東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略会議


 とゆーほど大げさなもんじゃないが、ろーだんの今後の制作のしかたとか、ふだんは話さない大局的なことを意見交換するため、版元に行ってきた。

 翻訳だけ、あるいは編集だけやってればいいわけじゃない外注スタッフというポジションが、なんか自分らしく混沌としているわけですが。

 で、そーいう意見交換をしていたら、翻訳スタッフのおひとりが、訳者校を持ってくるのと偶然ぶつかり、ついでに近い将来の戦略とかを話したあと、版元を出てドトールでまた小一時間話しこみ、終わってみれば合計3時間のミーティング。

 ふだん、家でとーこちゃんとしか話さないから、声帯が弱ってて、あしたは声が嗄れるな。考えてみれば、恐ろしい生活かも。

 というわけで、アキバに行く時間はなくなり、神保町にまわって理科年表を買う予定もキャンセル。でも、この翻訳スタッフの人と本格的に話すのははじめてだったから、収穫は大きかった。思いきり意外な展開で、びっくりしたが。つか、Hさんのほうが驚いたよな、ぜったい。展開が急すぎ。

 それで、上野で理科年表を探したけれど、一般書店に置いてあるはずもなく(書店の若いにーちゃんは、理科年表の存在すら知らなかった。まあそんなもんでしょう)、そのかわりに、平積みになってるのを見つけて買ったのが、流転さんが紹介していたこれ。

tobo01.jpg
『逃亡日記』吾妻ひでお 日本文芸社刊

 内容の紹介はいいや。まあインタビュー集でした。『失踪日記』の便乗企画で、あじまにあ以外の人には、たぶんおもしろくないよ(笑)。

 ちなみに、電車のなかで半分まで読んだけど、まだ光瀬さんのくだりは出てこない。

#書店の若いにーちゃんは、ひらがなで「りかねん」と書いて、店の奥に飛んでった。日本も終わったな。ヽ( ´-`)ノ
スポンサーサイト

Vistaの大規模ベータテストはじまる


 パーツ館を名乗ってるから、いちおう書いとこうか。

 Vistaの大規模ベータテストがけさ0時からはじまったらすい。私は今回、バシラーはやらない。もうそういう年でもないしな。

 つか、現在のところ、Vistaに乗りかえる予定がなくなった。2014年まではXPでいいやって気になってる。魅力的ギミックがメイリオだけじゃねえ。とりあえず、ベータテストを見て楽しんでましょ。

デフォかもめ?


 去年の春、いつものウォーキングコースにある川っぷちで、カモメを見たと大騒ぎしていたが、どうやらそれほどめずらしくないらしい。

kmme02.jpg

 また見つけちゃった。

 前回発見したところから。2kmほど下流。まだ若い感じで、もちろん前回と同じ個体ではない。しかも、前回のが見るからにとほうにくれていたのに対し、今回は羽根を休めているだけという態度がアリアリ。実際、3分くらいここにいて、すぐ目標を定めて飛んでっちゃった。

 とすると、この川もカモメが渡る中継地点として、ふつうに使われているのかも。なるほど。カモメにとってはデフォなのかもめ。

 ところで、あしたは版元に行くことになりました。今後の長期計画を展望する、戦略会議みたいなもの。というと、アキバテラスに行けるかも(そっちの話か)。

 Vistaは発売したけど、どうせそれほど混雑はしてないと思うから、時間があえば行ってこよ。あと、万世でハンバーグサンドを買って……って、最近はアキバも食い物しか魅力ないなあ。

DVD収納術、辺境方式


 先日、散財してしまったというのは、じつはこれ。『マイティジャック』全巻ぞろい。約18,000円。

mj01.jpg

 正直、この時代のテレビ作品を再見するのは、あまり好きではない。しょせん、画質は悪いし、特撮もいまから見たらちゃちいわけで。それより、記憶にたよって、それを脳内補完するほうが、イメージがいいに決まってる。

 だから、Q~帰マンも、あれほど好きだった『ジャイアント・ロボ』も『キャプテン・ウルトラ』も、買わない。なんとか見られるのは、80年以降だと思っている。

 ところが、去年1月から発売されはじめちゃったのですよ、MJが。しかも、画質をかなり大幅に補正した、デジタルリマスター版。

 この作品は30分の特撮番組と違い、じつはオンエア時に1回見ただけ。1回だけでこれほど強烈におぼえているんだから、すごいインパクトがあったのはたしかなんだけど。でも、とにかく1回しか見てない。これは再見するべきかなあ。

 しかも、MJは轟天号、メーサー殺獣砲車とならぶ、神聖にしておかすべからざる特撮メカの至宝。

 さあ、どうしようと悩みはじめて、そのまま1年が経過(爆)。

 いちおう、去年10月でセイザー購入が終わったので、価格が3000円まで下がったら買いはじめようと、おおざっぱに決めてはおいたのです。ところが、1月になったとたん、安値販売の店が次々と品切れになりはじめ、気がつけばamazonの定価販売しかのこっていないことに。

 ことの重大さに気づいて、あわててユーズド品を探しまわり、ようやく6巻そろいでこの値段のものを発見。当初予定の3000円以下で手にはいるので、まとめて買ってしまったしだい。

 説明が長いけど、まあそういうわけで、DVDがまた増えたわけです。

 ここからが本題。

 DVDはBOXで買ってるのもかなり多いから、ぜんぶあわせれば200枚は楽に越えているし、くわえてCSから録画したものもあるから、保管スペース確保もひと苦労。

 そこで、私はこういうクリアファイルタイプの収納ケースを使って、ディスクはディスクだけで保存することにしている。

mj02.jpg

 でもって、ジャケットや付録類は、同じくクリアファイルに、こーいう感じで1シリーズごとに、まとめておさめてある。

mj03.jpg

 あと、空きケースは白、黒、透明、2枚収納タイプを各5~10個、べつにストックしておき、完全なパッケージが必要になった場合は、その空きケースにジャケット、ディスク、付録をセットして、自分で見てにやついたり、人様に見せびらかしたりする(笑)。

