東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefox2.0.0.6リリース


 Fireffoxは今月2度めのセキュリティ・アップデートをリリースした。2.0.0.6では、あらたに2件の脆弱性に対応したそうで、こちらのリリースノートを参照。

Fx2006.jpg

 それから、Fxの旧バージョン1.5xについては、6月でサポートを終了しているとのことで、この2.0.0.6に乗りかえるよう、強く推奨してます。
スポンサーサイト

聖隆、岡部欠場


 きょうから地元・松山FIに出場予定だった川島聖隆は、ぎっくり腰悪化のため欠場になりました。

 岡部も弥彦の落車のとき、やっぱり肋骨2本を骨折していたと、きのうになってわかり、あしたからの立川FIを欠場とのことで。

 私もしばらく車券購入やめ。ここ20日ほどアタリがなくて、プラスぶんを使いはたしそうなので、ちょいとリセット。とりあえず、締切クリアが最優先だし。

 そういや、すぴRitsが5日の川崎ナイターで走るそうで。FIIなのに、やるな川崎。このあたりで復帰しようか。FII苦手だけど。あ、函館があるんでした。

缶詰


 月末なので、缶詰であります。

 ここまでスケジュールがタイトになったのは、調べたら去年の4月以来だって。なぜタイトになったかというと、自己都合だけど、法事があったり体調をくずしたりしたため。

 まあしかたないし、とにかく原稿をあげないと。(T^T)

 きょうは過去最長不倒距離の文庫17ページ以上を訳したものの、前途はまだ山あり山あり山だらけ。あした終わらなかったら、徹夜突貫態勢だなあ。

 というわけで、ブログ書いてるひまもなくなりました。たぶん、あしたも更新なし。わかんないけどね。

 でも、車券は買ってあります。毎日。農耕民の勤勉さで。ヽ( ´-`)ノ

 きょうは川崎FI、S級決勝。なんだっけ? 朝のうちにしこむんで、もうなに買ったか忘れちゃったけど……2-149-145679だってさ。当たっても安そう。はい。

GATACON2007やります


 3年ぶりに、「GATACON2007 in 湯河原」を開催します。

 場所は前回と同じ、湯河原温泉の「ゆ宿 高すぎ」で、11月17日(土)~18日(日)の1泊2日。今回はとくに、夢枕獏さんの作家生活30周年記念パーティを共催します。20周年も、たしかGATACONでやったと思いますけど、それと同じ感じでしょう。

 その他、くわしいことは公式サイトで。こちら。まだ一部工事中ですけど(決まってないともいう)。

 人数にかぎりがありますので、常連さんはお早めにお申し込みを。

スケールドコンポジッツで事故


 いま時事通信で一報がはいった。速報は「砂漠の空港で爆発、2人死亡=宇宙船建造中の事故か-米加州」という記事。

 スケールドコンポジッツといえば、White KnightとSpaceShipOneで、当パーツ館ではおなじみ。ここ1年半ほどイギリス・ヴァージン社の資本参加をうけていたが、今週はじめにノースロップ・グラマン社の子会社になった。

 現在は初の民間宇宙機システムを
White Knight TwoとSpaceShipTwoを製造中だったが、この製造工場で、爆発事故があったらしい。

XPrize_02.jpg

 写真は
Ansari X-Prize成功時のSSOと母機のWK。

 じつは、これは先輩の航空宇宙評論家・江藤巌さんからの情報で、江藤さんのところ(mixiなのでリンクなし)には事故の写真も掲載されたが、それを見ると工場があとかたもなく吹っ飛んでる。

 あった。NBCのニュースサイトだ。

 なお、バート・ルータン本人は現場におらず、いまモハベ・スペースポートに向かっているとのこと。

 当パーツ館における、スケールド・コンポジッツ関連の記事はこちらから。旧館のみで16件あります。


【追記】
しかし、日本のマスコミはぜんぜんとりあげないね。ルータン信者がいる毎コミも、まだ掲載してないし。これで、人類初の民間遊覧宇宙飛行実現が、すくなくとも3年は遅れることになるのに。

【2007.07.28追々記】
スケールド・コンポジッツ社のサイトによると、死者は3名になったそうだ。事故が起きたのは、燃焼剤に添加するN2O(亜酸化窒素)をインジェクターに通す実験中とのこと。

あのメーカー


 いままで、めんどくさいんでスルーしてたけど、ひょんなことから「よが」でやってみたら、驚きの結果が。

yoga.gif

 いえ、それだけですが。

 ちなみに、本名の場合は、納得の結果になりまする。

ウルトラセブンX登場!


