東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武園の華


 西武園について、もうすこしやわらかいほうの話題も。半分、本人のメモがわりということで。

 えーと、個人的に、埼玉2場の新年度いちばんの関心事は、OSツインズがいなくなったあと、後任のイベントMCや場内インタビューはどうなるかという点だったんだけど(^^; 意外な人がいました。小林万里子さん! ぉぉ!

 知ってる人は知ってるけど、この業界における女性キャスターの草分けのひとり。競輪では、立川のメインキャスターをずっとつとめているし、たしか競馬の仕事もしているはず。どこかの局でふつうのニュースを読んでいてもおかしくないのに、やっぱり競輪にリスペクトしてしまったんでしょう。

 これまでパーツ館でとりあげたことはなかったけど、以前からすぐれた人だと思ってます。

 ほかに、サブ企画の進行をしていた人がいたけど、詳細はわからない。優秀戦の出場者インタビューなどは、遠くから聞いていた範囲では、小林さんだったと思う。埼玉名物『BACHプラザ』の競輪担当、武田あかりさんの姿は見なかったと思う。

 ただ、格からいっても、小林さんが今後ずっと埼玉2場のイベントを担当するとは思えないので、このへんも次回、大宮FIでチェックする予定です。はい。

 次。今回、わざわざ片道2時間かけて、西武園まで行ったのは、前にも書いたとおり、もちろん弥彦の姫たち、すぴRitsがくるからです! 断言。でも、ほんとに、車券だけならネットで買えばいいわけで。

seibspi01.jpg

 はい。全員集合した姫たち。今回は先頭誘導+イベントの進行(マイク)係として、及川さんも帯同しての10名編成。

 ただ、せっかくすぴRitsを招聘したのに、すくなくともこの2日めに関しては、主催者側が姫たちをまったく活用できなかった。これははっきりいっておきたい。ひどかったよ~。

 第一。姫たちが何者か、事前の広報がまったくない。ついでに、イベントを開催するというアナウンスも、開催の前のレース発売中に、1回場内アナウンスがはいっただけ!

 これで、すぴRitsのよさをひきだせると思うのかねえ? >主催者。

 ぢつは、この写真がすべてをあらわしているんだけどさ。

 この日のイベントは、「すぴRitsの紹介と、今回の記念開催で、姫たちがなにをやるのかという説明、このふたつを前提として紹介したうえで、姫たち自身はDVDを売り、なおかつファンクラブ・clubすぴRitsへの入会を勧誘する」と、こういうコンセプトのイベントだったわけです。

 いや、そうじゃないという、関係者からの反論があれば、どうぞご一報を。

 ところが、当日「イベント会場」(「 」でくくったのは、もちろん嫌み)に用意されたのは、写真を見てわかるとおり、会議用テーブル2個だけ。

 姫たちは、ここでDVDを買った客に対し、サービスとして、サインをすることになっていました。

 どこでサインするの? サインをするためにすわる椅子はどこ? すわらないでサインさせるつもり?

 なにより、サイン班、DVD売り班、ファンクラブのチラシを配る班など、シチュエーションの異なる複数の仕事があるのに、それは姫たちまかせなの? 招聘した西武園の職員は、なにをやってるの?

 まだある。

 姫たちにサインをさせるというと、テーブルだけでなく、椅子も用意するのは、社会人としての最低の常識として、姫たちのコスチュームは考慮した?

 ミニスカのコスなんだから、今回用意したような会議用テーブルじゃまずいでしょ? 前が目かくしされてるテーブルじゃないと。

 さらに、

 だったら、その目かくしに、すぴRitsのロゴぐらい入れるのが常識でしょう?

 そういう、イベントを開催するにあたっての、ごく基本的な主催者側の配慮のなさが、多少ともそういう世界を知っている私には、ひどく不快でした。

 すぴRitsを呼べば、招聘すれば、それで仕事が終わっていると考えていたよね? >私が文句をいった担当者諸氏。

 どこまで近づいていいか、いつから写真撮影をはじめればいいか、いつからDVDを販売していいか、どういうかたちでサインをするか、合図・指示をしたのは、すべて、ただの客である私だったよね? >担当者諸氏。

 いくら選手会ががんばっても、現場がこれだから、売上が伸びないんですよ。

 西武園はそういう場でした。はい。
 
スポンサーサイト

西武園はどうなる?


