東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fireefoxが2.0.0.4に


 まだリリースノートはアップされてないけど、mozilla JapanからFirefoxの最新版がリリースされた。バージョンは2.0.0.4。

fx2004.jpg

 リリースノートがまだなんで、推測するしかないけど、ITMに「FirefoxなどMozilla製品に危険度高の脆弱性」という記事が出ているので、これに対応したものだと思う。あたしゃ使ってないけど、Thunderbirdにも同様の脆弱性が存在するとのこと。

 なお、今回のセキュリティアップデートのなかには、1.5xの1.5.0.12もふくまれているけれど、1.5xシリーズのサポートはこれで終了するそうで、ここで2.0xに乗りかえたほうがいいでしょう。
スポンサーサイト

きのうの大宮FI3日め


 最終日は大宮らしくなく、かたいところ連発だったが、それは見せかけだけ。(w

 正確じゃないけど、おぼえているかぎり、FIのS級決勝はここ1年くらい、3連単10万車券がつづいているはずだ。

 だから、この日も迷わず穴勝負。まず、松山に行って8Rの聖隆車券を的中させ(3連単3500円と安かったけど)、それをぜんぶ決勝の11Rにつっこんだ。8番車、佐藤和典からの勝負。相手は前を走る萩原操。異常と思うかもしれないけど、これが大宮車券なのですね。本命サイドでは決まらない。

 結果は、同じ佐藤でも5番車、真一のほうがきちゃったよ。orz でも、これも3連単12万シューなわけで、やっぱり大宮ですよ。ちなみに、知りあいの某TOMさんは5-2-6を複数枚持ってて、きのうは締切ほっぽりだして、飲みにいっちゃったらしい。さすがに大宮を知りつくしてる。

 まあ、私も3日トータルで80kくらいはプラスになったから、文句はないっす。

 つか、やっぱり大宮はいいや。なにより、ギャンブル性が高い(笑)。けっこういちかばちかなんだよね~。予想も、ここだけは出目重視だし。決勝戦、8番車からいったのは、もう完全に出目ですから。ヽ( ´-`)ノ

 最後に、大宮競輪からのお知らせ(笑)。

 OSツインズにかわる、今年度の大宮のイベント進行は、『BACHプラザ』競輪担当の武田あかりさんがやるとのこと。BACHとのかけもちはめちゃめちゃたいへんだそうだが(矢口昌代さんから聞いたことがある)、がんばってください。

パンシャーヌ#9


 しだいに子供番組に近づいていく(笑)パンシャーヌ。近づいていくだけで、決して子供番組にならないのがすごいけど。(^^)

 今回のテーマはおふくろの味。で、ちゃんとストーリーがありましたよ。(w 朝の食卓からはじまって、マザコン怪人の悲しい生いたち、その母親が料理をつくらなくなったわけまで。このへんのブラックさが味になるはずなのに、最近の特撮ドラマには、あんまりないんだよね。こーいうテイスト。

 おっ、そうか! パンシャーヌって特撮ドラマだったのか!(^^) そーいえば、空飛ぶピザの特撮はすごい迫力だったぞ!(爆)

 あと、やっぱり出てきました、桃屋の力。3回くらい前に書いたけど、やっぱり桃屋が裏スポンサーなんだ。って、たんに浦沢さんか丸さんの好みかもしれないけども。

 ちょい味の濃い肉じゃがをママの味という理沙がいいね。先週、今週ともう理沙べったりです。はい。

 そして、母娘同時変身! おおっ! はじめて明かされる「美少女戦麗舞」の謎!

 違うか。戦麗舞が由美子さんで、美少女は理沙ちゃんかと思ったけど、それじゃお約束の「美少女?」「はいっ!」が成立しなくなっちゃう。でも、見るほうは今後そーいう解釈でよろしいんじゃないでしょうか。

 しかし、いいわ。母娘おそろいの戦闘服。(´・ω・`)

 パンシャーヌミニの登場で、ストーリーに奥深さがくわわりました。嘘。久しぶりの大怪作が誕生しつつある予感。これを1クールで終わらせるのは、ほんとうにもったいないっす。

大宮FI2日めは…


 きょうはネット投票で。勝負レースは10R。きのう、上吹越がよく見えたんで、ここと、二木の逃げイチだから展開的に戸邊。さらに、出目はここ6がらみ(笑)と見て、この1本勝負というか、5=6-全に1日のノルマぶん(w をぜんぶつっこんだら、こいつが5万シューになりますた~。えーと、12万弱? (´・ω・`)