 きのう、正式に制作発表があったみたい。円谷の秋の新作『ウルトラセブンX』の噂はほんとでありました!!

 スポニチの「ウルトラセブン 40年ぶり復活」という記事。

 今月はじめ、「2007年07月07日はウルトラセブンの日」とか、ウルトラセブン40周年ネタで騒いでいたので、7割がた制作するとは思ってましたが。

 まだスタッフはわからない(朝8時30分現在、円谷の公式サイトでは発表なし。メルマガもまだとどいていない)けど、これにSん上さんがスーツアクターで出演するのかもしれない。市野監督の新作は東宝みたいだから、セブンXとはバッティングするかも。

 キャスト。主役のジンは与座重理久(よざ えりく)という人。その髪、戦闘員に見えないから、もうすこし切ってくれよ~。でも、特技がキックボクシング、格闘技だそうで、アクションはできるかも。まだ、これといったリンク先がないけど、こんなところで。夏木プロ所属とのこと。

 ヒロインは、こっちはシリーズ初、メジャー級を持ってきました。(´・ω・`)

 加賀美早紀さん。役名はエレナ。『プラトニック・セックス』の主役に抜擢されて、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。ブログはこちら。あんまり更新してないみたいだけど。

 えーと、それで、公表されているセブンXの造型ですけど、全体に鋭角的な印象が強いかな。そのわりに、胸と肩のソーラーパネルがゆるい感じで。まあ、これは撮影用じゃないはずだから、なんともいえませんが。

 というわけで、セブンを名乗るわけだから、期待して待ってましょう。

【追記】
円谷プロ公式サイトで発表があった。これだけですけど。

2007-07-26
新作「ULTRASEVEN X」今秋登場!

今年誕生40周年を迎えた「ウルトラセブン」関連作品に、新タイトルが加わる事となりました。

タイトル:ULTRASEVEN X
放送開始日:今秋予定
放送局:CBC/TBS系列

放送時間や曜日については、現在最終調整を行なっておりますので、改めて新聞や雑誌誌面などを通じてお知らせさせていただきますので、今しばらくお待ちください。
内容面についても、改めて発表する予定がありますので、楽しみにお待ちください。

【2007.07.27追々記】
Sん上さんのブログ「新上参上」の「新番」というエントリで、セブンXのスーツアクターはSん上さんとわかった。撮影がつづいているということは、やっぱり3クールはいくのかも。

Yahoo! 動画 de ふるダビ函館


 コバケンさん情報で、8月4日からのGII、ふるさとダービー函館の紹介PV(っていうのかな?)をYahoo! 動画で配信しているというんで、さっそく行ってみますた。

 ここ。きょう現在アップされているのは#1とのことで、順次追加されていくはず。

 こういうかたちで、競輪をプロモーションするっていう方法もあるんだ。たしかに、若い新規客の獲得は望めるかも。まあ、そのへんは"客"が考えることではないんで、口出しはしませんけど。

 ただ、問題もいくつかありそう。ソフトの内容ではなく、Yahoo!動画のほうに。

 検索がむずかしいのですよ。

 はっきりいって、ふるダビ函館のPVがあると、事前に知らないと、まずアクセスできません。「トップ > スポーツ > NO KEIRIN, NO LIFE > G2ふるさとダービー函館特集#1」と、こうたどっていかなければならないので。実際、探しだすまで10分以上かかったし。最初は「趣味・教養」とかから探したからな~。(T^T)

 せっかく金出して制作したんだから、Yahoo!動画のトップからたどれるようにしないと、意味ないんじゃないでしょうか? >日自振のなかの人。

 もうひとつ。これはYahoo!動画自体の問題なんで、日自振もいかんともしがたいわけですが(苦)、IEでしか見られないというのは、いまの世の中、いかがなものでしょうか?

 はっきりいって、Firefoxに対応していないっていうのは、時代錯誤もはなはだしいわけで >Yahoo!

 もちろん、こういうときのために、「IE View」というアドオンは用意されているけど、それとこれとは別問題。Fxに要対応 >Yahoo!

