東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の自作まとめ


「鼎辰」の制作記。あとで読みかえしやすいように、最初からまとめておきましょ。

◆準備段階
久しぶりに虫が
PC自作虫2
PC自作虫3
PC自作虫4、本命登場
PC自作虫5、ハコがきた
PC自作虫6、パーツ到着ちう
PC自作虫7、パーツがそろった

◆制作過程~フィニッシュ

新PC始動
久々のスクラッチ1
スクラッチ2
ベンチマークなど
命名
ちなみに、サウンドドライバー

◆その後いろいろ
消去ちう
56k
鼎辰完成

 なんだか、すごく久しぶりに「パーツ館」っぽいエントリーがならんだのであった。
スポンサーサイト

ちなみに、サウンドドライバー

関連エントリー
久々のスクラッチ1

 忘れるところだったけど、

> たかだかドライバーの不具合くらいで文句をたれる坊主は、ばかまるだし

 っていう話ね。

 たしかに、今回使ったASUS製マザボ「M4A785TD-M EVO」に同梱された、VIAのサウンド・ドライバーは壊れている。初期ロッドだけかもしれないけど。

 もし、デバイスマネージャでVIAのサウンドドライバーに不具合が出ている場合は、
こちらから最新のドライバをDLして適用すると、問題が解決するかも。

 もちろん、すべて自己責任で。

 上記リンクはドイツ語だけど、インスコは日本語でできるし、私の環境では正常動作している。ちなみに、私がDLしたバージョンは「ATI HDMI Audio Device R2.29」で、ファイル名は「HDMI_R229.exe」。

 あくまで、参考までに。

命名

前のエントリー
久々のスクラッチ1
スクラッチ2
ベンチマークなど

 さてラスト。この新マシンにも名前をつけなければならない。 いや、必須じゃないんですけど、いちおう自分の自作マシンでは、マイコンピュータのプロパティで名前を表示するようにしているんで。

 過去のメインマシンの名称は以下のとおり。

初号機
轟天
轟天改
閃電
轟雷(I~III)
轟雷改(I~II)
震電

「改」の字はCPU換装の場合に使用、ローマ数字は大幅なパーツの組み替えで変更というのがセルフルール。私のPC工房はflimmer Blitz Werkstatt というので、それっぽい名称にしてきたわけで、今回もこの延長線上で考えていたのが、このへん。

燦天、晨天、哮天、閃天
閃光、閃雷、天雷、迅雷

 そろそろflimmer Blitz「ひらめく稲妻」そのものの「閃光」なんかいいかなと思っていたんだけど、いざパーツがとどきはじめると、CPUのパッケージが目につくようになってきた。

 すなわち、ボックス版「Phenom II X3 705e」の、とくにX3という部分。

X3.jpg

 これですね。思えば、3コアというのは、これが最初で最後かもしれないのですよ。半端ではあるから。だったら、これを明記したほうがいい。ってんで、急遽「鼎」の字をふくめることに決定。

 そこから、いろいろとひねくりまわした結果、語感から「テイキ」と読むのがいいんじゃないかと思い、選んだのが「鼎騎」「鼎輝」「鼎貴」の3点。理由は、前から1.ケースが「テムジン」だから騎馬、2.閃電工房にちなんで、3.3コアは貴重だから。

 ところが、いざ組んでみた段階で、また印象が一変。すげー静粛性が高いというか、はっきりいって無音なのね。ケースの前後、パワープラントに12cmファンが合計3基、ほかにCPUクーラーもあるのに、回転音はまったくなし。

 そこで、これは「しずか」をあらわす字を入れないとってことになって、いったんは「鼎謐」に決定。これでセッティングをはじめた。

 ところが、TEIHIZっていうのは、意外にいいにくい。読みづらい。それに、3日もすると飽きてきてしまった。ヽ( ´-`)ノ

 それよりは、上記写真のPhenomのエンブレム、彗星にちなんだなんかにしたらどうか……などと考えているうち、ひらめいたのが3連星。(´・ω・`)

 そーだ。3連星にしよう。でも、黒いのはいやなんで、オリオンの3つ星、トライスターのほうに。中国語では「参」ですね。

 でも、たんに「鼎星」ではつまらない。TEISEIって、Phenomっぽくないし。意味不明だけど。

 なので、さらにもうひとひねりして、決定したのが「鼎辰」。「辰」には星の意味があるし、これなら震電の後継っぽいじゃん。ドイツ語表記も Dreistern とわかりやすいし。トライシュテルン。いかにもではありませんか。