 これで収納スペースが大幅に節約でき、しかもふだんの出し入れも早くなった。

 でもって、この収納のやり方を、「辺境方式」と呼んでいるわけです。(^^)

 つーことで、光瀬ファンならたぶんわかるネタでした。

小倉競輪祭の落車に対する対抗措置


 ひと言でいえば、手島が誘発した大量落車に対し、私が個人的に課すペナルティ、制裁措置です。

1:3月のダービーが終わるまで、グレード戦はすべてボイコットします。したがって、記念復帰は4月の桜花賞典(川崎)からになります。

 う~、玉野は相性いいんだけどな~。でもボイコット。

2:ヒラ場はそのかぎりではありません(ちっとは遊ばないと)。

3:3月いっぱい、当パーツ館では、競輪のレースそのものについてはいっさい話題にしません。レース以外、たとえば贔屓選手の話や、すぴRitsについて(笑)は、このかぎりではありませんが。もうあしたのネタもしこんであるし。

 えーと、手島だけでなく、2日めにわき見運転で落車した加藤慎平に関しても、腹にすえかねております。

 GI、GPでこういう失態を演じた選手には、相応のペナルティが必要です。ここでいう失態とは、無意味な落車や大量落車の誘発で、相応とは、3カ月~1年の斡旋停止です。手島は1年、慎平は3カ月程度の斡旋停止がなければ、とうてい納得できません。

 したがって、手島と慎平に、迅速に必要なペナルティが課せられた場合は、この制裁措置を解除する場合があります。

 このくらい吠えないと、気がすまないって。凸(--;

メビウス#41


 そうかー。こういうつくり方があるか。もうこれ以上はないという、せつないほど大甘なつくり。でも、なんというか、80の路線変更をうまく「説明」してみせた。

 マックス、メビウスとつづく「昔の名前」にたよった路線のなかで、ある意味、その路線でしかできない芸当をやってのけたみたいな感じ。「怪獣使いの遺産」が、そりゃないだろうという、ほとんどレツドカードもののプレイだったのに対して、今回は正攻法どまんなか直球勝負といっていい。

 しかし、説明しちゃったねー。80が教師をやってた理由も。Nationwiseさんが書いてたけど、これが80のほんとの最終回かも。「後日譚」をこのくらいうまくまとめたというのは、シリーズ史上かつてなかったよ。

 これは脚本の川上英幸さん、監督の佐野智樹さんの勝利です。ひょっとして、この人たちは80のころ、ちょうどターゲットだった世代かな? 思いいれがうまく噛みあった感じで、ウルトラloveがストレートに伝わってくる、非常にいい脚本、演出でした。

 ただまあ、メインターゲットの子供じゃなく、その親の世代を直撃してますが。でも、もうこれからは、それでいいのかもね。

 なんか、メビウスはレオ登場からこっち、すごいね。#34、#36、#38、#40と1話おきに佳作がつづいてきたし、#37、#39も私は好きじゃないけど狙いはわかる。

 で、ここから先も、たたみかけるような怒濤の快進撃の予感。来週は万城目じゃなくてタケナカ参謀が登場? ちらっと見えたあれはブラック司令? レッドキングとゴモラはお約束として、まだヤプールの話もかたがついたわけじゃないよね?

 ここんとこ、オンエア時のみ見てるけど、これは録画しておいたほうが確実かも。

 急に思いだしたぞ。80第1話を見た直後の秘密結社の例会(というと、1980年4月5日の例会らしい)で、先輩の永瀬唯さんと、80ネタで盛りあがったのだった。特撮ドラマで、航空機が進空するとき、エンジン排気の陽炎を描写したのは、この80第1回がはじめてにちがいない……そういう話。当時のSFファンも、久しぶりのウルトラマンに興味津々だったんだな。

 しかし、すごいピンポイントな記憶だ。ほかはおぼえてないや。

競輪祭決勝は語る価値なし


 手島がぶちこわした。もう当分やらねー。

小倉競輪祭、決勝


 準決勝は1勝2敗で、本来ならトータルプラスになるはずなのに、2着山田は押さえだったので、トータルまだ11kマイナス。ただ、今回ずっと買いつづけた新田が、いいかたちで勝ったのが収穫。

 イチオシだった平原、神山、荒井は消えたものの、大本命の手島はきのうの激戦を制して勝ちのこった。金成、あれやると、嫌われるぞ。社杯決勝だっけ、あんときもそうだったけど。金成は闘争本能に火がつくと、自制がきかないタイプなんだよね。それが長所でもあるんだけど。

 ということで、決勝戦。

1 有坂 直樹 37歳 秋田 64期 追 3.64 110.28 予7、二2、準2
2 山田 裕仁 38歳 岐阜 61期 両 3.64 110.57 一2、二3、準2
3 手島 慶介 31歳 群馬 75期 両 3.57 114.65 予3、ダ4、準1
4 新田 康仁 32歳 静岡 74期 逃 3.64 107.19 予4、二2、準1
5 山崎 芳仁 27歳 福島 88期 逃 3.71 113.80 予6、二1、準3
6 三ツ石康洋 26歳 徳島 86期 逃 3.92 105.62 一3、二1、準1
7 濱口 高彰 38歳 岐阜 59期 追 3.57 110.15 予1、ダ8、準3
8 大塚健一郎 29歳 大分 82期 追 3.57 105.73 予4、二2、準3
9 伏見 俊昭 30歳 福島 75期 逃 3.64 111.35 予5、二1、準2