 そういうわけで、記念の2日めに参戦してきたわけですが、場そのものの印象はというと、よくないというのが忌憚のないところですた。

seib01.jpg

 もっとも、「トーターの委託になって、なにが変わるのか?」という点が、最初から気になっていたため、意識として「やや辛口」くらいで見ていたかもしれないけど。

 でも、それをさしひいても、印象が悪いのですよ。なんというか、ファーストインプレッションは無機質。血が通っていないといってもいいかも。

 たとえば、都市部にある競輪場なら、コアな客が数多く見こめるから、どちらかというと「鉄火場」のイメージでいいと思うのです。川崎とか、京王閣とか。大宮も。

 一方、地方の場は「お祭り広場」であり、その中心にバンクがあるという印象。平塚は大都市だけど、この雰囲気を漂わせていると思うし、弥彦はこの点でいちばんの優等生。

 ところが、西武園には、どっちの印象もない。鉄火場の匂いはないし(具体的な臭気ではありませぬ。もちろん)、お祭りをやってる空気もない。ただ、競輪場という空間だけ用意しておいて、「きたい人はくれば?」という、つきはなした印象なのですよ。

 それは、たとえば売店なんかの無気力感にもあらわれているし。売店はほんとに魅力ないね~。なにか食いたいって気にならないもん。やっぱり、空間だけあるものの、魂がはいってないというか。

 設備はきれいなんですよ。でも、それだけに、空疎な感じがするというか……

 そうだ! 箱物行政。あれに近い。

 箱物行政でつくった、豪華だけどぜんぜんおもしろくない施設ってあるでしょう? 埼玉でいうと、「川の博物館」とか。あれに似た感覚をおぼえたんだ。そうそう。印象としては、これがすごく近い。

 同じ箱物でも、江戸東京博物館だと、ものすごくサービスがいいし、客主体の経営をしているから、何度もくりかえし行きたいと思うわけ。それに対して、川の博物館は箱だけつくって、中味がまったくないから、もう一度行きたいと思うだけの訴求力がない。「川の近くにあるトイレ」という利用価値はあるけど、それだけ。

 うん。そーいう印象でした。

 ちなみに、トーター委託になって、なにか変化はないかと、いろいろ歩きまわって取材したところ、まず、JR新秋津駅からの無料バスの本数が、今回、2便減らされたそうだ。それで、いつもと同じ時刻にバスが発車しないというクレームが数件あったとのこと。また、今回は記念なので、2本の減便だったが、一般開催のときどうなるかは、話を聞いた警備員の人も、わからないといっていた。

 それから、関東ローカルの公営競技開催情報の定番、TX系朝の『きょうのレースガイド』に、今年度から出稿をとりやめたとという。

seib02.jpg

 これは個人的にかなりショックだった。この番組は地味ながら、ある意味で公営ギャンブル情報の発信中枢みたいな存在なのだ。関東では。すくなくとも、私はそう思っている。

 ただ、「きょうどこの場で開催があって、どの場外でどこの場の発売があるか」という情報だけなんだけど、これを見て、「じゃあ、きょうはこの場に行こう」と、考える客が、圧倒的に多いはずなのだ。

 実際、この無料バスのなかで、「きょう(西武園が)やってると知らなかった。駅前を通りかかったら、バスが出てるんで、あわてて準備してきた」と、話しているじいさんがいた。バスでたまたま乗りあわせた、常連さん同士の会話という感じだったから、きっと、開催があれば、よく行ってる人なんだろう。

 つまり、「開催している」という、最低限の情報が、常連客にも伝わっていなかったということ。これはまずいでしょ? こーいう、細かい部分の積み重ねが、今回の惨敗につながったのかもしれない。

 というようなことを、ここ数日、考えてますた。

 売上については、公式目標の92億に対し、初日、2日めが20億の目安に対して16億台の惨敗で、計33億、3日めは盛りかえし、4日めは意地で31億売りあげたものの、結局6.4億ショートの85.6億にとどまった。初日、2日めのぶんが、そのままとりかえせなかったという数字だ。

 なぜそうなったか? 理由のすくなくとも数%は、レースガイドに出稿をやめたからだと、マジで思う。スポーツ紙もとってない、PCもネットも利用しない常連客が、場に行くかどうかを決めるきっかけとして、この番組の影響力は非常に大きいはずだから。

 なので、駅の開催案内の看板なんかいらないから、テレビの開催案内は復活させないと。客層を考えれば。

 これをふくめて、西武園は(なのか、「トーターは」なのか、そこはわからないけど)、客の便宜をはかるという意識が、ひどく欠如しているように見えた。

 これが私の当面の結論です。もちろん、1回見ただけじゃわからないので、もっと具体的な判断は、5月下旬のホーム大宮のFI開催を見てからにしたいと思いますが。はい。

 客に対する便宜という話は、次にも一部つづく。

ただいま~


 いま帰ってきますた。くわしくはいずれ時間があったら。その前に西武園の感想も書かないとならないし。

帰省というか


 例によって十日町に行ってきます。

西武園参戦


 つーわけで、行ってきました。しかし……

 いつものように青競を買って(すいません。ぢつは青派なんです)、ざっと目を通したら愕然。初日の売上、16.6億しかいってない。20億はいかないとまずいのに。

 さらに、場内にはいってみると、400バンクの場にしては、客が閑散としてる。前日の5000人って、大宮ならFIIでもこのくらいはいるよね。う~ん。

 帰ってから某所を見たら、やっぱり潰滅的数字という位置づけらしい。そうだよね。客がびっくりするくらいだもん。非常にまずいと思います。

 そのへんをふくめた、行ってきた感想は別項に書くとして、結果だけ。

 読みはいいんですよ。6個レース買って、展開がはずれたのは2個だけ。たとえば、11Rの優秀戦は、平原と村上がまたやりあって共倒れだから、石丸から勝負! とかね。

 9R。谷津田はほんとは慎太郎となんかまわりたくない一方、湊は太田とじつは仲がいいから死に役を買ってでたわけで、その太田のラインに、好調な志智のラインをからめる。とかね。

