東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事も強制終了


 いくらやってもきりがないし、18時になったし、ここで今年は終了。たぶん。

 仕事用のアプリはまだ閉じないで、あとで時間があれば、1行でも進めますが。すんごくきりの悪いとこなんで。

 これから、担当ぶんのおせちをつくります。例年どおり、鴨ローストを焼いて、煮豚、数の子(漬けこみ)、酢だこ、刺身。それだけかな? くわしくは去年の大晦日のエントリをどうぞ。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
2250時になってしまった。体力いっぱいになったので、つづきはあした。今年はまあ年こしはなかったということで。しくしく。食うのは食いましたけど。
スポンサーサイト

今年の酒


 きょうは朝から正月の買いだし。大半はとーこちゃんが用意しているんで、最後の刺身とか、生もの中心。うちは新潟風に、「年とり」をやっちゃうのです。そばは新潟の小嶋屋総本店(川西)からとりよせた「へぎそば」が、きのう到着して、いやおうなく正月モード突入。といっても、きょうもまだ仕事してるけど。ヽ( ´-`)ノ

 で、年とり用に(正月用にも)欠かせないのが日本酒。今年は神亀の「ひこ孫」にしてみた。これは神亀の2年もの古酒のブランド名。昔は幻の酒だった神亀も、最近はずいぶん出まわるようになった。そのぶん、品質は……それを、久しぶりに飲んでたしかめようという魂胆。

mago01.jpg

 もうひとつ、おもしろかったのが、この「燗が冴える純米酒」というキャッチ。いつもの名店、森田屋さんに聞いたところ、「熱燗はだめだけど、ぬる燗はけっこういける(もちろん、個人の好みで)」とのことだったので、じゃあためしてみようと思ったしだい。

 あと、もう1本、いつもの「力士」のおり酒も用意したけど、これはまたべつのお話。

 で、このラベルをひっくりかえしてみたところ、まるで「ブログのネタに使え」といってるようなコピーが目にとびこんでくる。

mago02.jpg

「このお酒は、三十五歳以上で
人生の機微がわかる方におすすめします」

 だそうで。(^^;

 こりゃもうぜったい、ネタにしろっていうことであります。(w

グランプリ07は伏見!


 やっぱり伏見きたよ~。差したのは山埼じゃなくて、小嶋だったけど。

 2着小嶋、3着飯嶋。

 力でもぎとったぜ~。こうならないと、来年のオリンピックがつまらない。

 えーと、レースは……27 18 46 935の周回から、赤板前に山埼が小嶋を蓋しにいって、ちょっと小嶋を意識しすぎる感じ。そのままジャンで、じわじわ山埼が先行して最終H、そこで小嶋が早めに捲って、2Cすぎに捲りきった。

 ところが、うしろが切れちゃったんだよね。そこに伏見がタイミングよく切り替えて、あとは小嶋を差すだけ。終わってみると、予定調和的に伏見が勝っちゃったな。友和はやっぱりまるで出番なし。

 とはいえ、最初に書いたように、小嶋を差したんだから、これは恵まれでもなんでもない、堂々の勝利でした。もちろん、小嶋をブロックしにいくっていう選択肢はあったけどな。(w

 で、車券は……

GP07.jpg

 押さえですけど、いちおう。374倍。

 ところで、失格にはならなかったけど、兵藤のやつ、手島を落としちゃったよ。また上州戦争勃発かな?