 ならびは591 27 68 3 4で、手島と新田は単騎だが、たぶん手島の捲りに新田が乗る展開だと思う。その手島、逃げイチの山埼の番手は狙わないはず。競りでむだな力を使うより、きっぷよく捲ったほうが勝つ可能性が高いから。

 三ツ石はツキを使いはたしているはずで、このラインはいらない。問題は好調の山田と、ここまで楽に勝ちあがっている濱口。とくに濱口は不気味。ただ、山田はあれこれ考えて、どう中団をとるかを考えているうちに、手島が捲っちゃいそうなんで、ここもいらないかも。

 伏見は絶好調といわれているが、そうかなという感じ。伏見なら、むしろ有坂じゃないか。

 まあ、いろいろあるけど、ここはきのうとらせてもらった新田と心中。

 3=4-全。とくに、4からをたっぷり。

 あと、4=15は押さえる。9はどうするか。資金がのこったら7から少々。はい。

小倉競輪祭、準決勝


 まだノーホラ。でも、勝負はきょうなので。といっても、8Rはまたしても写真判定負けで、さすがに熱くなり、追加でほうりこんで傷口をひろげましたが。orz

 ウッチーはぜんぜんトークに参加しなかった。完全にのまれちゃって。ウッチーじゃなくて、カオリンのほうがよかったかも。それと対照的に、青木はいつもどおり、堂々としたもの。やっぱり大物だ。

 すぴRitsの練習用コス、プロテクタータイプの。ギザカワユス(*´Д`)ハァハァ

 そーいうところばかり見てるから、車券がとれないんだけど。

 準決勝3個レース。10Rはきれいな3分線。

5武田豊樹-9神山雄一郎-1阿部康雄
4金成和幸-3伏見俊昭-7佐藤慎太郎
6三ツ石康洋-2小倉竜二-8大塚健一郎

 もう神山からしかない感じ。ただ、小倉は決勝に乗ってきそうなので、ここは押さえる。1=9、9-5、9=2だけでいいでしょう。

 11Rは本日の勝負レース。

1平原康多-7兵藤一也-4平沼由充
2荒井崇博-5合志正臣-6島田竜二
9山田裕仁-3濱口高彰
8新田康仁

 ふつうに考えると、兵藤が展開有利だから、7-19-1589くらいだと思うし、これは押さえるけど、勝負は新田アタマから。2着はどうしよう。ひろくいきたい。あと、相性のいい平沼-全も。

 12Rはわけわかんないならびになった。

9山崎芳仁-1有坂直樹-3手島慶介-7稲村成浩
6村上義弘-2山口富生
8諸橋愛
5飯嶋則之
4三宅伸

 要するに、手島が山埼の3番手を主張して、行かないと捲るぞと脅してるってことだと思う。実際、早めにしかけて山埼をたたき落とすつもりだろう。それが決まった場合、単騎といってる諸橋にもチャンスがあると見て、諸橋の1、2着流し。まあ小勝負ですが。

埼玉2場の委託業者はトーター


 15時に埼玉の県営競技事務所から、正式発表があった。大宮・西武園の2場は来年度から包括民間委託となるが、委託先は日本トーターに決定した。

 公式発表はこちら

 まあ、ほかに受託する会社も思い浮かばないんだけど、やっぱりかという感じで。船橋は日本トーターに委託したとたん、あちこちで汚れが目だつようになったとか。浜松はわりとうまくいってるようだから、なんともいえないけど。まあ、4月のFIでも行ってみましょう。

小倉競輪祭2日め


 おかしい。小倉はこれまで、中間配当出まくり、筋違い多発だったはずなのに、きのうは12レース中9レースが筋で決まった。当然、ノーホラ。

 コンドルが小倉を侵略してから、ボイコットしてたんだけど、そのあいだになにかあったのか? 競輪祭は3年連続で勝ってる、ゲンのいい開催なのに。

 というわけで、きょうも基本は様子見。7Rと8Rが狙い目。まず7R

1荒井崇博-5加倉正義-8島田竜二
6高城信雄-3加藤慎平-9有賀高士
4新田康仁-7渡邉晴智
2岡部芳幸

 目をつぶって単騎の岡部を狙う。実際、荒井がきちゃったらアウトだけど、岡部がうまく牽制して、そのあいだに新田が駆けちゃうんじゃないか。なので、2=4、2=7。あれ? 配当がいいんで、荒井もからめて1=2。

 8Rは諸橋にお願い。

4井上昌己-3小野俊之-6小川巧
2武田豊樹-7稲村成浩-5諸橋愛
9市田佳寿浩-1前田拓也-8中村浩士

 武田はどうなんだろう。いちおう2=5は押さえて、5=7と5=9が勝負かな。

 10Rはやらなくていいんだけど。

1渡部哲男-8大塚健一郎-6小橋正義
3山崎芳仁-9佐藤慎太郎-5望月永悟
4村上博幸-2渡辺航平
7山内卓也

 なんか、渡部が山埼を一蹴するような気がする。でもまあ、買っても小橋の応援車券くらいだな。

 12Rは優秀戦のダイヤモンドレース。

3平原康多-1神山雄一郎-7飯嶋則之
2手島慶介-9兵藤一也-5阿部康雄
6村上義弘-4濱口高彰
8金成和幸

 全員が準決勝当確だから、ふつうなら無理をしないで平原先行、手島捲り、それに乗った兵藤-阿部ってところだと思うけど、ここに「無理をしそう」な男がひとり。(^^)

 つーことで金成から。8-1259。2-8は折り返す。

すぴRitsファンクラブがスタート!