 ここまで読んでて、巧妙にヌケ目ばっかりですた。とったのは公人車券のみ。またかい。orz

【追記】
競輪研究さん(ここがG戦の売上と入場者を把握するのが、いちばんかんたん)web版に行くついでに見たら、西武園はいま青競しか売ってないんだ。へえ~。

黒があったころは知らないけど、1場1紙って、かなりめずらしいのでは? なぜ?

ゴールドウィング賞2日め


 これから本場行ってきます。

ゴールドウィング賞初日


 そういうわけで西武園の記念。同じ埼玉でも、こっちはあまり知らないんですが。今回は2日間だけの参戦なので、まあぼちぼちと。

 9Rははっきり調子落ちの手島、調子イマイチかなの村上、調子そこそこよさそうな新田の戦い。とくに、村上のうしろはもつれそうだし。そうすると新田の捲りごろか。番手の白戸も調子よさそうだし。4=7から。って、1番人気かよ。orz

 どうしよう。じゃあ、3着に穴目でも買おうか。

 10R。人気は慎太郎にかぶりそうなので、お買いごろ。地元の公人選手がつく栗田が顔を売って、公人選手が差し。2着はややひろく、4-1389。このうちいくつかは折り返し。

 11Rは地元の新旧エース登場。その3番手に川口。ふつうなら、ここからだけど、志智は埼玉と相性がいい。なんかそーいう印象がある。反対に、平原はある意味で未知数。佐々木は直近こそ、地元で優勝しているものの、今年ほとんど走ってないといっていい。

 とすると、志智からかなあ。2着も岩見でいいような。いちおう、平原の顔もたてて、2-15でいいや。

デスクトップphoto変更


 約1年半ぶりに、デスクトップの写真を変えますた。

wp001.jpg

 きのう紹介した、NASAが公開した太陽の3D画像のひとつ。ソルの全景です。美しい。

 コロナの金環もみごとですが、中央部の嵐もたぶんコロナのはず。以前に「ようこう」のX線画像で、同じような現象を見たことがあるので。

さてあしたから西武園の記念


 そーいうわけで、春の風物詩、ギャンブルレーサーゴールドウィング賞があしたから開幕。

 なんですが、じつは西武園は行ったことがありません。orz

 うちから、2時間はかかるんだよな~。はっきりいって、川崎のほうが近い。近い順でいうと、大宮、宇都宮、川崎で、西武園と京王閣がほぼ同じ2時間強、立川は2時間半。でも立川は行ってたわけだから、このへん、行動範囲内ではある。

 もうひとつ、今回は参加できるのは前半2日だけ。あとは私用があるので。こーいう場合は、ふだん、はじめからパスするんだけど、まあ地元だしなあ。それに、また仕事がちょうどよく一段落しているわけで。

 ということで、行くかどうか、迷ってます。行くとしたら、やっぱり初日より、2日めの金曜日かなあ。すぴRitsがくるし。(w

 わが女神すぴRitsギザカワユス(^ω^;)(;^ω^)おっおっ!

 リアルで見るの、3回め。ヽ( ´-`)ノ

 そーいうわけで、あしたからの西武園は、ゆるめの参加になりそう。やっぱり、また公人選手の走りを見にいこうか。

太陽表面の立体画像


 さて、仕事が一段落。ただ、予定より3日近く遅れたので、すぐ次にかかります。(TnT)

 というのはおいといて、NASAが衛星ステレオ(2基)で撮影した、ソル表面の立体画像を公開した。ついでに、ギャラリーも。

 たとえば、こーいう画像で。

Solimage01.jpg

 やー、いいっすね~。このフレアのなんともいえない躍動感。

 もちろん、これまでもいい画像はたくさんあって、たとえばX線衛星ようこうの撮影したコロナなんかも感動的なんだけど、今回はなんたって、初の立体映像ですから。はい。

パンシャーヌ#4


 いやもう中毒で。依存症で。見ないと心がおちつかない。それが浦沢ワールドなのです(嘘)。

 でも、今回もおとなしめながら、いいストーリーを展開したよね。400年前の話とか、そーいうのはすべておいといて。(^^;

