東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉記念は濱口


 えーと、打鐘くらいからレースを見たんだけど、稲垣ラインが無風で先行して、なぜかその3番手に藤原が競りこんで、北野とバトル。結局、3番手はとりきったものの、もう前2車の戦いになっちゃって、今場所ずっと脚を使わなかった濱口が、楽勝で差しきった。2着は藤原から切り替えてた晴智、3着は逃げのこりの稲垣。

 岡部はジャン以降、ぜんぜん勝負に絡まなかったみたいだけど、なにしてたんだろう? まあ、きょうは岡部は1点も買ってないから、どうでもいいですけど。
スポンサーサイト

千葉秋桜賞決勝


 きのうは下品になりましたが、万シュー久しぶりだったもんで。しかし、いくら直線が短いといっても、やっぱり500はつっこみがきくなー。先行型はのこりづらいから、順位決定Aあたりがすごいことになってくるというか。

 で、決勝は逃げ一。つか、稲垣、ほんとに先行するよね?(^^;

3稲垣裕之-9濱口高彰-6北野武史
7藤原憲征-2渡邉晴智-8法月成祐
1岡部芳幸-4平沼由充
5小川圭二

 まあ、先行したとしてもペース駆けだと思うんで、捲り一発が決まりやすそう。あ、その前に、ならびでは小川は単騎で初手は岡部の3番手といっているが、岡部が後方待機になると、濱口に競っていくかも。

 藤原も競りこみそうなんだけど、それで落車・失格というパターンから、最近はぬけだしつつあると思う。なので、すんなり中団の4番手かな。

 岡部は連日、後方から捲りだけど、きょうは稲垣を牽制して、へたすりゃ先行までありそう。そうならないとしても、岡部は絶好調だから、1=4は本線だよね。う~ん。ここでかたいと思うな。

 でも、ここはきのうのご祝儀もあるし、藤原から流してみる。278ボックスと、ほかに少々。

藤原もキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!


 平沼につづいて、藤原もきたぞ。藤原-岡部もでかいよ。6520円を5枚。

平沼キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!


 ごっつぁん。平沼-小川で21330円。今年2車単で最高配当ゲト。3枚だけだけどな。(w

 さ、目がさめたぞ。締切もクリアできそうな気がしてきた。(TnT)

千葉3日め


 どうも恣意的な番組がつづくな。そんなに海老根に勝たせたいかって。でも、きのうは私的に本線だった小嶋-岡部でそこそこついて、ごくわずかにプラスになったからいいか。

 さて準決勝。8RのCは成田の逃げ一だけど、これがへたりそうなので、前反から。広島両者のワンツーくらいしか思いつかない。ここは見かな。

 9RのB。人気は高谷だと思うけど、ここもぜんぜんわかんない。友定あたりとからめてみる?

 10、11RはA。10Rはよくわかんない2分線になった。

2小嶋敬二-9濱口高彰-5小川圭二-7村上博幸-1平沼由充
8矢口啓一郎-3諸橋愛-4品田浩二-6黒崎直行

 村上は小嶋の先行条件で、切り替えありってこと? たぶんそうだよね。どっちにしても、ここは小嶋-濱口で1本かぶりでしょう。あるいは、きのう小嶋のスピード感をつかんだ諸橋か。でも、ここは穴狙いで小川から流す。それと2=3も。

 11Rはまたまた海老根番組。といっても、レース巧者がそろってるし、細切れ線だし、海老根ははずす。

3海老根恵太-5中村浩士-1渡邉晴智
2藤原憲征-6小林潤二
7岡部芳幸-9中村淳
8植松仁-4島野浩司

 まあ乱戦なら岡部でしょう。植松先行の捲りあいだから、藤原にもチャンスあり。晴智くんも。なので、1=7、2=7。

千葉2日め


 きのうは予想ばっちりながら、オッズ的に買えない展開がつづいた。ま、しょうがない。きょうは12R優秀戦。

1武井大介-7中村浩士-9渡辺晴智
3小嶋敬二-5諸橋愛
4成田和也-8高谷雅彦-2岡部芳幸-6平沼由充

 北日本は4車結束に見えるが、LITZさんのブログ「三十路ボンバイエ」によると、決定までかなり揉めたとか。まあ、岡部としては成田ならって思うだろうし、高谷はいまさらなにいってんだみたいな感じだろうから。つまり、ここの連結はあっさりはなれるかも。

