FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

パンシャーヌ#2


 一部の大きなお友達のあいだでは、「 今年1番の問題作といっても、過言ではないほどの番組!!」と、評判のパンシャーヌですが……

 なるほど。見切ったぜ。いや勝手読みだけど。

 ターゲットは『クウガ』でこっちの世界をのぞくようになった、20代主婦ですね。ついでに、『ポワトリン』や『シュシュトリアン』を見ていたかもしれないという世代。プラス、中高生女子。だけど、巷では大きなお友達が、コンセプトを理解できずに大騒ぎ。(^^;

 とにかく、悪徳通販にひっかかった宇宙人の妻の次は、催眠商法に利用される若い主婦(主婦じゃないかも)と、「犠牲者」も明らかにその線にそってます。

 そういえば、前にヤンサンwebで読んだんだと思うけど、矢吹春奈という人は、グラビアアイドルながら、同性の支持者が圧倒的に多いとか。たしかに、このゆるさはいいよな~。つまり、このキャスティングも、「なんにも考えてない」んじゃなくて、「ものすごく練られた結果」と考えていいんじゃないだろか。神さまはまあワハハ枠としても。

 でも、この世代の購買力ってどうなんでしょう。同じF1といっても、独身とはかなり事情が異なるような。イマイチ広告が打てないのも、そのせいか。ま、見てるほうには関係ないけど。

 しかし、このゆる~い番組を見ながら、そーいうことを考えてる人間は、あんまりいないでしょうね。ヽ( ´-`)ノ

 お話は、魔法のバトンのスイッチをめぐる壮絶な攻防戦(嘘)。お約束の展開ですけど、寒くはなりません。だから、おもしろいんだって。これ1クールで終わらせるの、もったいないかも。まあ、飽きちゃう可能性も高いけど。(w

 とりあえず、あたしゃ全話録画して、DVDに焼くことにしますた。10年後に見ても、きっとおもしろいと思うから。

 そして、来週はワハハの侵攻開始。いきなり梅ちゃんの登場です。

マイティジャック終了


 ついに全13話を見終わっちゃいますた。

 なんといっても、ゲスト出演者の演技が「ほんもの」なのがいい。なかでも印象にのこったのが、第4話「祖国よ永遠なれ!!」の山本耕一さん。のちの「そーなんです」の山本さんだけど、迫真の演技でした。

 女優陣もすごいメンバーながら、真理アンヌさんが印象的かな。白木マリさん、松岡きっこさんも。

 それにしても、最後の3話は壮絶。「こんな終わり方だっけ?」と思うくらい、はなばなしく散った感じです。いえ、MJ号は健在なんですが。

MJ003.jpg

 というわけで、資料は1981年に発行された朝日ソノラマのファンコレ『マイティジャック』より。

 あて、あしたからは久しぶりに『シャイダー』にもどって、最終クール突入の「魔少女シンデレラ」から焼結!

334巻『カリブソの監視者』


 すこし遅くなってしまった。きょうかあした配本の334巻。

PR334.jpg

 翻訳はシリーズ初登場の嶋田洋一さん!

 そーなんです。9年ごしのラブコールがみのり、現代SF、ファンタジー、ホラー翻訳の第一人者のひとりが、チームに参加してくれることになったのです。

 それで、タイトルを見ると、一瞬カリブソを監視する者がいるのかと思われるかもしれませんが、カリブソがある場所に配置した監視者という意味ですんで。

 というわけで、またもカリブソ登場。でも、正体はまだ謎のまま。さらに、37巻初登場の、例の謎の存在とおぼしき影も、ちらほら暗躍しはじめて、いろいろ意味深なストーリーが展開しはじめました。

桜花賞は山埼


 ですよ。4.0のばかギアで、ついに結果を出しちゃった。すごい。まいりました。

 南関3車の作戦が決まったように見えたけど……やっぱり4.0の威力だよな~。2着は2段駆けの五十嵐がのこり、3着は晴智くん。

 しかし、2車単で65倍かな? 山埼でここまでつくとは。まあ、4.0がこのメンバーで通用するとは、だれも思わないもんね。これまでは結果が出てなかったし。

 本人はこれから4.0を多用するみたいなことをいってるんで、山埼については、常識をあらためないとならない。4.0おそるべし。

桜花賞決勝


 やー、堅い。これだけ堅いと、私の出番はない。なので、きょうはケンかなと思っていたら、五十嵐がおもしろいことをやってくれて、決勝は堅くおさまらない雰囲気も出てきた。