 ついにこの日がきますた。(´・ω・`)

 弥彦の姫神「すぴRits」に、公式ファンクラブができたそうで。「clubすぴRits」というそうで、きのうから募集がスタートした。活動は4月から。くわしくは弥彦のサイトのこちらから。

 今年は弥彦に行かないから、年会費5000円はちょっと高いが、オリジナルDVDと模擬レース投票で、充分にペイするかも。

 とりあえず、2日前に散財しちゃったんで、競輪祭でプラスになったら入会します。はい。

#きのうメディアドームでお披露目になった、プロテクタータイプのユニフォーム、ギザ カワユス(*´Д`)ハァハァ

小倉競輪祭初日


 さあ競輪祭。来年度からは小倉固定の開催じゃなくなるとの噂もあって、今回のタイトルには小倉を入れた。もちろん、小倉も開催地の有力候補でありつづけるとのことで、来年もメディアドームかもしれないけど。

 そのせいか、今回の開催は以上に力がはいっているらしい。バンク内にごちゃみごちゃ展示物があるし、吉岡の引退セレモニーやトークショーもある。

 でも、いちばんすごい企画は、各公営競技のメジャー選手が登場するトークショー。競馬から武豊、オートから青木治親! 競艇から松井繁と野中和夫! ですよ。とくに、松井と青木は斡旋を停止してもらって実現させたそうで、これだけ見るのにメディアドームに行きたいくらい。

 さらに、もうひとり、意外なかくし弾が。青木のトークショーの聞き手は、内野久照さん! そう、飯塚のウッチーなのだ。ウッチーも競輪初登場。ぢつは、これだけは見てみたいと思ったりして。

 なお、すぴRitsは27日(土)の1R発走前に登場とのこと。でも、今回は渡辺まりりんが身体故障で欠場らしい。

 さて、予想のほうは、きょうは1Rから手を出す予定。

 1RはGIの初日にやたら強い稲村成浩から、筋違いで9-2、9-5。

 2Rは渡辺、稲垣のたたきあいから、漁夫の利になりそうな新潟両者を少々。4=6。

 4Rは武井から様子見で、3=5-全。

 7Rは友和のうしろが大混戦になりそう。

 17 94 6 38
     25

 こんな感じで。で、吉永に競られた慎太郎は最後に力つき、1カ月以上みっちり乗りこんできたという諸橋が絶好になって、5=9。

 10Rのならびはこんな感じで。

1武田豊樹-5後閑信一-9阿部康雄
8村上義弘-2浜口高彰-7一丸安貴
3岡部芳幸
4新田康仁-6高木隆弘

 村上が先行、武田が捲りの可能性もあるけど、たたきあったりすると岡部の出番。さらに、新田が大捲りというところで、3=4、3=5。

 11R

1市田佳寿浩-8渡辺航平
5平原康多-2神山雄一郎
9荒井崇博-3合志正臣-6大塚健一郎
4金成和幸-7伏見俊昭

 ここは優勝候補じゃないかと思っている荒井と平原の激突。平原先行でその3番手に金成がはまり、荒井が7番手捲りかな。ケンのつもりだけど、買うなら神山のブロック期待で平原から。

 12R

7山崎芳仁-1有坂直樹-2小野俊之
9手島慶介-3兵藤一也-5飯嶋則之
6金子貴志-4山口富生-8前田新

 メンバー的に、手島-兵藤になっちゃうよね。なにか起こるとすると、金子がカマすとか? 6=9を100円だけ試し撃ち。はい。

やった!


 朝イチでいいニュースがとびこんできた。ITMediaの連載「大河原克行のパソコン業界、東奔西走」の「マイクロソフト、XPのサポート期間を2014年まで正式延長」という記事。

 勝ったぜ、日本のユーザー!

 しかも、14年というと、私の10年PC計画とぴったりあうじゃん。だからMS好きなんだよ。(w

『狐影』


 きのうご恵送いただいた新刊。

koei01.jpg
『狐影』マイケル・マーシャル著
嶋田洋一訳 ヴィレッジブックス


 例によってまだ読んでないけど、新刊は鮮度もたいせつなので、いただいたものは早く紹介することにしてるのです。ソニー・マガジンズのオンラインショップはこちら。amazonには現時点で登録されてない。あと、帯が曲がっているように見えますが、こういうデザインです。

 1年半前に出版されて、ミステリファンのあいだで好評だった『死影』の続編。『死影』については、こちらをどうぞ。

あしたのネタが


 あしたのネタにと思っていた話題が、Yahoo!のニュースに乗っちゃったんで、急遽アップすることにした。つか、今夜はこのネタがブログ界を席巻するような予感。(^^ゞ

 えーと、百福さん逝去のニュースにつづいて、日清食品から。「<新発売のご案内>楽しく食べて、エコスタイル」というリリース。早い話、従来の使い捨てカップではなく、リユース可能なカップと詰め替え麺・具材をセットにした、まったく新しいウェポンシステムが登場すると、そういうことです。

 よーするに、詰め替えて再利用可能なカップ麺ね。なんだか画期的。

 なんつか、「スターターキット」っていうネーミングがいいっすよ。詰め替え麺は単品でも販売するのね。値段はそこらのディスカウントで買うより30~40円/個は高いけど、これは買っちゃうかも。いえ買いますきっと。

