東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この土日


 日記風に。

 土曜日。天気がいいので散歩。数日前から、leeminさんの「11月も終わりですね」というエントリーの冒頭にある、枯れ葉の写真が気に入っていて、おんなじようなのが撮れないかなと思ってうろつく。

 でも、落ち葉の写真というのは、かなりむずかしいと判明。なかなかきれいに落ちてないというか。ヽ( ´-`)ノ

sora01.jpg

 生えてる(笑)のは撮れるんですけどね。この銀杏は毎年のように載せてる気が。

 木の向こうにとまってる車は、写真を撮りにきた人のもの。 かなりじゃまなんですけど、ご本人はまったく気づかず。 きっと、いまごろどっかのブログに、反対アングルの写真が載ってるでしょう。(´・ω・`)

 それにしても、空が高い。晩秋であります。

sora.jpg

 しかし、どうでもいいけど、家から徒歩10分で、電線もなくなるか~。(^^;

 はい。次。

 散歩から帰って、午後は14時から鹿島方面に気を送る。事実上の優勝決定戦だからね。

 結果、ガンバを相手に5-1の歴史的快勝。フロンターレも勝ったため、3連覇は次節に持ちこしになったけど、これは当然。相手が負けて優勝してもつまんないし。

 つづいて、NACKスタジアム方面に気を送る。結果、1-1のドローでアルディージャの残留が決定。

 しかし、気を送りすぎたせいか、このへんから体調がおかしくなってきたらしい。

 翌日曜日。朝、起きられない。(TnT)

 無理して起きたけど、眠い~。だるい~。

 結局、ぼんやりと転がって、めずらしく将棋や『坂の上の雲』の番宣を見て午前中終了。仕事しないとならないんだけどな~。う~。でも、日曜日にごろごろしてるのも、数カ月ぶりかも。

 午後は『鑑定団』を見たあと、また眠る。結局、起きられずに午後も終了。

 夕方からは『モンド21杯』をぼんやり見て、『ウルトラマンA』を見て、そのうち夕飯+『坂の上』。

『A』はヤプールの最期編。いま見るとなんつーか。

『坂の上』はストーリーはともかく、特撮がすごいじゃん。とくに、海というか船というか水芸というか。

 巡洋艦・筑紫(当時はまだ巡洋艦という艦種はなかったらしいが)はどうやって撮ったんだろう? ミニチュアじゃなくて、原寸大に見えたけど。CGじゃないよね、たぶん。

 このクオリティの特撮で、日本海海戦をやるとすると、これはセンセーションですよ。すごいことになっちゃうぞ。きっと。

 という日記でした。はい。
スポンサーサイト

いいニュース(スーパーコンピューター)


 前のエントリーのつづき。

 マイミクさんのところで拾ったいいニュース。あまりにもタイムリーなんで無断借用。

 西日本新聞の「スパコン開発で「ゴードン・ベル賞」 長崎大助教ら受賞 「国内最速」安価で実現」という記事。

 国内最速で3800万円ですってよ奥様。

 大和のお値段はたしか1100億円? これが京速のばかさかげんですよ。

 きのう騒いでた科学者連中に、ぜひコメントを聞きたいものであります。

 タイムリーというのは、ATIのRadionで1Tflopsあたり2万くらいだから、10PflopsならGPUをたくさん買ってくれば、1億もあればできるんじゃないのかって妄想していたから。

 それを実現した人が実際にここにいて、こうして現在日本最速の地球シミュレーター2を超えちゃったっていうのがすごい。

 科学っていうのはね、こうやって使うんですよ。信仰対象にするんじゃなくて。

 それにしても、思いっきりタイムリーだ。

科学者ご乱心


 事業仕分けのニュースはおもしろいんで、毎日でもネタにしたいくらいなんですが。

 自衛隊の増員とか、あんなもんを予算に計上すること自体が、犯罪にひとしいじゃん。

 官僚のばかさかげんはまあ置くとして、今回いちばん笑えるのが、科学者たちの無茶ぶり。

 科学は絶対的神聖にして冒すべからざるものと思ってるのが、ミエミエですから。その前提自体が間違ってるのに、これまでそういうことを考えたことがないから、本人たちが理解できてない。その結果、ばかまるだしになる。