 3着に微差で4着だった二木が逃げねばってれば、驚愕の48万シューだったんだけどね~。まあしょうがない。

 久しぶりの豊漁。これで、きのうの負けをチャラにして、宮杯の軍資金もごっそりできたぞっと。

 それに、感覚が500バンクにあってきたのが大きい。宇都宮の記念もチャラだったものの3勝したし。今年の宮杯はいい感じでいけそう。

赤い衝撃


 さとゆみさんがブログ「Smile of Dolphin」で『走れ風とともに』という曲のことを書いておられた。『赤い衝撃』の挿入歌だそうだ。

『赤い衝撃』といえば、百恵さん。でも、この曲は記憶にない。シングルA面と、初期アルバムなら全曲おぼえてると思うけど、『赤い衝撃』のころは無理。

 だけど、百恵さんを56億7000万年に一度だけ、この世と(いうか地球)に降臨する弥勒菩薩と考え、あがめる身としては、どういう曲か知りたかったので、ついにひっぱりだしましたよ、4年くらい前に出た全曲集『MOMOE PREMIUM』を。

 これ、まんまと販売戦略にはまって買っちゃったけど、もったいなくて畏れおおくて、これまで開封はしたものの、一度も聴いていなかったのだった。でもまあ、こういうときに使わないと、宝の持ち腐れだし。

 とはいえ、これをひっぱりだすだけでもひと騒動。棚のいちばん奥にはいってるから、キャビネットをどかして、ジャンクパーツをどかして……おお、ファインモールドの1/72ミレニアムファルコン発掘!それをどかして、ようやく棚の扉が開けられるようになり、そこに頭をつっこんで、本の山をとりだして、やっと手がとどく。

 しかも、これは素手ではさわれない。指紋がつくから。(w

 専用の手袋を用意してあるはずだが、どこにいったかわからないので、しばらく考えて靴下で代用することに。両手に靴下をはめて、本体をひっぱりだすわけですよ。(w

 結局、CD1枚発掘するのに20分がかり。(^^;

 でもって、仕事スペースはこーいうありさまに。

mp01.jpg

 靴下がいとあはれ。ヽ( ´-`)ノ

 それで、聴いたわけですが、当時の歌謡曲はしぶいね。これ、『パールカラーにゆれて』にはいってるんだけど、シングルカットされた曲以外は、やたらしぶいっす。(^^;

大宮行ってきた


 仕事がひと区切りついたので、さっそく大宮に出動してきた。じつは先月、西武園の記念に行って、いろんな意味でものすごく不完全燃焼だったもんで、1カ月間、ずっとこのFI開催を狙ってたのだった。

 で、大宮はやっぱり居心地がいいや。客もずいぶんはいってて、活気があったし。万シューが乱れとんで、4Rには50万シューも出てたし。ひとつ問題があるとすれば、その万シューが自分のとこにこないってことだけ。ヽ( ´-`)ノ

 2着ヌケ4本をはじめ、かなりやられたが、天気もよかったし、いい気分転換になったんで許す。今夜はこれから川崎でもうひと勝負しよっと。そういう気分なのよぉ~。

岸和田キング決勝


 ほとんどやる気がない岸和田。地元は全滅するし、ほかの主力も失格、落車のオンパレードだしね。やっぱり、落車が多いと、それだけで参加したくなくなる。だから、聖隆の応援車券しか買ってない。

 でも、いちおう決勝は、ひらめくものがあるんで。

 メンバーはこっち。ならびはこうらしい。

6浦山一栄-8石毛克幸-2志智俊夫-9濱口高彰
5佐藤友和-1岡部芳幸-3紫原政文
4高木竜司-7島田竜二

 これ、車券的にはおもしろいでしょう。自力、自在型がそろってるし。どっからでも狙える。当然、本線は岡部からだけど。

 でも、ひらめいたのは濱口。きのうの時点で、決勝に乗ったら濱口と決めてたら、ほんとにきた。しかも志智つきで。

 なので、志智とつきぬける2=9、岡部との1=9。ほかに、なにがあるかわからないんで、ぜんぜん脚を使ってない島田からをバラで少々。

30万PV御礼


 えーと、きのうの18時ごろ、東洋亭パーツ館が30万PVを突破しました。日ごろのご愛顧ありがとうございます。

 10万PV超がおととし8月、20万PV超が去年の6月2日だと思うので、だいたい1年10万くらいのペースです。ただ、去年7月にココログからFC2に移行して以来、検索によるユニークアクセスがかなり大幅減になってしまいました。