 さっそく、oemlogo.bmpとoeminfo.iniをつくって、XPのsystem32フォルダにつっこんだ。

 さて、これでマイコンピュータのプロパティを開くと、

3sin00.jpg

 これこのとおり、ロゴと名前が表示されるようになって、これでやっと新マシンの完成であります。命名、鼎辰。あるいはトライシュテルン。

おしまい

ベンチマークなど

前のエントリー
久々のスクラッチ1
スクラッチ2

 組立があっけなく終了したのにつづいて、OS、アプリ、ユーティリティの導入もとくにトラブルもなく終了。やっぱりあっけない。

 つまずいたのは2点だけ。まず、OSのアクティベーションはなぜかMSの専用サイトにアクセスできず、電話でやるはめになった。理由はいまだにわかんないけど、アクティベーション自体はすんなりすんだので、よしとする。

 そーいえば、2014年のサポート終了後は、XPのアクティベーションはどうなるんだろう?

 2点め。途中でDDR3メモリがシングルチャンネル動作しているのに気づいた。これはメモリを挿すスロットが二択で、ハズレだっただけなので、すぐ挿しかえて解決。

 以上、ひととおり導入とチューニングが終わったところで、いつものチェックを。まず、CPU-Z。

CPU-Z.jpg

 まあ、どうということもなく。つづいてHDBench。

HDB3s.jpg

 ほんまかいな。allが13万9000ですと。震電の約3倍、Athlon64 3500+搭載のベアボーンの約2.5倍ですよ。なんというか、2.5GHzトリプルコアの威力ね。

 そういえば、Super πの104万ケタは26秒だし、CPUやメモリ関連の処理速度はたしかにひと世代違う感じであります。ただ、このレベルになると、体感できないのが残念ですが。

 そうそう、ふだん使いのgrepソフトをためしたところ、処理が速すぎてプロセスを表示しなくなっちゃって。体感っていうと、そのくらいかな。

 気になる温度も、

3sin01.jpg

 室温30゚cでこれだから、目標どおりでしょう。

 反対に、目玉のひとつである785Gチップセットだけど、ビデオ機能は当然ながら非力。久しぶりに走らせたFF Benchのハイレゾが2572、ローレゾでも4702と大惨敗。3D Mark06は計測不能だし。

 まあ、ゲームをやるわけじゃないんで、これでもいいんだけど、ミドルレンジのビデオカードを導入しようかどうか考慮中。理由。悔しいから。ヽ( ´-`)ノ やっぱりハイレゾ8000はほしいもんなあ。

 ちなみに、旧マシン震電と新マシンのHDBench比較は次のとおり。グラフィックが足をひっぱっております。

 ★ ★ ★  HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
●震電
   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
 49888    92497  112708    46982   65771    82706          59

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write   RRead  RWrite  Drive
    83000  71400   15640     360   55986   60093   19441   27645  C:\100MB

●新PC
   ALL  Integer   Float  MemoryR MemoryW MemoryRW  DirectDraw
139033   285545  513518   408268  316569   579788          29

Rectangle   Text Ellipse  BitBlt    Read   Write   RRead  RWrite  Drive
    47766  16947    5700     150   90941   90941   33257   34478  C:\100MB

(つづく)
 

スクラッチ2

前のエントリー
久々のスクラッチ1

 スクラッチというのはプラモ業界の用語で、パーツを自作すること。正確にはスクラッチビルド。意外と知られていないようで。

 さてそれで、組立はものすごくかんたん。昔は1番ピンを確認してとか、ジャンパを設定してとか、複雑怪奇だったとりつけも、いまじゃコネクタをただ挿すだけ。

 だいたい、コア欠けの危険をおかしてCPUファンをセットして、なんてこともなく、ただレバーをひっぱるだけで終わりだもんね。隔世であります。

 なので、写真を撮るまでもなく組みおわり。ほんとに忘れちゃったよ。(^^;

3sin0003.jpg

 MicroATXの場合、パワーサプライと5インチベイの光学ドライブが干渉することも多いんだけど、この組みあわせではかなり余裕があった。あとはケーブル類を整理して、蓋しておしまい。

 それで、前回プラ板からつくったパーツは、ここに使う。

3sin004.jpg

 前に書いたとおり、USBコネクター類がいちばん下面についてるのが、唯一の不満だったので、これをとっぱらっちゃって、3.5inchベイに内蔵ハブをつっこんだわけであります。ということで、ケース付属のコネクターはむしりとって廃棄。