 とくに、きのうの『朝ズバ』に出てたおっさんなんか、理も非もないのね。最初はげらげら笑って見てたけど、そのうち、「こいつ頭だいじょうぶか?」って、心配になりましたよ。いやほんと。説得力ゼロで。

 はっきりいって、京速なんかつくること自体、間違ってるわけで。計画中止が妥当なのに、それが理解できないんだよね。歴史の法廷に立つのは、あんたのほうだよといいたい >べつのおっさん。

 これが、京速の次のスーパーコンピューター・プロジェクトを考えるっていうなら、話はべつですよ。でも、京速はコンセプトからして時代錯誤じゃん。いまさら戦艦大和つくって、どうするのって話で。

 GXロケットにしてもそう。 どこぞの新聞は「夢がない」とか書いてたけど、とんでもない間違い。あたしゃ08、09年に予算がついてると知って、逆に驚いたくらいで。たしか2008年アタマくらいに、計画失敗で撤収になったと思ってたから。

 だって、だからこそ、その代替案として、M-V後継固体ロケットの開発を決めたんでしょう?>JAXA。 あたしゃそう解釈してたぞ。

 だから、そっちに予算を振りむけるのが当然なのに、まだ予算を計上していたこと自体が異常でしょ。

 ところが、それと「絶対的神聖」をごっちゃにしてる。 その段階で、もう論理がすりかわってるのに気づいてない。

 もちろん、科学者ぜんぶがおかしいとはいわないけど(知りあいもいるし)、でもあのおっさんたちは、確実にご乱心だよなあ。

 まあ、そのうち恥ずかしくなって、やめると思うけどね。 いや、連中にとっては、科学は宗教みたいなもんだから、無理かなあ。

 京速とGXについては、ずーっと書きたかったんだ。あー、さっぱりした。

大宮FIスポニチ社杯、決勝


 しかし、初日2日めと、うまいことはずしてるなあ。それだけ、狙いはあってるということなので、きょうは折り返しも入れて。

 12R決勝。42 837 9165の3分線。東口は北の3番手で、これは佐々木が先行と見てるんだろうか?

 でも、先行は4車ならんだ藤竜でしょう。その番手か3番手に牧が斬りこみ。佐々木は後方待機で直線勝負と見てるんだけど。

 つまり、牧の動きしだいで、展開ががらりと変わるわけで、ここは脚をあまして4.00の大ギヤ一発勝負に賭ける佐々木をアタマで。

 たしか、去年だかおととしだかも、この季節の大宮で、佐々木が10万シューを演出したことがあったと思うんだよね。 その再来を期待して。

 あとは、長塚がくる場合とこない場合。こない場合は牧がのこって8-234-234。伊勢崎がかわす折り返しも。3-248-248。

 長塚がのこる場合は138ボックス。以上。

大宮FIスポニチ社杯、準決勝


 きょう急遽許可却下じゃなくて、急遽、平原の優勝報告会をやるんだって。永倉支部長、仕事が早杉。あしたなら、意を決して行ってたのにぃ。しくしく。

 きょうは1日のどまんなかに歯医者の予約があるから、どう考えても行けないのだった。しくしく。

 というわけで、ネット投票。S級準決勝3個レースを。

 10R。2 8 691 5374で、関東両者は別行動とのこと。ふーん。よくわかりませんが。和歌山両者に服部、西村がつく中部ラインが強力ながら、森川剛がなんかしてくれると考えて、その番手の伊勢崎からふたたび。

 相手は中部の東口で、9-3本線、ウラ押さえ。

 11R。914 632 578。佐藤は北の3番手で3分線。森田が逃げて、三和と長塚が中団のとりあいになるんで、佐々木雄一が絶好でしょう。相手は捲ってくるふたりのどっちか。

 なので、3-259-2579くらい。

 12R。37 526 1948。これは地元番組だし、小沼のアタマでしょう。相手も藤竜と牧くらいで。139のボックス。

大宮FIスポニチ社杯、初日


 これが今年最後のFI開催なのだ。12月に2開催あると思って、高をくくってたら、2開催ともFIIだった。orz

 なので、きょうあしたとなんとかきりきり仕事をして、最終日は可能なら現地参戦したいのだった。

 というのはおいといて。

 8R予選。597 83 6 142。ならびはいつものようにオフィシャル。塩川が鳥生の番手ではなく、あえて松田の3番手を選択したのに注目。 つまり、松田の逃げが調子よさそうと踏んだんでしょう、きっと。