 展開は成田先行で小嶋がきょうこそひと捲りだろうが、小嶋が捲ってきたら、岡部はそこに切り替えると見た。そうすると、高谷もこのやろってんで追いかけて、武井ラインは出番なし。

 ということで、2=3、2=5、2=6。

本日ラジレンジャー、シリーズ化第1話オンエア


 特撮リンク集にはいっているブログ「私的趣味世界」の開設者、のぐのぐさんがプロデュースする、ラジログの番組『放送戦隊ラジレンジャー』の第2回放送が、今夜オンエアされる。

 第2回といっても、前回の世界観はそのままに、ストーリーを最初から追う「シリーズ化第1話」だそうだ。きょうのオンエアぶんは生放送で、同時にチャットも用意するとのこと。

 詳細は「放送戦隊ラジレンジャー」公式ブログでどうぞ。

 あと、こういう番組づくりに興味がある方は、のぐのぐさんか私にメールでお問い合わせください。やる気さえあれば、経験や技能は不問だそうです。

東小野のブログも封鎖


 飯塚の東小野正道のブログ「6周回3コーナー的ブログ」が、きのう(おととい?)を最後に封鎖になった。伊藤信夫のときとまったく同じ状態。荒らしたのも同じ人間とか、どっかに書いてあったが、あたしゃ人のところのコメントまでは読まないんで、なんともいえない。

 しかし、せっかく選手のほうから出てくるのに、それをこうやって潰すのは、もったいないねえ。かえって、自分にとってもマイナスになると思うんだけど。

 というわけで、1週間くらいしたら、リンクからはずします。

きょうから千葉記念


 きょうからふるさと防府をはさんで記念が5つと、また開催の嵐。忙しいことで。

 忙しいといえば、すぴRitsはきのうまで弥彦FIIをやってて、あしたから千葉にくるそうで、こっちも斡旋の嵐みたい。ちなみに、きのうは贔屓の渡辺まりさんが勝った。

 贔屓といえば、今週は京都向日町FIIで、永倉支部長が1勝! おとといは名古屋FIで聖隆が1勝! しかも捲りで! 聖隆選手に捲りの決まり手がつくのは、なんと2年半ぶりだそうだ。実況の立野さん(たしか)が、何度も連呼してた。ご本人もびっくりのようす。(^^)

 ということで千葉記念は贔屓選手がきそうな予感。

 ただ、特選はずいぶん番組がかたよった。それもすべて、11Rで海老根を勝たせるためだろう。こーいうの、つまんないんだよね。なので、11Rはやんない。たぶん。

 なので、おもしろそうな9R。

5武井大介-2渡邉晴智-8西田雅志
9稲垣裕之-1小野俊之-7小川 巧
3藤原憲征-6品田浩二
4成田和也

 成田は単騎。でも、このメンバーだと自在にたちまわるのは無理そう。ここは地元の武井がきっぷよく先行して、押しきりまであるかも。それとも、稲垣が先行で行くだけ行ってみるか。でも、その場合も500mはもたないよね。

 ということで2=5と、藤原がつっこんでくる2=3。

 10Rは11Rのしわよせで、決勝みたいなメンバー。

2吉岡稔真-7小川圭二-9梶應弘樹
5小嶋敬二-3山内卓也
1岡部芳幸-4平沼由充
8栗田雅也-6法月成祐

 栗田が先行しようとしたところを、小嶋が押さえて先行かな。それに、好調岡部がからむか。でも、だれがきてもおかしくない。だから、ここは贔屓選手から1=7。

 で、どっちかをとったら、それを11Rで諸橋につっこむと。そーいう感じで。

Vistaのアクティベーション


 価格はホンネをいうと、まあどうでもいい。どうせOEM版しか使わないから。その場合、むしろ問題になるのはアクティベーション。

 これについて、MSから注目すべき発表があったようだ。インプレスPCWatchの「マイクロソフト、Windows Vista/Office 2007の価格を発表~VistaのアクティベーションはXPと同等」という記事。

