FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

ついでに


 そーいえば、これで「いまは水金地火木土天海冥だっけ、それとも水金地火木土天冥海」だっけと、どっちの軌道が内側か、悩む必要もなくなるわけね。

 来年は理科年表も買いかえないと。

 と、なぜかよろこんだりして。(^^)
スポンサーサイト



一転、8個で決着


 8月17日の「惑星増殖に反対!」で既報のIAUが、いまプラハで総会をやってるわけだけど、どうやら12個案は非難囂々で却下されたらしい。逆に惑星は冥王星をのぞく8つに確定で決着することになりそう。

 いまのところ、読売の速報「太陽系惑星「8個案」で調整…国際天文学連合総会」くらいしかニュースになってないけど、共同通信が伝えている。

 カイパーベルト天体2003UB313を惑星にしたいため、セレスとカロンをまきこんだこの騒ぎは、ひと言でホンネをいうと「アメリカ人が発見した惑星を増やしたい」という、それだけの意味しかなかった。もちろん、ニュースでは、そうは書かないと思うけど。

 これまで、アメリカ人が発見した惑星は、冥王星だけだったわけ。ところが、1970年代になると、冥王星は惑星の基準を満たしていない「カイパーベルト天体」だってことがわかってきちゃった。

 このままでは、いつか「惑星の発見者」から、アメリカ人がいなくなる。それで打った大博打が今回の提案だったんだけど、やっぱり反感を買いまくったらしい。かえって、冥王星が惑星からはずされ、アメリカ人の発見者はゼロになるという結果に終わった。

 作戦どおりにいけば、5年後くらいには、全惑星の過半数の発見者が、アメリカ人になるところだったんだけど、そーいう意図がミエミエだもんね。

 いわゆるひとつの、みごとな虻蜂とらずってやつです。(^^;

 アメリカが黙ってれば、これも以前に紹介したように、「歴史的経緯を考慮して」冥王星だけは惑星にのこりそうだったのにね。欲かいちゃいけませんってお話で。

 ちなみに、セレス、カロンをふくむ大型天体は、べつの名称で惑星とはべつの分類になるそうだ。門外漢の私も「惑星増殖に反対!」でそう指摘したくらいだから、これがいちばんいい流れなんだろう。

 ただ、SF者としていうと、冥王星はいろんな小説の舞台になっているはずなんで、これは「歴史的経緯」を考慮して、のこしてほしかったけどね。ま、ろーだんではもう冥王星はなくなってるから、関係ないですけど。(^^ゞ

 今後の注目は、アメリカがこの決定をうけいれるかどうかだな。なんせ、冥王星には愛着があるみたいだから。理由、アメリカ人が発見した、唯一の惑星だから。

 どこまでいってもこれだけで、この騒ぎに天文学的理由は、じつは最初からなかったのですよ。(--;