100ドルPC、量産スタート


 MITが計画して、非営利団体CLPCが開発中の、いわゆる100ドルPCが、この秋からいよいよ量産態勢にはいるそうだ。まずはめでたい。ITMの「100ドルノートPCの一般販売も計画、価格は350ドル?」という記事。

 ただ、今回の発表で画期的なのは、この秋から量産をスタートさせるってことじゃない。むしろ、タイトルのとおり、一般販売が視野にはいってきたこと。これが重要。

 パーツ館ではこれまで、1年以上にわたって同様の提案をしてきたけれど、この発想が絵空事じゃなかったということで。

「100ドルPCほしい!」
(2006.06.28)
前にも書いたかもしれないけど、先進国では、これ、500ドルとかで売ればいいと思うんだよね。それでも、買うもん、ふつう。 いや、ふつうは買わないかもしれないけど、私は500ドルなら買う。

「100ドルPC、製造開始!」(2006.11.23)
でも、ほしい成人も、世界中に224万人くらいいると思うんで、1機300ドルくらいで売ってほしい。いや、400ドルでも買う!

 で、やっぱり販売価格は100ドルPCの原価の2~3倍、つまり、350~500ドルが相場になるらしい。これも適正な発想。もし発売されたら、やっぱり家庭に1機は必要ということになるでしょう。

 これはサイフをがまんして正解だったかも。(´・ω・`)

月影vs月野(w


 なんと、今夜の『月影兵庫』には、月野さん登場ですよ! 沢井美優さんももう20歳くらいになったかな? たぶん、時代劇は初登場。

 しかし、月影vs月野といっても、わかる人は世界じゅうに数百人かも。でもって、うち十数人は知りあいだったりして。(w

【追記】
書き忘れてましたが、月野さんといえば、うさぎちゃんです。セラムンです。(w

廃人コース


 ゆうべ、サマーナイトの9Rごろ、amazonからとどいたメール便2通。

hey01.jpg

 どうせ同日とわかってるんだから、1通にまとめればいいのにと思うけど、こっちから手続きする気はなし。ヽ( ´-`)ノ

 で、カッターで切ってざくざくと開けると、

hey02.jpg

 はい。当日発売の『有言実行3姉妹シュシュトリアン vol.4』と、『激走戦隊カーレンジャー vol.1』でありました。(´・ω・`)

 シュシュトリアンは不思議シリーズの最後を飾る怪作。カーレンはスーパー戦隊中盤の最高傑作で、これまた行くところまで行っちゃった怪作。

 共通しているのは、メイン脚本が東映不条理路線の雄、浦沢義雄さんという点。そう、パンシャーヌの生みの親、あの浦沢さんです。

 これは強烈です。いっぺんに見たら、廃人になります。そのくらいインパクトがあります。どうやって、どーいう順番で見ればいいのか。

 しかも、いまは『マグマ大使』もあるし(ゆうべもSNFのあとはマグマ)、けさから『怪傑ライオン丸』もはじまって、これもチェックしないと。

 その前に、『シャイダー』が最終回まであと2本になってるから、これを先にかたづけるべきか……

 まあ、どう転んでも、頭んなかぐちゃぐちゃですけど。

サマーナイトフェスは濱口


 しかし、なんのひねりもない決勝だった。だれも動かないんだもん。

 マエタク~、四日市でバンクレコードを出した気力で、GIIとりにいけよな~! 伸さんも大チャンスだったのに~。反対に、中部の総帥・濱ちゃんはオールスターか全日本選抜をとるぞ。とりあえず、決勝に乗ったら買いだ。

 中継もつまんない。ジャンイチくんの放言はいまにはじまったことじゃないから、自動的に聞き流すとして、競輪のけの字も知らない芸人を出すのは、時間のむだ以外の何物でもない。GII初司会の村上由美さんは2日間舞いあがりっぱなしだったし。

 と、あたりちらしておこう。ヽ( ´-`)ノ

 しょうがねー。きょうは相性のいい玉野で遊ぶか。いや、松山の10Rがおもしろそう。鳥生と星島に、小沼をからめちゃうぞ。

サマーナイトフェス決勝


 やっぱりやることにした。(^^;

 今夜、サッカーを見るかサマーナイトフェスを見るかで、人生が変わるかもしれないと思いつつ、やっぱ松戸でしょう、ということで。

 ぢつはきのうも9Rだけ買ったのだった。小嶋をはずして、小野のアタマで勝負! 1-49-34569というところで。結果はそーいうわけで、ケロロが3着にのこっちゃって、くやしいのなんの。(w

 なので、きょうも参加なのです。ヽ( ´-`)ノ

 でも、フェスティバルだし、過去2年間、車券はかすってもいないので、買い目は適当。GIは無理でも、そろそろGIIならとっていいふたり、マエタクと伸さんのアタマ流し。2=7-全、27-1345689。68-7。なんか伸さんがきそうなんだよな。