8海老根恵太-4五十嵐力-2渡邉晴智
5山崎芳仁-1有坂直樹
6矢口啓一郎-9小野俊之
3小嶋敬二-7前田拓也

 という細切れ戦で、五十嵐が海老根を死に役に指名しちゃったよ。

 まあ、ある意味で当然ですけどね。海老根はまだ完調じゃないし、五十嵐はホームでどうしてもタイトルをとりたい。うしろは晴智くんで、いざとなれば花をもたせるはず。2004年ヤンググランプリの貸しもある。と、条件はそろってるわけで。

 もうひとつ、混戦になりそうなファクターとして、山埼がまたばかギアを出してきた。このメンバーで4.0は通用しないと思うんだけどねー。と、思ってたら、海老根もギアをあげた。これは徹底先行宣言と思っていいでしょう。

 そうなると、やっぱりこれは小嶋のレースになっちゃうよな~。または、2段駆けの五十嵐か。

 どっちをとるか? 小嶋のほうが信頼性は高いか。

 相手は、9番手からも飛んできそうな有坂、展開有利な晴智くん。あたり前だけど、これでオッズもそこそこなんで、123ボックスにしよ。

『地球へ…』だ!


 知らなかった~。『地球へ・・・』はじまりましたよ。ショック~。

 18時になったんで、スピチャンから地上波に切り替えたら、オープニングの最後の部分をやってたのですよ。で、ひと目、ジョミー・マーキス・シン(ATOKえらい、一発変換した)なので、「なんだこのアニメ『地球へ・・・』のパクリか」と思って、番組表を見たら、そのものずばりですた。あーびっくり。

 しかし、ひと目でわかるということは、キャラ・デザインが原作に忠実ってこと。第1話を見るかぎり、ストーリーもほぼ原作どおりみたいだ。

 さらに、出渕裕さんがコンセプトデザインということで名を連ねている。たぶん、原作スタートからの30年のギャップを埋めるかたちで、変更があるんだろう。

 そうか。今年、連載スタート30周年なんだ。それで本格アニメ化なのかも。

 映画版は正直、イマイチだったけど、今回は画もきれいだし、いい作品になりそう。しばらくチェックしたほうがいいでしょう。

 公式サイトはこちら

ゼロデイ攻撃対策つづき


 4月3日に「ゼロデイ攻撃対策」というエントリをアップして、そのなかでFirefoxならだいじょうぶと書いたが、その後、vista+Firefox2.0の環境でも、.aniファイルの脆弱性が存在することがわかったそうだ。ITMの「アニメカーソルの脆弱性はFirefoxの方が深刻?」という記事。

 どっちにしても、うちはXPなので関係ないけど、4月3日に公開されたこの脆弱性の修正パッチ「MS07-017」は、もちろん適用してある。

 というわけで、「Fxのほうが深刻?」みたいな、恣意的なタイトルをつけるより、修正パッチを適用しろってひと言書いたほうがいいんじゃない? >ITM 記事中ではそう書いてるんだし。

桜花賞準決勝


 今回は決めうち1本勝負ってケースが多いせいか、かすりながらとれない。でも、間違ってはいないので、このままいきましょう。

 でも、準決勝は……なんか単調な番組だなあ。あんまりやる気がないので、てきとーに。

 8Rは山埼のアタマ鉄板で、2着は吉岡。ではつまらないので、折り返して5-2で勝負。でも、今場所は佐藤が気になっているので、山埼が飛んだ場合の5=7も100円だけ。

 9Rはねー。小嶋が原について2段ロケットだそうで、そのうしろが大渋滞。えーと、中部3番手の笠松のところに、小野が競るそうで。こういうときは、えてして失敗しそうな気もするので、気っぷよく捲りそうな征陽の番手、地元の藤田から、すこし買ってみるつもり。8-12379。

 10Rは五十嵐の逃げイチで、しかも絶好調だから、その番手の勝瀬と有坂のボックスくらいがふつう。でも、悲しい性で単騎・諸橋と1=9の応援車券になっちゃうんだよな~。

 11R。矢口が逃げきっちゃうか、海老根の番手捲りが決まるか。でも、海老根はやっぱり本調子じゃないと見て、矢口の番手、神山から。2着は晴智くん。この3人のボックスだと……ガミる気配が濃厚だな。買わないかも。

 いや、2=7だと高配だね。じゃあ、すこし手を出すかも。はい。

桜花賞2日め


 イマイチずれてる。それほど穴狙いでもないんだけど。まあ、きのうは堅かったからしかたないっす。きょうのほうが、メンバーがほどよくばらけてるし。

 2次予選Aの8Rは矢口の先行。ただ、きのうの矢口(というか、諸橋)はなに考えてるのかわからなかった。でも、きょうは先行でしょう。で、諸橋が差して、小野がつっこんで。3=7から。安いけど。