 重要なので、その部分を引用すると、

 同日行なわれた発表会では、Windows本部本部長のジェイ・ジェイミソン氏らが質疑応答に答えた。

 Windows Vistaのアクティベーションについては、アクティベーションのアルゴリズムは非公開だが、パーツを交換することによって再度アクティベーションが必要になるか否かの対応は基本的にXPと同じという。

 また、「日本では自作が活発であり、PCをカスタマイズできることは非常に重要な要素であると認識している。Vistaはそのような需要に応えられるだろう。米国では、1台のPCから別のPCへのOSのライセンス移動は1度までと、ライセンスで規定されているが、日本向けのライセンスは最終調整中で、追って発表する」とコメントした。

 こっちは大きな進歩ですよ。スパイウェアWGAの搭載を見送っただけでなく、XPと同等のアクティベーションでいいことになったわけだから。って、現用アクティベーションも非常に不快ですが。

 さらに、先日大問題だと書いたライセンス移動についても、日本にはローカルルール適用がありえることになった。

 両方を総合すると、日本でのOEM版のあつかいは、XPとほぼ同等ということになる。それなら、1割高でも、Home Basicが推定1万3000円くらいだろうから、これは2本くらい導入してもいいということになるかもしれない。

 とりあえず、発売はまだ先だから、しばらく悩みませう。

 それより、各メーカー・ショップのVista準拠PCのスペックのほうが気になるところ。出そろったら、すぐチェックしないと。

Vistaの値段


 Vistaの価格が発表されて、各メーカーも、ショップも、優待セールをはじめるといっせいに発表した。これ自体は独占企業がやることだから、現状ではしかたないけど、あきれたのはその値段。明らかになったパッケージ版4種類の通常版、アップグレード版の価格設定は……

         通常版参考価格   アップグレード版参考価格
Ultimate      5万1240円    3万3390円
Business      3万9690円    2万7090円
Home Premium   3万1290円    2万790円
Home Basic     2万7090円    1万4490円

 めちゃめちゃ高い~。凸(--;

 いちばん安いHome Basicでくらべると、XP Home Editionがだいたい2万4000円くらいだったから、1割強の値上げ。ほかもほぼ1~2割の値上げとみていい。

 なんだろね~、これ。導入するなってことですか。

 世界中で叛乱が起こって、値崩れがはじまるまで、導入はひかえるっていうのが、現実的選択ですか。

 とーこちゃんのPCがそろそろ寿命なんだけど、XPで組んじゃおうか。

セイザーは落っこち


 きのう、日本SF大賞のノミネート作品が決定した(公表していいかどうかわからないので、作品名はパス)。

 で、私が推薦した『セイザーX』は、選に漏れてノミネートされなかった。(^^;

 まあしょうがねっす。ほかに推薦者もいなかっただろうし。

 これで、セイザーの話題も来月中旬のDVD完結をのこすだけ。さびしい秋。

若獅子杯も田中


 山陽のGII第17回若獅子杯は、このところSG、GIとたてつづけに制覇して波に乗る田中茂(26期 飯塚)がスタートを決め、2周めでトップに立つと、そのままちぎって押しきり、グレード戦3連覇という記録を達成。2着は森、3着は青木と川口勢。

 それはいいんですけど(書きたいのはここから)、優勝インタビューで田中が「まずいいたいことがある」と、前置きしたうえで、「カズ、やったぞ!」と、叫んだ。それに対する、インタビュアーの反応が、「いつものマイクパフォーマンスですね」だって。orz

 もちろん、カズというのは殉職した同期の橋本和美選手のこと。それを「いつものマイクパフォーマンス」でかたづける神経って、なに?