 ほんとに適当だけど、参加するだけだからいいや。つか、三宅かマエタクがGII初制覇になったら、勝利の美酒をわかちあおうという魂胆。はずしたらヤケ酒。はいっ。これが楽しみ方で。

植木通彦の引退会見


 きのうのつづき。やっぱり気になるもんね。スポニチは速報で「艇王 植木が引退会見」という記事を載せた。

 ただ、これは速報なので、オフィシャルサイトのニュースリリース「植木通彦選手の引退会見の結果について」のほうがすこしくわしい。もっとくわしくは、あしたの朝刊を待つしかなさそう。以下はニュースリリースの全文。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

植木通彦選手(39歳、福岡、登録第3285号)が本日7月20日をもって現役選手生活を引退しました。

会見は、ホテルパシフィック東京 早蕨(さわらび)において13時10分より報道関係者60名にご出席いただき開催されました。

植木選手は1986年11月にデビューし、SG競走優勝10回、賞金王3回、年間最優秀選手3回などの輝かしい実績を残してきました。

89年には再起を危ぶまれるほどの大怪我から復活し、モンキーターンの先駆者として競艇会に革命を起こし、歴史に残る数々の名勝負を繰り広げ、お客さまを熱狂させてきました。

その圧倒的な存在感から「艇王」と呼ばれ競艇界の幾つもの記録を塗り替えてきました。

記者会見の中で「突然のことで誠に申し訳ございませんが、このたび選手生活20年という節目を機に現役引退を決意しました。自分の描いた当初からの考えでしたので何卒ご理解いただきたいと思います。これまで全力で走り続けることができたのもお客さまからの暖かいご声援のお陰と心から感謝申し上げます。また、マスコミの皆さまをはじめ関係の方々にも大変お世話になり、本当にありがとうございました。今後はしばらく充電期間をいただき少しでも業界に恩返しできるような仕事を考えたいと思います。」と語り、現役にピリオドを打つことを発表しました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 どうやら、解説者の道を進むのかな。

 ともあれ、20年間ごくろうさまでした。

【追記】
サンスポも速報を載せた。「SG10勝の“艇王”植木が引退会見 悔いはない」というもの。サンスポの速報は、すぐリンク切れちゃうと思うけど。

あと、レジャーチャンネルで今夜、引退特番をオンエアするそうで。21時から2時間と、気合いがはいってる。スピチャンとくらべて、フットワークも軽いし。
でも、契約してないから、見られないのだ。無料にしてくれないかな。とりあえず、期待しないでチャンネルをあわせてみるつもり。

【追々記】
@nifty.sportsで、長文の紹介記事が掲載されている。「速報・植木通彦、引退会見」というエントリ。

艇王が引退?


 私のポータルサイトはスポニチ・アネックスなんだけど、ここの速報に、衝撃的な見出しが。

「SG10勝、賞金王3度の植木が引退」

 
ほんとかよ。植木通彦。まだ39歳じゃん。

 あたしゃ、6年くらい前に競艇を卒業して、もう興味がない(ようにふるまってる)んだけど、これはびっくりですよ。もしかしたら、斯界では噂があったのかもしれないけどさ。

 はっきりいって、去年暮れの吉岡引退よりビッグニュース。あれはかなり前から兆候があったから。

 あれ? 同じスポニチ、同じ九州。また某記者がぬいたのか?

 まあ、それはいいんですけど、艇王がほんとに引退するのか。すごいショックだ。中道先生の引退と同じくらいショック。

【追記】
朝刊に、もっとくわしい記事が。「突然の決断…“艇王”植木通彦引退」。スポニチがぬいたんじゃなくて、全モ連に引退をとどけでたそうで。そうか。そういえば、17億円返還のフライングって、話には聞いてたっけ。

植木は艇王というだけじゃなく、不死鳥でもあるから、きっと第二の人生も華麗にはばたくでしょう。お疲れさまでした。これで、私にとって競艇は完全に終わったかな。あとまだ、濱野谷がいるけど。