 でも、今回、途中から目がテンだったのは、この墓のロケ地。うちの菩提寺の隣りの寺じゃん。orz

 びっくりしたな~。東京都府中市。JRA東京競馬場の隣り。正門側。

 私の菩提寺はけっこう由緒ある寺なんだけど、その隣りにも寺があるのですよ。たぶん、同じように古い寺だと思うけど、名前は知らない。いや、ほんとは知ってるけど、関係ないんで名前は出さない。その寺の墓で撮影してますた。

 ほんとに驚いたな。あそこが菩提寺でなくてよかった。

 もしうちの菩提寺で、パンシャーヌを撮られた日にゃ(爆)。

 今回はそんだけ。(^^ゞ

大津びわ湖に史上最年少キャスター


 観音寺が終わって、次の西武園までは、宮杯の準備でもするかと思いたって(w、きょうは大津びわ湖FIを見ることにしたんだけど、オープニングでいきなり大事件が。とゆーほどてもないんですが。(^^ゞ

 なんと、尾池コーヤンがすわる席にも若い女の子がすわってるし、司会も変わってる。あの強烈な石田志芳さんは、1年でおしまいになったらしい。今年あたり、ポスト別府彩さんになるかと思ってたんだけど……まあそれはいいっす。(w

 事件なのは、このふたり、森遙香さん(TVの司会)と長谷真樹子さん(場内ラジオのDJ?)の年齢。ともに21歳だって!

 これは公営競技史上最年少記録を更新したんじゃないでしょうか? これまで、はっきりはわからないけど、工藤わこさんがレポーターでデビューしたのが24歳のときで、これが最年少記録だと思う。いや、正確じゃないですよ。でも、たしかそのくらい。

 そのうち、コーヤンとスタジオでMCを担当する森遥香さんは、すこし星井七瀬ちゃん似だったりする。もしかすると、すごい人気に……はならないか。(^^;

 それにしても、大津びわ湖のなかの人、ginoranといい、このへんの路線が好きみたいだね~。(w

『シュシュトリアン』vol.1


 おととい、とどいてしまいました。『有言実行三姉妹シュシュトリアン』のDVD第1巻。ディスク2枚組で10話収録。

shushu01.jpg
 けい姫タン(*´Д`)ハァハァ

 というお約束はおいといて。

 じつはタイミングがあんまりよくないよね~。つまり、バンシャーヌがオンエア中なわけで。この2本を同時に見たら、たぶん人格が崩壊すると思います。はい。とくに、バンシャーヌは前後のCMだけ切って、DVDに焼くつもりなので、もう一度見る必要もあるし。

 だから、こっちを見るのは7月以降かなあ。でも、そうすると7月からは『カーレン』もくるわけで、やっぱり人格が崩壊しそう。浦沢ワールドは影響力強いからな~。

市議選のなぞ


 まあ、そーいうわけで、久喜でもきょうは市議選の投票日なので、昼前に行ってきたんですが……

 今年は統一地方選の第1弾の県議選が、無投票当選、つまり候補がひとりしか出なくて、投票ができないという、悲しい結果だったので、この第2弾が実際ははじめての選挙戦だったのですよ、久喜市では。

 まあ、それだけうるさくないんで、いいといえばいいんだけどね。ヽ( ´-`)ノ

 で、市議選では、個人的に初の試みをしますた。うちのマンションの前でがなりたてる選挙カーを数えて、いちばんしずかだった候補に投票するというもの。(^^)

 うちのマンション、かなりでかいんで、前にとまって演説していくやつも多いし、そうなると、うるさくて仕事に支障が出るくらいなんだよね。とりあえず、窓はしめとかないと、電話で話もできない。

 そこで、選挙公報を横においといて、通ったやつにバツをつけていったんだけど、その結果、うるさいやつは特定の5~6人とわかった。(w

 もちろん、こいつらには投票しない。

 あと、選挙運動しなくても当選しそうな、正副議長とか議長経験者とかも、ほとんどこなかったね。もちろん、このへんもはじめから投票する気はないけど。

 おもしろかったのは、共産党の候補。そこそこ通るし、前にとまって演説もするんだけど、微妙にうるさくない。このへん、ものすごく選挙慣れしてる感じ。(w きっと、あっちこっちでうるさいっていわれなれてるんだろうね~。

 で、実際に投票したのは、うるさかった回数がすくない候補者のなかから、ずっと応援している(ったって、投票でだけだけど)グループのメンバーにした。ま、現実問題として、選択肢は5人くらいしかなかったんだけどね。

 だけど、今回の試みの結果、そのうち2名はうるさかったので落っことし。また、ひとりは選挙公報に誤字があったんで自滅。(^^; たしかに、この人のサイトは前から見てるけどさ、検索しろってところに「YAHOO」って書くなよな。最悪でもエクスクラメーションマーク入れろよな。

 こーいうとこで、細かい点に気づかないやつっていう、性格的特性がわかっちゃうんだよね~。残念ながら。でもって、そーいうのはよき選良ではない。

 という、非常に正当な理由で投票する候補を選んだわけですが、投票所に行ってからも、不思議に思うことがひとつ。しかも、選管のサイトを見ても、わからない。

 久喜市議会議員、定数25名に対し、投票所で確認した立候補者は24名だけ。この場合、県議選と同様、無投票になるんじゃないの? なんで選挙したの?

