東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木隆行の加入会見


 スポニチアネックスの速報「無報酬で水戸に加入 鈴木「僕の強い希望で」」という記事。

 アマチュア登録という一部報道があったが、こういうことだったんだ。なるほどねえ。さすがは師匠だねえ。意気に感じて動くタイプなんだよね、昔から。

 また、「将来の指導者」というのも、つまりは当初、今季から指導者として加入予定だったわけですか。

 がんばれよ鈴木。こーいう人間がいると、水戸も強くなるぞ。2年後にはJ1もありかも。

【追記】
スポニチの正式記事。「鈴木 故郷茨城のために!無報酬で水戸と契約」

コーチ就任はポートランドからのオファーだったとのこと。これを聞いて、増田が引退と速報したわけですね。なるほど。
スポンサーサイト

イゴール、デビュー


 そーいうわけで、「SMILE AGAIN チャリティーマッチ」、見ました。

 綺羅星のごとくでしたよ。現役選手、他チームで監督やコーチをやってる選手がこなかったのが残念ですが。

 オリヴェイラ監督。すげーはりきってて、なんと前半出ずっぱり。考えてみれば、ジーコ、トニーニョ・セレーゾとピッチ上で共演できるのは、たぶん一生で一度だろうから、これははりきりますね。というくらいの気合いで。

 ジーコ、さすがにしぶい。

 アルシンド、けっこう本気モードで動けたのがすごい。

 でも、OBでいちばん華麗だったのは、意外にもトニーニョ・セレーゾでした。 監督時代にくらべて、からだが絞れていたみたいで、流れるようなプレーはおみごととしかいいようがありません。ジーコと黄金のカルテットの片鱗を見せてくれましたよ。

 痔が気になるとかいって、すいませんでした。

 もうひとつ、サプライズが。なんと、イゴールが前半のみ登場して、アルシンドと親子共演が実現してしまいました。つか、これがテレビ・デビューじゃん。

 しかも、親父からのスルーパスをうけて、自分でシュートを打てるところ、ジーコにわたしてちゃっかりアシストを決めちゃうし。

 たぶん、すこし手をぬけといわれてたんだと思うけど、なんか父親同様に強運の持ち主みたいな気がします。ルーニーみたいな、ハイエナ体型だし。

 そのほかの選手もぜんぶふくめて、おもしろいチャリティマッチでありました。 またしても、ジーコに感謝。

師匠、水戸に正式加入!


 なんていってたら、また絶妙のタイミングで、鈴木隆行の水戸ホーリーホック加入が正式発表されたのであった。

 オフィシャルの「鈴木隆行選手 加入のお知らせ」というリリース。

 このリリースには書いてないけど、地元・茨城出身の師匠には、将来的に指導者として迎えるというような条件もついているらしい。 これはスポニチの5月22日付「お騒がせしました!元日本代表・鈴木隆行がJ2水戸入り」という記事。

 いや、騒がせたのは本人じゃなくて、増田ですが。ヽ( ´-`)ノ

 さすらいの孤狼、故郷に還る! っていうところでありましょうか。

ジーコが帰ってきた!


 それも、完全無料放送で!

 いよいよあした14時、鹿島アントラーズの「震災復興チャリティーイベント SMILE AGAIN チャリティーマッチ FOOTBALL STARS AID」がキックオフであります。

 チャリティマッチ「FOOTBALL STARS AID」は、アントラーズOBと、JリーグOBの対戦。30分ハーフ。メンバーは豪華ですよ。とくに、アントラーズOBは黄金時代の名選手が勢ぞろいですから。

ade0001.jpg

 ジーコとアルシンドが往年の背番号で登場するです。また、元監督トニーニョ・セレーゾ、現監督オリヴェイラもユニフォーム姿でピッチに立つのだ。これ楽しみ。トニーニョ・セレーゾ、痔の具合はどうなったのか。(^^;

 あと、J2水戸に移籍が噂されている師匠・鈴木隆行が出るんだよねー。あたしゃ、鈴木がほんとに好きでねえ。

 JリーグOBのほうでは、浪速の黒豹エムボマが久々の来日。あとはラモス組、ジュピロOBが多いかな。監督は松木安吉ぢゃない安太郎。

ade0002.jpg

 今回のチャリティマッチは、異例中の異例として、「LIXILプレゼンツ、アントラーズ・リポート・スペシャル」のタイトルで、CS無料中継もするのです。

 オンエアはあす4日1350時より、スカチャン180にて。いつもはPPVですが、今回だけはノースクランブルなのです。

 詳細はアントラーズのオフィシャルか、スカチャン180で。

 

アルシンド若い!


 スポニチアネックスに、きのうのチャリティマッチに出場したアルシンドの写真が載ってた。

「ジーコがロマーリオが…慈善マッチにブラジルのスター勢ぞろい」という記事。ジーコのうしろを走ってるのもアルシだな。さすがに目だつのだ。

 考えたら、三浦カズと同い年かな? そのくらいなんで、現役だって不思議はないんだよね、理論的には。いまはたしか、牧場経営だそうですが。

イゴール加入!