 こういうときは狙い目だと思ってるんで、塩川からいってみる。 相手は前の飯田と木村かな。中園の捲りがとどくのに期待して、7-369-23569。

 9R予選。遠征勢が地元と北に折りあって637 295 418。 伊藤が先行、森田と網谷の捲りで、地元の池田勇人が番手捲り炸裂。ここはこの本線で決まりでしょう。

 相手はむずかしいけど、北の両者あたり。3-279-12795。

 12R初日特選。573 96 81 42の細切れ。地元の藤竜からといいたいところだけど、秋から調子を上げてる牧がどうも気になる。もともと、なんでもやるタイプだし、きのうの平原の走りを見て燃えてるかもしれないんで、穴目でここから。

 うしろの服部竜二とワンツー。もうひとり、好調の伊勢崎も気になるんで、この3人のボックスで。128。

競輪祭後節は平原!


 当たるときは、見てなくても当たるね。(´・ω・`)

 しかも、展開までばっちり。第2候補なんで、押さえだったけど。

09112311.jpg

 まあ、ある意味、ドームでは当てやすい自力3人の決着なんで、リンク集にはいってるネット車券師さんのうち、予想をあげたおけらOK師、ほうきゅう3さん、星武さんも全員的中であります。これは初の快挙かも。

 でね、これってきっと、「こういう競輪ならおもしろいな」っていう展開になった結果だと思うんですよ。予選道中で、ふだんつまんないレースをする大ギヤの脳味噌なしとか、GPしか見ないアレ(茨城)とか、くだらない選手が消えた結果でしょう。

 勝つ選手がいい選手じゃないのが、競輪の悲しい性なんですが。ここがオートや競艇との、いちばんの違いなんだよなあ。だから滅んじゃう。

 ともあれ、フリーバーズとなった平原はいい仕事をして、強い。そーいうことで。

 また、海老根と坂本が勝ってもおかしくなかった展開というのが、すこし将来に期待がのこった感じだし。

 その2点において、いいレースでしたよ。って、あとでオンデマンドで見ただけなんですが。ヽ( ´-`)ノ

 ともあれ、平原おめでとー。この勝ち方を忘れるなよな。

【追記】
遅ればせながら、スピチャンで実況を聞きながら見てるんですが、きょうの実況は綿貫さんなんだ。あしたから大宮があるんだけど、夜の便でもどってきて、あした朝イチからなのかな?

ともあれ、ごくろうさんであります。

競輪祭後節、決勝


 わははは買ってしまった。禁輪が1週間しかもたないとは。まあ、あしたからは大宮なんで、復帰が1日早まっただけなんですが。

 道中はまったく見ておりません。ずっと浜松の秋スピ見てましたから。だから、あくまで勘だけで。

 11R決勝。中部4車が2段駆けで、北のふたりは海老根と平原にわかれ、坂本亮馬は単騎。5739 16 28 4。海老根は捲りにかまえると思うけど、平原が2段駆けを牽制して、永井に競りこむ展開はあり。

 それがなくても、どっちみち2段駆けは失敗で、前団はもつれるはず。慎平の切り替えとかね。そうなったら、坂本か海老根の捲りごろになるはずで、まず坂本から。相手は慎平で4-3本線。ウラも押さえ。

 次に、平原が競りのこった場合。これはうしろからつっこんでくる坂本、海老との自力型決着で、124ボックス。

 もうひとつ、平原が競り勝った場合、うしろの有坂がかわす8-1234-1234。

 以上、やや買い目が多いけど、そのへんでひとつ。 

『時かけ』トレーラー!

tokikake001.jpg
 マイミクさんからの情報。1カ月前に第一報を撃った、仲里依紗版『時をかける少女』の、トレーラーサイトができていた。こちら

 同サイト内で、トレーラー映像も絶賛公開中。こちら!

 やー、もう4回見ちゃいましたよ。(*´Д`)ハァハァ

 やっぱり里依紗はすごいな。 もともと、一般人とはオーラが違ってたけど、演技もすごい。この役は里依紗にしかできないですよ。 いやほんとに。っていうより、里依紗のためにつくった映画なんだと思うけど。

 原田知世版も、アニメ版も、もちろん傑作なんですけど、今回のはそれをもうひとつ超越した作品になりそうな気が。

 メインテーマ曲はユーミン版というか、原田知世さんが歌ったものと同じ。 で、この声はもしかして里依紗本人? それっぽい。(*´Д`)ハァハァ

 やー、これはやばいっす。もしかして、菅野美穂版『エコエコアザラク』以来の、ヒロイン見たさの鑑賞ツアーをやっちゃう?