 9Rはけっこう難解でおもしろい。福田が先行、長塚が捲りが基本だけど、吉永が先捲りに出る可能性が大。長塚の捲りが決まれば3=5あたりがおいしそうだけど、中団がごちゃごちゃすると考えて、福田の番手、勝瀬から。

 福田がねばる2-8と、なんだかんだいって飛んできそうな吉岡の2-9。折り返しもあるかな? いちおう9-2も。

 11R優秀戦は、だれも無理しそうにないから、ふつうなら小嶋から有坂、富生、晴智くんあたり。でも、それじゃつまんないんで、神山から応援車券。無謀かな? ま、いいや。

 2着は有坂、晴智くんで、9-13-13567。6の笠松はきのうのことがあるので、おまじない。

きょうから桜花賞


 久しぶりのブログ予想再開は、川崎の記念から。有坂、山埼、小嶋に、神山、小野、南関勢では晴智くんあたりが主戦級という、豪華メンバー。南関では、ほかに海老根、五十嵐が注目かな。

 個人的には、小野に注目。ダービー決勝の内側追いぬきは、小野が悪いというより(もちろん悪いんだが)稲村がきっちり仕事をしたってイメージなので、今開催はとりにくるんじゃないかと思ってる。ま、あてになりませんけど。

 初日は例によって様子見から。すこしおもしろそうなのが、選抜戦の6R。先行型がそろった、みごとな細切れ戦。人気は岡田征陽のラインからになると思うが、ラインといっても細切れだからねえ。

 ここは先行しそうな岡本大嗣に乗る、前反祐一郎から狙ってみるつもり。

 征陽に乗る佐藤真一との2=5、岡本がのこる2-9-全。

 特選はとりあえず10Rは手を出す。ここは初日だし、小嶋の相手探しで充分。とはいえ、富生とじゃ、とても買えないんで、こーいう場合の常套で諸橋メグと。2=3-全。

 そのほか、9Rは神山、小野に三宅達の3車ボックスくらい。11Rは見学の予定だけど、買うなら吉永-吉岡ラインかなあ。

パンシャーヌ#1


 さ、はじまりました、『美少女戦麗舞パンシャーヌ』。これがすごい!

 まず、スポンサーに玩具メーカーがついてない! avex系列のCMだけ。でも、理由は本編を見れば一目瞭然。ターゲットがわからない!(爆)

 ふつうはまあ、『実写版セーラームーン』とか、百歩ゆずって『シュシュトリアン』の路線と思うわけですが、なんと、シュシュトリアンよりさらにゆるい!

 このゆるさは、もしかすると空前絶後かも。私ののーみそじゃ、コンセプトがわかりません。(^^;

 公式サイトもいまだにcoming soon だし。

 じゃあ、つまんないかというと、このハンパじゃない脱力は、それだけで作品として成立しちゃってます! いや、むしろ、微妙に傑作といったたほうがいいかも。

 神さまがてきとーに、そこらの女子高生をスーパーヒロインにする。これはシュシュトリアンと同じだけど、そのヒロインが大学生になったのをきっかけに、ふつうの女子大生にもどり、結婚して1児の母になって、ふつうに暮らしてるところ、ふたたび神さまがやってきて、「またスーパーヒロインやってよ」のひと言で復活と……

 もう、この設定だけでつきぬけてますからね。

 しかも、第1話で登場したうちう人は、ぢつは一家でちきうに偵察にやってきた奥さん。いろいろあって、神さまにだまされて金をふんだくられ、それをとりもどそうとしているだった。ちなみに、乗ってきたUFOは、すこし前にはやった、おりたたみ式の水切りかごや簡易蒸し器に使えるやつ。

 ターゲットはそーすると、若い主婦層なんだろうか? わかんね~。

 パンシャーヌはとーぜん、うちう人の奥さんを助け、神さまから金をとりもどして一件落着。

 すげークオリティだ。(´・ω・`)

 これは必見ですよ、奥さん。この春いちばんのオススメに決定!

ゼロデイ攻撃対策


 先週に報告された、Winの.aniファイルの脆弱性をついたゼロデイ攻撃が、急速にひろがっているらしい。インプレスの「米Websense、ANIの脆弱性によるゼロデイ攻撃が中国で拡散と警告」など。

 MSも事態を重視して、あした4日(日本時間)にもパッチをリリースするそうだ。それについての記事は「マイクロソフト、aniファイルの脆弱性でパッチを4日に緊急リリース」など。

 これは、前者の記事から引用すると、「Windowsのaniファイルの取り扱いに問題があり、WebサイトやHTMLメールを閲覧しただけで任意のコードが実行される危険」をついた攻撃で、パスワードなどを盗む手口が多いらしい。