やっとチャラ


 今週は向日町でヤラれ、大宮でヤラれ、ノーホラだったけど、ようやく伊東温泉FIのS級決勝をとって、チャラにできた。

ito719.jpg

 まあ、狙いやすいとこですが、とれりゃいいんだ。安くても。

 向日町は聖隆が2連対したにもかかわらず、オッズ的に買えなかったし、大宮はかすりまくりですた。

 サマーナイトはやらないつもりなんで、これで競輪はしばらくお休み。あとは来週の心だ。

Firefoxセキュリティアップデート


 安全で軽いオープンソースのウェブブラウザFirefoxが、ゆうべ2.0.0.5にアップデートされた。リリースノートはこちら

Fx2005.jpg

 今回はセキュリティアップデートで、非常に危険なこーいう問題をふくんでいるので、Mozillaでは緊急にアップデートするよう、呼びかけている。

 まあ、IEのほうの問題をFxがフォローするという、かなり特殊なパターンなわけですが、今回はMozilla側がブロックするかたちで対応したということです。IEのほうは、この脆弱性は放置するもよう。

 したがって、IE側の問題は解決していないため、ほかのWindowsアプリでは、この脆弱性を利用した攻撃をうける危険が、存在したままになる。

 まあ、このへん、過去にもこーいう事例を紹介したけど、IEはかなり問題があると思いますよ。はい。なので、私はFx。ちょい論理のすりかえがあるけど。(^^ゞ

ビグロ追撃!


 というかなんつーか。

 おなじみロボットメーカー「テムザック」から、レスキューロボット『援竜』の新型T-53が発表された。プレスリリースはこちら(PDF)。

 で、前回の援竜、T-52のときは気づかなかったんだけど、T-53になると……

 ビグロそっくり。(´・ω・`)

enryu01.jpg

 明らかに意識してませんか、このポーズ。(^^

enryu02.jpg

 もうすっかり、ホワイトベースを追っかけてくる気まんまんで。(w

 すいません。写真、禁無断転載でしたら削除しますんで。

 しかし、いいな~、このポーズ。

 なお、ビグロは人気ないのか(ないだろうな)、プラモも1回しか出てないみたいで、リンクできるのはここくらいでした。ガンダムならなんでもいいってわけじゃないのね。知らなかった。

マグマ大使が困った


 そういうわけで、先週から『マグマ大使』の録画をはじめたんだけど、これがなかなかいい。

 まず、画質がかなりきれい。ほとんど再放送をしてない作品なので、フィルムの状態が悪くなっていると思っていたけど、とんでもない。一瞬、デジタルリマスター版をつくったのかと思ったくらいで、見ていて疲れない。

 作品のクオリティそのものも、なかなか。本放送を見ていた当時から、円谷作品にくらべると、マットや書き割りを多用して、いかにもB級ってイメージだったのが、嘘みたいだ。書き割りに関しては、いまも東映作品は多用しているし(『パンシャーヌ』12話はそのパロディ)、それほど違和感がないのですね。

 そして、ストーリー。とにかく、ほとんど再放送をしていない作品なので、細部はすっかり忘れていると思ったら、意外なくらいよくおぼえてる。つまり、それだけイメージが強烈だったってこと。

 そーいうわけで、うれしい誤算だらけなんですが、ひとつ困ったことが。

 当初、52話すべてを録画するのは、時間がもったいないし、全話制覇というと無意味なプレッシャーになるので、DVD-R5枚くらいの傑作選にしようと思っていたのですよ。

 ところが、例によって「ファンコレ」で話数とタイトルを確認していくと、どの回もおぼえてて、割愛していい回がない。つまり、全話録画しないと満足できそうもないことがわかってきたのです。

 これはまずい。つか、困った。とりあえず、5枚というルールを変更して(どうせ、適当に決めた枚数だし)、8枚程度に規制緩和することにしましたが……やっぱりカットできる回がないんだよね~。(^^;

 まあ、いわゆるひとつのうれしい悲鳴ってやつですが。

月影兵庫!


 いやー、リメイクと聞いたときはびっくらしました。

 でもって、公式サイトができたっていうんで、のぞきにいったら、いきなり松方弘樹が父上の十四郎さんにそっくりで、またまたびっくら。おぢさん泣きそうになりましたよ。なつかしくて。

 なので、思わず壁紙をDLして、貼りつけちゃったりして。

tsu01.jpg
'`…,、'`,、… ('∀`) '`,、…'`,、

 いや、実際によーく見ると、父上のほうが目がぎょろっとしてるし、頬がもっとたるんでるし、細部がずいぶん違うんですが、40年の歳月をへて蘇った月影兵庫は、なんだかイメージぴったりであります。

 きょうからだそうで、もちろん予約ずみ。これは見ないと。コケるかもしれないけど、それでも見とどけないと。どうせ1クールだと思うし。

 十四郎さんとの名コンビ、品川隆二様も1話と最終話に出演、ナレーションも担当するとのことで、これだけでも見る価値があるわけで。

 ただ、見てないうちに恐縮ですが、今回の焼津の半次は、イメージがはなはだしく違う気が。品川隆二様という方は、ものすごい二枚目だったのですよ。私が月影~花山大吉より前で見た作品は、57年『透明人間と蝿男』の月岡博士役だけだけど、すごみのある二枚目でした。うん。