 そのくせ、ココログのほうは、いまも検索だけで、最大1日1万1000PVをこえたりするわけで、なんだか非常に複雑であります。

 また、先日、よきブロガーだと思っていた競輪の川島聖隆選手が、かなり衝撃的なかたちでブログを封鎖したりして、私自身もつづけるかどうか、多少悩んでいたりします。

 FC2移行直後も、やめようかと思った時期があったんだよね。でも、そのころ、競輪選手会埼玉支部長の永倉通夫選手とめぐりあって、永倉さんがこのブログを見ていてくれたんで知りあいになれたという重い事実があって、だからつづけてきたわけです。

 mixiにこもっちゃうと、こーいう出会いはなかなかありえないわけで。

 つー感じで、なんとなくめでたいと思えない30万PV突破です。

 ま、いいや。とりあえず、まだブログは閉めない予定ですんで、今後ともよろしくお願い申しあげます。次の1年は、だれも読まないような、徹底的独断自分史ブログをめざしたりして。ヽ( ´-`)ノ

パンシャーヌ#8


 やっばーい! 理沙ちゃん萌え。(*´Д`)ハァハァ

 久々にきたな~。このヒット感。石橋けい姫以来か。しかも長打コース。

 今回はふつうなら、佐藤座長のひとり舞台になるところ、すべてを理沙ちゃんとパンシャーヌ・ミニに持ってかれますた。(´・ω・`)

 座長を倒すのは最終兵器しかないということで。ヽ( ´-`)ノ

 冒頭、パンシャーヌの正体を知っているってとこから、寝ている神さまの頭に電話の子機を落っことすとこ、コスパでパンシャーヌ・ミニのコスをつくるとこ、ケータイ怪人との戦い(笑)、母娘スーパーヒロインそろい踏み、とどめに無意味に走りまわり……

 これは永久保存版です。(w

 ある意味、これこそ浦沢ワールドの真髄といえるかもしれません。

 いえね。これがなくても、座長の芸だけで、充分にひっぱれるエピソードだったんだけどね。ストーリーも、ちゃんと子供番組してたし。最後の寝たふりばあちゃんだけは、正直よくわかんなかったけど。

 でも、今回は理沙ちゃんにつきます。やー感動的。ばか。

若い力


 と感激し、っていうのは古杉。えーと、最近気になっている芸人に、活弁士の山崎バニラという人がいる。いえね、先週、たまたま『徹子の部屋』に出ているのを見て、いきなり感心したんですけど。

 活弁士。無声映画(活動写真)に声や擬音をあてる、アテレコの先祖みたいな、アレです。一時は絶滅寸前かと思っていたら、いまも十数名が生息していて、若手も数人いるとのこと。とはいっても、絶滅危惧種にはちがいないわけで、それだけで飯は食えないようですけど。

 その活弁士の道を選んで、独自の世界を展開しているのが、この山崎バニラさん。

 はっきりいって、エキセントリックな声です。最初は典型的アニメ声かと思ったけど、そうでもない。聞きづらいかと思ったら、3分で慣れちゃった。

 で、その声でたとえば『のらくろ』なんかの弁士をやるんだけど、これがエキセントリックながら違和感はまったくなし。むしろ、新しい境地を開いたという感じが強くて、好感触なのですよ。

 その「新境地」のひとつとして、大正琴と太鼓、あるいはキーボードを演奏しながらしゃべるという、新しいスタイルを通しているそうで、これがまたいい感じ。声質とぴったりというか。

 さらに、その外見も意外性たっぷり。えーと、公式サイト「バニラクエスト」を見てのとおりで、これは芸歴7年ながら、かなり完成したかたちだなという印象をうけます。

 でも、ここからがこの人がハンパじゃないところ。

 これはまだまだ完成形じゃなく、試行錯誤の過程だと、本人がいいきってます。ここが若い力。7年前、はじめて活弁士つきの活動写真を見たという、よけいな刷り込みがない状態からスタートしたのがよかったのか、やっぱり本人の才能か……とにかく、活弁という絶滅寸前の世界に、こうやって新風を吹きこんでいるのです。

 当然、先輩とかの反発はかなりのものだと思うけど、まあいいじゃん。ほっといたら、いずれ絶滅する日本独特の話芸を、こういうかたちで復活させようっていうんだもん。それに、よーく見ると、やってることはきわめてオーソドックスというか、基本がきっちりできてる。

 これはキワモノに見せかけているホンモノです。本人もそれは意識しているはず。そのへんの頭のよさが、この人の武器でしょう。

 というわけで、この芸は応援したいです。はい。

 たしか、6月2週くらいのテレ朝『題名のない音楽会』にも出演しているそうなので、実際の芸はそちらで。

 あと、上の公式サイトからもたどれるけど、ブログ「バニラ日記」もあります。ここを見ると、バニラさんの芸は、じつはこの文才にささえられているとわかったりして。

 あと、ひとつだけ気になるのが、語り口調。なんか講談なんだよね~。でも、本人は講談を1度しか見ていないそうで。というと、師匠の人の影響なのか。まあ、もともと似てるといえば、それまでなんだけど。もうちょっとふつうのしゃべりでもいいような気がします。はい。

Faithがアキバに新店舗オープン!