 つまり、OutlookやIEを使っている人はパッチをあてるまで、非常にやばい状態にさらされるということ。あたしゃShurikenとFirefoxだから、問題ないけど。逆にいうと、これがOutlookやIEを使わない理由だから。

 そういうわけで、こういう攻撃にそなえるためにも、このふたつを「使わない」ほうが、アンチウィルスソフトなんかに金を使うより、安価かつはるかにセキュアな環境を構築できると思うわけです。はい。

 それと、すくなくとも、メールはテキストでのみ閲覧するよう設定しとくのって、デフォだと思うんですけどね。

【追記】
この脆弱性はvista+Firefox2.0の環境でも存在することがわかったそうだ。くわしくはこちら

ホップ、ステップ、玉砕


 平塚FIに出場中の川島聖隆が、きのう準決勝進出のインタビューをうけてるときに着ていたTシャツの文字がこれ。

 でもって、きょうの9Rでは、そのとおり玉砕してみせた。ただし、藤田竜矢との戦いに勝って。やー、今開催では、これがいちばん注目の対決だったのですよ。勝ったね。猛牛さんには悪いけど。(^^;

 藤田といえば、埼玉を代表する徹底先行。聖隆もいまいちばん気になる選手と、ブログで公言してるくらいで、ぜったい負けたくなかったところだろう。赤板ぎりぎりで誘導をかわすという、きびしい勝負をして、審議になったけど、さいわいセーフ。

 でもって、おおかたの予想どおり、はげしいもがきあいになったものの、竜矢が飛んで、聖隆が徹底先行王座の座を守ったかたち。そこで落車があり、捲りにかまえていた萩原孝之が絶好の展開になったため、勝負は南関のワンツーで決まったが。

 さて、聖隆、きのうは展開にもめぐまれたけど、ちぎって1着だったし、調子がもどってきた感じ。あしたも、たぶん90期の徹底先行、飯野祐太との戦いになると思うけど、ホップ、ステップ、玉砕でいきましょう。

シルバー会員


 ATOK、一太郎でおなじみ、ジャストシステムの直販サイト、Just MyShopから、きょう付で「シルバー会員」に認定したというメールがとどいた。

 直販サイトから買うのは、Shurikenくらいなのに、なぜかと思ったら、認定基準がこうなってる。

1)2006年04月02日 から 2007年04月01日 までの期間の
  獲得累計ポイントが、501ポイント以上のJust MyShop会員様
2)ジャストシステム製品を、10~20製品、製品登録している
  Just MyShop会員様

 なるほど。2だ。たしかに、のべ登録数は軽く10をこえてる。たぶん。もしかすると、1もぎりぎりとどいてるかも。

 シルバー会員になると、製品が一律15%びきになるほか、ポイントが多くついたり、優待枠が大きくなったりするらしい。そーいうわけで、直販サイトでは、あまり買い物をしないんだけど、すこしうれしいかも。

グレンラガン#1


 録画しといて、きのう夕方見ますた。『天元突破グレンラガン』。予想していたのとは若干違って、バイストン・ウェルみたいな展開はないらしい。ザブングルのテイストはありそう。あと、ゴーグ方面に行くんだろうか?

 初回はドリルでずんずん押しまくって、これはこれでいいけど、テンポだけだともたない感じ。世界観はかなりつくりこんでありそうなので、あと2~3回見てから、つづけるかどうか決めるつもり。

 しょこたんのメインテーマは、これはいい。さすがアニソンは鍛えがはいってるというか、ツボを知ってるというか。びっくりしますた。

 しかし、アニメを録画して見るのは、すごく久しぶりかも。ドラグナー以来か?(^^;

【追記】
おっと。『ガサラキ』がありました。途中までだけど。

恒例、桜ネコ


 先週金曜日には、まだ場所によって2分くらいしか咲いていなかった久喜のソメイヨシノも、きょうはほとんど満開に近くなった。

07sku01.jpg

 おとといはこのくらいだったのが、

07sku02.jpg

 きょうはこうなった。例年、同じ場所の写真ですが。

 それにしても、きょうは猛烈に暑かった。長袖シャツで出かけたら、焼け死にそうになりますた。

 もうひとつ、春恒例の日なたネコ。

hlnc01.jpg

 道に寝転がってたのに、カメラを向けると目線をくれた。最近、撮られなれているのかもしれない。ここ1年くらいは、このへんもブロガーさんらしき人が、よく写真を撮ってるからな~。(w

hlnc02.jpg

 去年につづいて、人間が近づいても、寝場所を移動しようとしない、強情な日なたネコ。ここには各世代7匹くらい、ネコがいるんだけど、そのボスかも。