 同期の田中が優勝したら、まずこういうのは予想できたはず。というか、予想しておかなければ、プロとはいえない。こういうインタビュアーは二度と使うな~!(--;

Firefox2を導入


 正式版になったんで、念のためDLして導入しますた。

 う~んと、たぶんこれ、RC3と同じファイルだ。サイズも同じだし、 Geckoのバージョンも20061010と同じ。とりあえず、拡張機能はぜんぜん入れてないけど、これはこれで快適。

 ちなみに、IE7とのいちばん大きな違いは、その軽快さだそうで、逆にいうと、IE7はタブを3つも開くと、めちゃくちゃ重くなるらしい。バシラーな人はくらべてみてください。あたしゃIEを使う気はないんで、導入もしません。そーいや、まだ日本語版って、出てないんだっけ? 興味ないんでよくわかんない。

 Fx(Firefoxの公式略称)の詳細とDL、導入はこちらから。

京王閣は山埼だったorz


 渡部、なんでつっぱるの? 意味不明。ま、それはそれで、新田の捲りごろになったし、山埼はうんと車間が切れた7番手と、展開の読み自体はほぼぴったり。新田=マエタクはとーぜん押さえてたし。いただき! と、思ったんだけどねえ。

 まさか、あれだけはなれた7番手から捲って、最後ちぎっちゃうんだからすごいよ、山埼は。それも、3コーナーあたりで、もうもうとどくとわかるくらいの速度だもん。やだやだ。

 というわけで、1-9は山埼がこないためのおまじないに、100円だけ買ってたけど、このジンクスもあっけなく崩壊しますた。ヽ( ´-`)ノ

 さ、きょうは聖隆が名古屋に集金にいってるけど、若獅子戦でも見て、おとなしくしてよう。

京王閣記念決勝


 きのう、ようやく京王閣の記念を見た。9Rは驚いたね~。小倉が自力捲りですよ。しかも、その番手が山幸。さらに、このワンツーが1番人気だったと知って愕然。オグ竜も番手にこだわらず、こういうレースをすれば、勝率もあがるし落車もすくなくなると思うんだけど。

 ちなみに、私はいわき平の決勝に参戦して、友和-諸橋の1点勝負に出たんだけど、最後4番車につっこまれて撃沈。また、みごとにオーラロードが開かれてたんだよね。ま、いいや。

 さて、きょうの決勝。また目移りモードだ。

8小川勇介-2紫原政文
3渡部哲男-7小倉竜二
5新田康仁-4前田拓也
1山崎芳仁-9山口幸二-6馬渕紀明

 たぶん、小川が先行というか、前に押しだされて、そのうしろに渡部がはいり、新田と山埼の捲りっていう展開。でも、この天気だと7、8番手からの捲りはきびしいから、中団がごちゃつくかも。

 そうなると、渡部-オグ竜か。ごちゃついたところをぬけてくるのは……新田?

 357ボックス? このあたりにしようか。あと、おまじないの1-9は忘れずに。

Firefox2正式版は25日


 Firefox2の正式版は、日本時間の今月25日になったもよう。ということは、現在のRC3から、大きな修正はないはず。RC3で導入して正解だったらしい。

 Firefox2の詳細と導入はこちらから。

きのうきょう


 ま、日記です。きのうはいわき平のリニューアルも見ずに、久しぶりにとーこちゃんと東京さ出た。都心をうろつくのは5月以来。(TnT)

 昼は新宿ねぎしで牛タンととろろ定食。しぶいデートだね。で、そのあと武蔵野館で『アタゴオルは猫の森』を見る。音響のいい1じゃなくて、3だった。ま、しかたないか。

 アタゴオルはひと言、おもしろかった。CGだし、低予算なのは知ってたんで、あんまり期待してなかったんだけど。低予算ゆえのところだけ、多少目をつぶれば、いいヒデヨシでした。はい。

 そのあとは東急ハンズで買い物。といっても、プラモ用品がメイン。なんとかマスキングゾルも手にはいったので、再来週の週末はZNTの塗装にかかれそう。ゴンドラさえできちゃえば、あとは数日で終わるはず。

 さらに新宿でぶらぶらして時間をつぶし、予定時刻に高田馬場に移動。そう、この日は秘密結社の集会があったのです。

 これも5月以来の参加。来年やるイベントの打ちあわせをやるかなと思ったら、それは数分で終わり、仕事の話も数分ですませ、あとはひたすら飲みつづけ。というか、たえず飲みつづけながら、合間にそーいう話をしてたわけですが。

