FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

21日のキューポラ杯


 きのうから、川口オートではGIキューポラ杯が開催中。

 川口では、これまで6月にGIIまがたま杯もあったんだけど、これがなぜかなくなって(埼玉県が撤退したからだと思うけど)、この時期の重賞はキューポラ杯に一本化したかたち。

 で、それはいいんですが、あしたの中継(216ch)では、競輪の埼玉県選手会支部長・永倉通夫選手がゲストで登場するとのこと。お好きな方はどうぞ。

 永倉支部長はきょうまで弥彦に出場していたのに、相いかわらず忙しく動きまわってます。はい。

 あと、これはテレビ埼玉が見られる地域限定情報。『BACHプラザ』で8月10日(日)に、埼玉の公営3競技の選手会支部長による座談会をオンエアするそうです。オートは牛沢和彦選手、競艇は山崎義明選手。
スポンサーサイト



四日市サマーナイト決勝


 そーいうわけで、ここで勝つのはヤンググランプリの勝者。順番から渡部哲男なのだ。と、思ってたら、山埼も乗ってきたなあ。そうなると、山埼かなあ。

 という感じになっちまいましたが。

 サマーナイトも4回めになって、ようやく選手のほうがこの勝ちのこり戦に対応しはじめて、レースがおもしろくなった。去年までは「ふーん」っていうレースばっかりだったもんね。

 決勝9R。自力型がそろっての細切れ戦。

7稲垣裕之-2加藤慎平 5新田康仁-6内田慶
3渡部哲男-4石丸寛之 9井上昌己
1山崎芳仁-8兵藤一也

 初手、新田は稲垣のうしろで、単騎の井上は渡部のうしろからかな? で、山埼はおさえ先行もありだと思うものの、いちおう定石の8番手から捲りとする。

 渡部が勝つ展開は、いちかばちかのカマシ成功くらいしか考えられないけど、コメントどおりうまく中団をとれたとすると、慎平が大立ちまわりを演じるすきにインをすくう可能性もあり。でも、その場合はむしろ、石丸絶好だよね。

 なので、3=4-159を本線にする。3=4-7もいちおう。

 それから、山埼がきちゃった場合の1=34。井上がとどく34=9。

 過去3回は有坂、市田、濱口と、しぶいところがとってて、今回それに近いポジションは兵藤なんだけどね。捲った山埼はかわせない。

クリスタル・スカル


 見てきたんですが。

 ルーカス、年とったねえという感じで。いや、それが悪いとか、衰えたとかいう意味じゃなくて、なんというかなー、「うすうす」でしょうか。淡泊。

 まあ、こっちも年とってきてるから、このテンポはいいんですけど。

 ネタはしょーもないんで、それはどうでもいいとして。

 レッドパージとネヴァダ原爆実験は、たぶんプロデューサーが入れたがったんだと思うが、ないほうがよかった。いいたいことは、わかるけどね。だけど、そもそもそーいうことを考えるための映画じゃないんで。

 見てる人の半分以上が、同世代か上だったのが、なにか暗示的ですた。