 考えると、2年前くらいから売ってる「チキンラーメンwithどんぶり」と、コンセプトも値段もほとんど変わりないんだけど、カップ麺というところがそそられる感じで。

JALの先得


 三谷幸喜師をメインキャラに使った、JALのコマーシャルシリーズ最新作、「先得」編2にはまった。チャイム編っていうそうで。

 前回につづいてのおニャン子ネタだけど、今回のはフルジージョンですよ。20年ぶりに見ると、なかなかいいかも。しかも、それを三谷師がやってるところがなんとも。ほんとは、三谷師とおニャン子は関係ないんだけどね。どこかイメージが秋元とだぶるのだろうか。(^^;

 しかし、三谷師はからだのキレがいい。なにがどうなってるんだろう? たしか、健康関連にはかなりうるさい人で、水の多飲もやってるそうだけど、そのせいだろうか? まいど不思議な人であります。

 などと、三谷師に見とれていて、きのうまで、横で踊ってるのが相武ちゃんだと気づかなかったのは、はっきりいって迂闊だった。(^^;  最近、コマーシャル100本くらい出まくってるんじゃないかと思うくらい、ものすごく露出度高いけど、そのわりに地味かも。ATOKも「あいぶ」じゃ変換しないし。来月出るATOK2007に期待って、そーいう話じゃない。

新鮮


 家にいるのに、2日ブログを更新しなかったのは、この2年半ではじめてかも。どうということはないけど、すこし新鮮な気が。(w

 でも、ちょうどzakさんが「ブログの寿命」というエントリを書かれていて、やっぱり更新したほうがいいかなとも思ったりして。

 ネタはあったんですよ。ボウケン#46とか、DVD収納の「辺境方式」の話とか、貫地谷にほれたとか、近所のそば屋とか、いろいろ。

 ぢつは競輪祭に向けて、ウォーミングアップもしてたし。防府と伊東温泉のS級決勝に参戦して、1勝1敗と調子は上向き(ワンツー2点勝負で、防府は勝ち、伊東は1着3着)。もしかすると、体調と予想は関係あるかもね。

 ただ、更新しないメリットも、けっこう大きいのもたしか。つまり、仕事がはかどるのですね~。ヽ( ´-`)ノ

 とはいえ、仕事の文章しか書かないとストレスがたまるので、好き勝手なことをいいかげんな文体で(ここがけっこう重要らすい)書きっ散らかすのは、やっぱりやめられません。mixiだと、読んでる人がわかるだけに、好き勝手まではいかないもんね。

 ということで、またせっせと更新。

メビウス#40


 久しぶりにいい作品だった。とかいって、毎回見てるわけじゃないですけど。稀少品種である植物怪獣(怪人)が登場したんで見はじめたが、結果的にナオコ役の子にハマってしまった。(^^; ボウケンでネコをやった秦みずほちゃんとならび、いい味出してたよ。

 仲里依紗(なか りいさ)、プロフィールはこちら

 で、監督は小中弟、脚本は……朱川湊人さんだよ。なんとなく植物怪獣を持ってくるのも納得。これって、小林晋一郎さんへのオマージュ? この人、どうもオマージュが好きみたいな気がする。(w

 ただ、脚本としては、なかなかよかった。パン屋(!)役の岡村洋一さんが、非常に効いていた。「だって、うち、パン屋ですから」とは、いわなかったけどね,

 怪獣をふくむ映像と演出は、さすがは小中和哉さんだけあって絶妙。というか、最近のメビウスの映像はすごくツボを押さえていて、いい感じ。

 で、来週は80登場ですと。先生が80だったって、当時の生徒がなんで知ってるんだろう? まあいいですけど。

兵器進化論


 年末には読みおわってたんだけど、紹介が遅れてしまった。

 長年お世話になっている先輩の軍事評論家、野木恵一さんの新著『兵器進化論~歩み続ける戦の業物たち』。これが最近読んだなかでは、いちばんおもしろかったというか、勉強になった1冊。

shink.jpg
イカロス出版、ミリタリー選書20、1700円

 amazonではこちら。雑誌『MILITARY CLASSICS』での連載をまとめ、字数制限がないのをいいことに(ご本人談)、ノリノリで大幅に加筆修正されたもの。1章まるごと追加っていうのもある。

 で、結論からいうと、これは兵器を使って商売する人は必読です。もちろん、「兵器の情報を使って」という意味ですが。

 私もまあスペオペ屋なので、拳銃小銃から恒星破壊兵器まで、必要なひととおりの知識は持ってるし、そこそこくわしいほうだとは思う。ところが、本書で展開されるさまざまな蘊蓄のうち、知っていたのはせいぜい6~7割。ひこーきでかろうじて8割くらいだった。

 そのくらい、濃い。

 たとえば、パーツ館関連ネタではバズーカ(爆)。もちろん、バズーカの作動原理や用法は知っていたけど、語源を読んで、かつ目にしたのは、これがはじめてだった。そういう知識が満載なのだ。

 もちろん、コアな話だから、ぜんぶが役にたつとは思わないけど、こういう知識は蓄積しておくことで価値が生まれるわけで。これはいい本を買いますた。

 ということで、同好の方は書く側の人も読む側の人も、ぜひ読んでください。

師匠が帰ってくる!


 日本サッカー界を代表する師匠(笑)、鈴木隆行が帰ってくる! 横浜Fマリノスが正式発表したところ。スポニチアネックスの速報から。鹿島じゃないのが残念だが、師匠の偉大なパフォーマンスを見られるなら、宿敵マリノスでもいいや。

 浦和の独走をとめられるのは、師匠しかいない。師匠がそこにいるだけで、レッズは浮き足だつぞ(笑)。

 いえ、おちゃらけてますけど、ほんとに鈴木が好きなのです。(^^)

きのうのつづき


 火曜日は寝てるあいだに本を読んだけど、水曜日はたまっていた映像を見ることにした。おかけで、『ボウケンジャー』はクライマックスにはいったところで、ようやく追いついたのです。ある意味ラッキー。

 #43には秋山莉奈ちゃんが出ていたが……ガジャ様のほうがかわいい(爆)。次はゴードム自前のプレシャスを持ってくるようで。

 #44ではトリさん(笑)の意外な過去が。なんか、トリさんと風のシズカは死なないような気がしてきた。つか、ゲッコウ様はサージェスに迎えたほうがいいんじゃない?