【追記】
しかし、74年2月号とは。

わしにとって、非常に大きな意味のある1冊ではないか。

なぜかはっきりおぼえてるが、この74年2月号から、『SFマガジン』を定期購読しはじめたのであった。高校1年の12月。16歳のときか。

その前も3~4冊買ってたけど、筒井さんの「SF幼年期」か「あらえっさっさ」が読みたくて、つい出来心で毎月になってしまったのだった。

思えば、この年は10月にヤマトがはじまってるし、人生の大きな分岐点になったというか。なにもかも恥ずかしい。

絵に描いたような


 うろこ雲。

ksun.jpg

 しかし、みごとな巻積雲であります。上空に寒気がはいりこんでるらしい。あしたはわが家も炬燵を出すのだった。

競輪祭後節・初日


 初日は見る。車券はなし。

 なぜ見るかというと、初日前半戦のスタジオゲストが、伊東温泉の鈴木佳文さんだから。さとゆみさんと鈴木さんのトークはこれが初。

 ただ、横に鳥がいたりしたら、すぐ飯塚に行きますけど。

【追記】
やっぱり鳥がいた。

なので、栞さんの感動のゴールとインタビューだけで、飯塚にGO!

流星雨


 今年はしし座流星群が大出現する当たり年になってて、とくにゆうべが極大期だったそうで。極大の日は毎年同じだと思うけど。

 でも、あたしゃ流星雨はぜったいに見ないのだ。

 理由はこの映画。

triffid.jpg

『トリフィドの日』。封切り時の邦題は『人類SOS』。 ジョン・ウィンダムの代表作『トリフィド時代』をみごとに映像化した、60年代SF映画の最高傑作。

 ちなみに、2番めから5番めは東宝特撮が占めるから、『2001年宇宙の旅』は『ドッペルゲンガー』とならんで6・7位候補ですかね。 個人的には、そのくらい評価が高い作品で。

 で、ストーリーを知ってる人はすぐわかっちゃうわけですが、だから流星雨は見ないのでした。というだけのお話。

 つか、じつは天体ショーにはまったく興味がないのだ。好きなのは天体物理学だけで。

リフティングボディ


 また航空宇宙ネタ。Wired Visionで先日、こういう記事があった。「NASAの宇宙救命艇『X-38』、その運命」

 X-38はバート・ルータン師匠がひきいる「スケールド・コンポジッツ」(当時)が設計した、ISS用の緊急脱出機。開発自体の中止は2002年に決まってたけど、この試作機(たぶん2号機)が博物館送りになったことで、ISSの救難機構想も完全に終わった。

X-38-03.jpg

 万一、ISSの軌道が下がりすぎたりした場合とかに、クルーが脱出する手段がまったくないっていうのは、非常に問題だと思うんだけど。まあ、それは必要なリスクということなんでしょう。

 それにしても、リフティングボディ機は実用化しないね。構造に欠陥があるとかいう問題じゃなくて、どうも運が悪いような気がする。

X24B

 これは手持ちのコレクションから、X-24B。

伊勢崎オートの新アシスタント


 ふだん、あまり見ない伊勢崎のヒラ場を見ているのは、アシスタントが交代したと聞いたから。

 ソースは例によって、おなじみpara080さんの「ダメなものは駄目。酒でも飲んで忘れたい・・・。」で、「ミス☆カワカミさん登場。伊勢崎オート新アシスタント」というエントリー。いつもお世話になってます。

 でもって、新アシスタントは川上綾香さん。埼玉は騎西町出身の26歳。現在ふたつめの大学の4年生。ブログ「ミス☆カワカミさん的 地球のまわし方」はこちら。あとでリンク集に入れときます。

 プロフィールはこちらで、あれま、ライムライト所属ですよ。パーツ館ではさとうゆみさん、津田三七子さん、木村雅子さんにつづく登場。

 騎西在住というと、東武伊勢崎線で伊勢崎までかよってるんだ。でも、あの電車、大半が太田どまりなんだよな~。と、いらぬ心配。だって、久喜から直通がほとんどないんだもん。