グランプリ07


 さて1年〆のお祭り。今年はざっくりいって、1年で15000枚くらい勝負して、きょう現在の収支がマイナス600枚くらい。いい感じであります。まあ、プラスになれば、それにこしたことないんだけど。

 ということで迎えたグランプリ。

1小嶋敬二-8渡邉晴智
2佐藤友和-7有坂直樹
9山崎芳仁-3伏見俊昭-5飯嶋則之
4手島慶介-6兵藤一也

 ほんとは、ならびもあんまり関係ないんだけどね。展開も。どうせ考えたって、わかんないんだもん。ヽ( ´-`)ノ

 勝たせたいのは晴智くん。実際、チャンスは大きいと思う。でも、車券は伏見からなのです。なぜかというと、全日本選抜のときだったか、有坂が「いまの山埼をぬけるのは伏見だけだ」と、いってたから。つまり、この時点で買い目を決めてたわけですが。

 伏見からはぜんぶ買うけど、本線はその有坂と。3=7が勝負目。

 あとは、晴智くんだけど……どのくらい応援車券を入れるか。けっこう人気になってるからなあ。このへんは大宮場外に行くあいだに決めます。

決勝は鹿島vs広島


 天皇杯準決勝、第1試合はある意味、劇的な展開でサンフレッチェ。第2試合は当然の展開でアントラーズ。

 ということで、元日の決勝は鹿島vs広島。鹿島は5年ぶり、広島は8年ぶりの決勝進出で、鹿島が勝てば7年ぶり3回めかな? の優勝、広島が勝てば初優勝で、J2降格チームの制覇も初になる。

 というわけで、久しぶりにどっちが勝ってもいい正月になる組合せ。昼間っから酒飲みながら見るのだ。(^^)

ヤンググランプリ07


 えーと、去年は金成からで、とったんだった。友和とで、筋違い。で、今年は……

1菊地圭尚-7明田春喜
3坂本亮馬-6小川勇介-8松岡貴久
5新田祐大-9飯野祐太
2松田優一-4志村太賀

 圭尚-明田が本命だよね。実績なら圭尚だし、自在型は明田だけだから、これは当然。で、当然ここははずす。いや、資金があまったら、ウラはせこく買うかもしれないけど。

 展開で考えると、3車の坂本が先行かなあ。その番手に小川雄介っていうのが、とても気になるぞ。補欠でくりあがったツキもあるし、小技もきくし。

 松田も器用だけど、圭尚には勝てない。福島は……今回は押さえ。やっぱり小川からにしよう。

 6=8本線、6=145。6-379。

 

阿佐田哲也杯は?


 なんだ? GP前座の立川FIが「イーバンク・チャンピオンシップ」っていう名前になってるぞ。

 なぜ阿佐田哲也杯じゃないの?

 ここは阿佐田哲也杯じゃないと、猛烈に違和感あるな~。そのせいか、メンバーも例年にくらべてしょっぱいし。

 平塚のほうがおもしろそうなんで、きょうはこっちかね。

キューティーハニー THE LIVE #11~#13


 最初のパワーというか、センスオブワンダーはなくなったものの、このくらいまったりしてくると、なんだか永井豪ワールドにいちばん近い実写作品になってきたような気がする。非常に評価が高いっす。

 ふせえりさん、すごいねえ。ひとり存在感の巨人。でも、これがいちばん永井ワールドに近いキャラかも。

 真由美先生もいいねえ。おぢさんはなんだか、90年ごろにつくられた『けっこう仮面』を思いだしちゃいますよ。九十九一がうれしそうに、サタンの爪のなんとかをやってたやつ。ヽ( ´-`)ノ

 でも、最近完萌えなのが青ハニー、ミキちゃん。(*´Д`)ハァハァ

 ふせえりさんの回で、500円にかけた執念のあたりから、3ハニーの中心に見えてきたから不思議。体内からいろいろパーツも出てくるし(違)。赤ハニーに発展性がないみたいなんで、最近は青ハニー中心に見とります。(´・ω・`)

 水崎綾女さん。なかなか好演。ぱちぱち。

年末年始スケジュール


 ブログ2日書かなかったのは久しぶりかも。仕事が押しまくりで、さすがにきついっす。(TnT)(TnT)

 いちおう、いまの予定では……

29日までフルタイムで仕事
30日、大宮に買い物(車券もふくむ)~地元で正月に飲む酒の買いだし
    ~午後4時くらいから仕事
31日、すこしおせちづくりや大掃除の手伝い、合間を見て仕事
1日、初詣のあと全休
2日、寺参り、年始挨拶などのあと全休
3日からフルタイムで仕事