 #45でジャリュウ一族は全滅かと思ったら、リュウオーンだけは生きのこったもよう。しかし、あの最強ジャリュウ、なんでクエスターと同じしゃべりかたなんだ? なんかおかしい。なかの人が間違えたはずはないけど。

 以上。ちなみに、「メビウス」は録画せずに、気が向くと(つまり、太田愛作品とかだと)見る程度。前回に見たのはイサナの話。映像的にはよかったな。最後の必殺技のところなんか。はい。

 で、ボウケンがかたづいたあと、以前に買っておいたおばか映画『スカイキャプテン』を見た。買ったときは「精神的に追いつめられたら見る」と書いてあるけど、まあそれに近いシチュエーションなので。

skcp.jpg

 で、ですね~。これは史上最強のおばか映画です。すごい。『ヤングフランケンシュタイン』『ウェインズワールド』とならぶ、3大おばか映画に認定しますた。『ウェインズ』は『オースティン・パワーズ』でもいいや。そのくらいいいかげんな認定ですが。

 それから、マイベストSF映画トップ30にも入れます。いやこれほどストレートに、古きよきアメコミをやっちゃうか~。しかも、全編マジ進行とは。

 ジュード・ロウがほほえむたびに、歯がぴかりと光ったら、それはそーいう演出になっちゃうわけですが(あれは『キャプテン・アメリカ』だったっけ?忘れた)、この作品はやらない。あくまでリアル! これをリアルというかどうか、判断はわかれると思うけど。ここがこだわりどころなのよね。

 グイネス・パルトロウもはじめて魅力的に見えた。すごい熱演といってもいい。そしてなにより、アンジー! アイパッチが誇らしげ。ものすごくうれしそう。出番はすくないけど、おいしいところはぜんぶ持っていった感じ。

 冒頭、ヒンデンブルグIII(!)が登場したところから、こりゃ半端じゃないと思っていたが、アストンマーチンで改造したらしいカーチスP-40が、1939年の空を飛んでるだけで、もうどういう世界観かを明示した感じ。そうなると、見るほうはその世界観のなかをたゆたっていればいいわけで。

 見てるうちに、だんだん活力がわいてくる感じで、エンジェル隊がクラウド・ベースから発進するシーンあたりからは、マジでスタンディング・オベーションの連続でありました。

 ただ、この映画のすごさは、大半の日本人にはわかんないというか、うけいれられないんだろうね。興行成績は悲惨だったようで。もったいないよな~。わかってよ、このセンスを。映画のスペックはこちら

 結局、この『スカイキャプテン』を見て、元気をとりもどしたようで。やっぱりおばか映画は偉大です。

きのうもお休み


 ただの過労なんで、すぐ仕事に復帰してもよかったんだけど、大事をとってもう1日寝た。つか、このめまいが頸痛のせいかどうか、見きわめたかったのですね。もしべつの原因なら、検査をうける必要があるかもしれないので。

 結果、ほぼ完全に消えたみたいなので、とりあえず安心。

 しかし、まる2日寝たのは、久しぶりですよ。たしか、前回の痛風発作以来だから、7年ぶりくらい。たまにはぼんやり寝てるのもいいかも。(^^)

 初日は『アタゴオル』を読んで、そのあと、昔買った『絶滅野生動物の事典』と『絶滅巨大獣の百科』を読みなおし。前者は読み物として、ぜんぜんつまらないんだけど、後者は何度読んでもおもしろい。

zez01.jpg

 イラストもすごくいいんだけど、カバーはかなり特殊な多色刷りらしく、スキャナではうまく再現できない。1995年、データハウス刊行、2400円。ほー、amazonにもいちおうあった。こちら。写真でも再現はイマイチだね。どういう印刷なのか謎。

 私は科博地下の売店で買いました。ろーだんで必要になって、図書館なんかでデータを探したけど見つからず、科博ならあるかもしれないと出かけていったら、ビンゴだったんでおぼえてる。絶滅種というと、恐竜かここ1000年くらいのもの、最近でもせいぜいバージェスモンスターくらいしか、資料がないんだよね~。こっちが知りたいのは、5万年前の動物相なんだけど。

 あれ、なんの話だっけ? まだ頭が寝てるかも。(^^;

倉茂記念杯は手島


 きのうは結局、昼ごろ決勝だけしこんで、飯食って布団にもどって『アタゴオル』なんぞを読むうち寝てしまい、気がついたら決勝も終わってた。TOMさんも見そこなってしまった。つくづくついてない。orz

 で、結果は北日本のトリッキーな動きに対し、平原は幻惑されずにねばり、展開がくずれたので手島が気っぷよくあっさり捲って、後閑とワンツー。3着には慎太郎がはいって、GPユニフォームが連独占になった。

 しかし、高谷。また伏見が作戦を持ちかけたらしいが、イン切りってなに? いや。イン切りもいいでしょう。でも、やるならちゃんと、完全に出きらないと。一瞬「よ~し」と思ったのもつかのま、自分で勝負権なくしやがって。orz

 今年もまた北日本からは買いづらい展開になってきた感じ。

 さて、ここから10日くらいは競輪なしね。きょうは伊勢崎をまったり見てましょう。

#ちなみに、売上は103.5億と目標はクリア。ただ、主催者のホンネは110億だったそうで、3日めが23億かな? この日が痛かったかも。

倒れたorz


 過労らしい。朝、ついに起きられなくなった。頸が凝りすぎて痛い。というか、凝りがすこしほぐれたんで、痛くなった感じ。めまいもこのせいだったかも。

 きのうの前日予想からして、かなり躁状態だったけど、あれは三振前のばかあたりだったらしい。

 しょうがないから、本場行きはあきらめた。しくしく。完全休養日にして、寝ながらネッ投してます。チャーシューメン食いたかった~。しくしく。

倉茂記念杯、決勝!