3sin0004.jpg

 それで、ハブとプラ板を銀色に塗って、こういう感じでセットするというのが、当初からの設計で。プラ板はステンシルを貼って、エンブレム・パネルという位置づけ。

 微妙に色調が違うのが、じつは自慢だったりして。ゴールデンエイジの名機F-104やEEライトニング、ミラージュIIICのジュラルミン肌を再現したものなのです。だれもわかんないこだわりですが。

 とくに、プラ板のパネルは、どこにも0.2mmの隙間もないという自画自賛の出来で、これはとーこちゃんも「むだにすごい」と驚いておりました。

 さて、組みおわったら、電源投入。

 これまでつくった10数機では、システムパネルの挿し間違いとか、C-MOSクリアが必要とか、理由はいろいろながら、すくなくとも一度は正常に動作しなかったものだけど、今回は一発でBIOSが起動しちゃった。これもある意味で意外。やっぱり隔世なんでしょう。

3sin006.jpg

 以上、作業は3時間でおしまい。うち1時間はスクラッチだから、きっと正味は1時間半くらい。

 こうして、新PCはあまりにもあっけなく動きだしたのであった。

(つづく)

久々のスクラッチ1

関連エントリー
久しぶりに虫が
PC自作虫2
PC自作虫3
PC自作虫4、本命登場
PC自作虫5、ハコがきた
PC自作虫6、パーツ到着ちう
PC自作虫7、パーツがそろった

新PC始動

 そういうわけで、自作は2年8カ月ぶり。ただ、このときはベアボーンなので、フルに組むのはなんと5年5カ月ぶりでありました。んが、非常にスムースに組みあがりましたよ。

 そうね。10年前くらいとくらべると、信じられないくらいかんたんになっていて、たかだかドライバーの不具合くらいで文句をたれる坊主は、ばかまるだしであります。だれのことか知らないけど。(・∀・)

【追記】このドライバーについてはこちらで紹介。

 これはマザボの話ですがヽ( ´-`)ノ 今回いちばんよかったのは、やっぱりケースかも。

hako01.jpg

 フロントはアルミの削りだし風、側はカルヴァーニ鍍金のスチールで、頑丈かつ重厚な印象ながら、自重わずかに5.5kg。単体で買ったケースはこれが6基めくらいだけど、ベストなケースでありました。とりまわしもいいし。

3sin0001.jpg

 とりあえず、全バラ。マザボのトレイもとりはずしたこの状態で組める。

3sin0002.jpg

 組むうえで必要はないけど、フロントのベゼル部もとりはずしてみた。前面ファンにはこういう静電気防止スポンジネットがはってあるけど、これは交換が面倒そう。最初の交換のときに、ファンの内側にはりかえるようにしたほうがいいでしょう。

 でもって、全バラにした状態で、いきなり内蔵USBハブに塗装をはじめたり、

3sin002.jpg

 1.2mmのプラ板を切って、成型しはじめたり、

3sin001.jpg

 また色を塗ったり。

3sin003.jpg

 ここは丁寧に銀色塗装。

 なにやってるかわかんないけど、これはこのケースを選んだときからの計画なのですよ。

(つづく)

新PC始動


 組立スタートからFirefoxを入れてここにもどってくるまで、ほぼ24時間かかった。まあまあの速度でしょうか。

 これからアプリやユーティリティをどんどん食わせて、完全復活まで2日くらいかな。

高松玉藻杯、決勝


 仕事最優先で、ぜんぜん見てなかったけど、ほかにレースもないので、決勝だけ少々手を出す。

 といっても、ダイジェストも見なかったしなあ。

 11R決勝。たぶん、村上の逃げで不動會を継ぐ者が捲りきり。山幸が差して1=2
-全でも。いいかげんだけどいいや。

 さて、これからPC組むのだ。

終わったよ~


 今月の締切はきつかった。まる4日遅れで、やっと終わった。ぜいぜい。

 ダールトン、大っ嫌いだ。いまにはじまったこっちゃないけど。

 クナイフェルより嫌いかも。こいつはまた救いがないだけずんどこだが。

PC自作虫7、パーツがそろった

関連エントリー
久しぶりに虫が
PC自作虫2
PC自作虫3
PC自作虫4、本命登場
PC自作虫5、ハコがきた
PC自作虫6、パーツ到着ちう

 おととい、最後の新規購入パーツがとどいて、あとは組むのを待つばかり。

mem03.jpg

 光学ドライブはなんで難航したかっていうと、銀色ベゼルの安いのがなかなか見つからなかったから。パイオニアのがよかったんだけど、70k近くしたんだよね。

 最近はDVDの編集とかもしないから、極端な話、CDとDVDのROMと-Rさえあればいいって感じで、それで70kは高い。ということで、結局LDの安バルクで妥協。

 驚いたことに、今回買ったパーツでバルク品はこれだけ。すこしリッチであります。

 そのかわり、メモリは奮発して、CorsairのTWIN3X2048-1333C9を所望。今回のこだわりのひとつ、DDR3 PC3-10666動作で、1GBの2枚組。XPマシンなので、4GB積んでも意味ないし。