 この疑問に、まだ答えは見つかっておりません。

【追記】
定数は今回から22になったそうだ。候補者のブログで判明。でも、市議会、選管のサイトに、この数字はけさも見あたらない。なんで?

ふるさと観音寺は山田が復活!


 山田裕仁だ。おお~、力強く復活。

 前でうけてた新田が、ジャン前から速度を落として山埼を迎え入れるようなかたちで、山埼がほとんどなりゆき先行。すると、すぐに4角前から渡部がカマすそぶりを見せて、山埼が踏んだ。

 ところが、渡部は結局行かず後方待機、それで山埼は踏みやめてしまった。これで山埼は落ちたと思ったんだけど、意外にねばる。

 一方、山埼ラインにつけていた慎平は1角から早めに捲り、これで山埼がまた踏んだけど、ばかギヤでこれをやったら勝てない。慎平は3角前で力つきで後退し、それで遅れて踏みはじめた渡部は、前をふさがれるかたちになり、万事休す。

 慎平にかわって、慎平の力をもらった山田が4角前で山埼を捲りきり、ちぎって1着。ただ、それにつづく選手がいなくて、山埼が逃げねばるかたちで2着、四国3番手からつっこんできた加倉が3着。

 山田は押さえてたけど、それも小倉、新田、慎平とだったんで、車券は沈没。でも、山田が復活したよ~。これはうれしい。

 4~5年前は、好きな選手ベスト5にはいってたからのですよ。最近もずっと注目してたものの、慎平が前の連携ははじめてだったんで、今回は結果は出ないと思っていた。これはぬかった。まあしかたない。

 山田おめでとー。

ふるさと観音寺、決勝


 きのうの反省。9R。あれだけ展開が向いてて、外からつっこめたはずなのに、つっこめなかった諸橋はやっぱりイマイチだったということで。4角まわったところでは、ぜったいにとったと思ったんだけどねー。

 10R。新田は予想どおりだったものの、慎平はノーマーク。2日め、優秀戦で有坂をまったくブロックできなかったように見えたんで、今場所は不調と判断したんだけど、あれは有坂がよすぎたんだな。これはしかたないっす。

 ということで決勝戦。ならびからおもしろいことになった。

9新田康仁-5兵藤一也
1山崎芳仁-7飯嶋則之
2加藤慎平-4山田裕仁
6渡部哲男-3小倉竜二-8加倉正義

 山田が前じゃない。慎平が前。これには伏線がある。2月2週めのスピチャン『ニュース&トピックス』で、ゆみさんが山田にインタビューしたのだが、そのとき「慎平を先行にする」と明言しているのです。くわしくは、ゆみさんのブログのこの記事を。つか、コメント欄に私がちょろっと書いているだけだけど。

 要するに山田が慎平にカツを入れてるわけ。ただ、ここは先行させるというより、3番手に跳びつかせるという意味だと思うし、いきなり結果を出せるとも思えないんで、ここは押さえるだけにする。

 で、本線はやっぱり地元四国勢だと思うんだよね~。

 ゆうべ、酔っぱらって予想したメモには、「渡部=ハンドル投げ、ときどき新田」と書いてある。(^^;

 なので、この線にそって買いましょ。雨走路だそうだし、そうなると風も出るので、本命は小倉、うしろからつっこむ新田に兵藤もすこし。

 だから、3=6、3=9、9-6、9-5、3-5。これに2=4を少量。

おひゃ、10周年とな


 知ってる人は知ってるNHK教育の名作アニメ『おじゃる丸』が、この4月のシリーズで10周年を迎えたそうだ。それで、記念に50分のスペシャル版がオンエアされるとのこと。スポーツ報知の「おじゃる丸放送開始10年 “まったり”受け入れられた」という記事より。

 おじゃるは最初、私がはまって、2シーズン見たあとかな、とーこちゃんに教えたところ、こっちのほうがのめりこんじゃって、最近はグッズほしさにマクドナルドのハンバーガーを買うほど。

 ちなみに、それまでわが家では、結婚以来、マックは2回しか食ったことがなかったのだ。ところが、去年以来、本人はかなり買ってるもよう。去年夏にはわたしもつきあわされ、20年で3回めのマックを食うという敗北を味わってしまった。