 きょうの売上はどうだったんだろう? 30億ぐらい、いってもおかしくないと思うけど、11Rが約5億、10Rが約4億ですか。まあ、きょう25億なら3日で78億だから、目標はクリアはずだけど。微妙。

 それにしても、これくらい興行の成功が気になる開催は、きっとはじめてですよ~。

 いつもはある意味、他人事だから。実際は今回も他人事なんだけど、やっぱり必死な支部長を見ていると、まだなんか自分にできることがあるんじゃないかと思えたりして。

 まあ、本来、こっちは客なんで、興行面を気にするより、自分の収支を考えるほうが優先されるわけですが。それでもね。(^^;

 あしたはBank of Dreamさんとならび、自分で勝手に盟友と思っている「打ってのこそう公営競技」のTOMさんが中継にゲストで出るのだった。これはCSのほかは、テレビ埼玉しかやらないんだろうかな? テレ玉は録画しようと思ってますが。あしたは現地に行っちゃうんで、見られないのよね。

 というわけで、明日は朝早くから現地参戦の予定なので、決勝だけは前日予想を入れておきます。

 きょうは1勝3敗ながら、10Rを高谷から6-1を1点勝負していたため、大幅プラス。これが大宮ですよ。久しぶりに、テレビに向かって大声出したぜ~。

 という感じで、大宮記念はとりあえずプラスになるので、あしたの決勝は、ずいぶん気が楽になりますた。勝負駆け大成功。(´・ω・`)

 で、あしたの決勝は、思いきり難解なメンバーになりました。思惑が複雑すぎ。

1 佐藤慎太郎 30歳 福島 78期 追 3.69 112.45 初1 , 優7 , B2
2 手島 慶介 31歳 群馬 75期 両 3.57 114.90 初6 , A2 , A1
3 平原 康多 24歳 埼玉 87期 逃 3.64 112.58 初7 , A1 , A2
4 村本 大輔 31歳 静岡 77期 追 3.57 107.72 初落, A6 , C1
5 後閑 信一 36歳 群馬 65期 追 3.57 112.30 初3 , 優4 , A3
6 高谷 雅彦 35歳 青森 67期 逃 3.64 100.84 抜1 , A3 , A1
7 山口 幸二 38歳 岐阜 62期 追 3.57 110.08 初8 , A2 , A3
8 茂木 和臣 37歳 埼玉 63期 追 3.64 107.55 初4 , A4 , B1
9 伏見 俊昭 30歳 福島 75期 逃 3.71 110.93 初1 , 優5 , A2

誘導 小沼良

 とりあえず、誘導の小沼に声をかけるのはお約束として(笑)。オフィシャルのMLによると、ならびはこうなったそうだ。

3平原康多-8茂木和臣-2手島慶介-5後閑信一-7山口幸二
9伏見俊昭-1佐藤慎太郎-6高谷雅彦
4村本大輔

 う~んと、どこからでも行ける、むずかしいメンバーだもんな。どうしよう?

 こーいうときは、出目!(爆)

 あくまで私の印象ですが、埼玉2場のFI開催で、S級決勝は8番車がとってるように思うんですよ。トータル、過去4回くらい連続で。

「大宮ウォーカー」(笑)の撮影で12月1日のFIに行ったときも、S級優勝は8番車の原司だったし。その次の西武園も、S級優勝は8番車だったような気が。

 で、今回の8番車、茂木は本命・平原の番手。ふつうだったら、群馬の悪役商会コンビが人気だろうし、次は伏見ラインだろうけど、茂木は正攻法でいったら先行の番手なわけで……とりあえず8-全は押さえます。

 出目で、8-1-2、8-2-1も。真似しないでね(笑)。でも、大宮はこうやってとるんだよな~。

 それはともかくとして、村本、山幸がきても、なんらおかしくないわけで。ほんとにむずかしい。ヨーロッパの3連複は押さえたほうがいいか。と、マジで考えたりして。書いて思ったけど、これは押さえないと。4=6=8。

 結論。高谷。 ここに賭けます。信じられないことに、高谷は記念決勝に乗るのは、今回がはじめてだそうで。でも、今回、高谷は位置もいいし、たぶん慎太郎は連にからんだとしても3着だし、本命は6=9。ここで勝負します。はい。

DTX登場


 先週、ニュースが流れた、AMDが新しく提唱するミニPC向けフォームファクタDTXの詳細が発表された。ITMediaの「AMDが小型PC用フォームファクタDTXを提案」という記事。

 なるほど。このフォームファクタは、昨年末につくったShuttleのXPCに、よく似てる。ただ、HDDや光学ドライブの配置に違いがあって、XPCより薄いけど大きい感じになりそう。また、mini-DTXという仕様もあって、これはmini-ITXに近い大きさらしい。

 レイアウトを見るかぎり、どちらもIDEはサポートしないようだ。それとも、FDDがなくなるのかな? そのかわりに、SATAが3ポート?