 昔はCorsairなんて手が出なかったけど、なんとこれで60kしないんで、3秒の熟考で購入決定。すげー、バルクじゃないメモリを買ったのは、14年ぶりでありますよ。あのときはたしか、メルコの……16MBかな。隔世。

 これ以外の、HDDとパワープラントなどは手持ちの未開封のやつを使用。VGAは当初、オンボードで行く。

 さて、それで、いつ組みたてられるか。とりあえず、今月の締切をまだクリアしてないんで、それが終わって、ガンダム見にいって、それからだな。25日くらい。本格稼動は10月中旬くらいになる模様。

平塚ナイターFI買い目


 時間がないんで、買い目だけ。

 11R選抜。上昇気味の前田新から。9-2本線。9-3押さえ。

 なぜ時間がないかというと、きょうが締切日だから。(TnT)

 締切をクリアできなくて、また4日ほどかかるから。ひぃーん。

 夏休みとかいう言葉は死語だな。しくしく。もう20年くらい、経験してないぞっと。

弥彦FI決勝


 明田のやつ、絶好なのになぜ篠田にまでぬかれるか。調子よかったはずじゃないのか。もしかして、名前が悪いのか? もとのトドにもどそうか?

 S級決勝12R。124 57 8 396で小野大介が単騎。

 藤原は藤田のうしろかと思ってたら、埼京が3人そろったのをいいことに、三宅達に乗りかえちゃった。そこまでして勝ちたいか。勝ちたいよねえ。藤原の場合、じいちゃんばあちゃんも近所の人も、みんな見てるから。

 で、まあ小野がカマシたりする可能性もあって不気味だけど、順当に三宅と藤原で決まりでしょう。

 などといっていると、3番手がつきぬけるんですよ。丸山啓一。4-12。3連単だと安いんで、きょうは2車単。

 それから、藤田はそれほど調子落ちしてないと思うんで、123の3車ボックスを押さえ。

穴見和正、1000勝達成!


 ぎゃっ! 川口はきょうからだと思ってた。見逃してしまったよー。(TnT)

 para080さん「祝、穴見和正(山陽)1000勝達成」
 こーじさん「穴見和正1000勝!」

 先におふたりが書いているとおり、きのうの川口7Rで、ミスターインコースの異名を持つ山陽のヴェテラン、穴見和正選手が、35年めにしてついに通算1000勝を達成した。

 レースのオンデマンド映像はこちら

 オフィシャルの記事はこちら

 もうすでに上記おふたりが書かれているんで、くわしいことはそちらで。

 いやー、998勝まではわりとスムーズだったんだけど、そこからが産みの苦しみで。前回の伊勢崎ムーンライトで4カ月ぶりくらいに勝利して999勝になったものの、この開催では達成ならず。だからこそ、今回の川口を注目してたのに……1日間違えるとは。しくしく。

 オートのヴェテランには、個性的な走りをする人が多い。 なかでも、インしか走らない穴見は、雨でしか走らない釜本憲司(川口)とならんで、すごく好きな選手だったりするのです。

 しかし、堂前くんもいってるとおり、SGの優勝なしで1000勝というのは、本当に職人技でこつこつと築きあげた数字。大記録ですよ。もちろん、1000勝はそれだけで大記録なんだけど、真の大記録。

 穴見選手、おめでとうございます。これからもインベタ+花火を見せてくださいまし。

弥彦FI2日め


 きのう、負けすぎたので、軽く10R準決勝だけ。北津留が落車するとは。しくしく。それは松戸。弥彦は選ぶレースを間違えた。しくしく。

 10R。638 259 417の3分線。ならびはいつもどおり、オフィシャルのこちら。萩原操、よく見たら108点も持ってるんだ。これは3着くらいには入れないと。

 それで、先行は小野かな。地元の鈴木っていうのは、捲り一本らしいので。復調気味の三宅達に人気がかぶるはずだから、小野の番手絶好の明田から行ってみよう。

 地元ラインはいらないとして、2着は三宅達、篠田。3着は手びろく。1-27-234
579。

弥彦FI初日


 予想じゃないんだけど。

 放送開始からぴっくり。スピスタに太田真一がきてる!