 アキバもいまとなっては、わしらの街じゃなくなって、昔をいまになすよしもがな、PCパーツ店は衰退の一途だけど(つか、世界のPCパーツ市場そのものが、あと10年もつかどうかだけど)、そのなかにひと筋の光明が!

 なんと、いつも店舗やネットでパーツを買ってるFaithフェイスが、このご時世にパーツ専門店を新規出店するんだって!

 場所はこのへん。19時すぎに、メールニュースがきて、はじめて知った。ネットでは、いちおうここに告知が出てる。「近日UPDATE!」だそうで。

 オープンは6月2日土曜日午前11時で、コンセプトとしてはパワーユーザー向け。ニュースによると、

コアゲーマーやオーバークロッカーなど、パワーユーザー様向け商品の取扱を強化!
オーバークロック関連商品や、海外でしか入手できないコアなアイテムなども取扱&販売予定です。
もちろん、通常のPCパーツや周辺機器なども幅広く取扱いたします。

 とのこと。

 ま、あたしゃパワーユーザーじゃないですけど、こーいう店舗が新規にできるのはとてもうれしい。開店セールのお祭り騒ぎが終わったころ、平日にでもちょろっと見に行こっと。

 予定としては、次に東京に出るのは6月15日か。このへんを。でも、この日はスーツ着用の予定なんだよな~。アキバがうけいれてくれるといいが。(w

きょうから真夏日


 PC的には。

 例によって、快晴で気温が25゚Cをこえると、CSアンテナが誤作動するので、きょうの飯塚オートはネットライブで見ていた。そうすると、なんだか暑い。すわっていても、じっとり汗がにじんでくる。

 もしやと思い、マザボの温度監視ソフトを起動させた。マザボがASUS製なので、監視ソフトはPCProve。

 そしたら、やっぱり60゚c行ってましたよ。CPUコア。マザボは33゚cだから、明らかにネット常時接続による負荷。

 1630時をすぎて、アンテナのコンヴァータが回復したんで、伊勢崎ナイターはCSにして、ネットライブをとめたら、5分で46゚cまで落ちた。

 これがあるんだよね~、夏は。(TnT)

 これから9月いっぱいまでは、PCの温度管理もきびしくなるから、PCProveを常駐させておく必要がある。さっそく、ショートカットをつくってall userスタートアップに放りこんで、作業終了。

 ということで、PCはきょうから真夏モードになりますた。

 そういや、今年はCPUファンを交換したほうがいいかも。わが現主力マシンの震電は、まもなく正式稼働から満3周年を迎えるので、そろそろメンテの時期なのであった。

ワンダーランドカップは後閑(笑)


 ほんとに後閑が差しちゃったよ。頭でわかってても、脚がとまらないタイプ。まあ後閑らしいというか。

 で、なんであたしゃ、そーいっときながら、5-1買ってないんだ?(^^;

ワンダーランドカップ決勝


 というより、神山劇場最終章。武田も後閑も、神山を勝たせるつもりだろうし。まあ、後閑は頭ではそうわかっていても、脚が動いて差しちゃうかもしれないけど。

 これで今開催は2勝4敗。ふつうなら、かなりプラスになるはずだけど、どっちも押さえだったんで、ほとんどチャラ。う~ん。

 でもって、鉄板だよねえ、この決勝は。

3武田豊樹-1神山雄一郎-5後閑信一
9伊藤保文-2岩見潤
7渡邉晴智-8海野敦男
4田川辰二
6内藤宣彦

 でも、武田は買いたくない!(笑)

 なので、今回気になってて、結果も出してるふたり、岩見と内藤から穴狙い。しかないでしょ。海野もきのうは意地を見せたけど、2日連続はないよね。

 というわけで1=2、1=6。あと、内藤の3着はかなりありそうなので、1-全-6。はい。

徹底先行ブログ終了


 徹底先行こと川島聖隆選手が、ブログをやめました。ちょっとショック。

 えーと、理由は要するに、いまはブログが乱立しているし、書いてる記事も自分ではつまらないと思うようになった、というのがひとつ。

 それから、徹底さんはネット生活でも徹底先行マニアで、たしか競輪選手個人がサイトを持ったのも初、ブログも初という感じで、ネットでもつねに先頭を走っていたい、というのがひとつ。

