FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

また追いだし策@nifty


 ま、あたしゃもう追いだされちゃったから、どうでもいいんだけどね。

 ニフ、こんどはフォーラムを全廃だそうだ。ITMediaの「ニフティのフォーラム、ついに幕」という記事。終了は来年3月末日。その後もしばらく閲覧だけはできるようだが、6月28日には完全に封鎖されるとのこと。

 フォーラムはね、ほんとに一時代を築いたよ。私はフォーラムより、その1部屋を使うパティオとか、その前身のホームパーティのほうが馴染みがあって、一時期は20くらいに所属してたなあ。

 もっとも、フォーラムだって、たとえば埼玉フォーラムがなかったら、近所に知りあいなんか、できなかっただろうし。パティオで知りあった人同士が、いわゆる「パソ婚」をした例もいくつかあったし。その結婚式で、北海道に行ったこともあったっけ。

 コミュニケーションツールとして、ほんとに重要だったんだよね。

 いまはもっと簡便なツールがいっぱいあるから、たしかに時代が変わったのはわかるけど、それにしてもあっさりぶったぎるよね、ニフは。

 ま、ニフにしてみれば、これで「なにかとうるさい旧NIFTY serve会員」を一掃して、「ふつうのプロバイダ」になりたいんだろうけど、それは自分で自分の頸を締めることになると、わかってない。

 ま、いいや、ニフは。ヽ( ´-`)ノ
スポンサーサイト



今年の星雲賞


 忘れてた。先々週、宮城で開催された第45回日本SF大会「ずんこん」で、例年どおり星雲賞の選考があり、メディア部門は『特捜戦隊デカレンジャー』が受賞した。

 さて、来年は『セイザーX』の番だぞ~。(いかちょーはじめ)参加する人、こぞってノミネート&投票を! 『日本沈没』がとっちゃうとは思うけど。(;_;)

弥彦行き4 追想


 翌17日は観光。というか、記憶をたどってみることにした。先に書いたように、うちの夫婦は21年前、日本SF大会のスタッフとして、ここにきているのだ。にもかかわらず、記憶がほぼ完全にない。うちだけじゃなく、義妹のゆきちゃんもないという。どうなってるんだろう?

 ちなみに、証拠物件はいくつかある。大会の公式プログラム(写真はこちら)をはじめ、プログレスレポートや当日配布のマニュアルはいまも手元にある。

 ちなみに、マニュアルはこれ。

gatacom.jpg

 うへ。そーいや、こんなのつくったよな~。プログラムは当時早川にいたH井さん、チェリオ、私のプロ組3人が編集、プログレはN條くん、TとA司が編集、このマニュアルは私と義兄が編集したらしい。

 かろうじて、このGataCom のロゴは、自分で手書き版下をつくったのを思いだしたけど、それまで。そっかー、カルトなPC誌『eye com』(現『週刊アスキー』)創刊の5年前に、同じようなタイトルをつくってたんだ >私。(^^ゞ

 閑話休題。このまったく記憶にない状態で、当時利用した施設などをめぐってみよう、というのが、今回のメイン企画なのであった。

 まず、大会のメイン会場となった、弥彦総合文化会館。

yahiko02.jpg

 う~ん。(-~-;) おぼえてるような、おぼえてないような。

 あたしゃ、この入口をはいってすぐ左のところで過労で倒れて、史上初の「当日、救急車で病院送りになったSF大会スタッフ」になった(^^;;; はずだが……

 だめだ。おぼえてない。orz とーこちゃんはなかにはいってみたが、やっぱり記憶が蘇らないそうだ。どうなってるんだ? 記憶を食う鹿でもいるのか? >弥彦。

 次。弥彦神社に行ってみる。

yahiko03.jpg
人がなるべくいないところを撮ったんだけど、ひとりだけ、はい
ってしまった。ちなみに、とーこちゃんじゃありません。為念


 私は神社境内ははじめてだから、記憶はもちろんない。とーこちゃんはプレコンのとき、めるへんめーかーさんといっしょにきたはずとのこと。でも、やっぱり記憶はもどらないそうだ。(^^;

 次、ロープウェーで弥彦山にのぼってみる。やはり記憶なし。

 弥彦神社の境内を出て、門前の通りを歩く。ここに、メイン宿舎兼夜の企画会場になった旅館、みのやさんがある。さすがにここはおぼえているだろうと思ったら……見た記憶があるような、ないような。つか、神社にこれほど近かったのか、とか、そーいうところを感心するばっかりで、正直、はじめて見たような気がする。(TnT)

 結局、弥彦で見おぼえがあったのは、赤い色で統一された、橋の欄干だけだった。_| ̄|○

 21年前、ほんとに弥彦でSF大会をやったのかな? いや。やったのはたしかだけど、記憶はどこにいったんだろう?(^^;

 おまけ。当日マニュアルの表4に、天野嘉孝さんの天プロから広告をもらったらしい。

gatacom02.jpg

 そーいや、天プロにとりにいった記憶はあるな。やっぱり、SF大会があったのはたしかだ。いや、記憶はこーいう冊子の制作関係にかぎられているような。

 結局、ふたりとも、記憶がもどらないまま、弥彦をあとにしたのだった。