 聞けば、弟子の山田義彦の復帰戦だから、心配してきたとのこと。

 じーん。これだから太田真一は好きなんだよ。まあ、本人が全選抜の落車でリハビリ中ということもあるそうですが。

 わしも朝イチから待機してたのは、山田の復帰戦(1R)を見るためで。

 現在、なんと1番人気ですよ。オール3ケタ配当だったら、応援車券を買おうと思ってたんだけど。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
予想じゃないけど、いちおう買い目だけ。12R初日特選。藤田竜矢の逃げきり。うしろは藤原がかわし。4-9本線。4-1もひととおり。

PC自作虫6、パーツ到着ちう

関連エントリー
久しぶりに虫が
PC自作虫2
PC自作虫3
PC自作虫4、本命登場
PC自作虫5、ハコがきた

 先週、新規注文のパーツ第1弾が到着。

evo.jpg
CPU:AMD「Phenom II X3 705e」
マザボ:ASUS「M4A785TD-M EVO」
クーラー:サイズ「BIG Shuriken SCBSK-1000」

 705eは3コアというハンパな数ながら、TDP65Wの省電力版なので選択。といっても、のこる1コアは潰してるだけで、通電はするらしく、待機中の消費電力は905eと変わらないとか。それでも、通常使用で150Wph行かないから、順当な選択でしょう。

 もう年なんで、速さより安定性や省電力性能、静粛性をもとめるのですよ。

 マザボは上記4で書いたとおり。ASRockのM3A785GMH/128Mとの競争になったが、価格差が100円以下では、慣れたASUSにするしかないでしょう。ASUSの板はこれで7枚めくらいかな。

 クーラーは当初は予備にまわす予定。Phenom IIがボックスなんで、まずリテールクーラーを試すが、MicroATXではなにかと干渉する可能性もあるから、念のため用意したもの。どーせクーラーは2年くらいで交換しないとならないし。

 さて、あと新規で注文してあるのは、メモリと光学ドライブだけ。この光学ドライブが、選定までいちばん難航したりして。

吉井秀仁杯、準決勝


 ナイター開催だけど、早めに。

 S級準決勝10R。ならびはたぶん174 925 638。根拠はないけど。吉井師の弟子・武井大介を勝たせるレースで、結果もそうなるでしょう。松坂洋平がきっぷよく逃げて、捲りがとどくとすると稲川。

 アタマは武井で2-157-13579。

 同11R。このならびもいいかげんで、175 296 438の3分線。

 北津留が古屋とやりあうかどうかというと、うしろが四国組だから、無理はしないで捲り。そうなると、小橋でいいでしょう。久しぶりに小橋アタマで。

 相手は北津留で、インぬき小僧は3着まで。佐藤真は買うとこないんで、これも3着まで。7-12-12359。

 以上。きても安いな。

『光瀬龍 SF作家の曳航』


 つい先日知って、速攻で買って、まだぜんぶは読んでないんだけど。

eikou.jpg
『光瀬龍 SF作家の曳航』ラピュータ刊 大橋博之責任編集 2400円

 光瀬さんの没後10年メモリアルということで、命日の7月7日に刊行されたそうだ。ぬかった。知ってれば予約したものを。さいわい、初版が手にはいったからよかったものの。

 いやもうこの本はすごいっす。第一。アマチュア時代の習作をふくめ、書籍未収録短編が復刻されている。第二。キャナルの主要刊行物をはじめ、膨大な資料を丹念に集めて、年代順に編纂している。第三。私の知らない情報もはいってる。

 1はまあおくとして、2はすごいのひと言だ。光瀬さんが『キャナリアン』(東キャナル市民の会の正会報)に寄稿したエッセイとか、『東キャナル年鑑』(同正会誌)の文章とか、このへんまで網羅しているとは思わなかった。もしかして、会員だったとか?そうじゃないのは、なかを読めばわかりますけど。(^^ゞ

 3はまあ、私の知らないこともいっぱいあるから、そう不思議でもないけど、奥さんは高校教師時代の教え子だとばっかり思ってた。考えてみれば、年齢が微妙にあわないよね。(^^;