 休めるのは2日だけか。orz

IT戦士、ネギを持って 踊る


 いちおう、毎年とりあげてるんで。

 ITMediaのIT戦士こと岡田有花記者による、クリスマス吉例のネタ記事。「1人のイブ、ITにすがりつく」です。はい。

 ついにIT戦士もネギを持って踊る時代になりました。これはもともと、鴨の神さまに捧げる巫女の舞いだったんですが、SF界でいういわゆるひとつの浸透と拡散、変質と解体によって、現在のかたちになったもの。

 これにより、戦う巫女集団カモネギシスターズによる世界征服の第一歩は、ミツション・コンプリートということで。ヽ( ´-`)ノ

卒業の季節


 なのかどうか。

 きのう24日のオンエアをもって、甲斐佑里さんが『BACHプラザ』のオート担当を卒業した。理由はやっぱり、CSとの両立がむずかしかったから。

 前から書いてるけど、この2本立てはほんとに大変なのだそうだ。伝説の長原さんや競輪の矢口さんは、それプラス場内イベントのMCまでやってたわけで、いま考えると恐ろしい話。

 そういうわけで、今後は川口のSC中継のみになるとのこと。くわしくはこちら

 また、スピチャンのキャスター2期生、池田文さんも、今年をもってキャスターを辞めるそうだ。キャスターブログでの発表。理由は書かれていないけど、7年半ごくろうさまでした。

 これで2期生は全員が卒業。うち、寺門さんは今年、いわき平や函館でネット中継やイベントのMCをやっていた。加藤さんはY選手と結婚されて、いまは2児の母。

中野カップは太田


 久留米の記念は太田真一が武田の番手から差し、今年の記念初優勝。というか、すごく久しぶりなんで、調べたら2004年の地元、倉茂記念以来の記念制覇だった。

 2着は武田、3着も廣川で、関東のつきぬけ。久留米はこれで5年連続で関東勢が優勝した。

 太田が乗ったんで、決勝だけここから買ったんだけど、武田2着は持ってなかったんだよね~。まさか武田が無風で先行するとは思わないもん。三宅こなかったし。しくしく。

 でも、遅ればせながら捲ってきた栗田を、うまくさばいたんですよ、太田が。来年は追いこみに転向かな。そうなると、平原との埼玉最強ラインができるんだけどね。

スーパースターは山田


 SG第22回スーパースター王座決定戦は、1番人気の山田真弘が逃げきって優勝。SG連覇で自身初の賞金王も獲得した。ただし、1億円突破はならずらしい。

 試走は田中茂が3.25と不気味さいっぱいだったものの、蓋を開ければ、トップスタートをきった有吉を山田が1周2Cでかわして、あとは一本道だった。2着は荒尾、3着は高橋。

 途中、2番手にあがった荒尾が追いあげたんだけどね~。とどきませんでした。あたしゃ荒尾から5-34だったんですが。

 ストイック山田おめでと~。

 ほう、上田知事がプレゼンターにきてる。やる気充分だな。

 インタビューと表彰式の司会は山咲さくらさん。このジャケット、お気に入りのようで。(^^)

スーパースター王座決定戦、車番決定


 川口オートのスーパースター王座決定戦、トライアルが終わってメンバーと車番が決まった。

スーパースター王座決定戦 0mオープン10周戦 5100m

1 有吉辰也 飯塚 25期 タツダンス
2 伊藤信夫 浜松 24期 テトム
3 山田真弘 船橋 24期 ナノ・111
4 橋貢   伊勢 22期 Fニーナ
5 荒尾聡   飯塚 27期 デフジャム
6 浦田信輔 飯塚 23期 パンジャA
7 中村雅人 船橋 28期 タイソン
8 田中茂   飯塚 26期 S・アーロン