 そーいう半次が、猛烈にスラップスティックな演技をくりひろげ、殺陣だけはみごと、というのが、味だったわけで。まあ、見たら印象が一変するかもしれませんが。

 その「半次」については、もうひとつミソがついております。公式サイトの登場人物欄だけ、なぜか「判次」と表記されてるのね。南条範夫の原作を読んでないんで、なんともいえないんだけど、これは誤植でしょう。ほかのページはすべて「半次」だし。

 そーいえば、チャンバラ小説はそそれほど好きじゃないんで、南条範夫はほとんど読んでないな。唯一『灯台鬼』だけ。現代教養文庫かな? 『オランペンテグ』なんかと同じシリーズの。ただ、初見は小学生のとき(『少年画報』か?)だったんで、恐かったな~あれは。

 閑話休題。

 判次の件。とりあえず、きのう掲示板にクレームを書きこんだけど、まだ修正はされていないもよう。

【7.17追記】
クレームはみごとに削除されたけどヽ( ´-`)ノ クレームの内容は18時半すぎにサイトに反映された。どうでもいいけど、恥ずかしい話で >テレ朝広報。なさけない。

引退ではなく、卒業


 おととい「風林火山~」のエントリで書いた、千葉真一様の会見。スポニチアネックスの「芸名“千葉真一”を卒業 今後は別名」にあるとおり、アクション俳優としての「千葉真一」は卒業するということになったそうだ。

 今後はアクションなしの俳優としては別名(未定)で登場、俳優学校をつくって、後進の指導にあたり、「世界に通用する第二の千葉真一」を育てたいとのこと。

 う~んと、そーすると、真田くんは「第二の千葉真一」じゃなかったのね~。JACがらみもあって、このへん、けっこう微妙な話になるような。

 たとえば、大葉健二さんはどうなるかとかね。

 あと、アクションだって、たとえばショーン・コネリーみたいに、「70になっても、やるときゃやるよ」みたいな方向もあるとは思うんですが、まあこのあたりは、ご本人が決められたことですから。

目移り


 雨天順延があったせいで、きょうはどこで勝負するか、目移り。仕事がきつくなければ、大宮で道楽師匠のトークショー&噺があるそうなんで、飛んでいくところなんだけど、残念ながら今月はもう休みなし。

 なので、とりあえず、向日町。聖隆登場の7R。おお、こりゃすごい。今期得点106点台だそうで、このままの調子を維持すれば、来期は初のS1ですよ。でも、おかげで人気は一本かぶり。しかたないんで、9-2、9-1あたりから狙うしかない。9-7にチェンジするかも。

 四日市。3日間の売上は47億くらい? 非常にきびしいようで。でも、小嶋に1日休養をあたえたら、ここからいくしかないでしょう。なので、決勝は見送り。

 いわき平FI決勝。ここはおもしろいかも、白戸から廣川とか。あたり前すぎ?

 大宮FI初日は買うなら11R。美千隆から8-235-235の大宮名物筋違い。

 でも、聖隆以外は仕事に追われて買うの忘れるかも。(TnT)

風林火山な7日間


 最近は日曜夜がドラマで忙しくて。

 きょうはアレですか板垣と甘利が戦死するそうで >風林火山。なんでも、千葉真一様は7日のNHK昼の番組で、きょうオンエアぶんで俳優引退をほのめかす発言をしたとかで、やたら盛りあがってるようですが(あした、記者会見で釈明するらしい)。

 うちも、「板垣さまと甘利さまの最期は、しっかり見とどけなければ」と、今夜は20時には仕事を終わらせて、テレビの前にすわっているよう、お達しが出てます。(^^;

『風林火山』というと、最近コアミさんの「今週の小山田さま」がないのが寂しいかぎりですが(うちは夫婦で「ばんどわごん」をブックマークに登録してたりして)、その小山田さまもついに華のある役どころが。その相手が美瑠姫ですが、なんだかすごいドスの効いた声で。(^^;

 真木よう子という人ははじめて見たのかと思っていたら、うちにも出演作のうち2本、DVDがありますた。『修羅雪姫』と『サマータイムマシン・ブルース』(映画版)。ぜんぜん印象ないけど。(´・ω・`)

