東洋亭パーツ館新本店

よがらし日々迷走記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺天#3


 ゆうべ、ようやっと見ました。が……

 新作おでんにはじまる一連のテイストは、みごとにいちぽんワールドそのものでございました。市野作品を見慣れている者としては、ある意味でゆる~く見られる、予定調和的世界観ということで。カット割りなんかもふくめて。

 なにより、小野寺先代までがいちぽんワールドに溶けこんでいるのが、すごくよかったりして。

 ただし、市野作品を見慣れている者としては。

 そーいうのをリセットして、ただあぽーんと見ていたら、きっとこれはつまんないでしょう。たぶん。

 なにより、いちぽんワールドであって、浦沢ワールドではない。これが致命的。

 そーいえば、いちぽん監督は3・4話と9・10話の脚本を書いてるよね。だからこそのいちぽんワールドなのであって。

 じゃあ、浦沢さんはなにをしてるんだろう?

 脚本チェック? そんなに偉い? まさか名義貸しぢゃないよね。

 という感じで、これは純粋に市野監督の作品として見るお話ですね。 浦沢さんは無関係としか思えない。シリーズ自体、1話から見てて、どうもおかしいと思ってたんですが、これではっきりしました。

 市野作品はできるだけ見るようにしているんで、4話と9・10話は録画しますけど、あとはいらないな。おもしろくないもん。

 で、ゆうべね、この第3話を見たあと、釈然としないまま、CSのTBSチャンネルで「メビウス」を見たんですよ。そしたら、太田愛さん脚本の#38「オーシャンの勇魚」をやってて、これのゲストは、いちぽん組の村上幸平くんだったわけです。

 そしたら、出来がいいのですよ! ぜんぜん違うのね。演技だけ見ても。

 このふたつを見くらべちゃうと、俺天のレベルの低さが……どうしても……ね。

 予算とかじゃなくて、センスと役者の演技力(あるいは存在感)が。

 いまんところ、そーいう感じです。頭のなかで。はい。
スポンサーサイト

アルゼンチンタンゴ


 久しぶりにamazonのマイストアを見たら、おかしなものが。

tango.jpg

 NHKの趣味講座テキスト? タンゴ?

 タンゴというと、フォネティックコードの「T」だ。旧ソビエトには、NATOコードで「タンゴ級」と呼ばれる潜水艦があった。でも、ほかは知らない。ヽ( ´-`)ノ

 しかも、よく見ると推薦理由が「『セイザーX』を購入したから」になっている。

 う~ん。なんだろこれ? なぞなぞみたいだ。

 もしかして、この人のせい?

 でも、だとしたら、どーいう検索エンジンなんだろう? 摩訶不思議。

まだ妄想


 段階ですけど、『セイザーX』でライオセイザーのSAを担当した新上博巳さんのブログ「新上参上」の6月5日付エントリと、同じくセイザーの巨匠、市野監督のブログ「しがらみ日記シーズンセカンド」の6月6日付エントリの記述を総合すると……

 このタッグで秋からまた特撮ドラマをやるようです!ぉぉ

 以下、nationwiseさんと妄想をふくらませた結果、局はTBSか、場合によってはTX、制作は円谷プロではないかとの推測で一致。

 もしそうだとすると、『地球へ・・・』の後番組とか? それはないよね。たしか、この枠は『ガンダム』の新シリーズと決まってたはず。そうすると、深夜枠かな? 

 もちろん、完全に妄想段階のネタなので、大きくはずしてるかもしれませんが。8月くらいになったら、詳細がわかってくるかも。

しがらみ屋台がリニューアル


 名作『超星艦隊セイザーX』の巨匠、いちぽんこと市野龍一監督のサイト『しがらみ屋台』公式家頁がリニューアルというか、日記のみアメブロに移転して、「しがらみ日記 シーズンセカンド」として生まれかわった。

 といっても、まだ引っ越しの挨拶しかアップされてませんが。

 今後はこのシーズンセカンドがメインになるものの、公式家頁ものこされるとのこと。

しがらみ日記 シーズンセカンド
『しがらみ屋台』公式家頁

セイザーX、最終章


 先週金曜の夜、『超星艦隊セイザーX』のDVD第10巻がとどいた。

sazer.jpg

 これでセイザーはすべておしまい。1年1カ月楽しんだけど、あとは伝説になるのを待つだけだ。

 私にとっては、1996年の『ウルトラマンティガ』、2000年の『仮面ライダークウガ』につづく傑作になった。いい作品をありがとねー >スタッフのみなさん。とくに、林民夫さんと市ポン監督。

 しかし、最終巻くらい、映像特典入れてくれ~。レミーの青森弁NG、見たかったぞ~。しくしく。

セイザーは落っこち


 きのう、日本SF大賞のノミネート作品が決定した(公表していいかどうかわからないので、作品名はパス)。

 で、私が推薦した『セイザーX』は、選に漏れてノミネートされなかった。(^^;

 まあしょうがねっす。ほかに推薦者もいなかっただろうし。

 これで、セイザーの話題も来月中旬のDVD完結をのこすだけ。さびしい秋。

本日投函


『超星艦隊セイザーX』を、第27回日本SF大賞の候補作として推薦しました。

 今年は『時をかける少女』がメディア部門の本命と思うけど、セイザーはもちろん自信を持って推薦できる作品ですから。はい。ケレンじゃありません。

3将軍キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!


 やっと、とどきますた。

3g01.jpg

 開封しないで、すぐしまいます。(w

 コアミさんが昼すぎにアップされたときは、神奈川と埼玉のデバイドを思いしらされましたが。w

 さあ、千葉はまだかな?(笑)

3将軍、クル━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!


 そーいうわけで、コナミさんから知らせが。

>五十嵐 洋 様
>
>このたびはコナミスタイルをご利用いただきまして誠にありがとう
>ございます。
>ご注文番号:2006xxxxxxxxxxxxxx:の出荷が完了いたしましたので
>お知らせいたします。

 あした、ブレちゃんたち、くるぜーーー。(^^)v

今年の星雲賞


 忘れてた。先々週、宮城で開催された第45回日本SF大会「ずんこん」で、例年どおり星雲賞の選考があり、メディア部門は『特捜戦隊デカレンジャー』が受賞した。

 さて、来年は『セイザーX』の番だぞ~。(いかちょーはじめ)参加する人、こぞってノミネート&投票を! 『日本沈没』がとっちゃうとは思うけど。(;_;)

FC2Ad