 自分でメモしただけなので、正確な車番などは公式サイトからどうぞ。

 池田政和が2走め反妨で失格したが、そこで落車した荒尾は決定戦に乗れた。山田はピンピンで、隙がない感じ。と、いいたいところだけど、きょうのトライアルでは、ラスト1周で高橋貢がかなり迫っていた。同じ展開であと2周あったら、ぬかれていた可能性が高い。

 あと、田中茂があえて8枠を選んだのも不気味。仕上がりからいうと5番手くらいだと思うけど、一発ディフェンディングチャンピオンの意地を見せるかも。穴は荒尾かな。気負いがないぶん、恐いかも。

マイ・レジェンド


 ついで、というわけじゃないけれど、私の伝説の1冊はこれ!

drc.jpg

 タイトルは『魔人ドラキュラ』。1956年10月10日発行、東京創元社刊。「世界大ロマン全集」の第3巻。ブラム・ストーカー著、平井呈一訳、松野一夫箱絵。その初版、箱つき。

 たしか、完訳ではなかったが(70年ごろ出た創元文庫版が、初の完訳だったと記憶している)、なんといっても、日本ではじめて紹介されたホラー小説だもんね。たぶん。やっぱり30数年前、中央沿線の……たしか武蔵境にあった古本屋で発見して、50円か70円で買ったと思う。

 初版で、栞までついてるけど、もとは「チコ文庫」という貸本屋のものだったらしく、ハンコが2カ所、押してある。だから安かったんだろうが、いまとなっては、こっちのほうが風格があっていい感じ。しかも、なかは信じられないくらい、状態がいい。

 もちろん、これ以前にジュヴナイル版のドラキュラなんかはたくさん読んでたし、高校時代からハマープロ映画は大好きだったわけで、これが「最初」じゃない。でも、ホラーの「原点」はこの本だと思うわけですよ。

 ま、それだけですが。マイレジェンドです。

アイ・アム・レジェンド(続)


 そういうわけで、買って、読んだ。

ial.jpg
リチャード・マシスン著 尾之上浩司訳
ハヤカワ文庫NV


 どういうわけかというと、12月6日付で「アイ・アム・レジェンド」というエントリを書いたところ、新訳版を翻訳された尾之上浩司さんご本人からコメントをいただき、とくに最後の1行について、ご教示があったのです。

 それで、これは読んでみないとと思い、注文する本がたまるのを待って、amazonに発注したというしだい。

 で、読みました。気になっていた最後の1行から。でも、正直いって、最初はピンとこなかったため、最初から読んでいって、もう一度、最後の1行に。

 そうか。満足感だったんだ。

 目からウロコでありましたよ。

 旧訳の「どんでん返し」ではなく、したがって「オチ」でもなかった。

 この終わり方なら納得です。軽々にはいえませんが、光瀬さんもご存命なら、納得したのではないかと思います。

 最初にこれを読んだのは30数年前。そのとき喉に刺さった「小骨」が、ようやくとれた感じですよ。なんだかすこし感動。30数年かかったということが。

 でも、驚きはこれから。

 そのあと、あらためて解説を読んでみたところ、思わず息をのみますた。上記エントリで思いつくままに書いたことが、整然と紹介・解説されているので。尾之上さんご自身も、高校のころ読まれて以来、ずっとそう考えておられたというお話をはじめとして。

 なんと、『ナイト・オブ・リビングデッド』に関する言及までありましたから。へえ。そう考えていたのは、自分だけじゃなかったんだ。

 こういう、ある小説に対する体験や記憶の共有というのは、SF者にはときどきあるんだけど、今回はタイムリーだっただけに、一種の運命みたいなものを感じてしまった。

「そうか。だからオレはいまこの仕事をやってるのか」という、再認識というか。

 ほんとに驚きでした。お教えいただき、ありがとうございました >尾之上様。

平原康多登場!


 忘れてた! きょうのオートレース中継、CS216chに、平原康多選手が登場するのです!