 その大河が終わると、次は舘ひろし&ガッキーの『7日間』。まあ、舘ひろしさんがおもしろいわけですが。おととしだっけ? あの『積み木くずし』で、なんかふっきれたみたいで。

 あと、ガッキーは見違えた。びっくりした。最初に見たのは『ギャルサー』だったけど、どこにいるかわかんなかったし。(^^; その次の『マイボス~』もなんつーかだったのに、急に開花した感じで。この年代の役者はいきなり大化けするから、ちゃんとチェックしとかないと。ヽ( ´-`)ノ

弥彦と四日市


 うちはスポーツ紙をとってないんで、外出したときしか売上結果とかわからないんだけど、かぎぶーさんによると、弥彦記念の売上が目標の85億を大きく上まわって、90億以上になったそうだ。それも、記念では過去最高の売上とか。

 メンバー的には弱くても、日程が悪くても、売れる場は売れるんだね。それにしても、1500人もはいれば超満員のちいさい場なのに、ほんとによくやる。すぴRitsといい、アイデア勝負で結果を出しつづけていて、ほんと地方型競輪場の鑑ですよ。

 それに対して、中0日ではじまった四日市の記念は、4月の西武園よりひどい惨状のようで。前半2日間で、30億くらいしかいってないみたい。しかも、きょうあしたは台風直撃だろうし。お気の毒。そういや、私もおとといは1個レースだけ参加したけど、きのうはいわき平で遊んでたもんな~。

 なので、とりいそぎ10Rだけやってみようか。成田と諸橋で3=7-全。まあこないでしょうが。

【追記】
やっぱりあしたは台風のため中止順延だって。これで80億はいくかな。でも、目標はすくなくとも90億だろうし。

OOo2.2.1日本版リリース


 ずーーーーっと待ってたOpenOffice.orgの最新バージョン2.2.1の日本語版が、ついにリリースされた。新機能は基本的になく、セキュリティアップデートとバグフィックスのみ。リリースノートはこちら

OOo221.jpg

 1月にver.2.1がリリースされたあと、たしか3月初旬ごろにセキュリティホールが見つかって、英語版は3月21日に2.2にアップされたのですよ。

 ところが、その日本語版が出ないのよ。(TnT) 通常、英語版から1カ月遅れくらいでリリースされるんで、4月中旬からまめにチェックしてたんだけど、出ない。

 そのうち、英語版は6月に、次のバグフィックス版、2.2.1が登場しちゃった。

 これはもう日本版は出ないのか、英語版でも設定を変えれば日本語が表示できるから、それを使うか……と、考えていたところ、ようやくきょう、日本語正式版がリリースされたしだい。

 ただ、13時現在、OOo日本語ユーザー会のサイトでは、まだDL準備がととのっていないので、早くアップデートしたい人はこちらのダウンロードサイトをどうぞ。

【追記】
コメントでくわしい情報を提供いただいた、アポロさんのラボ、「アポラボ」はこちら

【追々記】
PCWatchでニュースが出ました。これ。やっぱり、日本ユーザー会のニュースリリースをもって正式発表って考えるよね~。もちろん、ユーザー会のみなさんがボランティアだってことは重々承知してるけど、やっぱりOOoの表看板なんだから、最低限のニュースは流していただきたいと思います。はい。

40年ぶりっていったい


『007ジェームス・ボンド』シリーズの小説が、またまたまた発行されることになったというニュースがアサヒコムに。「007小説の続編、英作家が執筆 40年ぶり」というタイトル。ほかの新聞社も40年ぶりとか41年ぶりといってる。

 だったら、ジョン・ガードナーはなかったことになるのか? あたしゃイアン・フレミングのより、こっちのほうが好きだったが。

 ほかにも、レイモンド・ベイスンとか、のべ4~5人がこの41年間、連綿と007シリーズを書き継いでいるんだけど。

 この手の報道、ほんとになにがいいたいのかわかんない。もとになった時事のリリースには、ちゃんと説明があるのに。朝日と産経の記者、読解力がないのか?