 ということで、前任の西脇里佳さんは、たしか8月くらいに寿退職したはずだから、ほぼ3カ月ぶりのアシスタント復活というお話でした。

 ちなみに、伊勢崎の中継を見ないのは、群馬テレビの中継スタイルが嫌いだから。でも、ここ数回はあのくだらなすぎるクズ芸人路線をやめたようで、それなら中林さんの話には説得力があるから、見てもいいかも。

遠い地球


 ESAの水星探査機ロゼッタから送られてきた、地球の写真というのがあった。

terra0911.jpg

 AFPの「63.3万キロ離れた位置から撮影した地球」という記事より。

 地球の写真はこれまで、 月面や月の周回軌道上から撮ったものはあったものの、それより遠くからっていうのは、かなりめずらしいんじゃないかと思う。 つか、見たことないかも。

 記事では触れていないけど、ロゼッタはいま3度めのスイングバイのため、地球に接近しているようで、そこで撮影したものだと思う。正確じゃないですが。

 ESAのサイトには、動画もあった。これは動画っていうより、連続写真だと思うけど。

 もうちょっと昼の部分が多い……半地球くらいだと、デスクトップに飾っちゃうんだけどね。

反省


 先月につづいて反省しよう。

 はずれてても、2着ヌケ、3着ヌケなら、狙いははずしてないっていう「手ごたえ」がある。でも、789着ばっかり当てるようになったら、おしまいだよねえ。

 今回の防府はとくにひどかった。レースがぜんぜん理解できない。

 決勝をふくめて、インからするするっていうのが多杉。あんなのばっかりじゃ、とても当たんないよ。

 なので、しばらくG戦はやめることにした。年末のグランプリまで。もともと、競輪祭・後節は参加する気もなかったし。SSカップなんてのは存在すら認めてないし。

 例外は伊東温泉の記念だけ。ここは儲かるから、はずすわけにいかない。あとは適当に、FIだけ遊ぶということで。大宮だけで年内あと3開催あるし。

 というわけで、きょうは伊勢崎オート。(´・ω・`)

周防国府杯、決勝


 気がついたら、ここまで3日間の売上が42億くらい。まあ、きょうは特別協賛レースもあるから、25くらい行くかもしれないけど……

 などと、人の財布の心配をしている場合ではないのだ。

 12R決勝は中近王座決定戦(違)。渡部のうしろに関東両者がついて、望月は近畿のうしろ。146 295 378の3分線。

 慎平が山幸のうしろにつくのは、つまり山口兄弟に連覇させるっていう、強い意志のあらわれだろう。たぶん。たしかに、東京の山口兄弟にくらべれば、岐阜のほうが印象はいいが。

 でも、そーいう思惑に関係ない人がここにひとり。村上。いや、関係あるか。兄弟連覇なら、ウチのほうが先じゃと思っている……とは思えないけど、とにかく思惑関係なしなのはたしか。

 だから、とーぜんのごとく浅井をつぶしにいって、行けるだけ行く。そうなると、どう考えても市田のごっつぁんでいいでしょう。

 ただ、そのうしろにいる望月の末脚が異常で、差しちゃうほうに1票。8-7。いちおう、安いけどウラも押さえで。

 11R特別協賛はどうしよう。ベテラン若手の細切れラインをならべた格好で、そこに盟友の岡部と登志信くんがつく。当然、たたきあい、カマシあいになるから、最後は混戦をぬけだしてくるふたりで決まるんじゃないか。

 問題はどのふたりにするかだけどヽ( ´-`)ノ 混戦ぬけだしなら、小橋とオグ竜でいいっしょ。3=5。

周防国府杯、準決勝


 しかし、かすりもしない。でも、買わないと当たんないんだよねー。しくしく。
                           7
 まあ、粛々と。8R準決C。439 15 6 28で、柴崎の番手に梅澤が競りこみ。石山は単騎。

 富としてはもう1着条件なんで、死にものぐるいで行くしかないでしょ。柴崎の遅めの先行にイン切りとか。その想定で1-257-257。

 9R準決B。新田祐大に地元がついて、357 169 482の3分線。

 峠の先行に対して、新田がやりあうかどうか。だけど、いくら地元がついてるといっても、べつに義理はないわけで、捲り勝負だと思うんだよね。そうなると、中団をとれそうな市田で決まりでしょう。

