FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

パンシャーヌ#3


 たしかにね、これは歴史上稀に見る駄作か、ものすごい傑作か、どっちかです。とくに、メインキャラの演技力を俎上にあげると……

 でも、この第3話「健康的な幽霊」は、後者です。つまり、傑作。すごいじゃん。いいじゃん。浦沢ワールド全開で、しかもちゃんとしんみりさせるオチもついて。

 今回に関してだけいえば、棒の「偏差値の低そうなおまわりさん」も、このシーンのこのセリフのために、ずっと棒をやってたように見えるから不思議。(w

 でもって、作品世界をささえるのは、もちろん梅ちゃん。ひとりレベルの違うシリアスな演技をつづけたと思えば、豆攻撃も忘れない。これはやっぱり強烈すぎ。えーと、あの奥さん役もワハハの人だけど、これで豆攻撃の理由というか必然性が、史上はじめて明かされたわけです。ぉぉ!

 そーか。豆腐屋さんねえ。だから豆だったんだねえ。しみじみ。

 というわけで、これまであきれて見なかった人たちも、しっかり見とどけていただきたいと思います。これほんとに傑作なんで。すぐに飽きるかもしれないけど。(w それでも、まあ1クールだそうですからがまんして(爆)。

 もうひとつ。今回は梅ちゃんがすごすぎたわけだけど、それをべつにすると、この番組を支えているのは、やっぱり矢吹春奈さんの、あのうれしそうな笑顔なんだよね~(マスク着用時もふくむ)。

 この人を見ていると、ぜんぜん共通項はないんだけど、『ちゅうかないぱねま』の島崎和歌ちゃんを思いだしてしまうのです。なぜか知らないけど。でも、たぶん、ほんとうにうれしそうな笑顔のせい。

『いぱねま』があったんで、わが家では、いまでも島崎さんは「和歌ちゃん」と呼んで愛されているのですね。矢吹さんにも、それと同じ遺伝子を感じます。そーいう意味で、やっぱりこの作品は矢吹さんのためにあるのですよ。きっと。
スポンサーサイト