 イゴール坊やはその昔、父親の「友達ならアタリマエ!」の真似が得意だった。

 そのイゴールがマジで鹿島に加入しちゃったよ。(´・ω・`)

 スポニチアネックスの「鹿島 アルシンド氏長男が加入」という速報。そう。あのアルシンドの息子であります。

 去年の夏、高校3年のときに練習生として参加したので、いずれはアントラーズ入りもありと思っていたけど、ブラジルでのプロ経験がないまま、将来性を見こんでいきなりのプロ契約になったらしい。

 しかし、アントラーズも思いきったことをやる。アマチュアの外国籍選手と契約するのは、クラブとしても初とのこと。それだけ期待されてるというか、やっぱりイゴールの場合は「おかえり」的なニュアンスのほうが強いかも。

 親子2代で同クラブの選手になるっていうのも、今回が初のケースで、たぶんJリーグとしても初。

 実際に試合に出場するまでは、1年かそこらかかると思うけど、アントラーズ的にすごい人気になるでありましょう。

【3.11追記】
スポニチの正式報道が出たので。「息子ならアタリマエ!鹿島にアルシンド長男が入団」

「鹿嶋に住む親戚の家」っていうのが、いかにも鹿島らしいというか。

親子2代でJリーガーは4組めだそうで、へえ、ディドの息子は甲府にいるのか。知らなかった。

第45回


 さて、あしたになりましたよ、スーパーボウル2010。

 今年は鉄壁スティーラーズvsパッカーズですが……

 パッカーズの試合はなぜかずーっと見てたんだけど、ぜんぜん感情移入できない内容で。
 
 正直、ワイルドカードで消えてほしかったような。

 対するスティーラーズも、ロスリスのオフェンスがすっかり影をひそめちゃってはいるのがネック。

 としいっても、いろいろ総合判断で、やっぱり乗るのはこっちか。

 ということで、スティーラーズの31vs14パッカーズくらいとてうことで。

 こーいう結果になると、かなり盛りさがりますが。まあ、しょーがない。

 とりあえず、あしたは国民の祝日、スーパーボウル・マンデーにいたしましょう。 

 仕事は半日休み! さすがに、ちょっとエキサイティングな試合になってもらいたいけど、かーなり無理かな。(^^;;; 

 とにかく、ワンサイドにならないよう、パッカーズに期待……できないか。(^^;;;

しびれる14冠め


 元旦はいつものように起きて、いつものように朝から鷲宮神社まで10数kmのウォーキング。

 帰ってきてから、重箱におせちを詰めて、さて、天皇杯とともに酒盛りスタート。

 しかし、しびれる試合でした。もうね、2010シーズンのベストバウトでしょう。

 正直、モメンタムはエスパルスだったし、エスパルスが勝つと思ってた。後半30分すぎに、ミスタ・クライマックスが超絶FKを決めるまでは、エスパルスのゲームだったし。

 なんといっても、準決勝が明暗はっきりしてたからねえ。エスパルスは健太監督、伊東、ヨンセンたちを勝って送りだすっていう意欲満々で、ガンバを3-0で一蹴。一方のアントラーズは、終わってるFC東京を相手に(相太のすごいオーバーヘッドが決まったとはいえ)延長ラストで辛勝。

 その結果、妹に送った戦前の予想は、3-1でエスパルスだったですよ。

 それでも、勝てるのがアントラーズなんだよねえ。本山がひとりで流れを完璧に変えて、野沢がミスタ・クライマックスとして結果を出しちゃう。

 もっとも、それ以前に、先発で中田がベッケンバウアーの位置にはいったところで、勝負は決まってたのかもしれないけど。

 あと、小笠原と小野のマッチアップ。なんだか感動的な戦いでしたよ。5時間くらい、見つづけていたいくらいの。

 エスパルスでは、あと岡崎がやっぱりよかった。 キーパーの若いのは、興梠の裏をとるスルーパスを、すくなくとも3回は阻止して、結果的に完封した。これもおみごと。

 とにかく、4年連続戴冠の14V。いい1年のスタートでございました。はい。

 でもね、裏MOMは小野ですよ。準決もそうだったけど、真の天才だね。プレーを見てて、楽しいもの。そう思わせるプレーヤーは、日本人では初かも。

 2011年シーズンにはここに高原がからんで、エスパルスがいちばん楽しい試合をしてくれるでしょう。

神戸残留


 すごいなあ。奇蹟の残留といっていいでしょ。

 まだ試合は終わってないけど、神戸3-0浦和、京都2-0東京でロスタイム突入。

 FC東京が落っこちかあ。

【追記】
神戸はロスタイムにもう1点追加。

おお、京都2-0で勝ち。FC東京が降格ですよ。いやー、信じられない。

【追々記】
得点王は前田とケネディに決定。前田は史上初の2年連続だ。これもすごい。

やば、アントラーズは捲られて、順位4位になっちゃった。ACLは天皇杯に持ちこし。

しかし、最終節は毎年のことながら、疲れるのだ。

ジュビロ6冠!


 やー、すごい壮絶な試合だったけど、ジュビロがつきはなした。5-3ですよ。ほんとにおもしろかった。

 2010ヤマザキ・ナビスコカップは延長線のすえ、5-3でジュビロ磐田がサンフレッチェ広島をくだした。広島の勝ちゲーム・プランが崩壊したのに対し、ジュビロはどたんばで黄金時代を知る前田、西が踏んばった。とくに前田はほんとにすごい。

 あと、川口。最後にPKとめちゃいましたから。いいところで存在感しめすなあ。

 これで、ジュビロは3大タイトルで6冠。 J発足以来では、ヴェルディにならんで歴代2位タイになった。と、思う。

 古豪復活であります。

 ジュビロおめでとー!

FC2Ad