ま、それはいいんですが。

 きのうはならびが違った。(^^; 関東両者はやっぱり美千隆だった。車券は顔見せ段階でオワ。まあ、しょうがない。

 きょうは夢のお告げ(なのか?)にしたがって、小橋のレースをひとつ。

 11R準決勝。またならびは妄想で、297 364 518の3分線。これはほぼまちがいないでしょ。そうなると、美千隆の逃げ、圭尚と九州の若手の捲りになるのがふつうだけど……

 でも、佐々木も師匠の冠レースで決勝進出はノルマだと思ってるはずで、豊岡に逃げ命令を出すかもしれない。そうなると、ここがやりあって、圭尚に絶好の展開になりそう。

 ただでさえ、圭尚が格上だから、ここはかたいと見て、小橋がかわす9-2を軸に。相手は佐々木をはじめ、ベテランが混戦をぬけだしそうなんで、9-246-12467あたりをひとつ。

 岡山ワンツーになったら、とてもおいしい。

武雄FI 闘将Sに挑んだ強者達、初日


 内外タイムス廃刊、花月園廃止と、師走の風が冷たいですが、出版も構造不況まっただなかという意味では公営競技と同じで、あすはわが身なんだよね。

 でも、仕事はいつまでもある。 というか、締切が慢性的にクリアできない状態で、今回も大ピンチ。しばらくはブログもごぶさたになるでしょう。先月からそうですけど。

 しかもきょうは抜歯。ヽ( ´-`)ノ あああ精神不安定。

 なので、無理やり日常的なことをやってみる。久しぶりの競輪。なんと5日もごぶさただった。

 FIが絶賛洪水中なので、どこを選ぶか迷ったすえ、武雄に行ってみる。

 この冠「闘将Sに挑んだ強者達」だけで、武雄に決めたんだよね。冠はやっぱりたいせつですよ。いやほんと。

 それにしても、この「闘将S」って、考えてみるとすごいかも。引退・物故選手の冠なら、いくらでもあるけど、現役S級選手っていうのは、たぶん前代未聞でしょう。 いちおう、Sがだれかは秘密みたいですが。

 というようなことはおいといて。難解な11R選抜戦。

 ならびは妄想で、1946 25 83 7かな。 関東両者は美千隆につくかもしれないけど、たぶん先手をとる小野の3番手のほうが有利だと思う。そうなると、美千隆は消し。

 それで、小野の逃げに、若手ふたりが捲る展開。相手が若手だけに、佐々龍がうまいこと番手の仕事をすると思うんで、小野の逃げきりから。相手は3番手から切りこむ井上貴照。

 問題はどっちが本線かだけど、優柔不断なんで決められない。ので、1=4-全ということで。はい。