 スーパースターフェスタ2007開催中は、競輪、競艇の関係者が参加するコラボ企画をやっていて、きょうは2R発売中に平原選手と埼玉の名物選手会長・永倉通夫選手が登場。来月の倉茂記念杯(記念)の公報をするとのこと。

 情報、間にあわないか。(^^;

中高年の居場所・競輪場


 あるマイミクさんから教えてもらった、asahi.comのすこしほんわかする記事。「高齢男性の居場所発見 小田原競輪場」

 60歳の記者がはじめて競輪を体験するというレポートで、内容はかならずしも、明るいものばかりじゃないんだけど、この黄昏感がいい。

 たしかに、競輪場は基本的に場末感がたっぷりで、昭和がそのままのこっている、数すくない場所なんだよね。しかも、入場料は0~100円。レース自体も、100円から遊べるし、見てるだけだっていい。

 私は本場に行くなら1日がかりで、第1レースからはいるようにしてるけど、買うのは多くて5~6レースだけ。あとは見てるだけで、それでも楽しいのよ。

 あと、恐いという人もいたな。でも、恐いわけがない。まわりじゅう、みんな爺さんなんだもん。ヽ( ´-`)ノ

 いまでも、ごくたまにコーチ屋という違法な連中が出没するって話がはいってくるものの、犯罪発生率は町なかよりはるかにすくないと思う。軽犯罪法違反(立ちション)がそこそこいるだけで。 ('∀`)

 というわけで、男が50すぎたら、一度でいいから、とにかく競輪場に行ってみるのを強く推奨。(w

 ほんと。のびのびできます。(´・ω・`)

スーパースターフェスタ2007開幕

ss2007.jpg

 今年もいよいよ、年末ビッグ開催の季節。たぶん、賞金王決定戦はきのうからスタートしてると思うけど、オートレースの年おさめ、スーパースターフェスタはきょうから。

 特集サイトはこちら

 今年は9月のオートレースグランプリで優勝した武藤博臣が、11月のオート祭で落車、頭蓋骨骨折の重傷を負って出場できないというアクシデントがあった結果、佐々木啓がくりあがって、以下の12人がスーパースター王座を争うことになった。

 初日、2日めのトライアル戦。枠順は抽選で0オープン4,100m、8周戦。

20日、1日め12R
1 荒尾聡
2 池田政和
3 橋貢
4 中村雅人
5 田中茂
6 深谷輝
7 松山茂靖
8 岡部聡

21日、2日め12R
1 浦田信輔
2 有吉辰也
3 佐藤裕二
4 伊藤信夫
5 鈴木幸治
6 佐々木啓
7 山田真弘
8 金子大輔

 う~ん、今回は山田かな。そろそろCSとネットで中継がはじまります。

 そだ。今回の中継で、かいゆりさん全国デビューだ。あと、オートで唯一の専門解説者、飯塚の松田さんが川口で予想会もやるんだって。

グランプリ車番決定


 さて、今夜6時半からは、競輪グランプリ07の前夜祭。といっても、あたしゃ仕事しながら、スピチャンで見るだけですが。去年もたしかそうだったっけ。

 今年もスピチャンの進行はさとうゆみさんで、会場の進行は工藤わこさん。ただ、去年は舞台の上にいた吉岡くんが、進行側にまわっているのが、たった1年なのに隔世ですよ。今年も1年、また競輪やっちゃったなって感じでしょうか。

 それで、その席上、まずヤンググランプリの車番が発表されました。

1 菊地圭尚 27歳 北海 89期 S1
2 松田優一 22歳 茨城 90期 S2
3 坂本亮馬 22歳 福岡 90期 S2
4 志村太賀 24歳 山梨 90期 S1
5 新田祐大 21歳 福島 90期 S2
6 小川勇介 23歳 福岡 90期 S1
7 明田春喜 26歳 北海 89期 S2
8 松岡貴久 23歳 熊本 90期 S2
9 飯野祐太 23歳 福島 90期 S2