 欲をいえば、とりあげてもいいのにと思った情報がはいってないのも、かなりある。たとえば、三好京三さんのことは避けてとおれない話だと思うし(ぜんぶ読んだわけじゃないんで、書いてあるかもしれないけど)、今日泊さんの名前もない。

 口絵の「レーシングカー」の写真は、もしかすると今日泊さんの家じゃないかと思うんだよね。 このキットが今日泊さんの家にあったのは、実際に見てるし。

 飛行機……とくに二式大艇の話もないし、プラモデルも。

 このへん、エッセイにはなかったとしても、解題のなかで紹介できれば、もっとよかったはずですが。

 とはいえ、とくに若い時代の光瀬さん像というのは、これまでキャナルの人間くらいしか知らなかったわけで、それをここまで掘りおこした大橋博之さんはおみごとです。とくに編集は、編集者がうらやましがる仕事でした。

 こういう本をつくってくれたことに感謝したいですよ。ラピュータの松永さんにも感謝。

 ひとつ、くやしいのは、これを編集したのがキャナルの人間じゃないってこと(笑)。

 そういや、3年くらい前、永瀬先生に「光瀬さんの評伝を編集するのは、よがちゃんしかいないだろう」と、いわれたのを思いだしたぞ。いましたよここに。大橋さんが。

 どういう人なのか、すごく興味がありますが、そのうちお会いすることもあるでしょう。早ければ来年のTOKONあたりで。

#それにしても、光瀬さんが亡くなって、もう10年たったんだ。 光陰矢のごとしであり
  ます。

#そういや、この本の存在を教えてくれたのは「リーミン」さんなんだよな。これも因縁
  っぽいかも。

#そうか。なぜこれほど興奮するのかと思ったら、この本には、わしの20代前半の歴
  史もつまってるんだ。『キャナリアン』をまた読む日がくるとは思わなかったもんな。
  やっぱり同人誌はつくっとくもんです。はい。

吉井秀仁杯、初日


 松戸では記念の燦々カップに次ぐ準記念のあつかいになった吉井秀仁杯も、もう8回め。千葉が滝澤杯なんだから、燦々なんていいかげんな名前はやめて、吉井杯を記念の冠にしちゃえばいいのに。

 そういや、いまはもう準記念って言葉も死語なのね。まあどうでもいいけど。

 ということで、4日制FIの初日は11R特選なんぞをちょいと。 ならびはわかんないけど、地元、西遠征勢、三重両者に伊藤がついて、438 179 265の3分線くらいでしょう。

 ここは実質、岩本の逃げイチで、333だからペース先行になれば、逃げ切りまである展開。でも、レースのうまい湊が、うまいこと捲りきるほうに1票。相手は岩本をかわす成清で、1-3本線、1-4も押さえ。

 とりあえず、そういうことで。あたり前すぎ?

PC自作虫5、ハコがきた

関連エントリー
久しぶりに虫が
PC自作虫2
PC自作虫3
PC自作虫4、本命登場

 先週なんですけどね。がまんできなくなって、ハコを買っちゃった。(´・ω・`)

hako01.jpg

 SILVERSTONEのTEMJINシリーズ、SST-TJ08S。電源なしで送料コミの値段が10kちょっとだから、そこそこのケース。ただ、想像していたよりはやや大きめか。

 うちには、支援用のmicroATX機「鷙悍」があるんで、それとくらべてみたところ、

hako02.jpg

 高さ、幅は鷙悍のほうがややコンパクト。奥行だけはTEMJINのほうが短い。といっても、全体のイメージはやっぱり後者がひとまわり大きい感じ。

 それで、肝心の重さだけど、これは軽いですよ。さすがにアルミですから。鷙悍はスチールなんで、全備重量で15kgはありそう。それに対して、TEMJINは10kgいかないでしょう。

 これはけっこういい筐体かも。もちろん、組んでみないとなんともいえませんが。

富山は回避


 なんというか……33だってことを忘れてた。orz

 ショックのあまり、KEIRIN.jpの過去成績で確認したら、過去2年で的中なし。 それどころか、80枚くらいしか買ってないことが判明。そういや、中部地区は豊橋以外、ほとんと触らなくなっちゃったからなあ。

 ということで、買っても当たらないので、この記念は回避にしますた。

 さて、夜の吉井秀仁杯にgo!