 まあそれははいいんですけど。ヽ( ´-`)ノ

 とにかく、5月3日18時から50分。いまから予約を入れておかないと。

ふるさと観音寺、準決勝


 きのうは3戦2勝。でも、9R7-2も、11R1-4も、どっちも押さえだったため、ガミらなかっただけ。つか、2日トータルでプラマイゼロ。端数の10円単位までゼロの配給原点はめずらしいかも。

 なので、原点は勝ちも同じと、無理やり気をよくして、準決勝9R

6志村太賀-5兵藤一也-3諸橋愛
9渡部哲男-2小倉竜二-4香川雄介
1岡部芳幸-8平沼由充
7岩津裕介

 そうそう。志村か北津留が決勝に乗るようだと、GIIでは初。で、どっちかが乗るんじゃないかと思うのですよ。で、どっちかというと、やっぱり北津留のような気が。

 とくに、この9Rはまた岡部劇場が展開されそうな予感がするんだよね。岩津がかきまわす展開もあると思うし。つまり、のこり1周で展開一変みたいな感じ。

 しかも、ここは決断よくつっこむ選手が多いので、そういう展開になると、だれがきてもおかしくない。

 こーいうときは、やっぱり諸橋からかな。なんとなく、渡部は決勝に乗ると思うんで、3=9が狙い目。あと、兵藤との3=5はやっぱり押さえないと。それから、岡部の1=5も。すこし気になるのが平沼。3=8と1=8も押さえ。なんだか万シューが多い。(^^;

 10Rはそういうわけで、北津留がのこるんじゃないかと思う。ただし、3着まで。そうすると、九州ラインかということになるけど……う~ん。

1手島慶介
5金成和幸
6高城信雄-9加藤慎平
3新田康仁-4佐々木龍也
8北津留翼-2加倉正義-7小野俊之

 加倉が番手らしいんだよね。同県だから、当然とはいえ、小野がこれで自由に動ける。小野はきのう、すごくいいレースをして、絶好調っぽい。

 一方、加倉のところには、手島や金成が斬りこむ可能性もある。そうすると、このへんは1着まではのこれない。かえって、新田の捲りごろ。ということで、新田と小野を本線。3=7。

 ただし、きのう有坂の捲りについていった佐々龍も調子はよさそうなので、ラインで捲りきって3=4は押さえる。あと、北津留の逃げのこる7-8、3=8。

 とりあえず、こんなところで。手島は押さえるかも。

ふるさと観音寺2日め


 しかし、あの番組で高配続出って、これはあてられないよな~ >特選3個レース。

 でも、どれもそこそこラインで決まってるんだよね。逆にいうと、このうち1本くらい、とらないと。金子はしょうがないとしても、諸橋は毎回買ってるんだし。

 と、愚痴っともしょうがないので、きょうは……やっぱりイマイチ気分が盛りあがらないのはなぜ?

 とりあえず、11Rことひき賞。金子の番手に九州勢が競りこむらしいけど、優秀戦だけに、どこまで本気か。とくに、GIIは準決Cがないし。なんか、ふつーにすんなりいきそう。とすると、有坂の捲り一発。それに乗る佐々龍との1=4。

 でも、それじゃつまらないんで、諸橋に期待して1=7、2=7、7=8あたりを薄くひろく。

 あとは……山埼は買いたくないからパス。9Rはもう一度、明田の番手から狙って2=137。

 5Rは岡部がこけるんじゃないかと見て、石毛から狙ってみる。コバケンさんがきのう、しきりに「岡部は自信がなさそう」といってたので。石毛と追走の中村、森内、それに岡部をからめるくらい。6=15。押さえで6=9も。

 と思ってたら、コバケンさんのブログによると岡部は調子よさそうとのことで、どうしよう? 6=9を本線にする?

ふるさと観音寺初日


 さて観音寺のふるさとですけど、初日は特選の番組がつまんないな~。なので、1次予選からぽちぽちと。

 7Rどうでしょう。ふるダビといえば、若手・伏兵というイメージもあるし。ここは明田と志村太賀の対決で、実績の太賀vs流れがややよくなってきた明田という構図。

 コメントも見てないんで、西4車の動きがまだ確認できてないけど、志村乗りならラインのワンツーで3=9、明田にかけるならその番手は……法月だね。なるほど。法月いいじゃん。たたきあいになって、明田が飛ばされても、法月なら切り替えられるし。

 ということで、法月から運だめし。1=7、1=9を軸に、具体的な買い目は脚見せのあと決めよう。

 特選ですこし波乱の目がありそうなのは、9R。クセ者がそろって、新田と金子がたたきあい? そうなると、岡部-金成ラインが売れると思うけど、注目は単騎の稲村。ビッグ初日の稲村、単騎の稲村は要注意だからね。