 たぶん、あってると思うけど、速記なんで、間違ってたらスマソ。

 まあね。順位1位の北津留が出走しないんで、興味半減ですけど。はげしく半減ですけど。でも、補欠で小川がはいったことで、レース的にはおもしろくなったと思う。ふつう、圭尚か明田から狙うところ、小川っていう選択肢ができたから。

 まあ、ならびもわかんないんで、なんともいえませんが。

 つづいて、グランプリのならびが決まってきたらしい。山埼-伏見-飯嶋 だって。中野さんがいるんで、例によってじゃまで、正確なことがわかんないんだけど。ほんとにこの人はいないほうが以下略。

 で、車番が決定! これは正確。だと思う。

1 小嶋敬二 74期 38 石川 38歳
2 佐藤友和 88期 24 岩手 24歳
3 伏見俊昭 75期 31 福島 31歳
4 手島慶介 75期 32 群馬 32歳
5 飯嶋則之 81期 29 栃木 29歳
6 兵藤一也 82期 29 群馬 29歳
7 有坂直樹 64期 38 秋田 38歳
8 渡邉晴智 73期 34 静岡 34歳
9 山崎芳仁 88期 28 福島 28歳

 ほう。晴智くんがいちばん拍手が多いね。客がなにを望んでいるか、わかりやすい。当然、そうでしょうとも。私も心情的にはそこ。車券は違うけど。ヽ( ´-`)ノ

 ということで、オンエア終了。結局、中野さんのせいで、正確なならびは最後までわかんなかったよ~。orz

 とりあえず、飯嶋は山埼の3番手らしいけど。

【12.20追記】
コバケンさんのブログに、グランプリ9人のコメントが掲載された。くわしくはそちらを見ていただくとして、ならびは、 18 935 27 46 で、手島は先行以外なんでも、飯嶋は競るかも、とのこと

椿賞争奪戦は稲垣!


 ふふふふふふ稲垣でしたよ。

 登志信くんがSをとって、岡部ライン前受けのスタート。

 赤板でだれも行かないところ、岡部がインを開けたのを見た稲垣がするりとはいって先行。

 岩見がちぎれて、新田がいったんは絶好の3番手にはいったものの、追ってきた岩見が、ちょうど新田をインに押しこむかたちになって、新田は早捲りに出られずアウト。

  岡部は最終バック手前から、8番手捲りに出たが、前がもつれていたため、スピードに乗れずアウト。

 ということで、最終4角前から志智と稲垣の勝負になったが、稲垣が差させず堂々の押しきり勝ち。稲垣は先月のふるさと松坂につづいてのビッグ優勝。あれ? 記念は初制覇かも。あとで調べてみよっと。

 それにしても……

071218.jpg

 相いかわらず勝負駆けに強いぞ >私。(^^)

 最後の3000円で勝負して、またひと息つけた。ラインのワンツーで40倍ついたもんね。

 これで、ヤンググランプリまで遊べるな。グランプリは例年どおり、大宮の場外。

【追記】
稲垣は2005年4月の高知が記念初Vでした

椿賞争奪戦、決勝


 伊東温泉の記念過去最高売上の更新が、ほぼ決定したとのこと。今回は番組もいいし、地元もがんばってるし、だから客も買う気になるんでしょう。一般戦でも、びっくりするほど売れてたもんね。

 ということで、決勝もおもしろいメンバー。

1新田康仁-5中井達郎-8望月裕一郎-6冨田卓
7稲垣裕之-3志智俊夫-4岩見潤
2岡部芳幸-9齋藤登志信

 地元中井で盛りあがってるし、新田も同期の中井を勝たせるつもりだと思うし、お膳立てはととのいすぎ。 こーいうときは好事魔多しなんだよね~。と、考えるのがB型の運命。

 新田は万全を期して先行しない。稲垣とたたきあいになったら、岡部にひと捲りにされるから。岡部は例によって、8番手でも先まくりすればいいと思ってるはず。

  ここで、新田がタイミングを間違えそうな気がするんだよね。そうなると、前が絶好のチャンス。という読みで、志智から勝負。3=7、3=4。電投口座がのこりすくないんで、これしか買えないのだ。