岡部vs佐藤悦夫についてのコメント


 福島選手会の「競輪選手みんなのブログ」 経由で、金子将人選手がご自身のブログで、このレースに関する見解を述べているのを知った。

「函館記念のレース」「プロらしく」の2本。

 金子選手は本当にいろいろある福島のなかで、コムさんと同様、客のことを考えて行動できる、希有な選手だと思っている。今回も客に対して申し訳ないってところからはじまってるし。

「客のことを考えて行動する」。

 あえていっちゃうと、福島は自転車競技出身の選手が多いけど、競技出身者ほど、客のことを考えない。

 これが自転車王国の暗黒面で、そこが福島の、ひどくゆがんでいるところだと思う。

 福島だけじゃなくて、選手は全員、金子将人みたいに「客のことを考えて」レースをしてもらいたい。

 それでもやっぱり、とりわけ福島勢だな。 問題児が多すぎるってのは、自分たちがいちばんよくわかっているはず。

 自分を殺す必要はないが、プロは客があってのプロだってことを忘れるなよ。

 それを忘れる一線級選手が増えたから、実体経済の落ちこみ以上に売上がダウンしてるんだよ。

 プロとはなんなのか、わかってる選手がすくないのだ。

 ということを、とくに「プロらしく」というエントリーが物語っているですよ。客じゃなくて、選手必読。ほんとに。

富山瑞峰立山賞、初日


 なんか、たてつづけだけど、函館よりはおもしろそうなんで、少々。

 偶然だと思うけど、神奈川の昔の名前が3人そろってるね。新藤、トカ、佐々龍。あれま、3人とも法政二校だっけ。新藤もたしかそうだったはず。

 でも、そのへんから買うわけじゃなくて、6R選抜。14 87 365 92の細切れ戦。ならびは福井のオフィシャルのこちら。なるほど、中部はpdfでも、車柱が横なんだねえ。当然ですか。

 という話はどうでもよくて。筒井の先行に、佐藤朋也がどう出るかが問題。大ギアだから、いったん踏みだしたらとまるわけにはいかないと見て、たたきあいに1票。そうなれば小川雄介の捲りごろでしょう。

 と、思ったら、1番人気じゃにゃーの。だったら、井上剛がかわすほうに1票だ。それでも安いんで、2-9の1点勝負。

 10R初日特選。438 926 175の3分線。 木暮の動きは相いかわらずわからないとして、最近の吉田は徹底先行じゃないので、鈴謙がすんなり先行。で、吉田がとどくかどうかなんだよねえ。

 おそらく、早めにまきかえすと思うんだけど、そこで木暮と牽制しあっちゃうかも。そうなると、竹内の出番。2着は鈴謙、吉田、支部長、3着はややひろく。

 3-249-124689。当たればでかいということで。

函館黒潮杯、決勝


 やる気のないまま最終日。決勝くらい、ばしっと……ドブステ~だな。たぶん。

 だいたい、2日めは雨予想だったのが、晴れでしょ。3日め、石丸は調子落ちと見てたら、逃げきりでしょ。2着ぬけとかでおさまってるほうが不思議なくらいで。

 まあいいや。11R決勝。2958 174 36の変則3分線というか、藤野は3番手捲り狙いなので、4分線というか。海老根のうしろが愛知の渡邊っていうのが、微妙。

 近況からは、だれが見ても海老根vs石丸だよねえ。でも、海老根は他地区と2車だから、捲ってとどけばラッキーくらいに思ってるんじゃないか。 圭尚は決勝に乗って任務達成だから、地元はいらない。

 だから、消去法で石丸ラインだけど、ここで気になるのが藤野。

 この藤野、生まれる前から競輪を見てるだけに、レースがうまい。きのうも石丸の3番手で、慎重にレースを見ていた。これで3番手捲りのタイミングをつかんだんじゃないかと思うのだ。

 まして、放送席には大師匠にあたる鬼脚がいる。ヽ( ´-`)ノ

 なので、藤野から行ってみたい。相手は石丸をかわす吉永弟で、5-9を本線。あと、石丸がのこる5-2も。それぞれのウラを押さえ。海老根がとどく5-3も。

 やっぱりドブステ~でしょう、きっと。

ぴかぴか


 快挙ですよ。

 わが家では「順子」と呼ばれている(w アンドロイド・エリーこと満島ひかりさんが、モントリオール・ファンタジア・フェスティバルという映画祭で、主演女優賞を受賞したそうで。

 受賞作は園子温監督の『愛のむきだし』らしい。やっぱり、このDVD、買おう。

 満島さんのご報告はこちら

 この子はすごく光るものがあって、エリーからこっち、目がはなせません。すこしエキセントリックなところはあるんだけど、それもふくめて、存在感が開花してきたように思いますのよ。