【7.13追記】
けさチェックしたら、朝日も産経も、記事の一部を書きかえてあって、「40年ぶり」「41年ぶり」の記述を削除してた。文芸部の記者としては、読解力がないだけじゃなくて、一般教養の部類にはいる知識が欠如していたわけで、恥ずかしいなあ。

ちなみに、Yahoo!は記事そのものを削除したらしく、見つからない。

あと、朝日新聞、見出しには40年ぶりってのこってるよ。恥の上塗り。

泗水賞初日


 中0日でまた記念。準ホームでやたら相性のいい弥彦から、ほとんどとった記憶のない四日市にうつって、テンションめちゃくちゃ低いですが。

 でも、この特選9R、曲者がそろっておもしろそう。

 晴智くん、金成、メグ、天下布武ですよ。井上もある意味、いまいちばんの曲者だし。チョイ差しのダイエット成功・島田もいるし。

 ならびは南関3者にこれも最近好調の台がついて、九州3者、メグと金成は単騎。ここ、初手は金成のうしろにメグがつくかもしれないけど。

 これだけ曲者がそろうと、井上もおいそれとは捲れないはずで、そうなると晴智くんの出番っぽい。ただ、ラインで決まるとはとても思えないんで、小野まで出番がありと見て、3-2579-2579。

 あと、きのう藤原が勝ったんで、それにあやかってメグから9-235-235。

 こんなところで参加してみましょ。

B787もロールアウト


 してたのでした。P-XやC-Xだけじゃなく。

 つか、航空業界的には(軍民あわせて)今年いちばんのニュースなわけで、東洋亭でとりあげるほどのことはない(つまりメジャーということ)なんだけど、ひとつだけ。

 この主翼の反りに萌え。'`…,、'`,、… ('∀`) '`,、…'`,、

Boe787.jpg

 いい反りだねえ。これ、三菱重工製だす。どことなく、スーパークリティカル・ウィングを彷彿させるし。というか、SCWの実験機、F8-SCWだけど。

F8-scw.jpg

 まあ、くらべてみると、たんなるイメージにすぎないとわかるわけですが。

 それから、B787でマスコミが書かないもうひとつの特徴は、「ドリームライナー」というボーイング発のニックネームがついたということ。これはボーイング製旅客機でははじめてです。

 これまで、たとえばB747を「ジャンボ・ジェット」と呼んだりすることはあったけど、これはあくまで巷間流布する愛称であって、ボーイングが命名したわけではなかったのね。たしか。

 ロッキードはよくニックネームをつけてたけど、ボーイングは記憶にないのですよ。まあ、だからどうしたといえば、「ドリームライナー」って、城達也さんに似合いそうなネーミングだと思うくらいで。それはジェットストリームだって。はい。

ふるさとカップは藤原!


 悪かった藤原。ふだんは買うんだけど、2年連続の地元Vはないと思ってたんだよなー。

 記念初Vが地元ですか。去年は地元4車の二段駆けで死に役になったけど、今年はかなり運にも恵まれた感じで。でも、地元が全滅していくプレッシャーのなかで、よく勝ちきったよ。おめでとー。

 2着は4角8番手からつっこんできた富生。本人も手ごたえがあったらしくて、あーガッツポーズやっちゃったよ。久しぶりに見たな。間違いガッツ星人。

 で、登志信くんは調子悪かったようで。あの絶好の展開につっこめないとはねー。山田もきのうで力つきてたのか。

 あしたからの四日市は、気が向いたら参戦ということで。

ふるさとカップ決勝


 きのうは盛大にやられた。つか、落車大杉。買った車券が全員完走したの、11Rだけだもんな~。

 そのなかで、いい仕事してたのが登志信くん。どうやら絶好調と見た。

 ということで決勝11R

9矢口啓一郎-3藤原憲征-6内海雅夫
5新田康仁-2齋藤登志信-8佐藤成人
1山田裕仁-7山口富生-4坂上樹大

 岡部や後閑は消えたものの、そこそこのメンバー。藤原もなんとかのこって(めぐまれだけど)メンツをたもったし。しかも、軸になる選手がいないんで、けっこういい配当が狙えそう。

 先行は矢口。これは決まりで、へたすると大ガマシをうつかも……プレッシャーに負けて。ヽ( ´-`)ノ でも、たぶん勝ちを意識してペース駆けでしょう。むしろ、カマシに出るとすると、山田かも。

 で、新田は正攻法にかまえて中団狙い。ここで、山田と中団のとりあいになって、インにつつまれると考えた。このへんのテクニックは山田のほうが上だから。一方、新田と「仲はいい」という登志信くんは、山田が競り勝った場合、切り替えあり。

 というふうに、中団がごちゃごちゃやってるうちに、矢口の先行が決まって、でもS級初Vを意識して脚が三角にまわりだして、さあ、だれが差すか?(笑)

 というような展開を考えて、登志信くんから勝負してみる。逃げきりもありの矢口と2=9が本線。1=2がおさえ。いちおう9=13も少々。

FC2Ad