椿賞争奪戦、準決勝


 伊東温泉、なんと2日で50億売ったそうだ。90億突破は確実じゃん。よかったよかった。

 きようあすはスピチャンの年始特番の収録もやるそうで。こないだの全日本選抜でもそうだったけど、専門解説の人の査定みたいな番組が多いような。

 というわけで、準決。えーと、B戦の9Rは栗原が単騎であと3分線。池尻の動きがイマイチわかんないけど、基本は稲垣が行ききっちゃうんじゃないかと思う。で、登志信くんは近況あんまりよくないんではずすとして、稲垣の3番手、豊田から。5-3=12789。ここ勝負ね。

 A戦。10Rは384 27 95 61の細切れ戦。地元の3番手に五十嵐力がはいったのが、どうも気になるんだけど。石橋はもしかして、峠とやりあうつもりかな? そうすると、たぶん失敗する。

 で、岡部があっさり捲りで、あとは相手探し。どうも脚を使わずにすみそうな五十嵐と1=4。峠の逃げねばりで小橋と1=5。大穴4=5。

 11Rは新田と中井でかたく決まりそう。なので、藤原から応援車券を少々であと見学。

強制終了


 1カ月休みなしで働いたら、さすがにエネルギーが切れた。

 朝、ついに起きられず、やむなく午前中は仕事を断念。8時半ごろ起きたけど、日曜美術館を見ながら、また眠って、どうしても鴨つけそばが食いたいんで出かけて、帰ってきてまた寝て、起きたら17時でした。

 これで、年内の原稿アップは事実上不可能になったぞっと。ヽ( ´-`)ノ

 ま、しょうがない。正月仕事しましょ。

 つか、これから1時間でもいいからやろうと思ってるんだけど。

 そーいうわけで、伊東温泉2日めには参加できず。まだ結果も見てないんだよね。まあ、そっちはあしたということで。

椿賞争奪戦、初日


 きょうは秘密結社の忘年会なんだよな~。でも、もちろん缶詰で仕事まっただなか。つか、11月18日から12月29日まで休みなしですから。忘年会も新年会も、もうずいぶん行ってないな~。しくしく。

 競輪も当たんない。広島の決勝はおしかったけど。城戸崎から、6-139-139と買ってたんですよ。中割で手島を差したところで、10万シューと思ったんだけど、外から神山が差し返すとは。さすがは神山。

 と、ぶつくさいいながら、伊東の記念。新潟勢がぞくぞく登場と思って、楽しみにしてたら、3人かな? まあいいや。

 6R。三ツ石がひっぱる四国勢が強力だけど、特別昇級の鈴木謙太郎は捲りも打てそうで、これが早捲りになったら、関東両者に出番があるかも。なので、根元と中山で運だめし。1=7。

 7Rは志村太賀vs小川雄介の90期対決。といっても、志村が先行、小川が捲り、旭はこないと見て、志村ラインから。今週また100万稼いで絶好調の小舟師匠が伊藤一貴からとおっしゃるので、伊藤から。4-17-適当。でも、小川も気になるんで、1=4も少々。

 あと、9Rは藤原から応援車券を。10Rは……見学だね、こりゃ。岡部がひとり、ぬけてるもん。11Rは気になる岩見、牧、松岡から穴勝負。

ジョー小泉さん、世界殿堂に


 世界一のボクシングおたく、ジョー小泉さんが、世界殿堂入りメンバーに選ばれたそうだ。サンスポの記事と、スポニチの記事

 ジョー小泉さんといえば、歯に衣着せぬ評論でおなじみ。それでも、ボクシングに対する愛情が思いきり伝わってくるから、だれも文句をいわないで謹聴する。なんとかいうチンピラ父子とは、対極にいるような存在なのです。