 今年公開のもう1本の主演作、金子修介『プライド』も評価が高いようだし。秋には次の主演作『クヒオ大佐』も公開されるとのことで。これもまたおもしろそう。

 ということで、快挙です。 おめでとー、エリーさん。

 ちなみに、「順子」は『瞳』のときの役名。もしかすると、生涯の友となるかもしれない田野アサミさんとめぐりあった作品。

川崎ナイターFI、負け戦


 また当たっちゃうかもしれないから(w いちおう買い目だけひとつ。

 10R特別優秀。ならびはわかんない。でも、埼玉の2段駆けに乗る為田、北3人、福井両者に乗る川崎洋でしょう、たぶん。563 784 192。

 で、為田から。3-6789-6789。はい。

函館黒潮杯、準決勝


 いやいいものを見せてもらいました。岡部と佐藤悦夫。

 コメントでは、岡部が「とーぜん3番手」で、佐藤が「4番手はまわれない」だから、
競りは規定方針だったとはいえ……ばかじゃねーの(by永井大介)。いやほんと。

 前にも、後閑と兵藤が似たようなことをやったけど、まああそこは「じゃねーの」じゃ
なくて「そのもの」だから、今回とは事情が違う。

 たぶん、弟弟子が生意気なことをぬかしたんで、頭にきたんだろうな。それとも、S
藤正剛の陰謀だったのだろうか?ヽ( ´-`)ノ

 なんか、すっかりやる気がなくなりましたが、いちおう参加ということで。

 8R準決C。124 69 3857の変則3分線。金山が先行で、小林大は4車でもたぶん捲り。で、不発。つか、最近の小林はどうも読めない。なにがやりたいのか。

 ここはすんなり、先行の番手から。マエタクの相手は松岡? この選手、知らないんだよな。なので、捲ってくる近藤と関戸にする。2-69-145679。

 10R準決A。28 79 15 436の4分線。2日間見てて、石丸の調子はいいとは思えない。きょう早捲りを打つのは明田。それに中団からあわせる伊藤。明田を最後にかわす敦也。この3人を軸にしよう。

 伊藤をアタマに7-3が本線、ウラ押さえ。明田がのこる7=4も少々。はい。

げどー買い


 本当にしょーもないけど、外道な買い方で当たっちゃうんだよ。たまに。とかいいながら、年に3回くらいはある鴨。

 川崎ナイターFI2日め。S級準決勝1本めの10R

09081010.jpg

 なんかね。理も非もないわけですよ。メグと梶原亜湖の決め打ちっていうのは、まったく根拠なしなわけで。

 しかも、驚愕の1着、3着だし。

 メグから買うのはいつものことだけど、亜湖を選択したのはなんでだったのか、いまとなっても、さっぱりわかんない。きのうはいいところをとりきれなくて2着だったし。まあね、昔、好きな選手で、いまもチェックしてるのはたしかだけど。

 でも、買い目はこのとおりになっちゃうんだよな~。うん。

 外道買いはあるんですよ。いやほんと。

 自分を信じろ!

 これですかね。 うひひひひ。

函館黒潮杯、2日め


 大澤雄大は見切ってたのに、小林は完全に眼中になかった。おしいことをした。しくしく。頭に血がのぼって川崎にも手を出したけど、返り討ち。しくしく。

 2日め7R二次予選A。93 86 751 24の4分線。ならびはきのうと同様、ここから。

 だれが先行するんだろう? いちばん先行意欲がありそうなのは近藤だけど、雨だから金澤が思いきっていくかも。という前提で、その番手の金子がアタマかな。捲ってくる橋爪とのワンツーで、5-9本線、ウラ押さえ。

 10R二次予選A。64 81 529 73の細切れ。ここは357ボックスを買っとけばまちがいなさそうなんだけど、それじゃおもしろくないんで、あえて伊藤から。

 松岡の先行を石丸が捲りきったところを、大外からかわすパターンに1票。 雨降ってるんですけど。ヽ( ´-`)ノ 7-235-23589。

ゆうべの地震


 このへんは震度3だけど、うちは8階だから、けっこう揺れる。にもかかわらず、この2体は大地に立っていた。

ggz01.jpg

 つか、まあ、アッガイちゃんはすわってたし、ゲルググver.2は下半身がものすごくでかいんで、地震ごときじゃ倒れない感じですが。

 それに対して、ガンダムはみごとに転倒。けがはなかったようだけど。

ggz02.jpg

 こーいうポーズだったんで、かなりバランス悪かったらしい。ヽ( ´-`)ノ

FC2Ad