 ふだんは痛風対策で、焼酎しか飲まないんだけど(外で飲むときは最初ビール)、この例会では徹底的にビールを飲みまくる。どのくらい飲むかというと、たぶんひとりでピッチャー1杯半は飲んでると思う。ひかえめに見積もって。

 ゆうべも久しぶりだったんで、思いっきり飲みまくり、きょうは飲み疲れで1日なにもできず。久しぶりにまる1日、ごろごろしながら、森山未來のドラマかなんか見たりして。人間、ごろごろするのがいちばんいいね~。

 そういうわけで、京王閣記念もいわき平FIも、2日間まったく参加せず。ま、こーいう日があってもいいでしょう。あしたはいわき平の決勝は1点勝負の予定。京王閣の準決勝は……だれが出てるのかも知らないんだよね~。(^^;

伊藤信夫の事故シーンをオンエア


 SBS静岡放送で、来週金曜日(27日)深夜1時29分から、第38回日本選手権オート開催記念の特番というのをやるそうだ。きょうの浜松の中継を見ていたら、その前宣伝が流れていた。

 で、ぼんやり見ていると、今年3月の、伊藤信夫の大事故のシーンが、そのまま使われていた。

 事故の瞬間ははじめて見た。すごい事故だったんだ。というか、恐ろしいシーンだった。

 そのシーンを見ながら、伊藤自身が語るという番組らしい。

 たしかに、オートレーサーはそれを職業としてやってるわけだけど、それでも残酷な気がした。静岡放送でしかやらないみたいだが、見られなくて、かえってよかったかも。

ビスタ公開?


 というタイトルの記事が、きょうの朝日朝刊に載ってた。アサヒコムにもあった。「 マイクロソフトの次世代OSビスタ、国内初公開」という記事。WPC TOKYO(旧ワールドPC EXPO)でのデモの話だった。

 だけど、いまVistaでいちばん旬というか、問題になりそうなのは、CNetのこっち、「マイクロソフト、VistaでPC間の移管を制限」という記事のほうですぜ、ダンナ。

 朝日の記者に、この記事の意味はわかんないかもしれないけど、要するにユーザーがOEM版の2倍も高い金はらって、正規のパッケージ版を買っても、なんらメリットがなくなっちゃうという話。

 いや、サポートの有無があるし、その期間も延長されるそうだから、はじめてPCに自力でOSをインスコしようという人には、たしかにメリットがあるかもしれない。でも、そーいう人がPCユーザーの何パーセントいるか。

 それがいやなら、アップグレード版を買えということなんだろうが、これはこれで縛りがきつくなるという。PCWatch、笠原一輝のユビキタス情報局「Vistaのアップグレードキャンペーンを待ち受ける市場」という記事を参照。

 ま、海賊版防止策なんだけど、さすがは独占企業、自分のためならなりふりかまわず、ユーザーにやさしくないことを、また堂々とやるわけです。(--;

 どっちにしても、あたしゃ98以来、OEM版しか買ってないから、関係ないけどさ(メビウスちゃんのバンドル版をのぞき)。

 なんちゃって。OEM版の縛りがきつくならない保証はぜんぜんないわけで。orz

 だからこそ、こっちの記事のほうが、切実なわけですが。

Firefox2のRC3登場


 きのう、Mozilla Projectから、新世代ウェブブラウザ「Firefox2」の製品候補版3(RC3)がリリースされた。

 このバージョンは前回RC2のバグとり版だが、通常の流れから考えて、これが正式版になる可能性が高い。また、このRC3から、オンラインアップデートにも対応しているため、正式版が別バージョンになっても、そのまま上書きアップデートできる。

 つまり、ほぼ製品版になったと判断して、さっそく導入してみた。

ff20rc3.jpg

 まあいつもと同じ、こんな感じで。あくまでもRC版ですから、導入は自己責任で。それと、念のため、インスコする場合もこれまでの1.5xとは別フォルダを用意したほうがいい。つか、ずぼらな私ですら別フォルダにしているというか。