 ただ、峠の出来がよさそうで、粘りこみはあるかも。なので、1-4本線ウラ押さえ。

 10R準決A。ここは超細切れ戦。43 81 72 6 59。

 ふつうに考えれば村上兄と慎平で決まりだけど、乗りかかった舟で、五十嵐と望月の折り返しを車単で少々買ってみましょう。たぶんドブステだと思うけど。

 買い目がすくないのは、とても当たる気がしないから。ヽ( ´-`)ノ

周防国府杯、2日め


 しかし、当たんない。このままだと、2カ月ノーホラなんていう悪夢もあるかも。まあ、本場とオートとtoto bigは当たってるんで、収支はそこそこなんだけど。

 2日め二次予選Bの6R。96 258 7314。 きょうはスピチャンの前夜版を見たので、そのならびで。江戸鷹相いかわらずうるさい。

 峠の逃げイチで、立石の捲りがとどくかどうかのレース。 だから、すんなり手島からかというと、違う。峠の3番手から捲る法月から。

 法月は最近、かなり調子がいい気がする。落車の影響もないようだし、このメンバーなら差しきれるでしょう。

 相手は手島と立石ライン。1-235-2345。

 10R二次予選A。536 817 924のきれいな3分線。 筒井が逃げるとしても、すんなり出させるときついから、地元を背負った渡部がなにかやってくるはず。カマシかたたきにいくかはわかんないけど。

 いずれにしても、五十嵐が捲りやすい展開になると見て、もう一回ここから。

 相手は中村のほか、渡部、桑原、山幸。9-1235-1235。

和解


 そうですか。AMDが和解案をのんだんだろうなあ。インプレスPCWatchの「IntelとAMDが和解。IntelはAMDに12億5千万ドルを支払い」という記事。

 戦いつづければ、勝訴はひきだせる反面、時間がかかる。クロスライセンスの問題もあったし、1000億円以上の和解金があれば、赤字もかなり解消できるし。そーいう大人の判断なんでしょう。

 でも、intelちゃんのやったことに対して、きっちり白黒つけてもらいたかったな。 と、ゼブラーマンは思ってるでしょう。きっと。 intelちゃんにとっては、1000億円もはした金だし。

 zakさんも書いてます。こちら

耗弱


 いつものFlightglobalのブログに、こんなん転がってました。「VIDEO: Japan TV profiles Shinshin stealth fighter」というエントリー。

 めずらしく、動画も。著作権がどうなってるのか、よくわかりませんが。



 まあ、今後20年の戦闘機のトレンドはステルスなんだろうから、文句はいわないけどね。 実際、これがF-3になる可能性はかなり高いと思うし。

 実戦配備は……2020年ごろか。 そのころには、これも陳腐化しているというのは、ともかくとして。

 名前だけはひきつがないでいただきたい。心神耗弱ってなんだよ~。ばか。昔からいってるけどさ。

周防国府杯、初日


 防府は相性もいいし、毎年まじめに参加してるんで、今年もと思ってたら、いきなりスピチャンの前夜版を見逃してしまった。やっぱり熱がはいってないっす。

 なので、ならびは妄想で、考えるのがめんどくさいから、初日は2個レースだけ。

 9R特選。たぶん、渡部に九州勢がついて、693 528 174と、きれいな3面チャンが3つ(違)。で、岩本が逃げ、柴崎と渡部が捲りでしょう。

 このふたりのどっちが先手をとるかっていうと、近況から柴崎なんで、その番手の市田が絶好。ここをアタマに。

 ただ、あとがむずかしい。岩本も、逃げきりまではないにしても、かなり粘りそうだから、番手の中村にもチャンスがあるんじゃないか。合志と東口は3着まで。

 2-159-15789。

 10R特選。159 48 37 62くらい。富は初手、先行条件で鈴木謙太郎の3番手にいくかもしれない。だれも先行したくない感じではあるけど、その謙太郎が行くんじゃないかと思う。浅井が3車だから行く可能性もあり。