 そのせいか、私のまわりの格闘技が好きなおたくたちも、この人には一目置いてるし、たぶんある意味で尊敬してると思う。そのくらい、おたくっぷりがいいんだ。

 この世界殿堂というのは、コミッショナーとかが選ぶんじゃないそうだけど、いい人に目をつけたね~。ジョー小泉さん、おめでとうございます。

 なんか、ボクシング界で久々にいいニュースだ。

広島ピースカップ、決勝


 なんだか、はずしまくり。気力・体力ともどん底なんで、しょうがないけど。きのう、ユンケルの高いの3本と、リポビタンDを10本、買ってきた。これにドデカミン適宜をあわせれば、今月いっぱい、乗りきれるかも。しかし、しんどい。

 広島記念11R決勝。

1平原康多-9神山雄一郎-3手島慶介
7村上義弘-4米澤大輔
2石丸寛之-8小林豊-5西田雅志
6城戸崎隆史

 3分線プラス城戸崎が単騎。でも、すんなりかというと、そうでもなくて、地元のふたりは石丸の番手を主張してゆずらなかったらしい。きょう決めるそうだが、西田が番手を競るかもとのこと。

 そうだな~、石丸はきょうは地元のひきだし役に徹するだろうし、波乱があるとすれば、平原が村上とやりあったところを、石丸がカマシ捲りみたいな展開だもんね。

 そうなると、初手は村上の3番手につける城戸崎にもチャンスはありそう。

 どう見ても、関東3車の鉄板なんだけど、それじゃ安いんで、石丸、村上、城戸崎から小額投資ということで。

広島ピースカップ、準決勝


 きょうから進行のアナウンサーが変わるそうで。やっぱりあれは見習いだったのか。久しぶりに強烈だったもんな。ということで再参戦。

 8R準決Cは先行型のいない3分線プラス吉永が単騎。なんか城戸崎が調子よさそうに見えたけど、流れからいうと舘からかな? とにかく、裏切り者の吉永さえたたき落としてくれれば、だれがきてもいいんだけど……

 こないだの大宮も、ずっと追っかけたんで、舘から。3-259-25789。

 11R準決A。平原-神山が絶好調なんで(燃えつきてなかったorz)、隙がなさそうだけど、あえて穴を探すとすると、井上に乗る加倉。ここから小勝負かな。9=317。

 2Rきょうの聖隆くん。初日はいいとこなしだったけど、きのうは仕事はした。そのご褒美番組なんで、調子はイマイチながら、行けるかも。いちおう、5-7だけ入れてみる。

広島ピースカップ


 なんか聞きづらい進行アナウンサーなんですけど。もみじ賞をピースカップと間違えるし。

 実況は聞きやすいっす。和田年弘さん?

 とにかく、進行が聞きづらいんで、結局山陽のGIを見てたりして。なので、今回の車券購入は見送りました。

広島ピースカップ初日


 12月は忙しいんで、競輪も休みがちになるっぽい。グランプリまで、参加するのはこの広島と、伊東温泉の記念のみ。中野カップはスーパースターフェスタと重なるので、そっちを優先する。

 ということで、わりと相性のいい広島の記念。メンバーはやや小粒で、神山、平原あたりが目玉。ただし、このふたりは全日本選抜で燃えつきてる可能性もあるから、その裏が狙い目かも。

 でもって、初日8Rには聖隆くん登場。ただ、ここは……ねえ。(^^;

 萩原とのたたきあいになる可能性が高いし、どっちみち吉永の機関車だし、どうも連にからめそうもない。まあ、応援車券は入れますが。ふつう、萩原に乗る會田から、5-1くらいでしょう。

 9Rは神山が登場。しかも、圭尚の番手をまわると思うんで、人気はここから。あるいは、井上のカマシ捲り。でも、神山はそういうわけで、ややお疲れかなと思うし、もつれるとすれば、舘がからんでくるはず。なので、先行ふたりと舘の3=15ってなところで様子見。

FC2Ad