 そのふたつの理由から、ブログは閉鎖して、今後はmixiでの日記に移行するということです。

 その宣言をブログ上でしたのが、きのうの昼すぎ(13時ごろ)。で、夜にはブログを削除してしまいました。(^^; ほんとに徹底先行なんだから。(^^;

 というわけで、徹底さんマニアの方は、今後はmixiにどうぞ、とのことでした。

 じつは徹底さん、今年の正月からmixiにはいってて、コミュも運営していたりします。はい。

【追記】
あと、FC2ブログの管理画面を操作しようとすると、めちゃくちゃ重くて、それもブログをやめる要因になったそうです。たしかに、mixiのほうが相対的に軽いわけで。

エリー登場!


『仮面ライダー電王』の20日と27日オンエアぶんに、アンドロイド・エリーこと満島ひかりさんがゲスト出演します。もうすでに大半の大きなお友達は知ってると思いますが。

 つか、数人の方から、「電王見てないんですよね、エリーが出ますよ~」というメールをいただいたりして、恐縮です。そーいうわけで、満島さんのオフィシャルサイトはよくチェックしているので、存じておりました。でも、次は見逃すかもしれないので、またなにかありましたら、通報をお願いします。(^^ゞ

 ちなみに、良太郎の高校の同級生役ということで、ふつうの人間らしいです。はい。Nationwiseさんによると、「それほどふつうでもない」かもしれないそうですけど。

 さ、録画予約するのだ。

ワンダーランドカップ準決


 久しぶりに落車の目だつ開催だけど、いいレースも多い。戦績はあれですが。

 きのうは押さえの3-2をとったものの、ごくわずかなプラス。でもまあ、勝ち癖をつけるということで。

 しかし準決も変な番組というか、また神山劇場ですよ。

 8Rはおもしろいんじゃないかな。藤田の徹底先行だけど、濱田の動きしだいでは展開が一変するかも。そうなると、舘の出番かな。調子もよさそうで、このメンバーなら最後つっこめそうな気がする。なので、濱田番手の前反との1=7。あと、このふたりに竜也ラインの28をからめて押さえ。

 10R。北津留のペース駆け、晴智くんの追いこみって、1番人気だけど、しょうがないような。ここは遊びで今回気になってる内藤をからめて、136の3連単ボックス。

 11Rは神山劇場で、相手探しだよね~。岩見。3=5だけ持って見学。

ワンダーランドカップ


 あんまりおもしろくないね~。予定調和ばっかりで。ケンで正解。

 そうそう、ゲームセットじゃつまんないんで、ゲームリセットしますた。でも、ぜんぜんやってないんで、リハビリにすこし手を出そうかと思うきょうこのごろ。

 2次予選8Rは、北津留と藤田竜也のたたきあい……にはならないで、北津留の捲りでしょう。でもって、腐っても合志で、竜也の番手にいる諸橋と3=5。きのう見てて、ちょっと気になった岩見もからめて、357ボックス。

 優秀戦11Rは……これまた予定調和なんだよな~。でも、2度同じ手は通用しないと願って、捲ってくる大塚に期待。神山はすくなくとも2着までにきそうだし、あと晴智くんをからめて、123ボックス。なんか、似たような目だな。ま、いいや。あと、九州のつきぬけもあるかもしれないんで、1=8も押さえ。

H-IIAのペーパークラフト


 毎日巡回するブログをさまよっているうち、キヤノンのサイトにたどりつき、さらにふらふらしていたら、おもしろいものがありますた。

 H-IIAのペーパークラフト。DLして、プリントアウトしてつくるやつ。A4判10枚というから、大作の部類にはいるかも。

 もちろん、インクを買わせるためのシカケですが、いいものはいいということで。

 DLはこちら。ほかに、定番の恐竜とかもあるし、簡易月球儀なんていうキワモノも。さらに、宇宙ホテルというナンダカナンまで。この宇宙ホテル、どっかで見たことがあるけど、なんだろう?