 という感じで、同期でやりあうんじゃないか。そこを五十嵐がひと捲り。 最近の五十嵐は、初日無敵状態だから、安いけど3-7本線、ウラ押さえということで。

2012


 某SNSで聞いた話。

 最近は1999年につづく終末ネタで、2012年がはやってるが、そういうばか話を信じて、国立天文台に問いあわせちゃうという猛者もいるらしい。

 でもって、国立天文台がそれにまじめに答えてるのが偉い。こちら「質問9-6)「フォトンベルト」や「反地球(対地球)」ってあるんですか?」という答え。

 私だったら、ぜったい「ばかたれ」のひと言でかたづけるけど、国家機関だし、そうもいかないんでしょうねえ。

 もっとも、国家の陰謀を国家機関が知らせるはずがないとか、考えるのもいるんだろうな。

 で、すこし感動したのが、上記の答えの最後に付記した言葉。

皆さんも、見聞きしたことをそのまま鵜呑みにしてしまうのではなく、言われていることが妥当なのかどうかを検討してみたり、いろいろな意見を比べてみたりして、納得できる説明になっているかどうかを、自分自身でしっかり考えてみる習慣をつけるようにしてください。

 いいなあ。さすがに偉いぞ国立天文台! というお話。

 それにしても、反地球って、すごくなつかしいっす。(*´Д`)ハァハァ

 とくに、21世紀プロの「Doppelganger」。邦題はなんだっけ? 『SOS宇宙船』? 『謎の円盤UFO』のスタッフとキャストでつくったパイロット版のパイロット版。あれまた見てみたいぞっと。

【追記】
見つけた。『決死圏SOS宇宙船』だ。こちらによると、来年DVDが出るらしい。チェックしておかないと。

それにしても、『センチネル』も出るのか。これはアメリカの海賊版ヴィデオでしか、見たことないんだよな~。ホラーはもうどうでもいいんだけど、これは見たいかも。

三山王冠、決勝


 決勝くらい、買いませう。心はすでに防府なんですが。

 11R決勝。ならびはオフィシャルからで、138 625 947ときれいな3分線。

 と、いいたいところだけど、地元は全員が自力型。しかも、木暮は捲り屋。それを先頭に立てるというのが、作戦的にどうなのか?

 ちゃんとカマすよう、因果をふくめてあるとしても、それでも行かないのが木暮じゃないかと思うんだけど。だったら381のほうが、勝機があるんじゃないかね。

 ふつうに竹山が先行した場合は……小嶋がなんかやりそうで、 北の2段ロケットは不発でしょう。そうなると、たしかに地元の捲りごろになるけど。

 木暮はイマイチ信用できないけど、これで行ってみようか。

 でもって、木暮が先輩の顔をたてて早捲りに出て、いい人・矢口が天国の手島さんに捧げる感動のVというシナリオに1票。相手はきのう誕生日だったから、はりきるだろうっていう理由だけで小嶋。3-9。3-9-8を厚めに。ウラもいちおう押さえ。

弦代公園、沼井公園


 きのう、競輪には目もくれず、なにをしていたかというと、ウォーキング。まあ、だいたい週末は各週か2週に1回の割合で近所を歩いてるわけですが。

 今回行ったのは、鷲宮町東部にある沼というか、正式名はいちおう調整池。大小ふたつあって、どちらも公園に整備されており、 大きいほうが弦代公園、ちいさいほうが沼井公園という。地図でいうとこのあたり

 こっち方面に行くのは4年ぶりくらい。 家から近すぎて(15分以内)ウォーキングの対象になりにくいのと、ここに行く道が栗橋方面への間道になっていて、細いのに交通量が多いから。

washi01.jpg

 こーいう田舎道を通っていくわけですが。なぜかコスモスが絶賛満開中。コスモスフェスタにあわせて咲かせたと思ったら、3週前よりいまのほうが見ごろ。ちなみに、向こうに見える高架は東北新幹線。のどかじゃ。(´Д`)

washi02.jpg

 はい。弦代公園。沼を中心にそれなりに整備されていて、周囲は1周1100mのジョギングコースにもなっている。

washi03.jpg

 まあ沼ですが。また、近所では知られた釣りの名所?らしく、向こう岸には、フィッシングデッキというものが4つ設置されている。

washi04.jpg

 桟橋みたいだけど、ボートはなし。釣れるのはおもにブラックバスやブルーギルくらい。ギンブナやモツゴもいるらしい。

washi05.jpg

 こーいうデッキですね。あと、沼には魚だけでなく、カッパもいる。それも、かなり凶暴なやつらしい。

washi06.jpg

 なんかリアルなんだよな~。この看板はこっちと沼井とに、あわせて10カ所くらい掲げてあるから、群れで棲んでるのかも。危険な匂いがぷんぷんします。

washi07.jpg

 次。沼井公園。こっちは1周600mのコース。だから、両方を3周ずつしても、5.5kmにしかならないのですよ。

washi08.jpg

 沼井公園のウリはサンクチュアリ。釣りなどは全面禁止で、魚はすべて鳥のエサになる。中州がふたつあって、大きいほうにはサギ……コサギかな、それとカワウがたくさんいた。