 いずれにしても、どちらもATXやmini-ATXと同様に普及すれば、それなりに便利になると思うけど、問題はそこ、普及するかどうかだな。う~ん。

 たとえば、各メーカー(とくに日本の)は独自に小型PCを設計してるし、新しいフォームファクタって、あんまり成功している例がないと思うし、なによりBTXの失敗が記憶に新しいし。つか、あれはintelちゃんの横暴だったわけだけど。

 まあ、普及したら使いましょうという感じでしょうか。たしかに、これからつくるなら、Full-DTXくらいのスペックで、必要充分なんだけどね。

倉茂記念杯、準決勝


 きのうは仕事こそ終わったものの、体調が悪すぎて本場にはついに行けず。めまいがひどくて。乱視に老眼がくわわってから、目の焦点があいづらくなったようで、10日もほとんど外出せずに、室内にいると、太陽が低い冬場はよくこうなる。

 対策はひとつだけ。外を歩く。もう、一歩外に出ただけで、めまいがおさまるから不思議。あとは2、3時間、久喜郊外の荒野(笑)を歩いていると、ほぼなおる。

 きのうもそうやって、10kmくらいで治療終了。使いはたした体力も、歩くともどってくるのですよ。使う体力が違うんでしょう、きっと。

 さて、きのうは3連敗。大宮は当たんないから、中村一将とか、高橋大作とかをからめて穴狙いで、失敗。そうか。吉岡をからめるんだったか。orz

 でもまあ、勝負はきょうからで。

 そうそう、売上はきのう29億近くいって、2日で53億。目標にはとどきそうだ。でも、選手会の裏目標、入場者1万人突破には遠くおよばず、8000人以下だった。残念。

 準決勝4個レース。8Rはいい先行型がそろった。

9吉川誠-1村本大輔-7垣外中勝哉
3菊地圭尚-5小橋秀幸-8門野匡秀
6松岡貴久-2高木竜司-4梶山裕次郎

 松岡か吉川が先行で、たたきあいもあり、そこを早めに圭尚がかわしてアタマは圭尚でいいはず。でも、小橋がよくない。ここは切れちゃう可能性が高いので、2着を薄くひろく。ただ、村本は落車の影響か、生彩がない感じなのではずす。3-24679。

 9Rは12 34 56 87 3の細切れ線で、慎太郎は単騎。前々で勝負になると思うから、ここは慎太郎でしょう。相手はわりと大宮と相性がいい気がする佐々木支部長でいいや。9-4-全。

 10Rは小嶋を選ぶか、伏見を選ぶかの勝負。

4藤田竜矢-8太田真一-3高橋大作
1伏見俊昭-6高谷雅彦
2小嶋敬二-7山口幸二-5一丸安貴
9合志正臣

 単騎の合志は初手伏見の3番手からだと思う。小嶋かなあ。でも、年明け5連勝だよねえ。そろそろいつもの病気が出そう。なので、伏見から。1-69-6789。6-1だけ折り返し。ケロロが3連勝だったらごめんなさい。

 11Rは平原番組。1598 46 527から、山田がきのうみたいな捲りを決められるか。でも、後閑、手島の2段ブロックがあるから、微妙。去年のYGPで金成に力をもらった程塚に期待して、1-6、1-34579-6で小勝負でいいか。

 まあ、8、10Rが本勝負です。

倉茂記念杯2日め


 きのうは1勝2敗で、とったやつもガミ。そんなに人気だったのか。航平がかわしてくれればよかったんだけど。

 で、きょうは本場に行くはずだったのが、仕事が終わらず断念。行きますと約束してたみなさん、すいません。

 きのうは13時間、PCの前にすわって(うち1時間くらいはブログとか書いてたわけだけど)、なんとか終わらせようとしたんだけど、2時間ぶんくらいのこってしまった。

 しかも、BACHプラザがはじまるまで仕事してたもんで、体力も使いはたしてさっきまで身動きできず。マッサージチェアで2セット揉んでもらい、ようやくからだが動くようになった。文筆業はじつは体力勝負なのです。

 そーいうわけで、まだ仕事最優先で、予想はまた出たとこ勝負。優秀戦はもう一度ケロロ-航平から。それに、伏見もからめて。9Rは三宅達と手島かな。手島ははずしたほうがいいか? そのへん、あとで考えます。

さて、倉茂記念杯!

omya13.jpg

 そういうわけで、新春記念3連発のトリをつとめる、大宮の東日本発祥58周年がスタートした。

 今回はふるさとダービー大宮かというくらい、メンバーがいい。なんたって、地元のもとエース、太田真一が選抜戦まわりだもん。最近はいつもそうか。(^^;

 シリーズリーダーは去年2着の地元、平原康多。去年のGII、GIII制覇につづいて、地元GIIIの初制覇なるかというのが、いちばんの話題になるでしょう、きっと。

 それにGP組4人がからんで、コジケイや山田裕仁も好調。さらに、最近は鬼気迫るものがある渡辺航平とか、個人的に注目している選手も集まっている。

 史上初の50歳S級1班レーサーで、地元の新・中年の星、伊藤公人が怪我で欠場したのが残念だけど、まあしかたない。ゆうべ、番組を見て欠場を知ったときは、かなりショックだったけど。

 また、今回は埼玉選手会が総力をあげてイベントをバックアップするという、全国で初めての試みもあるので、ぜひ本場に足を運んでくださいとのことです。

 で、予想ですけど、きょうはアップしている時間がありません。(^^;

 えーと、9Rは小嶋ラインのつきぬけで合志までのボックス、10Rは手島だけど2着がわかんない。11Rは平原ラインで押さえに山田。はい。

 さ、きょうじゅうに仕事をあげて、あしたは本場に行かないと。

FC2Ad