 ま、いいや。DLしてみないとわかんないけど、デザインがよければ、次の休みにでもつくろうか >H-IIA。

しがらみ屋台がリニューアル


 名作『超星艦隊セイザーX』の巨匠、いちぽんこと市野龍一監督のサイト『しがらみ屋台』公式家頁がリニューアルというか、日記のみアメブロに移転して、「しがらみ日記 シーズンセカンド」として生まれかわった。

 といっても、まだ引っ越しの挨拶しかアップされてませんが。

 今後はこのシーズンセカンドがメインになるものの、公式家頁ものこされるとのこと。

しがらみ日記 シーズンセカンド
『しがらみ屋台』公式家頁

パンシャーヌ#7


 なんといえばいいか。今回のあらすじとかは、ばかばかしくて書けませぬ。

 いままでも、かなり行っちゃってたパンシャーヌですが、過去の全エピソードを凌駕する神エピソードでした。まあ、過去の全エピソードといっても、7話めなんですが。

 ストーリーは公式サイトでも見てもらうとして、この第7話はパパイヤ鈴木さんと矢吹さんの、魂の戦いでありました。ヽ( ´-`)ノ

 まあね、キャラ対キャラですよ。乱獲されたマグロの怨霊対いまだ美少女ヒロインやらされてる由美子さんの、というか。しかも、どっちも好きでやってる。

 それ以外は……前半は子役の理沙ちゃんが、シビアに演技していて、だれかが演技したのは、パンシャーヌ7回の歴史でもそうあるものじゃありません。(w

 また、エンディングのオチはちゃんと子供番組してて、このへんのつくりこみには、いつも感心するです。

 とかなんとかいって、今回はとにかくパパイヤさんにつきるでしょう。ほかの怪人さんもそうだけど、すごいノリノリの演技というか、うれしそう。アドリブも満載で、それだけでも一見の価値があるかも。とくに、ビーチバレーと水球で、180度違う立場を演じてるんだけど、そのギャップがじつにうまいというかベタというか。

 これが1クール……11話? で終わっちゃうのは、なんとももったいない気がします。はい。

 来週は早くも座長登場&ミニシャーヌ誕生!

 正直、座長は最終回に、シャマー星人として登場してくれないかなと思ってたんですよ。浦沢さんは過去に、セブンを登場させたりしているわけで、シャマー星人ならぴったりかなと思ってたしだいで。

 だから、残念といえば残念なんですが、座長だからまたとんでもない怪演を見せてくれるでしょう。そーすると、最終回は柴田さんか。浦沢オールスターズ。

ゲームセットか


 あれま。きょうの負けで、ついにネット投票の口座がからっぽになっちまったよ~。ゲームセット。

 でも、月末また本場に行くし、ちょうどいいタイミングだから、宮杯まで休もう。

 と、思ってたら、高知の4日制FI(ここ3日、ここでやられつづけていたわけだが)のS級決勝に、聖隆が乗ってしまった。これはまた、応援車券をつっこまないとならない。う~。

 しかたない。あした入金してくるか。えーと、カードがいるんだよね。IDカードじゃなくて、ATMで使うやつ。どこにいっただろう? ぢつは口座をつくったとき、1回入金しただけなんで(思えば、けっこう勝ってたのであった)、すっかり手順を忘れてしまったのでした。ま、なんとかなるでしょ。

AMDの新CPUブランド


 ここんとこcore2duo、core2quadにやられっぱなしのAMDだけど、ようやく再反攻の狼煙をあげた。といっても、次のクアッドコア、Barcelona世代の新しいCPUブランドが発表されただけだけど。(^^;

 記事はPCWatchの「AMD、デスクトップ向けCPUブランドを刷新~クアッドコアのブランド名はPhenom」というやつを。クアッドコアの新ブランドは「Phenom」になるそうだ。

 ま、あれですよ。AMD的にいうと、intelちゃんの「なんちゃってクアッドコア」に、いつまでもでかい顔をさせるわけにいかないってことで。

 知ってる人は知ってるけど、core2quadなど、intelちゃんの4コアCPUは、実際はデュアルコア2個をべつのダイに載っけた、デュアルコアX2とでもいうCPUなのですよ。PenDやCeleDが「なんちゃってデュアル」だったのと同じで。

 それに対し、開発コードBarcelonaは、ネイティヴクアッドコア、つまり、はじめから4コアをひとつのダイに載せるという、無理なく設計された製品になるわけです。

 両者の差は、過去の「なんちゃってデュアル」vsネイティヴデュアルのときと同じと想定できるわけです。あのとき、intelちゃんのPenDは、自社内からも「ロバ」と陰口をたたかれたものでした。

 ま、intelちゃんと比較する必要はないんで。

 どっちかというと、この記事をとりあげた理由は、このネーミングセンス。フェノン。いい名です。

 AMDが好きな理由のひとつに、このネーミング感覚があったりするんだよね~。

 最初のころこそ、K-IIとか、互換チップのつまんない名だったけど、オリジナル路線になってからは、Athlon、-XP、-64、-X2、Duron、Sempron、Turionと、特有の言語感覚でいい名称を連発している。