washi09.jpg

 ちいさい中州の近くには、こういうバードウォッチング用のデッキがあり。といっても、このあたりにはカメの集団が生息していて、ふだんは鳥も恐がって近づかないんだけど。

 でも、この日はべつ。冬が近づくと、やつらの群れが……

washi10.jpg

 カモカモ・エブリバディ状態。色あざやかなほうがマガモ、褐色のほうがカルガモ。ほかに小数ながら、オジロガモもいるけど、これが傍若無人状態で。

 まあ、春夏でもかなりの数が留鳥になって住みついてるけど、この季節は鴨だらけ。おかげで、カメも恐がって出てこない。早めに冬眠しちゃったのかも。

 水鳥のほか、モズやホオジロ、ツグミ、ヒヨドリなんかもいるけど、この季節はカモ。もう鍋にしたいくらいカモ。

 というコースを歩いて2時間で12kmほど。やっぱり、ちょっと単調なコースではあります。

飽きた?


 結局、三山王冠は出走表を見もしなかった。

 もしかして、競輪に飽きた? それはありえる。ここんとこ、FIしか触ってないし。

無念


 JEF千葉、無念。 あそこで勝ちこされるのが、今年を象徴していたかも。

 リッティがいたころは好きなチームのひとつだったけどねえ。 今年は完全移籍の深井、レンタル移籍の中後がそろって、駒大=鹿島コンビが復活しただけに、残念でありました。

 しかし、あそこで勝ちこされるかあ。ほんとうに無念じゃ。たたきつぶす絶好のチャンスだったのに。と、かつてはAMDがフロンターレのスポンサーだったことを、忘れたかのような発言。(´・ω・`)

三山王冠、初日


 4年に1度の三山王冠だから、全面参戦と思ってたんだけど、なんだろうねえ、この番組。なんというか、購入意欲が起こらない。実際、実力差がありすぎるんで、7Rまで、ほとんどかたいところで決まってるし。

 4年前は亡き手島慶介が完全優勝して、かなり盛りあがったんだけど。

 う~ん。回避かなあ。とりあえず、きょうは見学。

 それにしても、江戸鷹さえずりすぎ。うるさい。

いいニュース(オート)


 飯塚が誇るトータルコーディネート、25期3ば*トリオのひとり、SGがなかなかとれない好漢・東小野正道選手のブログで、いいニュースがひとつ。「進展するかな?」というエントリー。

 2004年?の導入以来、諸悪の根源と呼ばれつづけたタイヤの見直しが、やっと決まったらしい。 もちろん、まだ公式発表はないものの、先の伊勢崎選手権のとき、選手会長の内田利彦選手から、参加した全選手に報告があったとのこと。

 くわしくは専門家の東小野選手のブログをどうぞ。

 もちろん、タイヤだけで死亡事故がなくなるとは思わないけど、とにかくできることをやってみるわけで、内田慶選手が殉職して1年以上たつのに、なにも対策を講じないどこかとは大違いね。

 あとは、スージーQも触れているとおり、エンジンでしょうねえ。客はかならずしも超高速レースは期待していないと思うんで、そのへんもふくめて。

高知FI龍馬杯、初日


 たまには競輪の予想も。(´・ω・`)

 青森とどっちにしようか迷ったけど、久しぶりに高知に手を出す。それも、12R初日特選。

 ならびは妄想だけど、83 24は決まりで、坂本亮馬にマエタクかな? 南関ふたりは関東追走で、のこった内藤はマエタクのうしろあたりから自在?

 とすると、8396 24 175くらい。

 藤竜の先行に、坂本の捲り。 地元の佐々木ノリがどの程度もどってるかだけど、ここは切りでしかたないっしょ。 そうなると、藤竜が粘って、メグが仕事をして、マエタクが差す。というところでいってみる。

 3-7本線、ウラ押さえ。

 そういや、10月のネット投票はノーホラだったんだよね。今月捲土重来。

FC2Ad