 ちなみに、別フォルダにしても、ブックマークその他の諸設定(拡張機能はのぞく)は継承されますた。あら便利。

 1.5xからのおもな変更点は、フィッシング対策機能の搭載、検索サービスを利用する場合ののサジェスト機能(と、なっていたけど、なんのことかわかんね)、タブブラウズ機能の改良、RSS絡みのアップデート、最新JavaScript 対応など。とくに、セキュリティ関係は大幅に強化されたらしい。

 そのため、古いSLL2などはデフォルトで使えなくなっただけでなく、通常のインターフェースからは変更もできなくなったりしているし、SSL3でも一部のサーバには接続できなくなった。たとえば、こことか(もじら組のフォーラムで紹介されているケース)。

 こういうサーバにアクセスすると、「サイトがFirefoxで有効になっていないセキュリティ・プロトコルを使用しているため、http://xxxxxxxxxと安全に通信できません」というダイアログがあらわれる。これはユーザー側ではなく、サーバー側の問題なので、そっちが対応するのを待つほかない。

 ただ、まる1日使ってみたが、私の出入り先では、このメッセージは出なかったから、それほど気にする必要はないかも。

 それから、見た目のデザイン、たとえばアイコンなんかの変更は、これは好きずきだと思うけど、タブ操作のインターフェースが変わったので、それに若干の違和感をおぼえている。ま、これは慣れなんですけど。

 DLと導入については、こちらから。

 なお、Mozilla Japanでは、きのうFirefox2の事前発表会というのを開催したそうだ。くわしくはINTERNETwatchの「Firefox 2でユーザーに選択とイノベーションを提供、Mozilla Japanが発表会」という記事をどうぞ。けっこう強気だ。(^^)

観音寺記念は飯嶋


 ジャンからつっぱり先行した1番車武田が1周半を逃げきり、追走した4番車飯嶋がちゃんとマーク屋の仕事をしたうえで、最後差しきった。

 飯嶋は記念初優出で、初優勝。初優出だったんで、買い目からはずしたが、きちゃうもんだね。びっくり。

 2着は武田、3着は村本。市田はしかけどころを間違った。つか、武田が逃げきったのが驚き。これはまだチャンスあるかも。

観音寺決勝


 観音寺記念も最終日。京都向日町の記念、岐阜の社杯と、売上が惨敗で、そーいう意味でも心配されていたが、いいメンバー、おもしろいレース続出のせいか、売上目標達成は確実になったようだ。めでたしめでたし。

 さて、決勝戦の前に、きょうの聖隆くん。(^^) きのうは買わなかった。3日め大敗のイメージが強いので。結果は正解。で、4日めなんだけど、これはあんまり記憶にない。

 ただし、今回は番組的にいい気がする。もうひとり、西浦という先行屋がいるが、ここはすんなり前をとれそう。なので、筋違いのところなんだけど、小勝負する予定。

 では、決勝。これもいいメンバーだなあ。目移りしちゃって。(^^;

2佐々木則幸-8小倉竜二-6西川親幸
3市田佳寿浩-5志智俊夫
1武田豊樹-4飯嶋則之
7伏見俊昭-9村本大輔

 武田はここで優勝しないと、グランプリ出場の目がほぼなくなる(きのう現在で賞金ランク20位、でもって現状でビッグはとれない)。まあ、私としては、ヤンググランプリにまわってもらって(笑)北津留との勝負が見たいが、本人はそれどころじゃないだろう。ところが、そーいうプレッシャーに、弱いんだよね~、武田。

 同じグランプリに向けて、ここで賞金を積みあげておきたいのは市田。モチベーションもいちばん高いと、メルマガには書いてあった。ここが本命かな。

 そういう話とは関係なく、地元だから頑張るのが則ちゃん竜ちゃんのお耽美コンビ。

 という構成で、本線は市田ライン、それに佐々木、オグ竜が絡むというイメージで、358ボックスからいきます。

 ところで、ここで気になるのが、飯嶋。武田は捲りにまわって、捲りきれないと読んでるんだけど、もし捲りきったら、飯嶋の記念初Vはありえる。

 もうひとり、もっとすごく気になるのが、西川。あのですね。熊本で、6番車ですよ。青森の島田竜二の再現。どーも気になる。資金に余裕があったら、押さえとかないと。つか、このぶんまではもう入金指示ずみ。まあ、こーいうので当たったためしないんですけど。

観音寺準決勝


 きのうは慎平のおかげで大きいところがとれた。これで観音寺は、多少大きくはってもプラスが決定。やっぱり、慎平は自力で行くと、まだまだ力があるね~。魅力も。

 去年もいまごろから絶好調期にはいったし、ここは優勝候補筆頭かも。

 あと、山田裕仁だけど、ほんとに衰えたのか、まだ余裕なのか。なんか、余裕に見えるのは、私だけ?