 Phenomも、できたら末尾をnにしたほうが統一感はとれるものの、単語の意味からするとここはこれでいいでしょう。愛称はPhenominaに速攻で決まり。

 世界じゅうに流す広告のキャラクターには、ぜひジェニファー・コネリーを起用していただきたいという、はい、いいたかったのはこれだけです。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
しまった。フェノンじゃなく、フェノムです。統一感があるからフェノンのほうがいいと思っているうち、そっちを書いてしまった。ヽ( ´-`)ノ

全プロ2007の結果


 過去2年も掲載しているので、いちおう。データは日本自転車競技連盟のサイトから。

1kmタイムトライアル
第1位 大森慶一 北海道 北日本地区 1:03.156
第2位 中川誠一郎 熊本 九州地区 1:03.333
第3位 松田優一 茨城 関東地区 1:03.989
第4位 三宅達也 岡山 中国地区 1:04.410

スプリント
第1位 渡邉一成 福島 北日本地区
第2位 北津留翼 福岡 九州地区
第3位 金子貴志 愛知 中部地区
第4位 石橋慎太郎 静岡 南関地区

ケイリン
第1位 武田豊樹 茨城 関東地区
第2位 手島慶介 群馬 関東地区
第3位 小嶋敬二 石川 中部地区
第4位 岡部芳幸 福島 北日本地区

4km個人追抜競走
第1位 内田慶 栃木 関東地区 4:33.976
第2位 倉野隆太郎 愛知 中部地区 4:40.200
第3位 佐藤悦夫 福島 北日本地区 4:48.787
第4位 鳥生知八 愛媛 四国地区 4:49.657

ポイントレース
第1位 岡村潤 静岡 南関地区 22p
第2位 佐藤朋也 秋田 北日本地区 13p
第3位 田村武士 新潟 関東地区 10p
第4位 佐藤友和 岩手 北日本地区 10p

4km団体追抜競走
第1位 九州地区 柊元則彦・梶山裕次郎 ・白水洵 ・田中孝法 4:29.313
第2位 近畿地区 窓場加乃敏 ・久米康徳 ・岩崎稔 ・山岸正教 4:32.676
第3位 南関地区 松江健一 ・村本大輔 ・海野敦男 ・山崎敦雄 4:36.364
第4位 中国地区 近藤修康 ・郡英治 ・岡本友和 ・大屋健司 4:36.727

チームスプリント
第1位 北日本地区 伏見俊昭 ・佐藤慎太郎 ・佐々木雄一 1:14.763
第2位 四国地区 濱田浩司 ・渡部哲男 ・岡本大嗣 1:15.256
第3位 関東地区 坂本英一 ・神山雄一郎 ・松岡慶彦 1:16.025
第4位 南関地区 中村浩士 ・伊勢崎彰大 ・ 武井大介 1:16.303

 1kmTTの大森慶一は、チャレンジ・ザ・オリンピックにつづいて1位になってるね。ほかも強化指定選手が順当……長塚のやつがいない。orz 久留米走ってたのか。う~ん。

 武田がケイリン2連覇というのも、なんとなく皮肉。そーいえば、オリンピックはめざさないんだな。

 チームスプリントは地元がとったんだ。四国の3連覇ならず。「ニュース&トピックス」で遊んだのが悪かったか。ヽ( ´-`)ノ

 今年は全プロのもようを、いわき平のネットライブで見られたんだが、これがひどくてね~。(TnT) なんか、進行の女の子ふたりがだべりっぱなし。

 向こうのほうで、磯一郎さんらしい実況の声が聞こえてるのに、ふたりがじゃまで聞きとれない。5分と耐えられず、浜松の中継にもどりましたとさ。しくしく。

 ちなみに、去年の結果はこちら

インターネット投票がダウン


 システム障害なのかな? 完全にダウンしているようで。

int01.jpg

 いま、高知の聖隆応援車券をしこもうとしたら、ダウンしてるじゃないの。電投は生きてるそうだけど、いまさらめんどくさいし。

 これは買うなという、天の思し召し? ま、そういうことで。

【追記】
13時ごろ復旧したらしいけど、知らなくて買えなかった。つか、買わずにすんだといったほうがただしい。ヽ( ´-`)ノ

めぞん一刻!


 やー、おもしろかったっすよ。一徳さんが四谷さん役をやるという時点で、見ることは決めてたんだけど、各キャストがここまではまるとは。

 響子さんのぼんやり感を出すなら、田丸麻紀さんのほうがいいんじゃないかとか、事前にとーこちやんと話してたんですが、伊東美咲さんもすっかりぼんやりしてて(笑)。あと、岸本さんは演技力からして当然として、高橋さんが六本木さん役ぴったりなのにびっくり。

 でも、いちばん驚いたのは、五代くん役の新人! 