 配当もいいんで、きょうはここで勝負。稲村=岡部。稲村-ゴルゴ、慎平も必要かな。金成も軽く押さえて。3=7、7-12、7=5。

【追記】
あーあ、10R、再発走になっちゃった。先頭誘導の聖隆、1周多く走らないと。(^^ゞ

パンシャーヌ#3


 たしかにね、これは歴史上稀に見る駄作か、ものすごい傑作か、どっちかです。とくに、メインキャラの演技力を俎上にあげると……

 でも、この第3話「健康的な幽霊」は、後者です。つまり、傑作。すごいじゃん。いいじゃん。浦沢ワールド全開で、しかもちゃんとしんみりさせるオチもついて。

 今回に関してだけいえば、棒の「偏差値の低そうなおまわりさん」も、このシーンのこのセリフのために、ずっと棒をやってたように見えるから不思議。(w

 でもって、作品世界をささえるのは、もちろん梅ちゃん。ひとりレベルの違うシリアスな演技をつづけたと思えば、豆攻撃も忘れない。これはやっぱり強烈すぎ。えーと、あの奥さん役もワハハの人だけど、これで豆攻撃の理由というか必然性が、史上はじめて明かされたわけです。ぉぉ!

 そーか。豆腐屋さんねえ。だから豆だったんだねえ。しみじみ。

 というわけで、これまであきれて見なかった人たちも、しっかり見とどけていただきたいと思います。これほんとに傑作なんで。すぐに飽きるかもしれないけど。(w それでも、まあ1クールだそうですからがまんして(爆)。

 もうひとつ。今回は梅ちゃんがすごすぎたわけだけど、それをべつにすると、この番組を支えているのは、やっぱり矢吹春奈さんの、あのうれしそうな笑顔なんだよね~(マスク着用時もふくむ)。

 この人を見ていると、ぜんぜん共通項はないんだけど、『ちゅうかないぱねま』の島崎和歌ちゃんを思いだしてしまうのです。なぜか知らないけど。でも、たぶん、ほんとうにうれしそうな笑顔のせい。

『いぱねま』があったんで、わが家では、いまでも島崎さんは「和歌ちゃん」と呼んで愛されているのですね。矢吹さんにも、それと同じ遺伝子を感じます。そーいう意味で、やっぱりこの作品は矢吹さんのためにあるのですよ。きっと。

公人キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!


 はい、ありがとうございます。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!! は今年はじめてじゃない?

 きょうは京王閣もあったんだけど、張るならここしかないと、ピンポイント攻撃だったんだよね~。結果は13,900円? 2着が安かったか。(w

070416.jpg

 まあ、小勝負ですけど、きのう武雄決勝でやられてるから。ということで。毎日小勝負。ささやかな刺激の日々。なぜかマイナスにはならない。ヽ( ´-`)ノ

 3連単は20万シューだったけど、さすがに9-2-5は手が出なかった。無念。

 伊藤公人選手には、ここ1年、ほんとにお世話になってます。この1月1日(ご本人の誕生日)で、史上初の50歳S級1班、真の中年の星、いや埼玉の星、東北自動車道側道の星(笑)です。チョイ悪どころじゃありません。大ワルおやじです。私が買うと車券にからみます。まだまだがんばってほしいです。

大楠賞は登志信


 えーと、打鐘で圭尚が発進したところ、カマシ気味に出てきた三ツ石が、その番手にはまるかたちになり、展開が一変。このへん、マーク屋でない高谷の弱点が出たものの、自力に切り替えた登志信くんが2センターから捲っていって、息もきらさず楽勝。

 2着には、その登志信くんに追走するかたちになった井上、同じく追走していた大塚は、井上をどかすのを嫌ってインにつまり3着。

 やっぱり、今回は登志信くんだよね~。メンバー的にも、勝ちあがりを見ても。なのに、なぜ井上を買っていなかったか。orz

 まあね、展開はぜんぜん違っちゃったから。しかたねっす。

大楠賞決勝


 決勝はいちおう参加。武田と荒井がいなくなって、オッズがばらつくと思うんで。ならびは、

5井上昌己-3大塚健一郎-6阪本正和
1菊地圭尚-4高谷雅彦-9齋藤登志信
8三ツ石康洋-7望月永悟-2鈴木誠

 九州対北日本で、先行は圭尚。井上はカマすと恐いが、中団待機でしょう。三ツ石は大捲りのかまえながら、出遅れそう。そうなると南関は早めに切り替えるかも。

 そうなると、ほとんと3段ロケットの北日本が有利。というか、けさ、寝ながら考えてたんだけど、登志信くんの優勝インタビューしか、思い浮かばないんだよね。または1割くらい、高谷の目もあるか。

