FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

中野カップは阿部!


 久留米の記念、第13回中野カップの優勝は、新潟の阿部康雄(68期)だ! 2着は埼玉の峠、3着は写真判定中。阿部の記念優勝は、新制度になって2度め。あ、前回は去年の佐世保か。九州は相性いいんだ。

 阿部は坂本勉に乗ったものの、坂本の捲り不発で、最終3角はなんと9番手。ところが、そこから強引に伸びてきて、終始前で勝負していた峠を、最後わずかに差しきった。3-5はもちろん万シュー。15000円くらいついたんじゃないかな?

 そうか、去年おととしと、後閑が連覇してたから、今年はその後ろについた上越ラインの阿部だよな。終わってみれば納得。いや、今回はぜんぜん手を出してないですけど。

 地元・弥彦の記念は、小橋に勝ちを譲ったかたちだったから、これはうれしいな~。阿部おめでと~。

 今回、準地元で111だった吉岡は、中団を確保したまま見せ場なく8着に沈んだもよう。3着は足達と坂本英一が同着。坂本もここんとこ調子いいな。

 しかし、8月のグレード戦決勝は、ひょっとしてぜんぶ万シュー?
スポンサーサイト



中華ざる(もどき?)


 にゃるるさんに教わった「中華ざる」というのを、つくってみた。

 盛岡のほうではポピュラーな食べ物(岩手県全域なのかも)、「ざる中華」ともいうらしい。ひと言でいうと、ざるそばの麺が、蕎麦じゃなくて中華麺になっているものだそうだ。わさびを入れて食べるが、しょうがも合うとのこと。

 で、あたしゃこの「しょうが」(にゃるるさん推奨)が頭にあったせいで、そうめんのつゆをつくって、それで食べてみたのだった。いいかげんな記憶だなあ。(^^;

 なので、これは中華ざるもどきと命名。

 中華麺は細麺とのことだったので、それらしいのを買ってきて、冷中と同じくらいの硬さにゆでて水にさらした。具は焼き豚とワカメとゆで卵。薬味は(そうめんのつもりで)長ねぎ、しょうが、みょうが。

 で、食べてみたら、なかなか美味。というか、かなり相性がいい感じ。冷中や冷やしつけ麺とは、まったく違う感覚の食べ物になった。

 だけど、なんか以前に食べたことのあるような記憶が。それで、いろいろ考えるうち、思いだした。山形の冷やしラーメン。あの味に近いのでした。そうか。これなら、冷やしラーメンを家でつくれるかも。

 ただまあこれはあくまで「もどき」なんで、次に機会があったら、蕎麦つゆで食べる「中華ざる」をためしてみないと。たしかに、これなら合いそうな気がするぞ。