FC2ブログ

東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

青木治親GI初V!


 川口オートのGI、第30回キューポラ杯決勝戦は、もとロード世界チャンプ、地元の青木治親(29期)が、GI初決勝進出でみごと初優勝を飾った。優勝は通算5度め。

 きのうの驚愕の00スタートで、すこしはビビるかと思ったら、とんでもない。またトップスタートをかまして、1周回めで10ハン両者をさばき、そのあと0ハンにいた師匠の中田義明と、はげしい師弟バトルをくりひろげた。

 4周回め、いったんは捲りきるものの、タイヤがすべってわずかに後退。それでも、ふたたびまきかえして、5周回めでついにトップに立つ。

 こうなると、中田がブロッカー役になるかたちで、追走する穴見を牽制。結局、のこり2周で穴見がかわすが、前まではとどくはずもなく、青木がそのまま堂々押しきった。

 しかし、勝負強い。GI初優出をきっちり勝ちきるもんね。29期ルーキーチャンプのときも、ほんとのワンチャンスをものにしたし。

 ウイニングランも、定番の帽子を落とすパフォーマンスからはじまって、両手ばなし、ウィリー、停車して金網よじのぼり2回と、これも独特の青木ワールドを展開した。表彰式でも、賞金ボードを頭上にあげず、横にして見せる独特のポーズを披露したし。

 雨はあがっていたものの、表彰式はイベントホール内に変更になっていたため、シャンパンファイトがなかったのが、かえすがえすも残念でした。

 2着は一番人気だった穴見、3着は橋本和美で、3連単は2-4-6で2万シュー。

 しかし、これで山田達也とともに、29期同期ふたりが川口の救世主になってきたな。とくに青木は、神山なみに華のある選手だし、当パーツ館もデビューからずっと追っかけてきたわけで、非常にうれしい。師弟バトルもものすごかったし、師匠もめちゃめちゃうれしそうだったぞ。

 これ、ベストバウトにはならないものの、今年いちばん記憶にのこるレースになるかもね。なんだかとっても感動的だった。

【追記】
公式サイトのキューポラ杯レーストピックスがアップされた。こちら。それから、レースのオンデマンド配信はこちら

パーツ館の青木関連記事リンク集
2004/08/04 オート界に新スター出現
2004/08/11 武田、今節は不発
2004/08/15 青木治親6連勝ならず
2004/08/31 追加情報2題
2005/01/04 初夢、かなわず
2005/05/08 青木治親、悲願の初V!
2005/05/30 青木治親、鈴鹿8耐に復帰!
2005/06/04 青木治親、鈴鹿8耐参戦(続報)
2005/06/24 青木・森が会見(鈴鹿8耐)
2005/07/29 青木は9位スタート
2005/07/31 鈴鹿8耐、青木8番手
2005/07/31 鈴鹿8耐、青木3位キープ
2005/08/01 鈴鹿8耐、青木組3位!
2005/08/24 ダイヤモンド・レース優勝戦
2006/03/26 青木が完全優勝
2006/04/05 オートの話題(拾遺)
スポンサーサイト



弥彦行き3 宿


 小橋のインタビューとウイニングランを見たあと、払いもどしをすませて、競輪場を出た。

 ところで、どうでもいけど、インタビュアーのあのキングギドラ、ほんとにへただね~。とーこちゃんが優勝インタビューを聞いて、あまりの間の悪さに、吹きだしてたよ。それでも、ダービーの吉岡のインタビュー(例の涙なみだのやつね)ほどひどくはなかったんだけど。

 やつですよ。やつ。矢口昌代さんにかわって、埼玉2場の中継アシスタントを半年だけやり、そのあいだに雰囲気をぜんぶぶっ壊していったのは。それで、キングギドラと呼ぶようになったんだけど。埼玉からいなくなって、せいせいしてたら、グレード戦のインタビュアーに転身してた。能力がないのに、不思議でしょうがない。

 ま、いいや。ヽ( ´-`)ノ 宿の話。

 競輪場のひとつしかないゲートを出て、30m直進。左折して坂道を100mちょっと。それでついちゃうのだ。「森のいずみ」という旅館。これは便利。まるで弥彦旅打ち御用達みたいな宿だ。

 実際、うちもここを選んだし、ほかに確認できただけで、男4人の旅打ちグループが2組は泊まっていた。いわば後泊でこれだから、土曜日はもっとたくさんいたんだろう。

 設備も、基本が5人部屋で、そこにひとりから泊まれるから、4人くらいからのグループでの旅打ちには絶好。露天風呂、サウナなんかもあるし、料理はふつうの「旅館食」ながら、事前に打ちあわせておけば、いろいろ融通がきくそうだ。

 ちょうど「旅打ちオフ会」みたいなの(^^)にぴったりなので、幹事になったつもりで、いろいろ聞いてみたけど、ほんとに過不足ない感じ。たとえば、「審判部長」さんのグループなんかだと、最高だと思いますよ。って、ここ読んでるかどうか、わかんないけど。(^^ゞ
 競輪の旅打ちにも絶好だけど、SFのローカルコンベンションにもぴったりの規模。サイトでは定員120名となっているけど、いまは旧館をなくして、100名がフルハウス。ふだんは50~60名で満室あつかいだって。だから、たとえば過去2回のガタコンの参加者だと、ほぼぴったりのサイズといえる。それに、仮に70名くらいの参加者だと、5室くらいは夫婦や家族連れの専用室にできるはず。これについては、別料金をとればいいし。

 しかも、大広間というか、多目的ホールが2カ所あるのが強み。一方を食事用、もう一方を徹夜宴会用、みたいに使えるわけ。

 ひとつ、問題があるとすれば、往復の交通の便が、あまりよくない点だけど、これはたとえば、東京からバスをチャーターした場合(定員40人くらいとして)新幹線利用とそれほど変わらない料金でいけると思う。

 とにかく、かつてはここでSF大会もやったわけで、交通の便はそれほど問題にならないと思うし。

 だれか実行委員長やりません? >秘密結社関係者のみなさま(^^)

 閑話休題。そういうわけで、ごくふつうの旅館なんだけど、特定目的で使うには最適という施設ですた。