 三ツ石は結果は出てるけど調子はよくないと見て消す。ただし、望月は今回気になってるし、マコちゃんはいつだって押さえたほうがいい。

 ということで、9-12347。4-9-1237が押さえ。27-9も。

夏日


 毎週恒例、土曜日のウォーキングに行ってきたけど、やー暑い。これは夏日になったかも >埼玉東北部。

 日差しも強くて、首筋が日焼けしそうになった。今年もそろそろ、ポタ用の自転車を整備したほうがいいかもね。

 そーいえば、今年から気象庁では、最高気温が35゚cをこえる日を「猛暑日」と呼称するようにしたとか。ま、酷暑日よりはいいか。

 武雄はとりあえず、聖隆車券だけ買ってあるけど、あとはこれから考えます。

大楠賞、2日め


 そーいうわけで、浜松を見てるんだけど、車券はもうしこんじゃったので。

 きょうの聖隆選手は2次予選Bまわり。6R。でも、このメンバーはちょっときつい。原真司とのきびしいもがきあいを制したところで、好調そうな野田に捲られちゃいそう。聖隆の番手につく福島の坂口が切り替えて、3=7ってところでしょう。でも、応援車券で4=7だけは押さえた。

 で、きょうのイチオシは10R。細切れ戦で、ライン3車の岡村潤が先行、その番手の鈴木マコちゃんが断然有利そうだが、地元の支部長を連れてる小川が、玉砕覚悟でしかけるよね、当然。そこで、前がごちゃついたところ、きのう最後に差しこんできた東口の追いこみがとどきそう。

 相手は先行2車の番手のマコちゃんと佐々木支部長。8=1、8=2。

2代めレースヴィーナス


 やば。武雄と日程がかさなってるんで、浜松のヤングダービーは見てなかったよ。よしたら、新年度ということで、2代めレースヴィーナスのお披露目があったそうだ。

 くわしくはpara080さんのブログ「ダメなものは駄目、酒でも飲んで忘れたい…」の「二代目レースヴィーナス 登場!!(浜松オート)」というエントリをどうぞ。

 それで、2代めは金子しおりさんという人。日動振のリリースはこちら

 なんか……ちょっと違うような。(^^; いや、まだ見てないんでわかりませんが。いずれにしても、サービス精神とか、浅木さんと比較されるから、最初はきびしそう。もっとも、その浅木さんからアドヴァイスをうけてるみたいだけど。

 でもって、浅木さんはレースヴィーナスは卒業したものの、ピットレポートなどで、今後もオートと関わっていくみたいだ。これが浜松限定なのか、他場にも行くのか、まだわからないものの、今年にはいって飯塚や山陽にも遠征していたし、別府さんもいなくなったし、可能性は高い。つか、そうなるといいな。

 というわけで、きょうは浜松をチェック。おお、新年度も山咲さくらさん、森上リエさんでスタートだ。スタジオのメンバーは変わらないみたいで、なにより。

【追記】
浜松オートのCM見ますた。
やっぱり違うような気がするお。(´・ω・`)

垂直落下


 すごい小ネタですが。

 ITMの「Samsung、PMR方式の2.5インチHDDを開発」という記事を見て。

 PMR方式は今後のHDDの主流になるわけですけど、これ、なぜか「垂直落下式」っておぼえちゃったんだよね~。(^^;

 ブレーンバスターじゃないって。(^^;;;

 正確には垂直磁気記録式です。

武雄記念初日とか


 川崎の記念は潰滅で、電投資金が3万を切るという危機的状況になったものの、その後は上向き傾向に転じてきた。

 小田原のFIでは、小勝負ながらS級準決勝を3連勝、決勝は飯島-伏見の1点勝負を写真判定で敗れたものの、感じはいい。

 という流れで、武雄。じつはあんまりやる気がなかったんだけど、聖隆が斡旋されているため、手を出したところ……

070412.jpg

 1Rは聖隆がきたものの、13着のヌケ目、7Rも三槻がきたものの同じく2着ヌケ。なので、10Rは912の予想だったところ、23着を入れかえたら、武田-三宅伸がきた。三宅が差したように見えたんだけどね~。

 これで電投も5万台に回復したはず。またぼちぼち増やしていきましょう。

FC2ブログ不調つづく


 きのうは『ヤッターマン』実写化記念ということで、よくありがちな「ドロンジョはだれがいいか」ってネタをかなり大量に書いて、保存したとたんにブログが落ちちゃった。

 まあ、「ドロンジョにはぜひ松嶋菜々子さんを」と、書いたのがいけなかったのかもしれないけど。ヽ( ´-`)ノ

 とにかく、書きなおす気力がなかった(つか、仕事しないと)ので、1日落としたわけですが、やっぱりここんとこ、調子が悪いよ  >FC2。知りあいによると、ブログだけじゃなく、掲示板も飛んだりしてるらしいし。

 先月から、システムをいろいろいじくってるみたいだけど、そのせいなんだろうか? そういえば、おととい、新しいタイプのアクセス解析(analyzer5)のサービスがはじまったので、さっそく追加してみたんだった。原因はそれかもしれない。

 まずいのは、FC2からアナウンスがないこと。去年のいまごろは、ちいさな不具合でも迅速にアナウンスがあって、それで信頼したんだけどな~。

FC2Ad