 ということで、準決勝。

 8Rは佐々木則でアタマは決まりの2着探し。澤田あたりだけど、どっちみち一本かぶりなのでパス。

 9Rは埼玉の先行型ふたりが2段ロケットを構成。

7藤田竜矢-1峠祐介-8鈴木龍之介-6伊藤一貴
5有坂直樹
4岡本大嗣-2小倉竜二
3志智俊夫-9中塚記生

 有坂は単騎で、関東の後ろか、四国の後ろだそうだ。したがって、岡本が死ぬ気で先行すれば、有坂がこっちについて、2=5が本線になりそう。

 でも、ここは埼玉の2段ロケットにかけたい。なので、峠から。そうなると、勝負がもつれて、峠、小倉、志智、有坂の絡みになるけど、有坂は後ろだけにとどかないと見て、123ボックス。

 10R。ここは伏見の出来がわかんない。

6近藤幸徳-3一丸安貴
1加藤慎平-7梶應弘樹
9牧剛央-4西川親幸
5伏見俊昭-2飯嶋則之-8坂巻正巳

 しかも、ギアを上げてきた。先行する気だろうか? でも、そうなると近藤とのもがきあいになりそう。で、どっちかが勝ったところを慎平が捲って、梶應はついてこられるか? もがきあいの番手ふたりは決まりだから、1=3、1=2、それに1-7。はい、本命ですね。

 11Rはごちゃごちゃした展開。

3武田豊樹-7小橋正義-6成田直喜
                 8渡部一之
1市田佳寿浩-9山田裕仁
          4香川雄介
2石毛克幸-5村本大輔

 武田の3番手と市田の番手が競り。しかも、武田が先行するかどうか微妙。でも、ペース駆けから逃げさせたら捕まらないから、市田が押さえ先行に出るかも。というように、市田と武田が牽制しあっているうちに、石毛のカマシ捲りはどうでしょう? 2=5、ずれて1=5、3=5。

秋はプラモが…


 いとおかし、らしい。

 なぜか知らないが、毎年この季節になると、プラモデルをいじりたくなる。もしかすると、冬の気配を感じて、巣にこもる準備をはじめたくなるのかも。でも、そのわりに、冬はよく外出するような気もするな。

 ま、いいや。

 先週、野暮用で近所のトイザらスに行ったら(いい年して、自分用のおもちゃをトイザらに買いにいくな)、長らく欠品だった塗料が入荷しているのを見つけて、あれこれ買い集めてきた。これで、去年秋からほっぱらかしたままの、ツェッペリンNTのゴンドラ部を完成させる材料がそろったので、きのうは夕方から塗装開始。

 と、思ったら、さすがにこの細かさでは、手塗りは困難ですた。orz

zntt04.jpg

 去年撮った、このパーツ。2度、試みたが、実船と同じ一体構造の窓をきれいに塗りのこすことはできない。このへんを予想して、今回から塗料をMr.ホビーの水性カラーに変えておいたので、とりあえず大事にはいたらなかったが。

 でも、これはきついよ~。次に、手持ちのマスキングテープ2種で、マスキングを試みる。でも、当然ながら細かすぎて、うまくいかない。クリアパーツだから、傷もつけられないし。

 こーいうとき、昔はゴム樹脂を使ったマスキング剤があったことを思いだし、これをネットで探す。すると、ちょうどよく、Mr.ホビーのクレオスさんが「Mr.マスキングゾル改」という製品を出したことを知った。来週、都内に出たとき、これをどっかで調達すれば、なんとかなりそうだ。