 このぼんやり感はハンパじゃない!

 いやほんと、みごと。これくらいぼんやりしてるなら、諸星あたるもできるんじゃないだろうか。

……なんか、ぜんぜん褒めてないみたいな感じだけど(苦)、この時間帯のドラマで、まともに1本ぜんぶ見たの、すごく久しぶりだもん。それだけ、ひきこまれたのはたしかです。はい。

 演技力? そんなの、パンシャーヌ見慣れてれば、どうってことないって(自爆)。

『地球へ・・・』その後


 いろいろ用があって、3週間ぶりに『地球へ・・・』を見ますた。

 今回は話にひきこまれたよ~。ちゃんとSF考証やってるアニメって、ずいぶん久しぶりじゃない? OVAはほとんど知らないけど、サンライズのリアル路線以来とか。あ、エヴァは見てないんで、なんともいえないか。

 メカデザインもちゃんと30年の経時変化に対応していて、非常に好感が持てます。キャラの作画にやや問題がある気がするけど、そこは声優陣が補ってるし。ストーリーも原作にかなり忠実だし。

 これは「きれいな」作品になりそうね。『エウレカセブン』以来の。そーいえば、同じ毎日放送の制作か。アニメについてはぜんぜん知らないけど、このスタッフ、かなり自信を持ってつくってる感じであります。

 あとは……竹宮さんが『スラン』をはじめて読んだときに感じた、そのみずみずしさを、どこまで再現できるか、そのへんに、このアニメが傑作になりえるかどうかが、かかっているような気がします。

 傑作になるんじゃないかな。そーいう予感がひしひしと。

パンシャーヌ#6


 やっと見ました第6話。

 日曜に1~4話の編集をやって、水曜にそれをDVD-Rに焼いて……と、パンシャーヌを見まくっていたので、さすがにすこし間をおいたというか。(^^;

 第6話もマイペースというか、ゆるいというか、いいかげんというか、シュールでみごと。低予算だし、役者も演技力ないし、でもなんだかんだいって脚本がしっかりしてるんだよね。だから、破綻しそうで、破綻しない。ここらへんがこのシリーズのうまいところで。

 今回もペットと飼い主が逆という、とてもベタなネタを、うまくごまかしながら(笑)ちゃんと起承転結つけちゃった。しかも、はじめて子供番組らしいオチまでつけて。

 そーいえば、パンシャーヌって、子供番組だったんだよな。いままで気がつかなかったけど。ヽ( ´-`)ノ

 こまかいことを指摘する気はまったくないけど、食卓にあるのがなぜ桃屋製品ばっかりなのか、すこし気になりますた。(w いえね、冷蔵庫のなかにも、桃屋のつゆ大徳利濃縮2倍がはいってたりしたのですよ。

 ということで、来週の「敵」はパパイヤ鈴木さん。ノーメイクのようで。(w

全プロ記念は今年もパス


 全プロ記念も、ワールドグランプリと併設でやってるころは興味あったんだけど、いまとなっては、なんだかね~。真剣勝負って気がしないんで、今年も不参加。

 だいたい、FIIっていうのが、ばかにしてね? オールS級の協賛競輪はGIIIなのに。親王牌トライアルなんだから(本体の全プロのほうがだけど)、GIIが妥当だと思うわけですよ。ま、それいっちゃえば、グレードなんか、どうでもいいってことになるけど。

 というわけで、きょうは船橋、あしたからは浜松の開設記念。無理だけど、全プロ本体のほうを、スピチャンでやってくれるといいんだけどねえ。

里山の花


 きょうもCSが不調そうな天気だけど、いらいらしないように、こないだ撮ってきた花など愛でて。

kata01.jpg

 カタクリ。以前から、テリトリだった石神井公園なんかでよく見かけていたので、それほどめずらしいとは思わなかったんだけど、いまは貴重な植物らしいね。そーいえば、20年以上前だけど、天ぷらにして食ったことがあるな。

 この里山には、群生地が数カ所あった。

kata02.jpg

 ミズバショウ。現物ははじめて見たかも。美しいといわれているが、この白いところを緑にすると、グリーンモンスになるよにうな気も。(^^; たしかに、清楚な感じではありますが。

 同じく、群生地(というほどでもない、小規模なもの)が、目についただけで2カ所ほど。

kata03.jpg

 花じゃなくて、ジュラ紀のシダ類ですが。嘘。どうやらこれはコゴミらしい。地方によっては、コゴメともいうのかな? このへんでは代表的な山菜のひとつ。ただ、ここまで大きいと、たぶん食用には適さないと思う。

FC2Ad