 だけど、きょうプラモをいじりたい。(w 休みの日はそう多くないのだ。

 ということで、ZNTはまた放置して、次のキットを開封した。ヽ(^^)ノ

xwing001.jpg

 うほ~い。またファインモールドのSWシリーズだ。今回はX-ウイング・ファイター。

 今夜はこいつに、細かい色塗ってすごすます。(^^)

観音寺優秀


 なんとか間にあった。

 市田=慎平-全。

 時間がないから、参加するだけ。ちなみに、4Rは聖隆1着から流して、また撃沈しますた。そのあと、市民祭りというのに行って、トルティヤとスリランカカレー食って、帰ってきて昼寝して、起きたらもう最終だった。orz

ふじこさんが消えた


 ありゃま。久々に見つけた天才ブロガー、ふじこさんのブログ「くぁwせdrftgyふじこ」が削除されちゃった。もったいないなあ。

 そりゃ、ああいう企画だから、はじめからうさんくささはつきまとってたけど、おもしろければそれでいいのに。私はちなみに、家族構成や性向、とくに落語ネタが出たあたりで、三谷ちずさんが再臨したと思って読んでますた。ヽ( ´-`)ノ

きょうから観音寺記念


 いろいろな意味で注目の観音寺(ここは「かんおんじ」と読みます)の記念「ことひき賞」。今年は日程もメンバーもいい感じで、京都向日町みたいなことにはならないでしょう。

 とはいえ、きょうはまだ頭がぼんやりしてるんで、検討もしてないのよね~。

 とりあえず、聖隆が出るんで、5Rは聖隆から。ならびも知らないけど、番手が佐竹で、そのうしろに岡山の2車、星島と柳谷がつくんでしょう。岡山はどっちが前だろ? ま、いいか。

 聖隆-佐竹-全、聖隆-星島-全。星島のほうがつきそうだから。

 初日の聖隆の買い方は、こんなもんでいいのだ。

ひきつづき、オートレースの話


 リンク集にもはいっている「公営競技賛成派」のTOMさんこと沢ともゆきさんによると、きょう、川口オートで橋本和美選手(川口 26期)が、朝練習時の事故で亡くなったらしい。落車したところに、後続の阿部剛士選手が乗りあげたとのこと。

 そういや、きょうの川口は出だしなんとなくざわついてたというか、浮き足だってたっけ。スタジオの堂前&別府コンビも。1Rで199万車券が飛びだしたんで、そのせいかと思ってたけど、3Rが終わって、ふたりともようやくおちついた印象だった。

 そういうわけで、きょうも1日見ていて思ってたんだけど、走路改修してからの川口は、ちょっとスピードが出すぎるような気がする。これもTOMさんから聞いた話だが、走路は舗装のしかたで、速度がかなり違ってくるそうだ。このへん、すこし考えたほうがいいかも。

 って、オートにそれほどの余裕はないんだよな。

 なにはともあれ、合掌。(-人-)

【追記】
19時20分ごろ、正式発表があった。「橋本和美選手の殉職について」。27歳か。やりきれないね。

阿部はあした、出走表に載ってるけど、つらいですね。ここんとこ、福井競輪場の事故や、渡辺十夢の事故や、悪いことがつづきます。

高橋貢の処分


 先日のオートレースグランプリで、構造基準違反が発覚した高橋貢だが、その処分が決まった。オートレースオフィシャルサイトの「橋 貢選手に対する処分の決定について」というトピック。

 それによると、斡旋停止は10月12日から26日の2週間と、あっけないもの。最低でも1カ月、あたえた影響の大きさから、それ以上と思っていたけど。

 ただし、斡旋停止を食らったため、2007年10月26日までは、特別(SG)の選手選考対象からはずれる。これとあわせると、たしかに高橋にとっては痛いペナルティといえるかも。

 なお、山陽オートの民間委託が発表された。契約者は予定どおり日本トーターで、当面は来年1月から6年3カ月の契約。宇部日報の「山陽オート委託、日本トーターと山陽小野田市が契約」という記事。あと、Yahoo! もすぐリンクが切れると思うけど、いちおう。

FC2Ad